FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-14

幼女「ロリポイント」

1 :名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/12/06(日)
男「何だって?」

幼女「ポイントにおうじて、すてきなしょうひんをぷれぜんと」


男「例えば?」

幼女「100ロリポイントなら、ロリソックス」

男「ほう」

幼女「そして、ロリポイントをさいこぉてんまでためると、ようじょがいったいもらえます」

男「何だってーーー!!」

幼女「ポイントカードはいますぐかんたんにつくれますよ。
   じゅみょうをけずるだけで、みぶんしょぉもいりません。
   このきかいに、ぜひ。いかがですか?」

男「作ります!」

幼女「はい、とぉろくかんりょおー」

幼女「ごとぉろくありがとぉござぃました」

男「これがカードか」

幼女「そして、こちらがきやくです」

男「ふむふむ」

幼女「きやくはぜったいですので、じゅくどくしておいたほぅがよいですよ」

男「ふむふむ」

幼女「きやくをやぶると、ばっそくがありますので」

男「罰則?厳しいな」

幼女「あくまでけぇしきですよ。
   ポイントげんてんですとか、じゅみょぉまいなすですとか。たいしたことはありません」

男「ん?聞いてもいいかな」

幼女「しつもんをどぉぞ」


2.
男「この、20条の<カード紛失の際は代償として寿命を頂戴致します>ってどういう意味?」

幼女「そのままのいみですが」

男「え?ごめん分かりやすく・・・」

幼女「そのカードはあなたの命そのものなのですから」

幼女「きやくをよくおよみください」

男「・・・」

幼女「さきほどももぉしあげましたが、カードのはっこぉだいは、
   あなたのじゅみょぉでおしはらいいただきます」

男「え?」

幼女「ポイントをためることで、けいひんとこうかんしたり、
   へったじゅみょぉをもどしたりできます」

男「は?」

男「分かりやすく」

幼女「つまり、ロリポイントカード=あなたのじゅみょぉ、といぅことです」

男「はああああああああ?」

幼女「おわかりいただけましたか」

男「聞いてねえよ!!」

幼女「はぁ」

男「はぁ、じゃねえ!!詐欺だろ詐欺!?大体、後から規約渡すとかどういうことだよ!」

幼女「せつめぇをすべてきくまえに、とぉろくをきぼぉされたのはあなたです」

男「んな物騒なもんだと思わなかったんだよ!」


3.
男「解約だ!まさか出来ないとか言わないよな」

幼女「かいやくをごきぼぉですか」

男「んなことの為に命削れるかよ、ったく」

幼女「おきゃくさまのつごぉでかいやくされると、ばっそくがあります」

男「はああ?おかしいだろ」

幼女「こんごいっしょぉ、幼女とかかわりがなくなります」

男「…何だって?」

幼女「みることも、ふれることも、こえをきくことも、においをかぐことも、
   そのたいっさい、幼女とのかんけぇがたたれます」

男「そんなバカな…」

幼女「きそくなので」

男「…」

男「そんなバカな…」

幼女「あと、じゅみょぉがはんぶんになりますね」

男「ついでみたいに言うなよ…」

幼女「それでも、かいやくされますか?」

男「…」

幼女「こちらもむりにひきとめたりはしませんよ」

男「…」


4.
男「お前は何なんだよ?」

幼女「幼女です」

男「そうか」

幼女「みたまんまですよ」

男「貰える幼女って、お前なのか?」

幼女「ポイントによっては」

男「…」

男「決めた」

幼女「はい」

男「俺も男だ。一度決めたからには、やり遂げてみせるぜ」

幼女「はい」

男「ポイント貯めて、お前を貰う!!!」

幼女「はぁ」

男「あれ?引いた?」

幼女「いえ、しごとですから」

男「そ、そっか…え?」

幼女「でも、わたしはたかいですよ」

男「ふはは!俺を舐めるなよ!宣言したからには、絶対にゲットしてやるさ!」


男「ところで」

幼女「はい」

男「ポイントはどうやって貯めるんだ?」

幼女「かんたんですよ。ほうほぉは、>>27ですから」


23:TMPWyHTMO
その発想はなかった

24:bkyWmB++O
まさかの安価www

26:EmmLj8+CP
幼女を助けるとポイント加算されます。
幼女を助けたことへの貢献度、重要性などを総合的に審査されポイントが発行されます。

27:+vPb5Ls3O
人助け

28:gIzjHYDaO
一回こち亀全巻読むごとに1ポイント

29:g2pPAVDc0
おお、それっぽい



5.
男「人助け?」

幼女「そうです。こぉけんどにおぉじてポイントがきまります」

男「はぁ」

幼女「とにかく、こまってるひとをたすけてあげればいいのです」

男「はぁ」


幼女「おや、さっそく。あんなところで、おばあさんがおもいにもつをかついでたいへんそぉですよ」

男「何というわざとらしら」

幼女「試しにやってみては」

男「面倒だなぁ」


男「お手伝いしましょうか?」

婆「何だいお前さんは」

男「何って…ただの通りすがりだけど」

婆「こんな婆さんに擦り寄って、何企んでんだい!?」

男「誤解だ!ただ荷物重そうだからちょっと手伝ってやろうかと…」

婆「はんっ!善人ぶろうっって手かい!全く最近の若いのは恐ろしいね!」

男「話きけよ婆さん!」

婆「赤の他人に婆さん呼ばわりされる覚えはないね!」

男「口が悪い婆さんだなぁ!大人しく手伝わされとけよ」

婆「触るんじゃないよ!大きい声出すよ!」

男「止めろ!もういいよ、分かったよ」

婆「何だい!自分から手伝ってやると言っといて何もせずに帰るのかい!?
  これだから最近の若いのは」

男「何なんだよ!?どっちだよ!」

婆「うるさいよ!あんたと喋りながら歩いてたら着いちゃったじゃないか」

男「何だよ、すぐ近くじゃねえか」

婆「だから助けなんぞいらないと言っただろう」

男「はいはい」

婆「人ん家の前でいつまでもウロウロしないどくれ。ほら、さっさとお家にお帰り」

男「うるせえ婆さんだなぁもう」


6.
幼女「どぉでしたか?」

男「気分が悪くなった」

幼女「でもポイントがかさんされましたよ」

男「今ので!?何で?」

幼女「ひとだすけをしたからです」

男「でも結局俺何にもしてないんけど」

幼女「<ひとだすけ>とは、にくたいてきなことだけではありません」

男「つまり?」

幼女「さきほどのばあいですと、あのごろぉじんは、あなたとおはなしできてうれしかったようです」

男「お話じゃなくて最早口喧嘩だったけどな」

