FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-12

幼馴染「起きてくださーい?」

1 :名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/12/23(水)
男「・・・んぁぁ、もう10時かぁ・・・・・」

幼馴染「おはよう男くんっ」


男「んあ・・・」

幼「はいはい朝ごはんですねっ」

男「うー・・・」

幼「~♪」

男「・・・・・」

幼「はいコーヒー。砂糖三杯です」

男「ん、あんがと」

幼「はい朝ごはん」

男「ん」

幼「はい新聞」

男「んー」


2.
男「ふー、今日はゴロゴロしてようかなぁ」ゴロン

幼「毎日お仕事お疲れさまです」

男「あぁ、そういや俺ももう社会人なんだなー」

幼「そうですよー」

男「入社したてだもんなぁ、あんまり自覚無いわ」

幼「慣れない仕事するのは大変でしょー?昨日はどうしたの?」

男「おぅふ・・・相変わらずお前は何でもお見通しだな」

幼「当然ですよー、私は男くんの幼馴染なんだから男くんのことなら何でもわかっちゃうんですっ!」

男「前にも聞いた台詞だなそれ」

幼「で、昨日はあんな疲れて帰ってきて・・・なにかあったんでしょ?」

男「・・・やっぱり俺テンション高かった?」

幼「はい。男くんが変に明るい時は決まって嫌なことがあった時だもんね」

男「恐れ入りました」


男「実はだな・・・昨日は部長に」

幼「あちゃ~なにか失敗しちゃったのかな?」

男「違うんだよそれが」

幼「ん~、わかんないなぁ」

男「・・・まぁ言い辛いんだけど」

幼「あり、思い出したくないほどに大変だったようで」

男「・・・実は部長にケツ触られてさ」

幼「えぇ!?」

男「まぁ当然部長は男なんですがね」

幼「それってセクハラになるんですかねー?」

男「いや・・・あのプレッシャーとやりきれなさはパワハラに近い」

幼「そ、それは大変でしたね」

男「まー今日はゆっくり休みたい」ゴロン


3.
幼「そうですねーしっかり疲れを落とさないと」もみもみ

男「あー・・・そこきもちー」

幼「んっしょ・・・」もみもみ

男「いてっ、あう、いてっ」

幼「およ、腰が弱いようで」

男「腰痛なんだよ・・・俺もオッサンの階段を登り始めたんだな」

幼「そんなこと言ってー、男くん昔から運動神経よくて体も強かったでしょ~」もみもみ

男「昔の話だよそんなん。
  こないだなんて電車に乗り遅れそうになってちょっと走っただけでも咳が止まらなかったんだぜ」

幼「あり、たまには体動かさないとね~」もみもみ

男「んー・・・いてっ」


幼「じゃあお買い物に行ってきますねー」

男「んー」

幼「お留守番頼みますよぅ」

男「んあ。気をつけろよ」

バタン


4.
男「・・・なにかすることないかしらねー」

男「こういう時間がなぁー、勿体ないんだよなー」ゴロンゴロン

男「・・・絵でも描いてようか」


男「こうやって絵を描くなんて中学生以来か?」

男「実際暇つぶしにはいいかもな。これ」

男「ここはこうで・・・こんな感じか」

パタン

幼「男くんただいまー」

男「んー」

幼「んっ?お絵かきなんて珍しい」

男「いやー何とか暇つぶしにならないかと」

幼「・・・何ですかこの絵は」

男「何って・・・お前を描いてみたんだが」

幼「私・・・私ですか・・・」

男「どうだー、似てねーだろー!うはー」

幼「いっ、いやそんなことは無いよ男くん!よく見たら似てる!目尻とか!」

男「目尻・・・あっ、ホントだ」


5.
男「うー・・・」

幼「その顔はまださっきのを気にしてる顔だね?」

男「んー・・・」

幼「そ、そんなに落ち込まないでくださいよぅ」

男「うぇー」

幼「仕方ないですよ、男くんは絵なんて描いたことなかったんですから」

男「あぁぁ・・・」

幼「暇つぶしですか?んー・・・時間を有効に活用したいなら趣味を持つことじゃないかなぁ」

男「しゅー?」

幼「ええ、趣味です」

男「しゅみねー」

幼「趣味ですー」


男「じゃあこれから暇な時間は絵を描くことにしよう」

幼「おっ、いいですねそれ」

男「それでいつかお前の度肝をだな・・・」

幼「わはー、楽しみにしてますよー」

男「俺は本気だぜ幼よ」

幼「わかってますよぅ。今男くんは覚悟を決めた時の顔してるもん」

男「そうか?」

幼「昔も今みたいな時があったじゃない男くん」

男「んんっ?むかしー?小1の時か?」

幼「そんな昔じゃないよ!ほら、高校生の頃に友くんにバンドのギター頼まれたときだよっ」


6.
男「ばんど・・・?あぁ、そんなこともあったなぁ、あの頃が懐かしい・・・」

幼「と、言っても私はあんまりあのこと知らないんですよね」

男「えーっとだな、確かアレは友のバンドのメンバーがライブ直前に風邪ひいちまってな」

幼「うんうん」

男「その補充って形で急遽俺がギターパートとしてライブに出てやったんさ」

幼「うんうん!」

男「おわり」

幼「えぇ!まだ言うことあるでしょ!もっとこう・・・そのときの熱い友情秘話とか・・・」

男「へ?俺の話熱くなかった?」

幼「はぁ、男くん・・・」

男「まぁ強いて言うならば・・・・・楽しかった。」

幼「も~、なんだかその言い方は楽しくなかったみたいだよぅ」


男「ところでなんで高校時代の話なんだ?」

幼「ほら、男くんいきなりライブに出てくれなんて言われても
  嫌な顔一つせずすんなり引き受けたでしょ?」

男「あー、そうだったけ?」

幼「そうだったんです!
  でねぇ、男くんは逆にさっきみたいなやる気満々な顔してギターの練習し始めたでしょー?」

男「んー、ん?」

幼「覚えてないのー?たった数日でライブで演奏する曲コピーしちゃったじゃん!
  ギターなんて弾いた事もなかったのに!」

男「へ~」

幼「あの時の男くんは凄く格好よかったよ~、今もだけどね~」

男「そうだったのかー」

幼「そういえば自分のことを他人の話のように聞くのも昔からだよねぇ」

男「んー」

幼「はいはいコーヒーですねっ」


7.
男「んあーあ」

幼「今日の夕飯はお鍋にしようかと」

男「鍋かー。いいねー」

幼「最近はもう真冬の寒さですからねー」

男「だなー、体調崩すなよー?」

幼「私は平気ですよぅ。男くんも気をつけてくださいね?」

男「うむ」

幼「んん・・・こうやって暖かい部屋でのんびりしていられるのは幸せですねー」

男「そーかー?」

幼「そーですよー?こういう生活は当たり前のようで当たり前じゃないんですからね」

男「確かにな。うちの会社が倒産でもしたら部屋が寒くなるな」

幼「ふふ、そうですねぇー」


男「おぉー鍋だ!」

幼「鍋です!」パカッ

男「いやぁ上手そうだ!冬はやっぱり鍋だな!後みかんとアイス!」

幼「そうですねぇー、この三つはこたつで食べるものの定番ですもんねー。はい、よそりましたよー」

男「いただきます!」

幼「召し上がれー」

男「あつっ!あうあう」ホクホク

幼「ちょ、火傷に気をつけて下さいよー?」

男「んーほ」ホクホク

幼「わはー、そうですかー」

男「もほっ、んほほお」ホクホク

幼「はいどうぞ。椎茸も食べましょうねー」

男「んーふ」ゴクン

幼「おいしそうでなによりです」ニコニコ


8.
男「ごっつぁん」

幼「ごちそうさまでした」

男「ふぃー・・・食った食ったぁ」

幼「あっ、そういえば!」

男「ん?どったん?」

幼「そろそろ年賀状書かなきゃね男くんっ」

男「おぅふっ、年賀状かぁ・・・んあああああ」

幼「そうやって書きたくないなんて言って!去年もそうやって駄々こねたでしょー」

男「ぬぅ・・・苦手なんだよそういう社交辞令は・・・」

幼「無理にとは言いませんけどね~、男くんが嫌なら」

男「まぁ今年も一応書くよ・・・幼がそういうなら」


幼「去年は凄かったよね男くん宛ての年賀状!」

男「そうだったのか」

幼「そうだったんです」

男「でもお前も多かったよなぁ、確か50通くらい?」

幼「男くんは70通でしたよー」

男「おぅふ・・・そりゃ去年は返事にあんだけ苦労した訳だ・・・」

幼「男くん人柄いいからねー、皆に好かれてる証拠だよっ」

男「そうだったのか」

幼「そうだったんです」

男「だから昨日部長に・・・」

幼「それは忘れましょうね?」

男「・・・でもさ、俺のどこに好かれる要素があるんだ?」

幼「私に聞かれてもなぁ・・・」

男「だよなぁ、俺もお前のいいところなんて分からないからなぁ・・・」

幼「結構前にこの話をした時も結局分からず終いでしたもんねぇ~」


9.
男「ま、いいや」

幼「そうですねぇ~・・・?」

幼「いや、よくないよぅ!」

男「えぇ?」

幼「そろそろ長年に渡るこの違和感に決着をつけようよ!」

男「んー・・・そんなこと言われても別に気にならないし・・・」

幼「そうやってまたぁ~・・・」

男「やっぱり俺らが幼馴染だからじゃないか?」

幼「やっぱりそうカナ?」

男「そうだろ。お前もそう思ってるんだろ?」

幼「うん」

男「じゃ、きっとそうなんだろうな」

幼「んー、私も男くんがそう思ってるならねぇ」


男「ところで年賀状はどうしようか」

幼「あっ、そうだそうだ」

男「まぁ俺は今年も適当にパソコンでテキパキ終わらせようかなぁ。
  お前は大変だよな、一枚一枚手書きだから」

幼「えへへ・・・パソコンだと温かみがないからね~」

男「あー、そういやお前の両親からは毎年来るんだよな~。
  俺なんかにいつまで送ってくるつもりなんだろ」

幼「男くんのお母さんとお父さんも私に送ってくれますよねー」

男「俺らの実家はお隣さんなだけにこういう縁は一生切れないのかねぇ」

幼「切れないっていうか・・・別に無理してる付き合ってる感じはないですよね~」

男「確かに・・・むしろアレは慣れなれしい域でもある。家族に対する接し方だアレは」

幼「家族・・・上手い喩えですねそれは」

男「ま、自然とそこにいる存在ってことなんだろ」

幼「ん?なにがですか?」


10.
男「ほら、さっきの違和感がどうこうって話だよ」

幼「はいはい、お互いの良さが分からないって話ですね?」

男「要はさぁ・・・実は頭では理解してるんだと思うよ俺は」

幼「・・・と、言いますと?」

男「例えばさ、家族みたいなそこに居て当たり前な存在のいい所を説明しろ、
  なんて聞かれても答えに悩む」

幼「そう、ですねぇ・・・言われてみれば」

男「ガキの頃とか
 『お父さんのいい所は仕事を頑張ってくれてることです』ってな感じに説明するけど、
  結局はこれが結論だよなぁ」

幼「ふむふむ」

男「俺は親父やお袋の人間的な魅力や欠点なんて具体的に説明できんよ」