幼女「すさんだこころにやさしさがしみこんだのです」

男「絶対嘘だろそれ。あの婆さん本気でイヤな顔してたぞ」

幼女「けれど、ポイントがかさんされたのもじじつです」

男「ちなみに、今ので何ポイント?」

幼女「>>47ポイントですね」


47:dyCFtw6N0
婆さんだけに83p



7.
男「今ので83ポイントかよ。すげえな」

幼女「ポイントをつかいますか?」

男「もう使えんの?」

幼女「10ポイントたんいでしようかのぉです」

男「あ、でも…あと17ポイント貯めたらロリソックス貰えるんだよな…」

幼女「そぉですね」

男「使用済み?」

幼女「しんぴんです」

男「だよな…」

幼女「しよぉずみですと、500ポイントひつようですね」

男「がんばるぞ!」


男「ちなみに10ポイントだと何貰えるんだ?」

幼女「10rpですと、すれちがった幼女がわらいかけてくれます」

男「なにそれ」

幼女「いっしゅんだけですけど」

男「それは微妙だな…やっぱりもっと貯めてから使うか」


8.
幼女「さきほどもちらっともぉしあげましたが、へったじゅみょぉをもどすこともできますよ」

男「え?」

幼女「いまあなたのじゅみょぉは、カードはっこぉによりまいなすです」

男「あぁ」

幼女「そのまいなすぶんを、ポイントでぷらまいぜろにすることもかのぉです」

幼女「ぷらすにすることはできませんが。ちなみにそのぎゃくもかのぉです」

男「逆って?」

幼女「じゅみょぉでポイントをかうこともできます」

男「すげえな何でもアリかよロリポイント…けどそれは最後の手段だな」


男「さて」

幼女「はい」

男「俺はそろそろ家に帰るわけだが」

幼女「はい」

男「君はどうするんだい?」

幼女「どぉしましょぉ」

男「ていうか、どこから来たんだ?」

幼女「ロリポイントカードかんりせんたぁから」

男「なにそれ超行きたい」


9.
幼女「ではわたしももどります」

男「家に来ればいいのに…」

幼女「ポイントがたまれば、それもまたかのぉかと」

男「全てはポイントか…」

幼女「では、また」

男「あ、あぁ。じゃあな、色々説明ありがとう」

幼女「はい、それでは。がんばってくださいね」

男「よく見たら、カードにポイントが印字されてるな」

幼女「はい。ポイントがかさんされると、じどうこうしんします」

男「うわあああああ!??まだ居たああああ!!?」

幼女「れんらくさきをおおしえするのをわすれていました」

男「連絡先?」

幼女「はい。カードのうらめんにかんりせんたぁのばんごぉがきさいされています。
   おこまりのさいは、こちらへごれんらくください」

男「いつでもかけていいの?」

幼女「きほんてきに24じかんうけつけております」

男「…」

幼女「それでは」

男「よ、幼女の電話番号ゲット…ハアハア」

幼女「あ、ちなみにでんわたんとうは、おとなのだんせいです。幼女はでませんので」

男「…」


91:/ct+vgAxO
貰った幼女は好きなように愛でていいの?
寿命あと2日になってもいいんだけど

92:50IYMq9r0
本当に二日だけでいいのか?もっとイチャイチャしたくないか?

94:/ct+vgAxO
俺なんかの命で幼女好きにできるようにするには削りまくるしかないだろうが



10.
男「はっ!!」

男「いつの間にか寝てたのか…」

男「ゆ、夢?」

カサッ

男「!カード…夢じゃない…!!」

男「あの幼女はもう来ないのかな…」

男「あの娘ものすごい好みなんだけど…」

男「最終目標はあの幼女!まずは500ポイント貯めて使用済みロリソックス!だな」

男「…学校行くかぁ」


放課後・校門付近

男「結局あんまり加算されなかったぜ…86ポイントか」

男(落ちた消しゴム拾うとか、ゴミ捨て代わってあげるとか、そんくらいじゃダメかぁ)

男(そう考えると、昨日のアレはすごかったんだな…)

ドンッ

>>142「ひゃっ!?」

男「いてっ!」

>>142「いたた…」

男「す、すいません!考え事してたら…」



140:ちぢれ:l2107mzt0
兄「……かくなる上は腹を切るしか」

幼女「にはは…それは困ります。でも、私もやってみてもいいですか?」

兄「もちろん」

幼女「じゃあ、一回だけ。おいくらですか?」

 「300円だよ」

兄「俺がだs」

幼女「はい、300円です」

 「まいど」

兄「……」

幼女「では、いきます……」

※誤爆だった様です。

142:ちぢれ:l2107mzt0
もうこのスレ閉じるほんとごめん>>1ごめん

145:l2107mzt0
って安価踏んでるっていう…………

もうコテやめるorz

143:fgr73DXx0
お前wwwww

144:QPf22t0gO
>>142
うわ…

146:5+jxisVX0
あちゃ~ 安価とっちゃったよこの人

147:sqVdsYOjO
6分の過程が台無しだ

148:KLtP3898O
氏ね!くそちぢれ!

149:l2107mzt0
死にたい恥ずかしい死にたい死にたい



11.
>>142(ちぢれ)「いてえな!どこ見てんだよ!」

男「すいませんすいません!荷物拾います!…ん?」

>>142(ちぢれ)「あっ!触んな!」

男「フィ、フィギュア…?これは…」

>>142(ちぢれ)「俺の幼女たんに触んなああああ!!」

男「これ欲しかったヤツだあああああ!!」

>>142(ちぢれ)「え?」


それから俺たち二人は、日が暮れるまで、熱く激しいヲタトークを繰り広げた


>>142(ちぢれ)「怒鳴って悪かったな、じゃあまた何処かで会えたら…」

男「いや、いい話聞かしてもらいましたよ先輩!」

>>142(ちぢれ)「はははっ!お互いこれからも、幼女たんを愛していこうな!」

男「はい!捕まらない程度に!」

>>142(ちぢれ)「ああ!犯罪はダメだ!」

男「うっす!」

二人「ははははははははは」


156:iwt8mBDW0
>>155
ちぢれwwwwwwお前天才wwwwwwww

157:/nz3ZhCFO
なん……だと…?


158:ちぢれ:l2107mzt0
>>1さんの優しさに泣いた

159:Eo3CFAAHO
ちぢれ「ひゃっ!?」

160:sqVdsYOjO
>>158
調子に乗るなよ…

161:3sv+lY91O
ひでぇwww
再安価で可愛いおにゃのこキャラ期待してたのにwwwwwwww
ちぢれwwwww氏ねじゃなくて死ねwwwww
それかアンダーヘアストレートにしてこい

162:iwt8mBDW0
>>160
IDが幼女だと・・・・・?

164:xvXnrNUi0
>>160
貴方が神か

163:q5MiUXA6O
安価でこの整合性か
>>1すげぇな
真似出来ん



12.
男「はぁー。いい人で良かったぜー。ん?あれ?」

男「ポイントが増えてる!?90ポイント…今ので?」

幼女「あのかたはみぢかにきょぉかんできるひとがいなかったのですね。
   たくさんおはなしできてうれしかったよぉです」

男「幼女たん!」

幼女「わたしはただの幼女です。さきほどのきゃらくたぁではありません」

男「見れば見る程あの幼女たんそっくりだなぁ」


男「それにしても、突然現れるよね君は」

幼女「いちにちいっかいよぉすをみにきます」

男「毎日幼女に会えるのか!」

幼女「わたしのてがあいていないときは、おとなのだんせいがくるばあいもあります」

男「…」


172:fgr73DXx0
アッー

175:soVAl39d0
大人の男性怖い・・・



13.
幼女「なにかごしつもんなどありましたら」

男「スリーサイズを」

幼女「ポイントカードげんてぇで」

男「…冷たい幼女たんハアハア」

幼女「なにもないようでしたら、わたしはこれで」

男「えっ!もう!?待って待って!」

幼女「なにか?」

男「えっとえっと…君は何ポイントなの?」

幼女「それはまだおおしえできません」

男「何で!?」

幼女「5000rpいじょぉのけぇひんにかんしてのじょおほおは、まだあなたにははやいです」

男「…規則だから?」

幼女「はい」

男「分かったよ。頑張るわ」

幼女「はい。がんばってください。では、わたしはもどりますね」

男「うん、気を付けてな」


14.
男「…」

男「幼女たん5000rp以上なのか…」

男「長い道のりになりそうだ…」

男「だが俺は諦めない!」

男「そうさ!幼女たんをこの腕で抱き締めるまでは!あああああああ!!!」

「うるさいよ!!!」

男「うわあああああ!??」

婆「おや?あんた昨日の坊主じゃないか!」

男「うわあああ!昨日の婆さん!?ななな何で」

婆「ここはアタシの散歩コースだよ!あんたこそ道端でなぁに独り言叫んでんだい!」

男「婆さんとのフラグなんて立ててねえよおおおお!!幼女たんカムバァッックーーー!!!」

婆「何訳の分からんこと言ってるんだい!やかましいよ!」


182:cGcHp+u70
婆の家に入ったら最後だな

183:+peu630BO
ロリポイントを使えばこの婆さんもロリババアに



15.
婆「丁度いいや、どうせあんた暇なんだろ!ちょっと手伝いな!」

男「何だよ突然」

婆「荷物持ちだよ!ほらさっさとしな!」

男「はあ?何で俺が」

婆「昨日あんなに手伝いたがってたろ!今日はしっかり手伝いさせてやろうと言ってるんだよ!」

男「婆さんのツンデレなんか何にも嬉しくねえよ!」

婆「訳の分からんことくっちゃべってないで、さっさとおし!」

男「どこまで行くんだよ…」

婆「知り合いん家だよ!お裾分け貰いに行くのさ!」

男「いちいち怒鳴るなようるさいなぁ」

婆「怒鳴ってないだろ!これが普通なのさ!」

男「さっきまで順調だったのに…何だこの展開」


男「あとどれくらいだよ」

婆「このペースなら、あと30分もありゃ着くだろ」

男「30分!?バスとか使えよ!」

婆「これだから若いのは!すぐ楽しようとするね!ちゃんと脚腰鍛えな!」

男「もう嫌だ…」


16.
婆「着いたよ!」

男「結局1時間もかかったじゃねえかよ…」

婆「そりゃあんたの歩くのがおっそいからだよ!ったく、若いのにだらしないねぇ!」

男「うるせえなぁ」

婆「ほら、さっさと呼び鈴鳴らしな」

男「んだよ、それくらい自分で鳴らせよ」

婆「早くしな!」

男「るせえなあ!はいはい!」

ピンポーン

ロリ声『はぃ、どなたですかぁ?』

男「うわわああ!?よよよ幼女の声声声声けここ声がが!!?」

婆「うるさいよ!何やってんだい!」

ロリ声『?おばぁちゃん?』

婆「娘ちゃん久しぶりだねぇ。お母さんいるかい?」

ロリ声『ぅん、まっててね』

婆「あんたは何やってんだい」

男「婆さんありがとう!ありがとう!」

婆「何だい何だい!?気持ち悪いねえ!」


17.
ロリの母「あらあらー。よくいらっしゃいましたね、さぁどうぞ上がってくださいな。
     あら?そちらの方は?」

婆「ただの荷物持ちさ。じゃあちょいとお邪魔しようかねえ」

男「ロリロリロリロリ…」

ロリの母「?」

婆「ぶつぶつ何を言ってんだい!ほらさっさと動きな!」


娘「わぁー!おばぁちゃんひさしぶりぃ!」

婆「おやおやぁ。また背が伸びたんじゃないかい?」

娘「前よりいっせんちものびたんだよぉ!えっへん!」

婆「そりゃすごいねぇ」

男「ドストライクっっっ!!!」

婆「うるさいよ!」

娘「だれぇ?」

男「生きてて良かった!!」

娘「おばぁちゃんのお友だち?」

婆「こんなのが友達なもんかい。ただの荷物持ちだよ、ほっときゃいいのさ」

娘「?はじめましてぇ」

男「話かけられたああああ」

婆「めっ!喋りかけちゃあいけないよ!バカがうつるからね!」

娘「?この人おもしろいねぇ」


18.
ロリの母「お待たせしました~。はい、親戚から届いた蜜柑です」

婆「ありがとね。おや、こんなに沢山いいのかい?」

ロリの母「まだまだ沢山あるんですよ~。どうぞどうぞ。でも、結構重いですけど大丈夫かしら?」

婆「大丈夫さ。荷物持ちがいるからねぇ」

男「ロリ可愛いロリ可愛いハアハア」

婆「…」

婆「ほら!帰るよ!」

男「も、もう少し…」

婆「さっさと支度しな!」

娘「もぉ帰っちゃうのぉ?」

婆「また来るからね」

男「お、重っ!ぐぬっぬっ!」

婆「男だろ!しゃんとしな!」

ロリの母「大丈夫ですか?」

男「くっ!」

娘「おにぃちゃんだいしょぶ?」

男「おっおっおおおおにいーちゃーーん!??!ぬおおおーーー!!!」

婆「うるさいよ!」

ロリの母「まあまあ。さすが男の子ねぇ」

男「さあ!さっさと案内してくれよ婆さん!」

娘「すごいねぇ~」

男「ははははははははは」

婆「じゃあありがとうね。また来るよ。ほら、静かにしな!」

ロリの母「お気を付けて~」

娘「ばいばぁ~い」


19.
男「はぁ…はぁ…やっと着いた…」

婆「ふんっだらしがないねえ」

男「はぁ…はぁ…」

婆「ほら貸しな!さっさと家ん中入れるよ!」

男「っていうか、俺がいなかったら婆さん自分で運ぶ気だったのか?」

婆「当たり前だろ」

男「無茶すんなよ、年なんだからさぁ」

婆「だれが年寄りだい!まだまだ若いよアタシは!」

男「口だけは達者だなぁもう」

婆「何だい!文句あんのかい!喧嘩なら買うよ!」

男「うるせえなぁ!ほらさっさと運ぶからドア開けろよ」

婆「お前さんに指図される覚えないよ!ほら、さっさと中に入れな!」


男「よいせえっ!ここでいいのか?」

婆「ああ、ありがとさん」

男「え?」

婆「何だい」

男「いや、ちゃんとお礼言えんだな…」

婆「失礼なガキだね!当たり前だろ!」

男「いちいち声がでけえんだよ、もう」


228:a7v1cFlB0
婆さんツンデレ……



20.
男「はいはい、もう帰るわ」

婆「お茶くらい煎れてやるさ、ちょいと休んでいけばいいだろ」

男「いや、観たいテレビ(アニメ)あるから…」

婆「人様の親切をないがしろにする気かい!」

男「えええ…」

男「じゃあちょっとだけ、お言葉に甘えます…はぁ」

婆「せっかくだから、頂いた蜜柑も食べようかね」

男「婆さん一人暮らしなのか?」

婆「何だい!金目のもんは何にも無いよ!」

男「ちげえよ!すぐに疑うのやめろよな!」


婆「旦那も随分前に逝っちまったし、子供も出てっちゃったからねえ」

男「あ、蜜柑うめえ」

婆「聞いてんのかい!」

男「聞いてるって!」

婆「まぁ、詰まんない話はいいんだよ。お茶おかわりいるかい?」

男「ああ、うん。ありがとう」


21.
男「あー…そろそろ帰ります」

婆「そうかい。付き合わして悪かったねえ」

男「いや…別に」

婆「ほら、蜜柑ちょっと持っていきな」

男「ああ、ありがとう…」

婆「気が向いたらまた来なよ。お茶菓子くらいならご馳走してやるさ」

男「うん…」

婆「じゃあね、気を付けて帰るんだよ」

男「ああ、婆さんも元気でな」

婆「ふんっ!アタシはまだまだ元気だよ!」

男「はいはい」


男宅

男「…」

男「…」

男「………何だこれ」

男「おかしい…これはおかしいだろ…」

男「何で婆さんルート攻略してんだよ…」

男「せっかくロリっ娘も居たのに…」

男「………」

男「あ、でもおにーちゃんって呼ばれたなぁ…ハアハアハアハア」


239:q7MQ72g/O