幼「確かにそうかもですね!私も同じだなぁ」

男「まぁダメダメな両親じゃなくてよかったぜ。呑んだ暮れの親父だったら欠点は挙げれてたろうな」

幼「わはー、人並みの家庭で幸せに育った証拠ですねー」

男「あぁ、幸せなことだよ」

幼「でも・・・それが男くんと私の違和感に関係あります?」

男「だからさ、それは今言ったように俺とお前が家族みたいな関係だからじゃないのかな?」

幼「あ~!なるほどですねぇ~!」

男「だから今更お互いの良さを説明しろなんて言われても出来ないんだよ、・・・多分
  もはや、そこにいて当たり前の存在だからな。俺にとってお前は」

幼「えへへ~、考えてもみたら私も男くんは居て当たり前って認識してるかも!」

男「そういやずっと一緒だもんなぁ俺ら」

幼「ねぇ~、なんなんだろうねぇ~」

男「今なんて同棲してるからなぁ」

幼「ねぇ~、結婚もしてないのにねぇ~」

男「結婚・・・結婚てなんなんだろうな?」

幼「むむむ・・・それは籍を入れる事でしょうね」

男「まぁそんなのは分かってるけどさぁ・・・」

幼「結婚・・・」

男「んんん・・・・」

幼「なんなんでしょう?」

男「非常に理解に苦しむ単語だなこれは・・・」


11.
幼「でもまぁ長年の謎が解けました!男くんは凄いです!」

男「え?」

幼「はい?どうしました?」

男「お前、本当にわからなかったの?」

幼「はい全く!」

男「へ、へぇ~・・・俺はてっきり頭では理解してたけど言葉に出来ないもんだと思ってたよ・・・」

幼「え?じゃあ男くんは最初からこの謎を理解してたんだ?」

男「んー」

幼「・・・!」

男「ん。どったん?そんな何時に無く嬉しそうな顔して」

幼「やっぱり男くんは凄いです!」

男「ぉおう・・・そうだったのか」

幼「そうだったんです!」


幼「ふぁ~・・・うーん、眠い」

男「そろそろ寝るかー、明日は仕事だぁ・・・」

幼「そうですねっ、じゃあ寝ましょ寝ましょ」

男「んー」

幼「おやすみなさい、男くん」

男「うぃー」

パタン


12.
男「んー・・・・」

幼「およ、なにしてるんですか男くん」

男「いやぁ・・・先週休みの日あったろ?」

幼「はい」

男「暇だったもんであの日のお前との会話をこうして文章にして紙に書いてみたのよ。ほれ」

幼「あっ、よくもまぁこんなもの・・・」

男「暇だったもんで」

幼「あり?暇なときは絵を描くのでは?ここにも書いてありますよー?」

男「俺もこれ書いてて思い出したんだよ・・・」

幼「も~、男くんあんなにやる気満々だったのにぃ~」

男「うはー」


幼「んっ?でもこれ面白いかもですねー」

男「だろー?まぁ流石にあの日の会話の内容は全部書けた訳じゃないけどなー」

幼「こうやって見てみると・・・男くんの『んー』って台詞が目立ちますねぇ」

男「まぁ使い勝手がいいからな。お前に対しては」

幼「でしょうねー。この『んー』を翻訳できるのは私くらいでしょ?」

男「まぁな。身内にも通じないし。これも幼馴染であるが故か」

幼「えへへ~、じゃあじゃあ!
  男くんの言葉を理解できるのは世界で私一人しかいないってことですよね!」

男「んー?」

幼「そりゃもちろん嬉しいですよぅ!」

男「んー」

幼「そ、そんなことないです!」


13.
男「後ほら、お前の敬語使っちゃう癖」

幼「あっ・・・確かに結構目立ちますね・・・」

男「ほらまたぁ」

幼「うう・・・癖ですもん・・・」

男「俺にだけなんだよな、喋り言葉が敬語になっちゃうの」

幼「・・・はい」

男「どうにかならんのそれ」

幼「そんな小学生からの癖を今更直せだなんて言われても・・・」

男「確か小5からだったっけか?」

幼「そう・・・ですねぇ」

男「んー?」

幼「きっかけですか?・・・あり、私も覚えてないや・・・」

男「そんなんでいいのかねぇ」

幼「そんなもんでしょう」


14.
男「おーい幼ー」

幼「はいはーい」ぱたぱた

男「そういや今日は友と女が来るんだった」

幼「およ、友くんと女ちゃん!珍しいですね~」

男「まぁしばらく会ってなかったしなぁ」

幼「高校卒業からあまり見てませんもんね~」

男「んー」

幼「はいはい、お掃除なら今からしますよぅ」


ピンポーン

男「ん」

幼「やや、来たかな?」

友『うぃーっす男ー?居るかー?』

幼「男くーん?来ましたよー」

男「出てくれい」ゴローン

幼「はいはい」

ガチャ

友「うーす、久しぶ・・・んなっ!?」

女「ううぇ!?」

幼「ほえ!?」


15.
女「えっ?よ、幼じゃない?」

友「あ、え、ホントだ!え?でも何で?」

幼「二人とも久しぶりー、どうしたのそんな驚いてー」

友「え、だってここ男の部屋じゃ」

女「あんた達まさか・・・」

男「んーっす久しぶりー」ふらふら

友「おぉ男!久しぶり!いやそんなことよりお前、なんで幼ちゃんと!?」

男「えー?なにがよ?」

女「ど、同棲・・・?」

幼「まぁまぁとりあえず中入って」

男「寒いなぁー、まぁ上がれよ」

友・女「う、ん・・・」


友「・・・・・で?」

女「じゃあ二人は高校卒業してから同棲してるんだ」

幼「そうだよー?そっちはどうなのー?」

友「まぁ・・・まだ付き合ってはいるが一緒に暮らしてる訳じゃあないな」

女「ウチら大学生だし」

幼「へぇ~」

女「・・・・・」

友「・・・ビックリして言葉が見つかんねぇよ」

男「この菓子上手いな、こんなの家にあったのか?」ボリボリ

幼「ありましたよぅ、男くんに食べられないように隠してましたけど」

男「んー?」

幼「そんな顔しないの」

女「・・・あんた達、変わってないわね~」


16.
男「そうか?」

幼「そー?」

友「うむ、相変わらずだ」

幼「変わってないんだって男くん!よかったね!」

男「褒められてるわけじゃないぞー」ぺちっ

幼「あう」

女「このやり取りも変わらないなー」

友「お前ら結婚してないの?」

男・幼「へ?」

友「いや・・・だから結婚・・・」

男「結婚・・・結婚ねぇ・・・」

幼「先週結婚の話したばっかですよねぇ男くん!」

女「え?じゃああんた達まだしてないの?」

友「と言うかするのかい。流石だな」

男・幼「いや・・・結婚というものがよくわからない・・・」

友・女「は?」

男「いやぁ、だからな?」

幼「入籍する意味があまり・・・」

友「え?お前ら先週結婚の話したんでしょ?」

男「あいや、それは・・・」

幼「結婚の意味を考え合ってたの」

友「・・・・・」

女「な、なんじゃそれ」

男「俺らの結婚ってなんなんだろうなぁー」

幼「ねー」

友・女「・・・・・」


17.
友「す、好きって訳じゃないのか?お互いに・・・」

幼「へ?好き?」

友「うん、恋愛感情としての」

幼「好き、かぁ・・・男くんは私のことどう思います?」

男「ん?お前のことか?」

幼「うん!」

男「・・・・・」

友「・・・・・」

女「・・・・・」

幼「・・・・・」

男「好きではない」

友・女「」ガクッ


53 :eYt33MKeO
ええええええ



18.
幼「えへへ~、やっぱりぃ~」つんつん

男「おぅふ、わき腹突くな」

女「好きでもないのに同棲って・・・どういうことなの・・・」

友「お前らって・・・ホントにわからねぇ・・・」

幼「そぉ?」

男「んー」

幼「はいはい、ちょっと待っててねー」

友・女「・・・・・」


女「幼馴染ってのは皆こうなのかねぇー」ヒソヒソ

友「いや、こいつらがおかしいだけだと思うぞ?」ヒソヒソ

男「んん」

幼「あり、もうお菓子全部食べちゃったんですかぁ!?も~男く~ん」

男「んー」

幼「わ、分かりましたよぅ」

女「・・・そうかもね」ヒソヒソ

友「その辺の熟年カップルより相性よさそうなのにな・・・」ヒソヒソ

幼「およ、どうしたの?二人とも」

友「むう、あのさ・・・お前らさ・・・」

幼「うん」

友「結婚しないの?」


19.
幼「結婚を・・・するかしないか?」

友「うむ」

男「・・・」ズズッ

幼「ねぇねぇ男くん?」

男「・・・どうだろうなぁ~」

幼「わかんない?」

男「まず結婚する理由がないからなぁ」

幼「そうだよねぇ」

男「まぁ結婚なんてしなくても俺らの関係はずっと変わらんだろうし」

幼「えへへ~、男くんがそう言うなら~」

男「幼が共感してくれるなら」

友「・・・こいつぁ凄ぇ」

女「やっぱり凄いわあんた達」

男・幼「へ?」

友「お前ら喧嘩とかしたことないだろ?」

幼「ん~そういえば無いね~」

男「幼稚園の頃に何度かした程度だな」

女「幼稚園て・・・じゃあ喧嘩はありえないわけね」

幼「かもね~」

女「お互いを心から信用してる証拠よそれは。そりゃ結婚なんて必要ないわ・・・」

友「コイツら見てると俺らがどれだけ未熟なのかがよくわかるなぁ・・・」

女「うん・・・」

幼「あいや、そんなことないって二人とも!ねぇ男くん!?」

男「んあ」

幼「ほら!男くんもこう言ってる!」

友・女「わかんねーよ」


20.
友「いや~あんときのお前は確かに格好よかった!」

幼「ほらぁ友くんも女ちゃんも同じこと言ってるじゃ~ん」

男「ははは、そうだったのか?」

幼「そうだったんですっ!」

友「はー・・・ってもうこんな時間かよ」

女「あぁ・・・もう帰らないとね」

幼「友達が居ると時間経つの早いねぇ~」

男「んあ、もう帰っちゃうんか」

友「おう、酒は今度なー」

男「楽しみにしておこう。また連絡しろよー」

友「うぃー、じゃあな二人ともー」

女「じゃあねー」

幼「はーい、またいつでも来てねー」

バタン


20.
幼「はぁ~、この居なくなった後の虚しさが、ね?」

男「苦手だよな」

幼「そうそう!なんなんでしょうこれ」

男「なんだろうなぁ」

幼「なんでしょうねぇ」

男「むう・・・」

幼「むむむ・・・」

男「ん~・・・」

幼「ん~・・・」

男「んあーあ」

幼「今日はカレーですっ!」

男「お、カレーかぁ」

幼「しばらく食べてなかったからね~」

男「いや、俺は昨日仕事の休憩中に食べたがな」

幼「えぇ!そうだったんですか!?」

男「んー」

幼「じゃ・・・じゃあ」

男「いいよいいよ出前なんて。お前の作るカレー好きだし」

幼「男くん~・・・」

男「んー?」

幼「やっぱりそういう優しいところが男くんのいいとこですよ!」

男「そうでもないだろ」

幼「私にはわかるんですっ」

男「まぁ、お前が言うならそうなんだろう」

幼「えへへ~」


22.
幼「いただきまーす」

男「んー」

幼「『いただきます』はちゃんと言いましょうね男くん」

男「いただきまーす」モグモグ