婆さんのデレボーナス。

240:Cv2yyj5Q0
婆さんルートwwww



22.
男「あ、そういえばポイントは…?」

男「あ、あれえ?96ポイント?昨日は一気に83だったのに!
  しかも今日の方が明らかに貢献してんだろ!」

男「何でだ…そうだ、幼女たんに電話してやる!ポイントカードについてならオッケーなんだもんな」

トゥルルル…ガチャ

男「あ、幼女たん!ポイントのことなんだけ」

野太い声『はい、こちらロリポイントカード・コンタクトセンターです。
     ポイントに関してのご質問ですね?』

男「…すいません間違えました」

男「錯乱して忘れてたけど、電話担当は大人の男性だったっけ…」

男「明日また幼女たん来るの待つか…」

男「こんなんで5000も貯まんのかなぁ…頑張るしかないか」


23.
翌日・放課後

男「結局今日も大して増えなかったなぁ…地道に貯めるしかないのか」

幼女「こんにちゎ」

男「幼女たん!こんにちは!待ってたよ」

幼女「じゅんちょぉですか?」

男「いや、あんまり…そう上手くはいかねえな」

幼女「みなさんくろぉしてこつこつとためていらっしゃいますよ」

男「やっぱ地道に頑張るしかないのか…」

幼女「なにかわからないこと、こまったことなどはありませんか?」

男「あ、そうそう。ポイントの加算ってどういう基準で決まるんだ?」

幼女「それはきぎょぉひみつですね」

男「別に詳しく教えてくれなくてもいいからさ…実は昨日さぁ…」

幼女「ああ、それゎへってふえたからですね」

男「ん?どういうことだ?」

幼女「きのう、いちどポイントをつかわれているからですよ」

男「えっ?いやいや、使ってないけど」

幼女「いいえ、けいひんとこうかんされましたよ」

男「え、いつ!?」


24.
幼女「<ろりっこにおにーちゃんとよばれる>」

男「はっ!」

幼女「これでポイントがつかわれました」

男「あれ!?あれかよ!?マジかよ!あれ景品だったの!?」

幼女「はい」

男「で、でも、俺別に景品交換してくれなんて言ってないんだけど!」

幼女「カードがほんしんをさっしたのです」

男「何だよそれ…」

幼女「ごふまんでしたか」

男「いや…助かったけど」

幼女「たすかったとは?」

男「幼女にはまだ分からなくていい話だよ」

幼女「それと、おなじたいしょぉにれんぞくしてこうけんされると、
   ポイントがおさえられるけいこうにあります」

男「なにそれ」

幼女「なるべくはばひろくひとだすけしてほしいという、ほんぶからのようぼうですね」

男「なにそれ…」


25.
男「なるほどな、まぁ、分かったよ」

幼女「そうですか。では、わたしはこれで」

男「えっもう?もうちょっと…」

幼女「しごとなので」

男「…」

幼女「がんばってくださいね」

男「あっ!待って、あのあの」

幼女「なにか?」

男「君も、ポイントの景品なんだよな?」

幼女「…ばあいによっては」

男「ん?」

幼女「ですが、もぉしあげたとぉりわたしはたかいですよ」

男「でさ、他にもロリポイント貯めてるヤツ居るんだよな?」

幼女「そぉですね」

男「ってことはさ、他のヤツがポイント貯めて、君を貰う可能性もあるってことだよな…」

幼女「わたしはたかいので、そうそうないでしょぉが」

男「けど…くそっ。予約とか無理?」

幼女「むりですね」

男「ああああ…」

男「仕方ない!地道にコツコツ貯めてやるさ!」

幼女「がんばってください」

男「あ、ねえ」

幼女「なんでしょぉ」

男「君の他にも幼女スタッフいるのかな」

幼女「いますよ」

男「そ、そうなんだ…ゴクリ」


26.
数日後

男「ようやく150かぁ…はぁ」

娘「あっこないだの人だ!」

男「あ!ロリっ娘!」

娘「こんにちはぁ~」

男「こんにちは…はっ」

男(この前みたいに、無意識に妄想したらポイントが減らされるんじゃ…)

娘「どぉかした?おに」

男「わああああ!!静まれ俺の煩悩おおお!!!」

男「ごめんよ!!」

ダダッ

娘「あっおにぃ…」

男「ごめんよポイントの為なんだあああああああ!!!」

ダダダダダダッ

男「幼女を手にする為に幼女を制するとは…何という…!!」

男「だが俺は負けない!くじけない!」

男「そうさ!目標を達成するまでは!!」

男「俺は突き進むんだあああああああああ!!!」


娘「あのおにーちゃん面白いな~」


328:5+jxisVX0
本末転倒ってやつか



27.
男「俺はこのままで良いのだろうか」

幼女「どうされましたか」

男「何をしたらポイントが使われるのか不安で不安で、
  ここ最近めっきりロリから遠ざかった生活をしているのだよ」

幼女「それゎそれゎ」

男「このままでは、幼女を手にする前に俺はもう駄目かも分からん…」

幼女「でゎ、あきらめますか」

男「いや、やるよ。やってやるさ」

幼女「…」

男「先は長いけどな…」

幼女「…あの」

男「んー?」

幼女「ポイントチャンスに参加されますか?」

男「ポイントチャンス?」

幼女「ほんとぉなら、もぉすこしポイントがたまってからおはなしするつもりでしたが。
   あなたならだいじょぉぶそうだとおもいましたので」

男「なにそれ?」

幼女「かんたんにいうと、ぎゃんぶるですね」

男「説明を」

幼女「げんざいおもちのポイントをかけにだして、げぇむに参加することができます」

男「ゲーム?」

幼女「かてばポイントはふえますし、まければかけにだしたぶんへります」

男「なるほど。ギャンブルね」

幼女「るぅるはかんたんですよ」

男「ふむふむ」

幼女「かんけつにせつめいしますと、>>352です」


336:1GOsMsPZ0
ざわ・・・
         ざわ・・・

    ざわ・・・

352:JrutCuv60
EカードもといL(ロリ)カードで勝負

353:3M7koHvu0
幼女は二度刺す…っ!!

354:LK/oM16WO
これは期待せざるを得ない

355:B1r8fBW5O
ポイントがマイナスまでいくと血を抜かれるんですね

357:JRP2SvUD0
>>355
その前に寿命が減る

358:YOEMqVM20
カードはロリと男と警察か

359:qx1HLD3W0
>>358
警察→皇帝
男→市民
ロリ→奴隷か

ロリ奴隷…ジュルリ



29.
幼女「ロリカードでしょぉぶしていただきます」

男「ロリカード?」

幼女「るぅるはかんたんですよ」

男「はぁ…ちなみに相手は?」

幼女「わたしですが」

男「やります」


幼女「いくらポイントをさしだしますか?」

男「うーん…そのゲームって難しいの?」

幼女「かんたんですよ」

男「君の簡単はいまいち信用できないんだが…」

男「10ポイントで」

幼女「れべるはさんだんかいありますが、いかがなさいますか?」

男「う、うーん…とりあえず様子見で一番簡単ので頼む」

幼女「かしこまりました」


幼女「ではすたぁと!」

男「ゴクリ…」

幼女「カードをどうぞ」

男「おう…」

幼女「るぅるはさきほどせつめぇしたとぉりです」

男「おう!さぁ始めようぜ!」


30.
男「何故だ」

幼女「はやくカードをだしてくださぃ」

男「何故俺が負ける?」

幼女「これでもれべるいちですが」

男「お前俺の頭の中が読めるのか?」

幼女「ふふふ」

男「わ、笑ったあああああ!!?」

男「今ならいける!!!これだあああああ!!」

幼女「あら」

男「勝った!俺の勝ちだ!」

幼女「しかしとぉたるでわたしのかちです」

男「そうだっけ…」

幼女「と、いうことで」

男「…」

幼女「ざんねんでしたね」

男「でも幼女たんの笑顔見れたからよしとする!」

幼女「ポイントチャンスはたびたびありますので、また参加してみては」

男「そうだね…」


31.
数週間後

男「なんだかんだで減ったり増えたり…320ポイントまできたぜ!」

男「ロリソックスまでまだあるが…」

男「着実に近づいている!」


幼女「ちょぉしはいかがですか」

男「中々上手いこといかないなぁ。またチャンスゲームやらないの?」

幼女「ふていきなのでなんとも」

男「あぁー…何かイベント起こらないかねぇ」


幼女「あっほらあそこのこんびにで」

男「もう婆さんはいいよ?」

幼女「いいえ、ようちえんじが」

男「何っ!幼女のピンチだと!」

幼女「ぎんこぉごぉとぉにおそわれてますね」

男「大ピンチーーーー!!??」

男「えっマジで銀行強盗?」

幼女「そのよぅですね」

男「マジかよ…」

幼女「…」

男「え、いや、死ぬよ?」

幼女「わたしはみているだけですので」


386:Me1JCIVZO
待てコンビニで銀行強盗?