幼「食べながら言うって斬新ですねー」

男「ところで幼よ」

幼「はい?」

男「お前はいつになったら酒が飲めるようになるんだ?」

幼「お酒・・・ですかぁ・・・」

男「もうお前も二十歳じゃんかよー」

幼「まだ飲んだこと無いんでなんとも言えませんね~」

男「じゃあ今日を機に飲んでみな?」

幼「えぇ~、怖いですよぉ」

男「言うと思った」

幼「だってお酒飲むと記憶がなくなっちゃうって言われてるじゃないですかぁ!」

男「そりゃお前、缶ビール一本じゃそこまでにはならんよ。と言うか記憶喪失にはならんぜ?」

幼「ホントですか・・・?暴れたくなったりしないんですか・・・?」

男「なんないなんない、俺は酒飲んでるけどそんなことしないだろー?」

幼「お、男くんがそこまで言うなら・・・」

男「まぁ無理して飲むことないぞ」

幼「へ、へーきです・・・それじゃあ・・・」

男「・・・・・」

幼「えいっ!」ぐびっ


23.
幼「わはー、おとこくんー!」

男「おぅふ!」

幼「きょーはあっついですねー」

男「なら抱きついてくんな」ぺちぺち

幼「あう   あう」

男「んー」

幼「ふぇー?」

男「ダメだ『んー』が通じない・・・缶一本でここまでとは予想外だったなぁ」

幼「おとこくん、もうのまないんですかぁ?」

男「こんな状況で飲めるかっての」

幼「じゃあおとこくんのぶんも~、のんどきますねぇ~」

男「あ、幼!それ以上は・・・」

幼「んっ・・・んっ・・・・」グビグビ

男「頼むから倒れんなよー?」

幼「ぷはぁ!」

男「・・・飲ませなきゃよかったなぁ」

幼「あはぁ、おとこくんがふたりいますねぇ・・・」

男「凄いなそれは」

幼「あれっ、あれぇ?」

男「んー?どした?」

幼「ここはどこでしょう・・・?」

男「・・・・・」

幼「おはながいっぱいありますよ?おとこくーん」

男「早く戻って来い」ぺちん

幼「あ~う~」


幼「スー・・・スー・・・・」

男「さてと、やっと寝たか」

幼「・・スー・・・・」

男「呼吸と心拍は・・・・・まぁ大丈夫だろう」

男「さて、と」

だきっ

幼「んん・・・スー・・・」

男「相変わらず軽いなコイツ。心配になってくら」

とことこ

男「んっしょ・・・」

パサッ

幼「・・・ん~・・・・」

男「俺も寝るかな」


24.
男「・・・昨日は大変だった」

幼「ほえ?どうかしたんですか?」

男「いや、だからなぁ?」

幼「あり、友くんと女ちゃんのことですか~?」

男「違う違う。・・・覚えてないんか?」

幼「?」

男「まぁ・・・無理もないなぁ」

幼「今日の男くんは変ですねぇ」

男「昨日のお前と比べりゃ数倍健常だい」

幼「昨日の・・・私?」

男「ほら、酒飲んだろお前」

幼「えぇ!?私がですかぁ!?」

男「はぁ」

幼「いやぁまさかそんな」

男「昨日の晩飯の記憶あるか?」

幼「・・・・・ない、で・・・すねぇ」

男「ほらな?」

幼「そんなぁ~・・・じゃあホントにお酒に手出しちゃったんですかわたし・・・」

男「なぁに、俺がお前に飲めって命令したのが悪い。お前は悪くないぞ?」

幼「む、男くんは私になにかを強要するような人じゃないよ?」

男「・・・・・」

幼「ほらまた気遣ってくれてぇ~!そういう優しさが男くんの!」

男「あいあい分かった分かった。とにかく、お前はもう酒を飲まんほうがいいからな」

幼「・・・え?それってまさか私・・・男くんになんかしちゃった・・・?」

男「凄かった」

幼「うわあぁぁぁん!」


25.
男「泣くな泣くな」

幼「ごめんね男くん~!」

男「平気だし気にしてないから。無事に生きてるし」

幼「私男くんにどんなことしちゃった!?コーヒーとかこぼしちゃった!?」

男「だから俺は平気なんだって」

幼「へ?」

男「お前は暴れたりしたわけじゃなかったから、俺は平気なの」

幼「ほっ・・・」

男「ただ、お前が昏睡状態寸前だったからさぁ」

幼「えええ!」

男「『お花畑ですよ男く~ん』だの『綺麗な川ですね~』だの
   それっぽいこと言ってたから心配したよ」

幼「わはー・・・全く覚えてないや・・・」

男「缶ビール二本で危うく違う世界に行くところだったお前は
  飲んじゃいけないタイプの人なんだろう」

幼「うぅ・・・ごめんなさい、変な迷惑かけて・・・」

男「迷惑じゃなくて心配、な。
  まぁ今年の年末年始はお前と酒でも飲もうかと思ってたんだがなぁ・・・」

幼「なんだか悪いなぁ・・・じゃ、じゃあ私お酒飲めるようにしとくよ!」

男「んー、酒は酒を飲まなきゃ強くならんぜ」

幼「じゃあ毎日一口ずつ・・・」

男「まぁ・・・いいんでね?頑張れよー」

幼「もう!馬鹿にして~!大晦日までには絶対強くなってます!
  そうしたら男くんともお酒飲めますもん!」

男「ははは、無理すんなよー」


26.
男「んあー」ゴローン

幼「掃除機かけますよーぅ」

男「えー?」

幼「んっしょ」

男「掃除機うるさいから嫌いなんだよなぁ」

幼「あ~、わかりますよそれー。ゆったりしてる傍でやられると気が散りますもんねー」

男「そうそう。とりあえず家の古いしうるさくない掃除機に買い換えようぜー」ゴロゴーロ

幼「考えときましょうかね~」カチッ

ゴオオオオオ

男「んああああ・・・・」

ぽつん ぽつん

男「んー?」

幼「~♪」

男「雨降ってきたなぁ」

幼「雨!?ややや洗濯物がっ」バタバタ

男「んー」ゴローン

幼「んっしょ・・・あぁぁ折角乾いてたのに~」

男「家事は大変だなー」だらだら

幼「そーですねー、苦労しますよぅ」

男「手伝っちゃ・・・」

幼「だめですよー、男くんはお仕事頑張ってくれてるんですからー」

男「今の俺はこんな怠けているのだからそんなこと言わずに」

幼「だーめーでーす!男くんは休んでてくださいっ」

男「んー・・・」


27.
男「幼!これを見ろ!」

幼「およ、紙・・・ですねぇ」

男「違う!・・・って見せる面が逆だった」

幼「?・・・・・おぉ!また私の似顔絵描いてくれたんですかっ!」

男「どうだ?今回は似てるだろう?」

幼「へ!?あっ、そうですねぇ!」

男「やっぱりなぁ~、特にどのへん?」

幼「どのへん・・・えっとぉ、耳たぶとか・・・」

男「耳・・・耳たぶ・・・・」

幼「後、こめかみとか・・・」

男「こ、こめ・・・こめかみ・・・」

幼「えーっと、えーっと・・・後は・・・」

男「もういい・・・お前はフォローが下手なんだから無理すんな」

幼「うぅ・・・」


114 :7DY+551nO
これは和むわぁ。



28.
男「あぁ・・・」

幼「およ、どうしましたー?」

男「この腕時計・・・」

幼「あぁ!壊れちゃったんですかー?」

男「若干高かったのになぁ」

幼「針が止まっちゃってますね・・・」

男「こういうのってどうしたらいいんだろうな」

幼「そりゃ・・・修理にだすとか・・・」

男「それなら新しいの買いたくない?」

幼「まぁ・・・確かに」

男「あえてそのまま付け続けるとか」

幼「えぇ~、意味無いじゃないですかぁ~」

男「そこがいいんだよ」

幼「・・・男くんはたまに解りませんねぇ・・・」


29.
幼「そういえばもうすぐクリスマスですね~」

男「んー」

幼「去年はなんにもしませんでしたね~」

男「んー」

幼「なんででしょう?」

男「うちの年中行事は日本のものしか採用してないからなぁ」

幼「えぇ~、せめてツリーくらい飾りましょうよぅ」

男「まぁ幼がそう言うなら」

幼「やった!押入れにあったっけなぁ~・・・」がさごそ

男「ツリーはタンスの上に出しといたぞー」

幼「およ?男くんが?」

男「俺以外いないだろー?
  お前のことだから飾りたいって言うと思い、あらかじめ出しておいたんです」

幼「男くんっ・・・!」がばっ

男「おぅふ」


30.
幼「ところでクリスマスといったらなんだと思いますー?」

男「んー?きりすとー?」

幼「違い・・・ませんけど~」

男「せんとにこらおすー?」

幼「まぁ・・・近いですけど・・・」

男「わからんぜー」

幼「プレゼントですよっ!クリスマスプレゼント!」

男「ぷれじぇんとぉ~?」

幼「そうです!プレゼントです!」

男「はぁ~・・・なんでまた?」

幼「あ~、またそんな面倒臭そうな顔してー」

男「だって興味ないしよぅ」

幼「折角ですし~、今年はプレゼント交換なんて・・・」

男「やだよおっかない」

幼「わはー・・・そうきましたか・・・」

男「大体クリスマスはそういうもんじゃないんだぜ~?ま、ここは日本だし言っても仕方ないがな」

幼「だってぇ・・・私達なんだかんだでそういう事を一度もしたことがないじゃないですかぁ」

男「むう、確かに」

幼「ですからっ!今年こそは一回くらい・・・」

男「まぁ・・・お前がしたいっつーなら、なぁ?」

幼「ホントですかっ!?今日の男くんはいつもにも増して優しいですね~!」

男「うむ、俺はお前の意思が一番大事だからなー」

幼「男くんっ・・・!」

男「鬱陶しいから抱きついてくんなよ?」ぺち

幼「あうっ」


31.
幼「じゃあ24日までに買い物行かなきゃね~!」

男「んー」

幼「あっ、別にデートでもいいんだよっ?24日に!」

男「俺はもうそんな若くねーし生憎24日は仕事だ」

幼「」

男「そ、そんなにがっかりするなよー」

幼「うー、男くんとどこか遊びに行きたかったのにぃ」

男「んんんんんんんん・・・・・」

幼「あっ、ごめんね男くん!なんだかわがままばっかり言っちゃって・・・ダメだよねそんな・・・」

男「まぁ、イヴは無理があるなぁ」

幼「うん、分かってますよぅ!」

男「・・・クリスマスは平気だけどな」

幼「・・・・・!」

男「んっ?」

幼「男くんっ・・・!」

男「わかったから座れ」ぺちぺち

幼「あう  あう」


32.
幼「~♪」

男「随分嬉しそうだなー」

幼「当然ですよぅ!男くんとお出かけなんて滅多にないですからね!」

男「毎度お馴染みの台詞だよなそれ。
  こないだ電気屋行った時もそんなこと言ってたよな。たかが買い物なのに」

幼「たかがじゃないですよー?こういう日常が大切なんですからねー?」

男「んー」

幼「一日一日を大切に生きなきゃなんですよ男くんっ!
  こんな日常はいつ壊れてもおかしくないんですからね?」

男「そんなもんかぁ?」

幼「そんなもんです!」

男「ぽえ~ん」

幼「あっ、もしかしてホントは行きたくないとか・・・」

男「ばーか、そんな訳ねぇだろー?お前の意思は俺の意思だっつーのぉ」

幼「男くんっ・・・!」

男「だーかーらー・・・ん?」

幼「わはー・・・お、男くんが優しすぎてちょっと泣きそうになっちゃいました・・・えへへ・・・」

男「泣くなよー?うるさいからー。その体質も相変わらずだなぁ」

幼「はい・・・男くんも私のわがままに付き合ってくれるの、相変わらずで・・・」

男「んー、やっぱり変わってねぇんだな俺ら」

幼「ふふっ、ですね!」

男「まー楽しみにしてろー?プレゼントもな」

幼「・・・おとこく~ん!」だきぃっ

男「うごっ」


33.
男「さーて、美味い飯も食ったし、そろそろ寝ようかなー」

幼「おやすみなさい男くん」

男「んー、・・・ところでさ、お前はいっつも何時に寝てるんだ?」

幼「へ?なんでですか~?」

男「いやだってよー、毎日俺が先に寝てるから・・・」

幼「私は男くんが寝てから寝てるよー?」

男「まぁ・・・そりゃそうだわな」

幼「そーだよー?毎日確認してるんだからねー?」

男「へ?確認?」

幼「はい。確認」

男「確認て・・・なに?」

幼「ですからー、男くんは自分の部屋行って寝るじゃないですかー」

男「うんうん」

幼「その一時間後に私が男くんの部屋に行って寝ていることを確認してから・・・」

男「うぇ?はっ?」

幼「どうしました?」

男「か、確認て・・・俺が寝ているかを確認してんの?」

幼「はい」

男「ちょ・・・気づかなかった・・・」

幼「そりゃそうですってー、起こさないようにそーっと・・・」

男「いやいや、そういう問題じゃないぞ幼さん。一体何故だ?なんで俺の睡眠チェックなんて?」

幼「そりゃ男くんが無事に寝れているかを・・・」

男「えぇ・・・?寝るのってそんな危険なこと・・・?」

幼「いやぁ、もしも寝る前の男くんの身に何かあったらと思ったら心配で心配で・・・」

男「お前の気遣いはプロの域に突入してるかもな」

幼「えへへ~」

男「褒めてはいないぞ?」


男「んぁぁ・・・ねむい・・・」

幼「おはよう男くん!はいコーヒー」

男「んあ」

幼「はい朝ごはんっ」

男「ん」

幼「はい新聞」

男「んー」

幼「はい、お口ゆすいでくださーい」

男「んん」


34.
男「ふぁぁ・・・っふう、ところで昨晩と似た疑問があるのだが」

幼「はーい、いいですよー?」

男「お前はいつ起きてるんだ?」

幼「男くんが起きる前ですよっ」

男「いやそりゃぁ・・・昨日と同じだな」

幼「これは当然ですよー!仕事に向かう男くんの朝支度は私がするんですからっ」

男「そんな無理しなくても」

幼「なに言ってるんですかぁ、無理なんてしてないですよぅ」

男「だって俺より遅く寝てー、早く起きてー、家事もしてー・・・」

幼「男くんは気にしなくていいんですよっ、そういうことは」

男「お前はこっちが黙ってると勝手に尽くしちゃうだろ?
  そのうち過労でぶっ倒れそうだから心配なんだよー」

幼「大丈夫ですって!それに私も心配してるんですからねー?
  男くんは慣れないお仕事に戸惑ったりなんかしてないかなーって」

男「余計なお世話だアホ」

幼「えへへ~、こっちこそですよ~だ」


35.
男「た、ただいまあ!!」

幼「およ、男くんおかえりなさーい」

男「んー!!」

幼「お風呂にしますかー?ご飯にしますかー?」

男「お風呂で!!」

幼「はーい、じゃあその前に寝転がってくださーい?」

男「な、なんで?」

幼「いいからいいから」

男「む、わかった」ゴローン

ガバッ

幼「・・・で?今日はどうしましたぁ?」もみもみ

男「くっ・・・またバレたか・・・」

幼「あんだけ明るければむしろ分かりやす過ぎですっ」もみもみ

男「別にたいしたことじゃないし心配はいらんぜ?」

幼「そーですかぁ?ならいいですけどっ」もみもみ

男「うむ・・・んーしかしお前のマッサージは相変わらずきもちーなー」

幼「んふふー」もみもみ

男「部長のマッサージは気持ち悪いんだよなー」

幼「・・・・・」ぴたっ

男「ん?どした」

幼「い、いえ・・・なんでも・・・」もみもみ

男「そうか?」

幼「きょ、今日はゆっくり休んでくださいねっ!」もみもみ

男「んー」


男「ふぃー、スッキリしたー」

幼「あー、そういえばシャンプー詰め替えるの忘れてた!」

男「んー?」

幼「男くん頭洗えなかったでしょー?」

男「あぁいいよそんくらい」

幼「ごめんねー?お詫びに今から頭洗ってあげるから!」

男「もっといいよそんなの」

幼「ほらほらお風呂に戻って」ズイズイ

男「ぁぁぁぁ・・・」


152 :ldAUL0S4O
なんかこういうの見てると寝取られとかヤンデレ方向に行きそうで怖いな
幸せなまま終わってくれよ

153 :8ntSz+e3O
>>152
安易に想像出来るから困る

154 :EyrTCw320
まじで幸せなまま終わって欲しい

158 :eTTMNNTKO
このほのぼのとしたノリが好きだから最後まで貫いて欲しいな

159 :8ntSz+e3O
雲行きが怪しくなったら僕はスレを閉じます



36.
男「ところでだ」

幼「はい?どうしました?」

男「お前はことあるごとに『男くん男くん』て・・・そろそろ『くん』は抜こうぜよ」

幼「え・・・」

男「いやいやおいおい、何故そんな顔をする」

幼「だって今までずぅっとこの呼び方だったのに・・・いきなり変えることなんてできませんよ!」

男「んあぁ、確かになぁ、お前が俺を呼び捨てにしたことなんて記憶にないなー」

幼「うんうん」

男「じゃあ試しに一回言ってみ?『男』って」

幼「えぇ・・・言い辛いなぁ・・・」

男「ものは試しだぞい」

幼「わ、分かりましたよぅ・・・うぅ・・・お・・おとこ・・」

男「・・・・・」

幼「くん・・・・」

男「惜しい・・・」


37.
男「ゲホッゲホッ!」

幼「ふぇ!?男くん!?」ばたばたっ

男「ゴホッゲホッ!」

幼「はぁ・・・はぁ・・・どうしたんですか・・・って、た、たばこですかっ!?」

男「んー・・・凄い肺に来るなこれ・・・」

幼「男くんはついにたばこにまで手をつけちゃったんですね・・・」

男「いやぁ、実は今日同僚に勧められてさぁ一本貰ったんだよ。
  今その貰った煙草を吸ってみたんだがな・・・」

幼「どうでした?」

男「俺には無理だ・・・」じゅう・・・

幼「ほっ・・・」

男「ん?なんだ?安心したか?」

幼「はい・・・たばこを吸う男くんは男くんじゃないですもんっ!」

男「んだそりゃ」

幼「でも・・・もし男くんが吸いたいって言うなら私は従いますけどねっ」

男「お前はまたそうやって無理言ってー」ぺち

幼「あうぅ、無理は言ってませんよー?私は男くんの言う事ならなんでもききますからー」

男「はいはい吸わないから吸わないから」ぽんぽん


38.
幼「はい、今日はおでんですよー」

男「おー、おでんかぁ」

幼「召し上がれー」

男「いただき」

幼「いただきます」

男「はぅはう熱っ」

幼「はいお冷どーぞ」

男「んあ、はーうまい」

幼「ふふ、まだ沢山ありますからねー?」

男「おう、お前はいい嫁になるぞー、きっと」

幼「そーですかぁ?」

男「そーだよー」

幼「お嫁さん、かぁ・・・」

男「?」

幼「私が嫁ぐなんて自分でも考えられないなぁ・・・」

男「んー?」

幼「だってそうじゃないですかぁ、結婚なんて頭にないですもーん」

男「それを言ったらお前・・・俺だってそうなっちまう」

幼「私たち恋愛経験ゼロですもんね~」

男「恋って何?ってな感じだもんな。学生時代も今も」

幼「あはは~、まさにそうでしたね~」

男「周りがそういうので騒いだりしてるのを見ると妙な疎外感に見舞われたりな」

幼「そうそう!なんなんでしょうかね~アレ」

男「なんというか、俺らがおかしいのかねぇ」

幼「え~?そうなのかなぁ?」

男「まぁ、周りがおかしいのか自分がおかしいのかなんて誰にもわからんよ」

幼「そうですね~」


39.
男「でもさ~、お前中学と高校の頃はよく告白されてたよなー、上下男女問わず」

幼「いえいえ、男くんと比べたら」

男「いや、俺はそうでもなかったぞ?」

幼「うそですよ~、よく下駄箱に手紙があったじゃないですかぁ~」

男「あっ、あれがそうだったの?」

幼「えっ?知らなかったんですか?ラブレター」

男「えっ、いや・・・不幸の手紙だと思って・・・」

幼「捨ててたんですかっ!?」

男「・・・・・うん」

幼「男くんったらとんだおバカさんですね~・・・」

男「だって流行ってたじゃん・・・俺らの年代なんかじゃ」

幼「確かに・・・だからって捨てることは・・・ねぇ?」

男「悪いことしたな~、まぁいいや」

幼「男くんは結局誰であろうと振っちゃいますもんね」

男「お前こそ結局誰とも付き合わなかったよなー」

幼「えぇ、まぁ」

男「なんで?」

幼「男くんは?」

男「わからん」

幼「私もです」

男「・・・・・」

幼「・・・・・」

男「やっぱり俺らはおかしいのかねぇ」

幼「・・・多分そうだと思います」


40.
男「まぁ、俺らに結婚なんてありえないな」

幼「ですねー」

男「お前は結婚なんて考えもいないんだろ?」

幼「はい」

男「じゃあしたくないってことか?」

幼「んー・・・そういう訳ではないですねぇ」

男「やっぱな、俺もだよー」

幼「およ、男くんもですか」

男「んー、したくない、という拒絶の念があるわけじゃないんだよなぁ」

幼「かと言ってする気もないしね~」

男「そうそう、どっちにも転ばない中途半端な位置にいるんだよな」

幼「世知辛いですね~」

男「どうすんのこれ」

幼「どうにもならないでしょう」


幼「でもどうしていきなり結婚の話なんですか?」

男「ん?特に意図はなかったが・・・
  まぁお前が誰かと結婚したら同棲なんて続けられないしな。中々好きなんだよこの生活」

幼「わはー、そんな心配ないですって~、私も好きですし~」

男「ありえないことだが一応気にしてみただけだ」

幼「あっ、でも私もたまに『男くんが誰かと結婚したらどうしよう』って考えちゃう時あるなぁ」

男「そうなんか?」

幼「まぁありえないでしょ、っていつも自己完結してますけどね」

男「それは賢明だな」

幼「あっ、おでんよそりますよ~」

男「ん、・・・あと、折角だから聞いていいか?」

幼「はいどうぞ~」

男「仮にだ、俺とお前が結婚するとなったらお前はしたいか?」


41.
幼「男くん・・・とですか」

男「んん」

幼「・・・男くんはどうなんです?」

男「俺か?ははは・・・」

幼「・・・・・」

男「恐らく・・・お前と同じ答えだ」

幼「そーですかー?じゃあ一緒に言ってみましょうか?」

男「おう、じゃあ行くぞー?せーっの・・・」

幼「男くんが望むなら」

男「幼が望むなら」

幼「・・・・・」

男「・・・・・」

幼「あはは~」

男「ははは~」

~~~~~