387:pvtV9IC40
銀行以外で銀行強盗は起きないだろ

388:guRsBiCT0
コンビニなのに銀行強盗なのは突っ込んじゃ駄目かな・・・

389:YOEMqVM20
お前ら外でろよ・・・
最近のコンビニは銀行強盗起こるんだぞ



32.
幼女「あぁ、ほぉちょぅでおどされていますね」

男「よよよ幼女たん!俺はどうすればいいんだ!?」

幼女「わたしにいわれましても」

男「うううううう…」

男「ん?あれ?」

幼女「どうしました」

男「コンビニで銀行強盗?」

幼女「…」

男「…え?あれ?」

幼女「こんびにで、ぎんこぉごぉとぅですよ」

男「え?これマジでイベントなの?」

男「え?あれ?」

幼女「おちついてください。ぎんこぉごぉとぅが、
   とぉそぉちゅうにこんびににたてこもったようです」

男「何その説明」

幼女「なにか」

男「いえ」

男「ていうか、さすがに警察呼んでるだろ。俺がどうこう出来るレベルじゃねえ」

幼女「よいのですか?」

男「何だよ」

幼女「あのようちえんじをぶじきゅうしゅつできますと、
   ぼぉなすポイントが500ポイントふよされますよ」

男「なにぃ!?」


396:XHpzI19t0
1はすごいw

397:peOSPThMO
わざわざ幼女とは強盗もロリコンか…

398:2CuUW3MP0
たった500ポイントで命を懸ける…だと…

399:B1r8fBW5O
500ポイントwww命がけでも500wwそれなら寿命払って500手に入れるww

400:Wj1UH7u3O
>>399
お前500p相当の寿命ないじゃんwww

401:B1r8fBW5O
>>400
えっ



33.
男「いや、でも500ポイントで命懸けるのか…」

幼女「あ」

パーン パリーン

男「!?じゅっ銃声!?」

幼女「それと、まどがらすがわれたおとですね」

男「あわわわわわわわ」

キャー

男「幼女の悲鳴がーー!?」

幼女「あ、けいさつがきましたね」

男「あうわうわわわわわ」


男「よよよ幼女たん…これが成功したら」

幼女「なんでしょぉ」

男「褒めてくれる!?」

幼女「えっ?」

男「ぬおおおおおえぁ!!!!!」


404:FSYrVcJm0
幼女たん冷静だな。
それにしても、さっきまで包丁で脅していたのに、すぐに発砲だと・・・

406:gL3T0dmTO
俺の寿命とか10年削っても50pとかそんな位だろうな
また年齢一個増えちまったよ

407:LK/oM16WO
>>406
ちょっと婆さんと殺伐しただけで10年分あると思うか?

408:B1r8fBW5O
>>406
逆に考えるんだ!!婆と話しただけで10年分もの寿命が!
まぁ買う時と売る時が等価だとは思わんが………



44.
男「俺はやる…俺はやる…ブツブツ」

男「そして…そして…幼女たんに頭ナデナデしてもらうんだあああああああああああ!!!」


幼女「あたま…なでなで?そんなんでいいんだ…」


男「ぬおおおおお!はっ!」

男「いやいや…し、慎重にいこう…陰からそおっと…」

男「あっ」

犯人「んっ?」

男「こ、こんにちは…」

犯人「なっ何だてめぇは!?」

男「しまった!」

犯人「変なことしたらコイツがどうなるか」

幼児「うあああああんママああああああああ」

男「あ、れ…?」

男「お、男の子?」

犯人「ああ!?」

幼児「びええええええん」

男「くっそぉ!幼女たん!騙したな!?」

犯人「何独り言叫んでやがる!?」

幼女たん『だましただなんてしんがいです。わたしはひとこともおんなのことはいっていませんよ』

男「!?どこからか幼女たんの声が!?」

幼女『カードからです』

男「万能だなこのカード」

犯人「何なんだてめえはさっきからあ!?」


45.
幼女『いちおぅいっておきますが、これはチャンスゲームではありません』

男「何、突然」

幼女『げんじつです。ですから、いのちをおとせばおわりです』

男「分かってるよ」

幼女『…』

男「成功したらさ、頭ナデナデしてくれる?」

幼女『なでなでと500ポイントのためにいのちをかけるのですか?』

男「…」

男「幼女たん…頭ナデナデはオッケーってことでいいのか?」

幼女『…かんがえておきます』

男「よっしゃあ!」

犯人「何一人で喜んでんだてめぇ!?」

幼児「こわいよおおおお」

警察「突入!!!!」

男「えっ?」

犯人「なっ!?」

幼児「びぃええええええ」


ドドドドドドドド


46.
男「なにこれ」

幼女「はんにんもつかまり、ひとじちもむきず、あなたもむきずでよかったですね」

男「恥ずかしい、何かもう超恥ずかしい俺」

幼女「そんなことはありませんよ」

男「結局ボーナスポイントも貰えず…頭ナデナデのチャンスも逃してしまったか…くそぉ!」

幼女「…あたま、くらい…」

男「え?」

幼女「あたまなでるくらいなら、いいですけど」

男「えっ?えっ?えっ?」

幼女「なにか」

男「ぽ、ポイントは使わないぞ!?」

幼女「べつにそれくらいなら、ポイントいらないですけど」

男「ほほほほほ本当に?」

幼女「がんばったので。ごほぉびです」

ナデナデ

男「帰る」

幼女「えっ?もぉいいんですか?」

男「ありがとう。本当にありがとう幼女たん」

幼女「いぇ、べつに」

男「じゃあな!気を付けて帰りなよ!」

幼女「はぁ…」


ダダダダダダッ


幼女「?」

男「感触を忘れるな…この暖かさ…ブツブツ」

男「急げ急げ…」


男宅

男「いざ!絶頂へ!!」


47.
数ヶ月後

幼女「ポイントチャンスゲームがかいさいされます」

男「おお、久しぶりだな」

幼女「参加されますか?」

男「まあ、参加しとくよ一応」

男「また幼女たんとカードゲーム?」

幼女「いえ、こんどはカードゆぅざぁどうしでできそいあっていただきます」

男「え?マジかよ」

幼女「けっこぉみなさん参加されるよぅですよ」

男「他のロリコンか…」

男「そんな大勢でやる競技って何だ?」

幼女「いすとりげぇむです」

男「何?」

幼女「いすとりげぇむ」

男「何で?」

幼女「たのしそうじゃないですか」

男「楽しいかな」

幼女「わたしはみているだけですが」

男「参加者って全員男?」

幼女「9わりはだんせぃですね」

男「女もいるのかよ。変わってんなぁ…」


幼女「ではかいじょぉまでごあんないいたします」

男「え、今から!?」

幼女「はい」

男「こころの準備が」

幼女「じかんがありませんので」

男「分かったよ、行くよ!」

幼女「では、しゅっぱぁつ!」

男「いちいち挙動が可愛いなぁ」


450:lNum/RHcO
オレの守備範囲は6歳から50歳だけどオレはロリコンなのか?