男「さて、そろそろ寝ようかなぁ・・・」

幼「はーい、おやすみなさーい」

男「んー」

パタン

幼「・・・・・」

幼「男くんと・・・結婚かぁ・・・」

幼「・・・・・」

幼「まぁ、男くんは私のこと好きじゃないから結局はありえないよねぇ・・・」

幼「ん~・・・私は・・・」

幼「・・・・・」

幼「わかんないなぁ・・・」


42.
男「おはよう」

幼「うわあぁあ!!」ガシャーン

男「おうおうどうした?」

幼「お、男くんが自力で起きるなんて・・・」

男「まぁたまには、な」

幼「感心です~」

男「んー」

幼「はいどうぞー」

男「ホントに準備いいよな」ズズッ

幼「朝ごはんはもうちょっと待って下さいねー?」

男「んん」

幼「はい新聞」

男「あんがと」


幼「あ~う~・・・」

男「ん?どしたー?」

幼「大事なこと忘れてました~・・・」

男「なんだ?」

幼「年末だから大掃除しなくちゃ・・・あう~」

男「えー、しなくてもいいだろー、お前がいっつも掃除してくれてるから綺麗だし」

幼「でも・・・こことか埃が・・・」

男「ほ、埃ぃ?」

幼「はい」

男「埃払うだけなら年末にこだわる必要なくないか?」

幼「いやぁ、スッキリとした年の初めにしたいじゃないですかぁ」

男「なら今からやんぞ、ちゃっちゃと終わらせよう」

幼「あっ、えっ、あっ」


43.
幼「はぁ~・・・男くん思いっ切りよすぎですよ~」

男「やると決めた時にやらないとな、こういうのは」

幼「でも一人で窓拭き片付け整頓までやらなくても・・・」

男「お前がやる前にやっただけだ」

幼「あー、またそうやって~」

男「『男くんは休んでてくださ~い』か?いやぁ、たまにはこういうのもさぁ」

幼「むぅ・・・まぁいいですけどっ、とりあえずお茶にしましょっか?」

男「んー」


幼「はいどーぞっ」

男「あんがと」

幼「はぁ~、お掃除つかれたっ」

男「・・・・・」

幼「・・・みかんですか?」

男「む、なんでわかった」

幼「そんなにまじまじと見ていれば分かりますよぅ、今剥きますね~」

男「んー」

幼「男くんは白いの苦手ですからね~」

男「いいよそんな」

幼「だーめーでーす、こういうのは私の仕事ですからっ」

男「仕事て・・・まぁいいけど・・・」

幼「ゆし出来たっ、はいどーぞ?」

男「う、美しいなこのみかん」


44.
男「いてっ」チク

幼「・・・・・」

男「いたっ」チク

幼「・・・も~、男くんはホントに耳掻きが下手ですね~」

男「仕方ないだろ慣れてないんだからさぁ」

幼「はいはい、横になってくださーい?」スッ

男「・・・毎度のことだけどさぁ、恥ずかしいんだよそれ」

幼「なにをいまさら~」

男「だってこの歳で膝枕・・・」

幼「男くんはいくつになっても男くんでしょ~?今更気にしても遅いんですよ~」

男「わ、わかったよ・・・」

幼「ふふ、男くんは私に身を預けてればいいんです」

男「それは不安、だっ」

幼「またまた~」チク

男「いてっ・・・結局お前も下手なんだよなぁ・・・」


45.
男「んあああぁあぁ・・・た、ただっ、ただいまぁ~」ふらふら

幼「おかえりなさい男くん、あらら何時になく酔っ払っちゃって」

男「会社の・・・忘年会だたんだお~」ふらふら

幼「そうだったんですかー、はいお水です」

男「んー・・・」ごくごく

幼「すぐに寝れる準備しときますねー」

男「むあ」

幼「あり、それはなんですかぁ?」

男「ん~、蟹だぁ、土産だぁ、残りだぁ」

幼「あ~忘年会で出た蟹の残りを持ち帰ってくれたんですねー、じゃあ明日食べましょうねー」

男「一緒に食べんぞおらー!今だ今!」

幼「えぇ!まだ飲むんですかぁ?男くんも酒癖悪くなりましたねー」

男「いやかー?」

幼「ふふ、いいえ~?じゃあ食べれるようにしときますねー」

男「にゃー」


幼「はい全部剥いときましたよ~、どうぞー」

男「・・・・・」ムシャムシャ

幼「あっ・・・あんなに酔っ払ってたのに蟹を食べる時は静かになるんですね・・・」

男「はぁ~美味い、ほらぁお前も飲め飲めぇ~」

幼「えぇ!こないだ『お前は酒飲むな』って言ったの男くんなのに・・・」

男「え~?」

幼「ダメだ・・・通じてない・・・お酒は人を駄目にしますねぇ・・・」

男「いいから幼も飲むんだぁ」

幼「う・・・お、男くんがそう言うなら私はっ・・・」

男「ほれほれぇ」

幼「んっ・・・えいっ!」グイッ


46.
幼「あはは!おとこくぅ~ん!」だきっ

男「むあぁぁぁ・・・」

幼「もっとのみましょ~よぅおとこくぅん!」スリスリ

男「なんだこれ、なんで俺はこいつと飲んでんだ?え?」

幼「あ~!そーやってのまないっていうならわたしが」

男「あうあう、わかったわかった!だからその缶を置け!」

幼「あーい!」

男「なんだってこんなことに・・・」ごくごく

幼「わは~、おとこくんのめますねぇ~」

男「ぷへぇ・・・」バタッ

幼「あぁ~、おとこくんねちゃったぁ・・・じゃあわたしもぉ・・・」バタッ

男「んあ・・・」

幼「きょうはひさしぶりにいっしょにねましょーかー・・・」ぎゅう

男「ぃゃぁ~・・・・・」

幼「きこえないよ~」ぎゅうぅ

チュン   チュンチュン

男「はあぁぁ・・・っくぅ・・・むあ、頭いてぇ・・・・ん?」

幼「スー・・・・スー・・・・」

男「・・・・・」

幼「スー・・・・スー・・・・」

男「・・・えー?」

男「なんでコイツと寝てんの俺?しかもここリビングじゃん」

男「・・・記憶がない、飲みすぎたか俺の馬鹿め」

男「むう・・・コイツはどうやって起こそうか・・・とりあえず」ペチペチ

幼「ぁぅ・・・ぁぅ・・・・」

男「起きれるか~?」

幼「んぁ・・・あ・・おとこくん・・・おはようございましゅ・・・」

男「昨日は一体なにがあったんだ?」

幼「へぇ~?きのうってなんでしょ~・・・?」

男「だめだこいつ」


47.
男「ちょっと昨日は酒飲み過ぎてしまったようだ」

幼「ごめんなさい・・・昨日は言いつけを守らずに・・・」

男「気にすんな幼、俺が悪いんだから」

幼「でも・・・」

男「いいからいいから。ただ、この部屋の散らかり具合を見ると昨日は相当暴れたみたいだな、俺ら」

幼「なにをしたらこんなになるんでしょう・・・」

男「不思議だな」

幼「男くん、痛いとことか無いですか?」

男「へ?なんで?」

幼「暴れまわって怪我とかしてないかと・・・」

男「あー、平気へーき」

幼「ホントのホントですね?」

男「大丈夫だって、お前こそ大丈夫か?」

幼「んん・・・ちょっと頭が痛いかな・・・えへへ」

男「!?」

男「ちょ!頭見せてみろ!」

幼「あうー、なんですか男くん~」

男「けがっ、怪我してないかっ!」グリグリ

幼「だ、大丈夫ですよぉ~・・・あうぅ・・・」

男「まさか頭打ったりして・・・」

幼「違いますって!二日酔いですからっ!」

男「あっ・・・なんだよかった」

幼「男くんは心配しすぎです」

男「だってよ、前回があんなんだったから・・・」

幼「あぁ・・・」

男「なにも学んでなかったな・・・」

幼「やっぱり・・・お酒は怖いです・・・」

男「あぁ・・・酒は怖い」

幼「・・・・・」

男「あ、言い忘れてたが今日は友と飲みに行く約束してたんだ」

幼「男くん・・・お酒は怖いと言いながら結局は飲むんですね・・・」

男「まぁ悪いもんじゃないしな」

幼「はぁ、気をつけてくださいよぅ?」

男「おう、さて今日は夜までゴロゴロしてようかなー」ゴローン

幼「そーですねー」ゴローン

男「ん、お前がごろ寝なんて珍しいな」

幼「えへへ~、まぁたまには~」

男「最近忙しかったしな~」

幼「はいー」


48.
男「・・・・・」

幼「? 男くん、そんな真剣な顔して・・・あっ!」

男「ぬおっ、びっくりしたぁ」

幼「それ・・・わた、私の似顔絵・・・?」

男「んあ、そうだが」

幼「すごい・・・ですね・・・」

男「えー?すごい下手ってか~?これでも結構頑張ったほうなんだがなぁ」

幼「い、いえっ!すっごい上達しましたね男くん!」

男「そ、そうなのか?」

幼「そうですよぅ!こないだまでと比べると天地の差がありますって!」

男「へ~」

幼「男くんはホントに何でも出来ちゃうんですねぇ~」ナデナデ

男「そうでもないぞ?俺はお前と違って家事とか出来ないからな」

幼「でもやろうと思えば?」

男「無理だ。俺にはお前が居ないとな」

幼「またそうやってぇ~」


49.
男「はぁ~さむっ」

幼「外は寒かったでしょ~?ほら暖まって暖まって」

男「むうぅぅぅ・・・」ブルブル

幼「なにもこんな寒い日に運動なんて・・・」さすっさすっ

男「運動は毎日続けなきゃ体力はつかんよ・・・」ブルッ

幼「今温かいコーヒー持ってきますからねー」

男「んあ・・・」

幼「でも走ってきた割には汗一つかいてないじゃないですか、はいコーヒーです」

男「んん・・・歩いてたんだもん」

幼「えぇ?それはウォーキングですよ男くん!お爺ちゃんじゃないんだから!」

男「いや、そりゃあ最初はランニングだったけど途中でバテちゃってさぁ、
  歩いてる内に・・・やる気失せた」ズズッ

幼「はぁ・・・そんなことだろうと思いましたよ・・・」

男「んー?」

幼「だって普通おかしいと思いますって~、ランニングから帰ってきたのに震えてるなんて~」

男「ははは~」

幼「あー、それより肌荒れとか平気ですか?」

男「大丈夫大丈夫、こんなの春になれば治る」

幼「えぇ!お肌乾燥しちゃってるんですか!?と言うか春まで治るのを待つより今治しましょうよぅ!」

男「んえ~?」

幼「こんなことで駄々こねないの男くんっ」

男「だってさぁ、気持ち悪いじゃんあの感じ。顔に塗った時のあの感じ」

幼「あぁ~わかりますよそれー、男くんアレ苦手ですもんねぇ~」

男「うんうん」

幼「じゃあこれから男くんが寝てる間に塗っておきますねー」

男「それならいいんだぜ」

幼「また男くんに関する習慣が増えちゃいました」

男「嬉しいか?」

幼「はい~、えへへ~」

男「嫌がらんのかい」

幼「だって、頼りにされてるっていうのはとっても幸せなことじゃないですかー」

男「そっか」ぷに

幼「むあ」

男「・・・・・」ぷにぷに

幼「んにゃ うあ」

男「お前の頬っぺた凄いプニプニしてんな~」ぷにっぷにっ

幼「むあ あうっ」

男「あっ、これ面白い」ぷにぃ~っ

幼「男く~ん・・・むあ」


50.
男「じゃあちょっくら行ってくら」

幼「は~い、行ってらっしゃい男くんっ!気をつけてね~」

男「んー、お土産楽しみにしてろー」

幼「あはは~、今日は飲み過ぎないで下さいよ~?」

男「んー」

バタンッ

~~~~~

男「んーす、友ー?」

友「おぉ男ー、遅かったから先飲んじまったよ~」

男「いいよいいよー、まぁ今日はゆっくり飲もうじゃないか」

友「ん、いいぜ」

男「しかしまぁこんな居酒屋があったとはな、なにここ目茶苦茶いい店じゃん」

友「俺の行き着けだ。あぁそういやお前と飲むのも久しぶりだなぁ」トクトク

男「ん、あんがと。いやーそれにしても最近毎日飲んでる気がするぜ。これが年末かー」

友「ははは、俺も昨日女と飲んでたんだけどよ~」

男「お、偶然だな。俺も昨日は幼と飲んで・・・」

友「おぉ!ついに!」

男「なんもしてねーよアホ」

友「なーんだ、お前は果てしなく奥手だからな~」

男「違うぜ友よ、俺らの関係はあくまでも単なる幼馴染だからな。それ以上も以下も無いんだよ」

友「ほう、幼馴染同士には同棲する決まりなんてのがあんのか?」

男「それは・・・無いけどな?」

友「そういやこないだお前ん家行った時に聞き忘れたんだが」

男「ん?」

友「なんでまた幼ちゃんと同棲し始めたんだ?」


291 :zHnhrgOR0
なんかいいなぁ
なごむなぁ

287 :zxLSixy/0
頼むからBAD ENDはやめてくれよ…



51.
男「同棲のきっかけか?」

友「そうそう、すげぇ気になる」

男「それこそなんでまた・・・」

友「いやぁさぁ、高校生の頃からお前らがその辺のカップルより仲がよかったのは知ってるんだがな?
  同棲に至る理由がわからなくてな」

男「知らんでいいだろうに」

友「・・・飲め飲めぇ!」

男「露骨な作戦だなぁ、まぁいいや教えてやんよ」

友「おっ!流石男!」

男「俺らが同棲を始めたのは・・・高校卒業の直後だ、ってのは言ったよな?」

友「うむ」

男「まぁいきさつってのは単純で、単に幼の両親と俺の両親が無理やり俺達を引っ付けたわけなのよ」

友「おぉ!」

男「おわり」

友「おい」

男「んあ?」

友「もっと話すことあんだろ。そのときのドラマティックな葛藤やらなにやら」

男「え?俺の話ドラマチックじゃなかった?」

友「『ド』すらねぇよ『ド』すら」

男「はぁ・・・話すと長くなんだよこれ」

友「付き合うぜー?今日はゆっくり飲むんだろ?」

男「・・・わかったよ」

友「うむ、流石男だ」

男「あれは・・・まだ寒さの残る・・・」

友「お?なんだ?」

男「ドラマチックだろ?」

友「なんか違う。それは怖い話だ」

男「んあぁ・・・まぁいい。あれはまだ寒さの残る二年前の初春のことでしたー・・・」


293 :VSLHRCAB0
ういはるだと・・・・・



52.
~~~~~

幼「ねぇ男くーん?」

男「んー?」

幼「お父さんがねー?男くんにお話があるって言ってましたよー?」

男「いつ」

幼「昨日ですー」

男「なぜ」

幼「えへへ~、なんででしょ~」

男「・・・・・」ぺちんぺちん

幼「あうあうぅ、ホントに知りませんて~」

男「はぁ、俺なんかしたっけ?」

幼「まぁ行けばわかりますって!」ズルズル

男「引っ張んな引っ張んな」


男「・・・・・」

幼「どうしましたー?」

男「・・・俺がお前の親父を苦手としていることくらい知ってるだろ?」

幼「はい」

男「憂鬱だなぁ・・・」

幼「すぐ終わりますってー」

男「やっぱ今日はいいわ」

幼「あーっ!折角家の前まできたんですからっ!」

男「折角って・・・俺の家はすぐ横にあるんだがな」

幼「はいはい分かりましたからっ!ほら中に入って!」

男「押すな押すな」


53.
幼父「おぉよく来たな男!」

男「徒歩5秒で来ることが出来た人間に『よく来たな』って愉快ですよね。
  で、幼から話はされたんですが・・・」

幼父「あぁ、お前は大学受かったんだってな?」

男「はい」

幼父「おめでとー」

男「あぁどうも・・・え?それだけですか?」

幼父「いやいや、今日はお前に頼み事があってな」

男「はい・・・きける範囲なら」

幼父「幼を貰ってくれ」

男「あぁ結構です」

幼父「・・・もう少し考えてくれても」

男「何回目ですかそれ、毎回言ってますけど幼だって俺なんかと・・・」

幼父「幼は受け入れてくれたぞ?」

男「えっ」

幼父「昨日話をしたらな?『全然オッケーですよー!わはー』なんて言ってたぞ?」

男「・・・まぁ・・・幼がそういうなら俺は」

幼「あれ?なんの話ですかー?」

幼父「あっ・・・幼・・・」

男「おぉ居たのかお前ー」

幼「居ましたよぅ」

幼父「話聴いてたのお前?」

幼「ちょっと小耳に挟んだもので」

男「?」

幼「なんの話をしてたんですかー?」

幼父「な、なんでもないからあっち行ってなさい?」

幼「はーい、変なのー」

男「・・・・・」


54.
幼父「さて・・・えぇと・・・」

男「怪しいですねぇ親父さん」

幼父「え!?なにが!?」

男「ホントに幼に話をしたんですか・・・?」

幼父「・・・・・」

男「幼のあの様子を見る限り・・・幼は」

幼父「すまん、嘘ついた」

男「はい、振り出しに戻りましたねー」

幼父「どうしたものか」

男「どうしたもこうしたも親父さんのやってる事は結構無茶苦茶ですよ?」

幼父「・・・それは自分でもわかってるがな?幼を幸せにできるのはお前しかいないんだよ。絶対」

男「んー・・・何故です?」

幼父「幼馴染だからだよ」

男「・・・むぅ」

男「そんなねぇ?幼馴染だからと言って無理やり一緒にさせようなんて」

幼父「確かに無理言ってるのは承知だが、なにせこれは頼み事だ。
   頼み事なんてこんなものだろう?え?」

男「ん~・・・ですから俺は」

幼父「断る前に俺の言い分も聞いて欲しい」

男「・・・わかりましたよー」

幼父「幼は聞くところによると誰とも付き合ったことがないというじゃないか」

男「えぇ、まぁそれは俺だってそうですが」

幼父「恋愛経験が無いだけなら構わん、だがこのままだと幼は独りになってしまう。幼は純粋過ぎる」

男「・・・かもですねぇ」

幼父「これではマズイんだよ男。なにせ幼は女だ、誰かに嫁がなきゃならん」

男「・・・・・」

幼父「アイツみたいな娘には幼馴染である君しかいないんだ」

男「そんなこと・・・」


55.
幼父「思えば我が子の成長なんて早くてなぁ」

男「・・・・・」

幼父「昨日はあんなに泣き喚いていたと思えば、今日はこんなに立派に道を歩んでる」

幼父「こーんなに小さかったガキが幼稚園に入って・・・」

幼父「小学生になったと思ったらあっという間に中学生になり・・・高校にも入学して・・・」

幼父「子供の成長なんて瞬きもできないわ。今ではもう自立の準備段階ときたもんだ」

男「・・・・・」

幼父「そんな我が子の隣にいつも居たのが君だったな」

男「・・・!」

幼父「一緒に成長して・・・苦楽も共にして・・・まさに二人三脚のようだよ」

男「二人三脚・・・ですか」

幼父「いいか男、これが本当の幼馴染ってやつなんだと思うぞ?」

男「え・・・」

幼父「物心つく前から一緒に成長してきたお前らは同じ歩幅で歩いてやがる」

幼父「一人で歩けるってのにわざわざ手前の足と相手の足をヒモで結ぶことすらしやがった」

幼父「道を進むための足、そいつをヒモで結んで歩いて往く。
   そのヒモは解こうにも解けねぇもんなんだぜ?」

男「・・・・・」

幼父「お前らはそういう関係にあると思うんだよ。俺は。なんか漠然としてるけどな?」

男「親父さん・・・」

幼父「カーサンも同じ意見だ。当然、お前の両親もな」

男「そ、そうだったんですか・・・」

幼父「さっきはお前らを騙すような無理な頼み方しちまってすまなかったな。
   ただ、それだけ今回は本気なんだよ」

男「本気?」

幼父「あぁ、今までは酔っ払った時に冷やかし半分でお前に頼んでいたが・・・今回は冗談抜きだ」


56.
男「・・・・・」

幼父「これは『隣のオッサン』としての頼みではなく、『幼の父親』としての頼みなんだ」

男「・・・・・」

幼父「・・・無理は言わねぇがな。決定するのはお前なんだ」

男「結婚は・・・無理です・・・」

幼父「・・・そうか・・・ならその理由を言ってくれ」

男「まだ18になったばかりの俺には早すぎるかと・・・」

幼父「まぁ確かにそう感じるかもな。でもそういうことなら」

男「でも!」

幼父「・・・?」

男「一緒に住むことなら、出来ます」

幼父「・・・そうか!」

男「はい、親父さんの要望には同棲という形でならお答えできます」

幼父「という事は、やはり結婚はありえないか?」

男「・・・今はなんとも」

幼父「いや、いいよいいよ全然いいよ。お前が幼を受け入れてくれただけでも俺は満足だ!」

男「はい」

幼父「詳しいことは後日考えるとして・・・今、何か言いたいこととかあるか?」

男「幼の・・・」

幼父「・・・ん?」

男「まず、幼の意見を聞きたいです」

幼父「む、わかった」


57.
幼「あーい、なんでしょー?」

男「・・・・・」

幼父「・・・・・」

幼「え・・・えぇ・・・?どうしたんですか二人とも怖い顔して・・・」

男「なぁ、幼」

幼「・・・はい」

男「・・・お前は高校を卒業したらどうするんだ?」

幼「え・・・私は・・・」

男「どこかに勤めるとか?」

幼「・・・」

男「進学するとか?」

幼「・・・」

男「俺と一緒に住むとか?」

幼「・・・え?」

幼父「ぷっ・・・・」

男「笑うなオッサン・・・俺だって恥ずかしいんだよ・・・!」ヒソヒソ

幼「男くんと・・・一緒に住む・・・?」

男「理由やいきさつは後で話す。とりあえず答えてくれ」

幼「・・・・・」

男「ま、まぁ急にこんなこと言われてもなぁ・・・どうしようか・・・」

幼「男くん!」

男「えっ?あっ、はい」

幼「男くんは・・・どうなの?」

男「俺・・・俺か・・・」

幼「よくわかんないけど・・・私と一緒に住みたい・・・?」

男「・・・・・」

幼「・・・・・」


58.
男「・・・せーので、だ」

幼「はい?」

男「せーので同時に答えを言おう」

幼「・・・ふふ、わかりましたっ」

幼父「」ゴクリ

男「・・・・・」

幼「・・・・・」

男「せーのっ・・・」

幼「男くんが望むなら」

男「幼が望むなら」