451:/eKReObq0
>>450
もはやオリコンだなwww

452:/eKReObq0
ごめんまってやっぱ今のなし

453:lNum/RHcO
>>452……なんかごめん

456:qHIq+nvb0
じっと黙って考えてみたけど>>451が何を言いたかったのか未だにわからん

458:/eKReObq0
>>456
ほら、オリコンってみんなに注目されてるから
範囲が広いっていう意味で
ああもう説明させんなよバカ

455:DxAoNYc40
お前かわいいな

459:+2fsW1ST0
幼女に萌えに来たのに>>458に萌えちまったぜちくしょう

438:eiu8uMgjP
ざわ…

    ざわ…



48.
幼女「つきました」

男「はっ!あ、あれ?」

幼女「だいじょぉぶですか」

男「記憶が…あれ?」

幼女「ばしょはきぎょぉひみつなので、いんぺーさせていただきました」

男「しれっと怖いこと言うなよ…」

幼女「さあ、なかにはいりましょぉ」


男「広いな」

幼女「もうほとんどのさんかしゃがじゅんびにはいっています。あ、これを」

男「何?仮面?」

幼女「みなさまのぷらいばしぃをまもるため、ちゃくよぉをおねがいしています」

男「何でキャラ物なんだ…これロリ・コ・ン伯爵じゃねえか…」

幼女「よくおにあいですよ」

男「ありがとう!」


49.
男「準備ったってさあ」

幼女「はい」

男「椅子取りゲームだろ?」

幼女「そぉですね」

男「何の準備だよ?」

幼女「みなさん、もちべぇしょんをあげようとがんばっていますよ」

男「モチベーションって言われてもなぁ」

幼女「とりあえず、かいじょぉにはいりましょぅ」

男「そうだな」

幼女「このとびらのむこぅがかいじょぉです。がんばってくださいね」

男「君は?」

幼女「わたしはしんぱんのしごとがありますので」

男「そっか…しっかり見ててくれよな!俺の頑張りをさ!」

幼女「おぅえんしています」

男「社交辞令と分かっていても、幼女からの声援は格別だなぁ!」

幼女「…がんばってくださいね」


男「よし…」

男「いざ!」

ギィ…

男「…し、失礼しまーす」

そして俺は幼女の案内する「いすとりげーむ」へと参加することになった。

その時はあんな事が起こるなんて俺には想像できなかった。

思えば、疑うべきだった。


50.
「あ!新しいヤツだ」

男「え?」

「また敵が増えた…」

男「ええ?」

「勝つのはボク勝つのはボク…ロリたんゲッツロリたんゲッツ…」

男「な、何なんだここ」


野太い声(♂)『間もなくゲームを開始致します。
       皆様、椅子を囲み円になってお待ちください。繰り返します…』

男「いよいよ始まるのか…しかし仮面が邪魔だな」

「キミの仮面はロリ伯爵だね」

男「えっあっ…貴方はチビっこ先生(の仮面)じゃないですか!」

「そうさ。あちらに居るのはコドモ番長(の仮面)、奥にはロリィタ博士(の仮面)もいるようだ」

男「…これ、後で貰えますかね?」

「ワタクシは終了後、交渉してみようと思っている」

男「俺も幼女たんにお願いしてみようかな」


563:KDQTxoeZP
まあ、ぶっちゃけ小学生が裸で立ってたらチンコ立つけどさ、
俺らにも社会的な立場ってもんがあるわけで。
手を出したら社会的に終わりなわけじゃん?
二次ロリ見て抜くのは誰にも迷惑かからんからいいけど。

564:KDQTxoeZP
まあ、ぶっちゃけ小学生が裸で立ってたらチンコ立つけどさ、
俺らにも社会的な立場ってもんがあるわけで。
手を出したら社会的に終わりなわけじゃん?
二次ロリ見て抜くのは誰にも迷惑かからんからいいけど。

565:v7LA68qO0
大事なことなので



51.
野太い声(♂)『ルールは先程説明した通りです。では、スタート!』

男「ゴクリ…」

チャラチャッチャッチャッ♪
チャラチャッチャッチャッ♪

男「こ、このメロディは!?」

チビっこ先生「ふふふ、<チビチビてぃちゃあ☆ぱぁとちゅう!>の挿入歌だな」

チャチャ~チャラチャラ~♪

『おにぃたんの、ハァト直撃☆』

チャチャッチャラチャラ~♪

男「次は<魔法戦士まいまい>2期エンディングだと!?」

チビっこ先生「キミも中々いける口だな」

男「っていうか、いつ歌途切れるんだよ!?2曲丸々流しやがって…」

「まいまい!まいまい!ハアハア」

「まいたんは俺の妹!」

「は?まいちゃんなら俺の家でお留守番してるけど?」

「あ?何だお前、まいまいは俺の嫁だし」

「可哀想なヤツ…現実と妄想の区別もつかないなんて」

「やんかのか」

「何だと?」

チャラチャラ♪

チャチャチャ♪

「まいたんハアハア!まいたんハアハア!」


男「何だこのゲーム…」


52.
チャッチャッ♪『ばかばかっ!』

チャラチャラ♪『だいっきらい!』

チャチャチャ♪『うそだよ…』

チャーチャーララー『だぁいすき!!』

「ツンデレまいまいハアハア!ハアハア!」

「大体なぁ!まいはお兄ちゃん一途なとこが萌えんだろうが!」

「はぁ!?何言ってんのお前!てか<ちゃん>を付けろよ馬鹿野郎!!」

「分かってないな君たち。まいぽんの一番の魅力、それは」

「うるせえ!やんのかおい!?」

「ひぃっ!?ぼっ暴力反対!」


男(喧嘩すんなよ…てか、皆ちゃんと曲聞いてんのか?)