~~~~~

友「・・・で!?」

男「んあ?もうその後は特になんもねぇよ~」

友「いやめっちゃ気になるわ~!」

男「んー・・・まぁその後はぁ・・・
  顔を真っ赤にした俺らをみて親父さんが悶絶したり・・・俺の両親が赤飯炊いたり・・・」

友「いやっ!そこじゃなくて重要なところが抜けてんだろ!その後お前らはどうなったんだ!?」

男「どうなったってお前・・・今の俺ら見たならわかんだろ・・・」

友「あっ、そっか。結局同棲したのね」

男「そうそう、全くちょっと飲みすぎじゃないかお前ー」

友「なーに、まだまだこれからよ!」グビグビ

男「ゆっくり飲めよ~」


59.
男「まぁ大変だったのはあの後な~」

友「ん~?」

男「俺も18の頃は大学生だったろ?」

友「あぁそういやそうだったな、確か資格を取るだけ取って辞めたんだっけ?」

男「あぁ、・・・っつってもたった数ヶ月前の話かぁ・・・」

友「お前くらいなら全然卒業できたのに勿体ない・・・」

男「学歴なんてどうでもいいんだよ。
  ・・・それよりな?あの後俺の両親や幼の両親が大騒ぎして大変だったのよ~」

友「お前も随分ノリノリで話してくるじゃねぇか」

男「結婚前祝いだーっ!っつってよ~、同棲≠結婚ってこともわかんねぇのかい、ってな」

友「ほうほう」

男「で、今俺と幼が住んでるマンションあんだろ?」

友「あぁうんうん!アレ思ってたんだけど何であんな良い場所で暮らせてんの?」

男「ぜーんぶ、俺らの親の手引きです」

友「そ、そうだったんか・・・」

男「そりゃそうさー、俺みたいな新入社員が高級マンションで食ってけるわけねーだろー?」

友「じゃあ生活費なんかは・・・」

男「俺らの両親が負担してんだよ・・・親のスネかじりなんて嫌なのによー・・・」

友「過保護ってとこか?」

男「んー・・・厳密に言えばそうじゃないな。俺らの親は優しくないし」

友「は?じゃあ何でお前らをアシストしてくれてんだ?」

男「アシストねぇ・・・そもそも俺や幼が仕送りを頼んだわけではないんだよ」

友「?」

男「俺らは最初、格安のボロアパートで自力の生活をするつもりでいたんだわ」

友「うんうん」

男「そしたらよ・・・『それはいかーん!!』ってな感じにあの四人が騒ぎ出して・・・」

友「う、うん・・・」

男「今に至る。どうやら俺らが結婚するまでずっとスネ差し出すつもりでいるらしいぜ?」

友「うらやましく・・・ないなそれは」


60.
男「困ったもんだ。まぁいずれボロアパートに引っ越すつもりではいるがな?
  このままじゃ心が痛むし恥ずかしい」

友「でもよー?結婚すりゃいいんだろ?」

男「んあ?」

友「いやだからー、お前らの両親は相当結婚して欲しいと思ってるはずだぜー?」

男「んー・・・」

友「嫌がらせ半分の援助もそうだと思うぜ?
  お前らは別に結婚して損することねぇんだしとっとと入籍しちまえよ」

男「いい加減考えたほうがいいか・・・」グイッ

友「あぁ、そうした方がいいだろう」トクトク

男「ん、さんきゅ」


男「ところでよー」

友「おう」

男「お前ら順調かー?」

友「ははー、お前に心配される程じゃあ無いぜ?」

男「そうかよ」

友「クリスマスだって一緒に過ごす予定だしな」

男「はっ、クリスマスねー・・・あぁクリスマスといえばさぁ」

友「なんだ?」

男「こないだ幼にプレゼント交換の約束しちまってなぁ」

友「おぉ、らしくねぇじゃねぇか」

男「まぁな。何渡せばいいかわかんねぇんだよなぁ・・・」

友「んなもん簡単じゃねーの」


335 :2009/12/24(木) 19:22:28.94 ID:pZ95PV//0
今日のvipは過疎ってる気がする




... .. .. ☆ ::::: ::::::::: ::::;:;:;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;
    |\ . . . .. :: ::;;:;:: ;;:;;;;;;;   
    ノ气;)-、. . . :::::::: ::;:;:;:;;;;;;;
   /:/.ヽ:ヽ::.. . .. :::: :::::::;:;:;:;;
 ̄ ̄`" ̄ `-.' ̄
338 :lp6qx4E/O
みんな見てるよ
書き込まないだけ



61.
男「いや、お前はそういうの慣れてるから」

友「慣れの問題じゃねーよ。お前の場合は簡単だ、ってことよ」

男「? 理解に苦しむ、飲み過ぎたか?」

友「馬鹿言え、これはチャンスじゃねぇか。わかんねぇの?」

男「さっぱり」

友「か~・・・これだからお前は・・・」

男「よくわからんが教えてくれぃ」

友「今お前がブチ当たってる問題はなんだ?」

男「俺が・・・ブチ当たってる問題・・・?」

友「そう」

男「・・・結婚?」

友「おぉ、まさかの正解」

男「? 結婚とクリスマスになんの接点が・・・」

友「ばーか、お前は日本のクリスマスの主流は教会でのお祈りだとでも思ってんのかぁ?」

男「まさか」

友「だろ?クリスマスと言ったらカップルの日だよ。まぁ皮肉な日ではあるけどな」

男「でー?そんな皮肉の利いた日にプロポーズでもすりゃいいのかー?」

友「・・・よくわかってんじゃねぇか」

男「・・・本気かよ」

友「マジマジ大マジ。もう一回言うがこれはチャンスなんだ男」

男「チャンス、ねぇ」

友「お前が何でそんな結婚に抵抗を感じてるのかは知らんが、
  そんな抵抗やら葛藤やらはクリスマスっつー魔法の言葉で片がつく」

男「・・・・・」

友「幼ちゃんがプロポーズを拒否する可能性なんて皆無だ」

友「なにせその日はクリスマス、幼ちゃんがこんなドラマティックな展開を蹴る女に見えるかぁ?」

男「・・・やっぱりお前は慣れてるな」

友「慣れじゃねぇよ、ほら飲め飲め」トクトク


62.
男「プロポーズ・・・結婚・・・プレゼント・・・・はぁ」

友「ちょっと深く考え過ぎじゃないか?」

男「そういう体質だからな・・・んあぁぁ・・・」

友「なにをそんなに悩む必要がある?お前は幼ちゃんの反応を伺い過ぎじゃないのか?」

男「幼の・・・そうかもしれんな」

友「お前らは相手の意見を大事にし過ぎて自分の意見を引っ込めるからなー」

男「よくわかってんな」

友「長い付き合いだからな」

男「こういうのってマズイのかねー?」

友「いや、凄いことだとは思うぜ?ただ良い事なのかは解らん」

男「そーか・・・」

友「なぁ、ところでさぁ」

男「んー?」

友「お前は幼ちゃんのこと好きじゃないっつったよな」

男「どういうって・・・そのまんまの意味だったが」

友「はぁ?超現実的な言い方で理解できなかったんだが」

男「だからな?俺は幼を恋愛の対象としてみてないってことなんだよー、
  そういう意味で好きじゃないっつったの」

友「なるほどー、だから結婚しないのか?」

男「まぁ・・・それが理由かな・・好きでもない相手と結婚なんてなぁ?」

友「なーおとこー」

男「んあ?」

友「結婚ってのは好きだからする、ってもんじゃねぇんだぜ?」

男「・・・・・」

友「結婚てのは互いに互いを必要とするからするもんなんだよ」

友「なにも好きじゃないと出来ないものではない」

友「お前らみたいな奴らが結婚しねぇでどうすんだよ勿体ねぇ・・・」

男「・・・そんなもんかぁ?」

友「そんなもんだ」


63.
男「互いに互いを必要とする、かぁ。確かにそうかもな」

友「そうだろー?お前ら見てればわかるさ」

男「だんだんお前が幼の親父と被ってきたよ」

友「はははーやめてくれー」

男「・・・あいつもそう思ってくれてるかなー」

友「思ってるだろうに、というかな、男」

男「ん?」

友「そういうのが『好き』ってことでいいと思うぜ?」

男「互いを必要とするがか?」

友「そうだ」

男「・・・・・」

友「だからさっさとプロポーズしちまえ!」


男「・・・で?俺はなにをしたらいい?」

友「おぉ、ようやく本腰をあげたか!」

男「確かにこれはお前の言う通りいい機会かもな、釈だが」

友「ははは、感謝しろー?」

男「んー、で?」

友「まぁそんな焦るな、段取りを説明する」

男「んあ」

友「当日、お前らはどう過ごすつもりなんだ?」

男「あっ・・・確かデートする予定が・・・」

友「なにっ、お前結構がっつくタイプだっけ?」

男「いやぁ、これも幼の頼みで・・・」

友「・・・大変だな、まぁいい。それなら好都合だ」

友「イルミネーション輝く街にて真顔で結婚指輪を渡せ!」

男「・・・・・」


354 :1dn2ROlv0
そろそろ死にたくなってきたな

356 :ivg9JxDS0
今の自分とのギャップで胃にきてるんじゃないの

357 :i/IhvzS6O
>>356
おい!!!それは‥

358 :ncishnJ2O
いいやがったよ…

361 :IhQ2TCKKO
幼馴染みっていいなー

362 :KjoiLEviO
面白い、面白いんだが…
今日がクリスマスイブじゃなきゃ良かったぜ…

372 :>>1
どうもすいません。ヤケ酒してました



64.
友「なんだその薄~い反応はー」

男「ありきたりな上に臭いなお前」

友「何を言うか、幼ちゃんみたいな娘にはこういう王道が一番しっくりくるんだよ。きっと」

男「王道ね~・・・」

友「中々ドラマティックだろ?」

男「はっ、お前のそれはドラマチックじゃなくて世間の風潮に流されてるだけだっつーの」

友「手厳しいな」

男「まぁ、やるだけやってみるわ」

友「流されんのかー?」

男「流されてやんよ。そして戻ってきてやんよ」

友「ははは、せいぜい頑張れよー?」グイッ

男「おう」グイッ

~~~~~

男「んあああぁぁぁあぁ・・・たらいまぁ~・・・遅くなってわるぃー」ふらふら

幼「スー・・・スー・・・・」

男「んにゃ?幼ー?」

幼「スー・・・・スー・・・」

男「なんでリビングで寝てんだー?」

男「・・・あ~ね~」

男「・・・待たせてごめんなー」

パサッ

幼「んん・・・・スー・・・・」

男「はぁぁ・・・俺もここで寝よ・・・」

幼「スー・・・・スー・・・・」

男「おやすみー」ぷに

幼「にゅう・・・」


65.
男「じゃあちょっくら行ってくら」

幼「は~い、行ってらっしゃい男くんっ!気をつけてね~」

男「んー、お土産楽しみにしてろー」

幼「あはは~、今日は飲み過ぎないで下さいよ~?」

男「んー」

バタンッ