チャララ…プッ

男「あ」

男「曲がとま」

野郎共「「「「どけええええええええええええええええ!!!!!!!!
       椅子は俺のだあああああああああああああああ!!!!!」」」」

男「ひっ!?うわっ!いて!?ちょっ!?」

ドドドドドドドド

男「いやっ、ビビってる場合じゃねえ!椅子、椅子に!!」

「どけえっ!!」

男「ぐぇっ!ちょっ!くっ!どくかあああああああああああああ!!!!」

野太い声(♂)『はいストップ!!』


男「ぜぇっぜぇっ…な、何とか座れたぜ…」

野太い声(♂)『脱落者は速やかに退場願います!さぁ引き続き皆様の健闘を祈ります!』

「いやだあああああ!!幼女!幼女!幼女欲しいよおおおおおお!!!
 ポイントを!ポイントをおれにいいいいいいいい…」

野太い声♂「…連れていけ」ボソッ

大人の男性「ラジャー」

「うわあああああ離せええええええ!!?いやだああああああああああ…」


ガチャン


男「…ガタブル」


652:HwJwWRQtO
いきなりワロタwwwww

654:+Ulbgo760
この組織恐いw

658:h0UXTTSL0
もはや社会貢献跡形もないなw

659:LbsO+xXD0
人の欲望って・・・こわいね・・・



53.
こうして激しい椅子取りゲームを繰り返した
俺は何とか生き残っていた
だが、俺を含め他の参加者もボロボロだった


男「はぁっぜぇっ…」

チャララ♪チャラ…プッ

男「!!もらったあああああ!!」

「あっ!くそっ!」

野太い♂『ストップ!!』

男「よ、よし…はぁはぁ…あ、あと三人か…」

ジャジャーン!ジャジャーン!
ジャカジャカ♪ピロピロリン♪

チビっこ先生「はあはあ…これは…伝説の…」

「何だ…?知らね…」

男「<み・ら☆くる♪ろりたん!?>初期オープニングだとおおおおおお!!!?」

「え?」


ジャカジャ…プッ


先生・男「負ける気がしなあああああああああああああああああああああああいいいい!!!!!!」


ドガシャーーーン

野太い♂『ストップ!!』


「ちっ…ちくしょお!オレもまだまだってことかよ…」

男「いや、みらロリは10年前のアニメだし、DVD化もされてないからな。知らなくても無理ないさ」

先生「まさかみらロリがくるとは思わなかった」

男「さっきの音源貰えないかな…」

先生「これが終わったら二人で交渉にいくか」

男「そうだな」


54.
野太い♂『いよいよ残り二人になりました!これより決勝戦に移ります!』

男「決勝戦?」

先生「ふむ」

野太い『決勝戦の項目は、しりとりです!!』

男「しりとり?」

先生「ふむ」

野太『はい、しりとりをしてください』

男「特別なルールとかあるのか?」

野太『いえ、普通にしりとりをしてください』

野太『では、スタート!』

先生「唐突だな…」

男「何だこれ」

先生「先攻決めはじゃんけんでいいか?」

男「おう」

二人「じゃーんけーん!」

先生「ふむ。ではワタクシからいくぞ」

先生「りんご」

男「ごりら」

先生「らっぱ」

男「ぱ…んだ」

先生「そこはパンツだろ」

男「だ、ですよ、だ」

先生「だちょう」

男「う…うし!」


男「…にほんざる!」

先生「る…る、とか少ないだろ!ずるいぞ!」

男「ずるくないっすよ!ほら早く、るっすよ、る!」

先生「る…る…ブツブツ」

男「お、勝てるんじゃね?」

先生「る…る…」

男「る?」

先生「>>677!!」


676:zLLB0z2I0
ルイージに人気がないのは緑だから
人気者は赤色ですぞ

677:LbsO+xXD0
るくる

678:JLWMF5tR0
ルパン

680:+Ulbgo760
るくるw



55.
男「るくる…ちゃん…だと?」

先生「る」

男「なら俺だって!ルイーザ・ル・ルイール!」

先生「ルイたん!?ならば、るった=るん・るんる!」

男「るったたんを知っている!?負けるか!ルカッサール!」

先生「ルカちゃんハアハア!やるなお主!」

男「そっちこそ!」


二人「この戦い、負けられない!!!」


683:JLWMF5tR0
泥沼化w

685:LbsO+xXD0
・・・残念ながらるくるは人名ではないのだよ・・・

686:+Ulbgo760
>>685
しらねーよw



56.
先生「ルネッサル!」

男「ルトル!」

先生「ルトちゃんがいたか!ル…ル…!くっ…」

男「おやおや?そろそろ限界ですかな?」

先生「くっ…くっ…くそっ…」


野太♂『あと5秒』

先生「る、る、る、る、る…」

野太『3…2…』


先生「る、る、る、るー…!!!」


ピピーッ


野太い♂『終了!優勝は男様です!!!』

男「勝った」

お面の先生「ワタクシの、負けだ…」


野太い人『おめでとうございます男様!』

男「勝った?勝ったのか、俺?」

チビ先生「ああ、優勝という言葉はキミにこそふさわしい」

男「わ…わ…」


男「勝った!勝ったぞ?よおっしゃああああいああああああ!!!!」


689:m6fV0qUFO
勝ちおったwwww

692:0AV0J7a6O
いきなり るくるとか意味不明な言葉が出てきても
慌てずにキャラの名前にしちゃう>>1って素晴らしい



57.
野太い一人「おめでとうございます男様」

男「あ、ありがとうございます」

野太い二人「記念の非売品ポスターをどうぞ」

男「え!?うわっこれ<魔術幼女ルルル>のDVD一巻の告知ポスターじゃないっすか!?
  えっいいの?いいの?」

先生の人「そうだ…ルルルたんがいたじゃないか…くそっ…」

男「やべー!幸せだぜー!」

野太い三人「そして、優勝賞品としまして、ボーナスポイントを付与させて頂きますね」

男「あっああ?そうだそうだ!目的を忘れかけてたぜ」

野太い一人「優勝者には、ボーナスポイント5000ポイントプレゼント!」

男「ごふっ!ご、ごせん!?」


697:JLWMF5tR0
でけえよwwww

698:m6fV0qUFO
ついに幼女たんのポイントが分かるんだな!wktk

708:MU3neNP10
>>698
幼女「わたしのポイントは530000です」

699:BGrCpfvR0
靴下10足分っ!?

700:B82HjpXa0
寿命買え寿命

702:C+W0Dl8nO
そもそも今寿命はどのくらい減ってるんだろう



58.
幼女「おめでとぉございます」

男「幼女たん!勝ったよ!俺頑張ったよ!」

幼女「ちゃんとみてましたよ。おつかれさまでした」

男「あああ癒される…」

男「あっ」

幼女「?」

男「ポイント!5000ポイント超えたぜ!!すげえ!」

幼女「そぉですね。いっぱいがんばりましたね」

男「だから、聞いてもいいかな?」

幼女「なんでしょぅ」

男「キミは何ポイントなのか」

幼女「いくらならはらえるのですか?」

男「え?」

幼女「たとえばいちまんならはらいますか?ではひゃくまんなら?いっせんまんでは?」

男「え?え?幼女たん?」

幼女「あきらめずに、ポイントをためつづけますか?」

男「よ、幼女たん?」

男「どうしたんだよ幼女たん!?」

幼女「…」

男「…大丈夫か?」


59.
幼女「…さいこぉてんは9999ポイントです」

男「え?」

幼女「つまり、9999ポイントで幼女がいったいもらえます」

男「お、おお!そ、そうなんだ!高いけど…頑張れば何とか!」

幼女「…」

男「?幼女たん?」

男「お、俺が嫌になったのか?」

幼女「え?」

男「っていうか、最初から嫌だった?」

幼女「え?」

男「だから、俺に貰われそうで落ち込んでるのか!?」

幼女「いえ、あの」

男「ひどいよ幼女たんんんんんんんんんん…」

幼女「ちが…ちがいます」

男「グスングスン」

幼女「あの…わたしはただの幼女なんです」

男「え?」

幼女「あなたがたいせつにしている、きゃらくたぁではないのです」

男「え?何言ってんの?」

男「そんなこと分かってるよ!あ、幼女たんって呼ばれるのが嫌だった!?」

幼女「…そぉじゃなくて…」

男「…」

幼女「えっと…えっと」


男「幼女たん、ゆっくりでいいよ。落ち着いて話してごらん?」

幼女「…うん」


726:p3yT22Xa0
かぁいいよ

727:+Ulbgo760
ここにきて子供っぽいな
かわゆす

728:6CZsxeU00
やばいめざめる
やば



60.
男(うん、だって!はい、じゃなくて、うんって!!かーわーいーいいいい!!!!)

幼女「…だいじょぶですか?おかおがへんですが…」

男「大丈夫大丈夫!ちゃんと聞いてるからね!」

幼女「…おこらないで、きいてくださいね」

男「俺が幼女に怒る訳ないだろう?」

幼女「…」

男「…」

幼女「…そもそもわたしは、せぇしきなけぇひんではないのです」

男「ん?」

幼女「ですが、ゆぅざぁがのぞめば、ポイントとこぅかんすることはできます」

男「あぁ…前に場合によっては、とか言ってたな」

幼女「せぇしきではないので、わたしは9000ポイントらしいです。ちょっとだけおとくです」

男「正式とか、何か違うのか?どっちにしろ幼女だろ?」

幼女「なんどもいいますが、わたしはただの幼女なんです」

男「ん?だからそれ、どういう意味なんだよ?」

幼女「せいちょぉします。ずっと幼女のままではありません」

男「…は?いや、当たり前だろ?そんな夢のような幼女、いるわけないさ」

幼女「せぇしきなけいひんの幼女は、そのゆめそのものなのです」

男「え?」

幼女「せぇちょぉしないのです。はんえいきゅうてきに、ずっとおさないすがたのままなのですよ」

男「なっ…そんな夢のような…」

幼女「それに、おこのみでかすたまいずもかのぉです」

男「かっカスタマイズ!?ゴクリ…」


751:zYHRLlFz0
手とか取り外し可能なのか

753:VVuDxUq4i
>>751
逆に増やすってのはどうだろう

755:m6fV0qUFO
>>1はアレだな、天才だな

756:foqGgsLA0
成長 ダメ。ゼッタイ。


61.
幼女「ゆぅざぁのだれもがのぞむ、きゅぅきょくのようじょ。
   それが、ロリポイントカードをせぇしたものにだけあたえられるけぇひんなのです」

男「究極の、幼女…ゴクリ…」

幼女「でも、わたしはちがうのです」

幼女「わたしはいずれ、おとなになります。
   あとすぅねんもすれば、せものび、つるぺたではなくなるでしょぅ」

男「…」

幼女「ほんとぉは、もっとはやくつたえるべきでした」

男「…」

幼女「でも…あなたはわたしがほしいといってくれたから」

幼女「5000ポイントいじょぉなんて、でたらめいってごめんなさい」

男「デタラメだったのか」

幼女「そんなきまり、ほんとぉはないの…」

男「…そうだったのか」

幼女「さいしょのチャンスゲームのときも、いんちきしてごめんなさい…」

男「インチキしてたの!?」

幼女「ポイントいっぱいあげたくなくて、つい…」

男「そ、そうだったのか…」

幼女「ポイントがたまったら、5000ポイントになったら、いわなくちゃいけないから…
   あなたは幼女こぉかんまで、つかわないみたいだったし」

男「いや、使用済みロリソックスは貰う気だったけどね!」

幼女「…」

男「ごめん、話を続けて?」


759:akYTqFMC0
成長も良いものだよ。
昔可愛がってた小学生が高校生とかになっても懐いてくれてるのは何か嬉しいものがある。
本屋で立ち読みとしてると可愛いJKに話しかけられて「?」ってなったら
そのこが子供の頃に遊んであげてた(遊んでもらってた?)娘だったりとかたまにあるぜ

767:3aUN6e+QO
可愛すぎる



62.
幼女「まさか、いすとりげぇむにかつとおもわなかった」

男「ふははは。俺の実力を舐めてたな」

幼女「ずるいっぱいしたのに、こぉかなかった…」

男「してたの!?不正工作!?」

幼女「ごめんなさい…ポイントふやしたくなくて…」

男「いや、まぁ…勝ったからいいけどね」

幼女「でもあなたはかちぬいた」

男「あぁ。見てたろ?俺の闘いを!」

幼女「あついおたくばとるでしたね」

男「そうさ!全ては君を手に入れる為に!」

幼女「…」

幼女「なのに…なのに…」

男「幼女たん?」

幼女「あなたはいっぱいがんばったのに、わたしはずっとうそをついてた」

男「そんなこと」

幼女「わたしは、あなたのりそうの幼女じゃない」

男「…」

幼女「でも…だいじょぶです」


784:IYEr0y7yO
2体もらえば済むことだ

785:m6fV0qUFO
まず幼女ちゃんを貰ってから貯め直しだな



63.
幼女「ほんもののけぇひんは、きっとあなたをしあわせにします」

男「え…」

幼女「さっきのしょおぶをみてて、わかりました。
   あなたならきっと、すぐに9999ロリポイントまでためられるでしょぉ」

男「…」

幼女「そぉして、ねんがんの幼女としあわせに…」

男「バカ!」

幼女「…!」ビクッ

男「何勝手なこと言ってんだよ!」

幼女「なにって…」

男「俺がいつ幼女たんを諦めるなんて言ったんだよ!?」

幼女「だって!わたしはいつかおっきくなるし!かすたまいずできないし!」

男「確かに9999の景品は魅力的だ。だが!俺の目標は最初から君だったんだからな!」

幼女「でもわたし、むひょぉじょぉだし!うそつきだし!」

男「そんな所も可愛いし!」

幼女「ふゅっ…!」

男「どうだ!俺の幼女たんへの思いの深さは!?」

幼女「…幼女とポイントこぉかんしたら、カードぼっしゅうだとしても?」


788:m6fV0qUFO
カード没収か…、だが無表情なら文句無しで幼女たん一択だな

790:ere1E3jd0
あれ・・・これ面白いぞ

793:B82HjpXa0
ようじょ一体手に入れば全部揃えられるな

794:vcXjOpV9P
>>793
うむ、だからこそカード没収なのだろうな



64.
男「…え?」

幼女「このポイントカードのさいしゅうもくひょおは、ようじょをてにいれることです」

男「だろうな」

幼女「なかには、そこそこためてちょっとずつつかうかたもいますが。
   まいにち幼女にはなしかけてもらうとか、あいてむをあつめるとか」

男「アイテム?」

幼女「くつしたやしたぎなど」

男「ああ。変態コレクションな」

幼女「そうやってほそぼそとたのしむつかいかたもありです。
   そのばあいは、はんえぃきゅうてきにしようかのぉです」

男「へぇ」

幼女「ですが、ようじょこぉかんはいちどきりです。
   こぉかんしたら、いっしょにカードもぼっしゅうされます。
   そして、ゆぅざぁのけんりもまっしょぉされます」

男「一度きり…」

幼女「ロリポイントカードをつくれるのは、いっしょおにいちどきりです」

男「…」

幼女「それでも、わたしでいいとおっしゃるのですか?」


65.
男「うん」

幼女「えっ」

男「だから初めからそう言ってんだろ!」

幼女「だってだって…」

男「だってじゃない!」

幼女「ふぇ…」

男「俺は、君がいいんだ」

幼女「ふゅ…ふぇぇ」

男「なっ!?えええ泣いた?え?いや可愛いけど!?」

幼女「…グスグス」

男「あうあう」

幼女「うぇーん…」

男「あああああ…」オロオロ


男「でも、そうと決まったらだ」

幼女「うん?グスグス」

男「幼女たんにはしばらく待ってもらわなきゃいけないな」

幼女「え?」

男「なんたって、今の俺はしがない学生だからな。こんなんじゃ君をまともに養えない」


799D:I2yrvelo0
漢に改称しようか

808:m6fV0qUFO
そういえば最初の頃に登校してたなww



66.
幼女「そんなの…」

男「苦労させたくないからさ。ちゃんとしてから迎えにいきたい」

幼女「…わかりました」

男「それに、ポイントも9000まで貯めなきゃだしな!まぁ俺にとっちゃ軽い軽いだけどな!」

幼女「あ、あの…ポイントね、9999までためてほしい」

男「え?」

幼女「わたしとこぉかんしたのこりを、じゅみょぉにつかってほしい。
   たぶん、999あればけっこぉまいなすぶんがうまるとおもう」

男「そっか。俺寿命減ってたんだっけ…」

幼女「ポイントまんたんにしたさぁびすで、ぷらまいぜろにできないかたのんでおきます」

男「いやいいよ。そういう決まりなんだし」

幼女「…わたしがいやなの」

男「幼女たん…」

幼女「おしごとがんばってるから、すこしくらいわがままきいてもらってもいいとおもうのです」


813:m6fV0qUFO
幼女たんは最高にいい子です…("⊃ω;)

814:uXpqlnwwP
幼女たん…(´;ω;`)ブワッ

815:WtuUgNitO
健気だお…( ;ω;)



67.
幼女「…じつゎ、たんとぉがかわりまして。あしたからはべつのすたっふがきます」

男「と、唐突だなぁ」

幼女「だからきょぉ、すべてをおはなししました」

男「そうだったのか」

幼女「ぜんぶはなして、きらわれたら、にどとあなたのまえにはあらわれないつもりでした」

男「嫌うわけがない!」

幼女「はい。はなして、よかったです…グスグス」

男「また泣いちゃった!あわあわ…」

幼女「だいじょぶです!もぉなかないです」

男「いや!泣いてもいいんだよ!」

幼女「なかないです」

男「いや!泣いてよ!泣き顔可愛いよ!!ハアハア」

幼女「…」


819:m6fV0qUFO
たまに引いちゃう幼女たんも可愛いね



68.
男「じゃあ…しばらくお別れかな」

幼女「はい…そぉですね…」

男「数年かぁ。でもきっと、あっという間だぜ!楽しみにしてろよ!」

幼女「そのころには、もう幼女ではありませんよ?」

男「それも楽しみだな」

幼女「…そぉですね。わたしも…たのしみにまっていますよ」


男「それじゃあ!元気でな!」

幼女「おげんきで!」


数年後

野太い人「幼女と交換されると、カードは没収になりますが、宜しいですね?」

男「はい」

野太い人「では、ポイントを全てご使用で、寿命修正とスタッフ幼女一体、で宜しいでしょうか」

男「はい!」

野太い人「ロリポイントカード契約が終了しました。ご利用ありがとうございました」


男「幼女たん!お待たせ!!!」


おしまい


69.おまけ
<例えば別の分岐点>

婆の家


婆「明日はゲートボールをやりに行くよ!」

男「上等だ!負けるかよ!」

婆「負けたら…そうだねぇ、一週間強制で食事当番って罰ゲーム付きってのはどうだい?」

男「罰ゲームか…面白い!けど、俺は別のがいいな」

婆「何だい?」

男「一週間、俺の言いなりメイドってのはどうだい?」

婆「ばっ馬鹿…何言ってんだい!」

男「やっぱりダメか」

婆「もう…アタシはいつだって、アンタのモノじゃないか」

男「!!」

婆「女に言わせんじゃないよ、馬鹿…」

男「ばっ婆さあああああああああん!!!!」



931:MPdyK+Y10
ばばあああああああああああああ!!!!

932:fOu92dqi0
誰得だよww

934:tNycaBnFO
希望は失われた……

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。