~~~~~

幼「ふう・・・」

幼「男くんが居なくなるといっつも静かですねー」

幼「あうぅ・・・落ち着かないなぁ・・・」

~♪

幼「およ、電話だ」

幼「あ、女ちゃんからだ~」

女『あ、もしもしー』

幼「はいはーい、どうしたのー?」

女『あっ、幼。ちょっとお願いがあるんだけど・・・』

幼「んー?」

女『明日さ、一緒に買い物いかない?』

幼「およ、なんでまた」

女『ちょっと友にクリスマスプレゼントなんか渡そうと考えててね~・・・ダメ?』

幼「あはは~、全然いいよ?私も同じこと考えてたしー」

女『ホント?ありがとぉ~!』

幼「いいえ~じゃあ細かいことはまた後でね~」

女『あっ、はーい、じゃあね~』

ピッ

幼「女ちゃんも同じことを考えていたとは・・・」

幼「やっぱりクリスマスはプレゼント交換ですよね~!」

幼「ふふ、男くんは何くれるのかなぁ・・・」


66.
幼「・・・ふぁ~・・・眠いなぁ・・・」

幼「男くん遅いです・・・」

幼「・・・・・」

幼「・・・・・」

幼「・・・スー・・・スー・・・・」

~~~~~

幼「・・・ん~・・・」

男「zzz・・・・」

幼「・・・あり・・男くん・・・」

幼「帰ってましたかー・・・って、男くんたらまたリビングで寝てますよー」

幼「・・・あっ、そういえば今日は女ちゃんと・・・」

幼「・・・そうですね~、今の内に出かけちゃいましょう!」

男「zzz・・・・・」

幼「ごめんね男くんー、ちょっと出かけてきますね?」

男「zzz・・・・」

幼「・・・コーヒーと朝ごはん用意しなきゃ」ドタドタ


386 :>>1
先に謝っておきます、すいません。
ハッピーエンドを期待してる方はもうここいらで読むのを止めた方がいいかもです

387 :Ugr8Bijj0
なん…だと…

388 :3IDRN5Gg0
この流れでハッピーエンドじゃなくなる・・・だと?

390 :ncishnJ2O
ええええええ?

391 :dDDYfWgs0
うそだろ…

392 :1NDNVIyL0
SSでくらい夢見させてくれよ

394 :gRoJHVkwO
もっと早く言えよ……

396 :7sjBdUXR0
常識的に考えてここまで読んでて鬱エンドが見たい人なんていないだろ

398 :de7iI4gfO
嘘だよな…?
この流れでバッドエンドなんて冗談だよな?
お願いだから勘弁してくれよ…物語の中くらい幸せに終わってくれよ

401 :3ncxzXloO
ずっと昨日からROMっててこれだけが寄りどころだったんだ。

403 :JjhWwfUW0
俺はここでスレを閉じるよ
お休みみなさん

404 :ncishnJ2O
>>403
さらば戦友よ…

405 :zHnhrgOR0
なんか泣けてきた
バッドはみたくないが
最後までみるのがポリシー、というか礼儀な気がする

409 :de7iI4gfO
自分もスレを閉じるよ
ただ>>1は最初から鬱エンドにするつもりだったのかが気になる
正直この流れで鬱エンドなんて望んでる奴誰も居ないだろうし
もし男か幼のどちらかが死んで残された方が強く生きて行く感動展開(笑)
とか考えてるんなら悪いことは言わないからそのまま消えちまえ
最近は悉く良作だと思ったスレに裏切られるな…

411 :dDDYfWgs0
>>409
お前あんなに支援したのにな……

414 :+1JsHqkAP
ここでスレを閉じた方がよさそうだな
じゃあなお前ら

415 :MqT/LFRd0
鬱でも最後まで見るよ

416 :zHnhrgOR0
みんないなくなっていく・・
なんだ、さみしいぞ

417 :ncishnJ2O
俺は残るぜ
俺の人生考えりゃこんなんばっかだしなwww

418 :So/KGY8hO
追い付いたら…… 欝ルートだと……?
なん……と…いう……

419 :pU1dpCJTO
おれも残るぜ

420 :5KJ8fNUd0
俺も残るぜ
最後までみるのが俺の使命だからな



67.
駅前

幼「やっほー女ちゃ~ん!」

女「お、幼~」

幼「遅くなってごめんねー」

女「いいよいいよ、じゃ、行こっか?」

幼「うん!」

~~~~~

女「そっちはどう?いい感じ?」

幼「どうってー?」

女「男とよ、まぁあんたらの事だしそんなこと聞いても意味ないわねー」

幼「あははーいつも通りだよー」

女「ところで幼は何買うのさ」

幼「私ー?そうだなぁ・・・」

女「えー?決めてなかったの?」

幼「確かこないだ男くんの腕時計が壊れちゃったから・・・」

女「あ、じゃあそれでいいじゃない、腕時計ね~」

幼「女ちゃんは何買うの~?」

女「私?私は香水でも買ってあげようかな~って」

幼「香水かー、男くんも私もそういうのはよく知らないなぁ」

女「あんたらファッション云々には無頓着だもんね~」

幼「うん、でも何で香水なのー?」

女「匂いフェチなのよ・・・」

幼「匂いフェチ・・・」

女「・・・え?引いた?」

幼「いや、匂いフェチってなんなのか・・・」

女「そ、そんなのも知らないとはね・・・」

~~~~~

幼「うわ~・・・」

女「ん?どしたの?」

幼「凄い人だかりだね~」

女「そりゃそうよ、この辺はデートスポットでもあるしねー」

幼「あぁ、だからこんなにカップルが多いんだー」

女「そうよー?それに今日はイヴじゃない」

幼「・・・え!?今日だったっけ!?」

女「・・・あんたはホントに・・・」

幼「えへへ~、忘れてた~」

女「あんたはしっかり者なのにこういう所は抜けてるわよね~」


434 :zHnhrgOR0
再開しても
100%喜べない俺がいる

439 :3ncxzXloO
次の展開に身構えてしまう

441 :de7iI4gfO
ほのぼのとしたノリが大好きでとても癒されました
自分は降りるけど残ってくれた人達の為に必ず完結させろよ!
最期に一言
幸せになれた2人が見たかったなぁ…

443 :>>1
>>441
本当にすいませんでした。


すいませんでした。

442 :KLrWn1bNO
愛ってなんだろう
少なくとも今の若者が言う愛は愛じゃない
そう信じたい



68.
男「・・・・んあ」

男「・・・・・今何時だー?・・・・危ぶねぇ、まだ朝か・・・」

男「んー」

男「・・・・・」

男「んー?」

男「・・・・・」

男「幼ー?おーい」

男「・・・・・」

男「ん、置手紙だ」

幼『女ちゃんとお買い物に行ってきますね
  ごはん等は台所に置いてあります
  夕方には帰ってきます
  何かあったら電話して下さいねー』

男「あ、あいつが出かけるなんて珍しいな・・・」


男「さて・・・今日はイヴだっけ?」

男「まぁ仕事だし・・・幼は平気だよな」

男「・・・・・」

男「帰りに指輪でも買ってこようかな・・・」

男「・・・・・」


男「うん、買おう」

男「まさかの支出だが、幼が喜ぶならなぁ」

男「・・・どんな顔するのか楽しみなもんだ」

男「ははは」


69.
幼「これなんか・・・どうかな?」

女「・・・あんた何円持ってきたのよ」

幼「えー?なんでー?」

女「ほら!値札見てごらんよ!」

幼「・・・・わっ!!」

女「あんたね・・・腕時計はポケットマネーで買えるものとでも思ってたの?」

幼「いや・・・こんなにするとは・・・」

女「じゃあさ、これなんかどう?値段も丁度いいと思うけど」

幼「おぉ~女ちゃんはいいセンスしてるね~」

女「あんたが白知なだけよ・・・」

幼「すいませーん、これ見せてくださーい」

女「もうちょっと考えなさいよ」

~~~~~

女「もう夕方かぁ、早いな~」

幼「そーだねー、・・・なんかカップルも増えてきたねー」

女「あぁもうそんなところでニャンニャンするな恥ずかしいっ!」

幼「へ?」

女「おっと、あんたは見なくていいのっ」

幼「? ん~、それにしてもちょっと買いすぎちゃったかもね」

女「そうね、あんたなんか両手で抱え込んじゃってるじゃない・・・買いすぎよ」

幼「だって~男くんを喜ばせたいから~」

女「・・・本当にケチの付けようがない程磨かれたカップルだわ」

幼「付き合ってなんかないよぅ」

女「わかってるわよ、でもあんたら程の男女が結婚しないなんて・・・
罰が当たっても不思議じゃないわよ」

幼「え~?そんなことないよー」


448 :Dgg6cATS0
はぁ・・・
このあと想像するとつらい

451 :aaDHrEXE0
罰が当たるに身構えた



70.
女「まぁともかくっ、あんたら二人は早いところ結婚しなさい?」

幼「うーん・・・」

女「なにをそんなに悩んでるのー?」

幼「えへへ・・・私はね?男くんのこと好きだよ?」

女「・・・うん」

幼「でも・・・男くんは私をそういう目で見てないと言うか・・・
  見れてないと言うか・・・うーん・・・」

女「・・・続けて?」

幼「うん・・・そういう私も男くんに対する『好き』
  って感情があまり理解出来てないんだけど・・・」

女「それは・・・恋愛感情としての『好き』なのかが解らないってこと?」

幼「そう、だね・・・」

女「解らなくたっていいじゃない」

幼「え?」

女「男と一緒に居たいんでしょ?これからもずーっと・・・」

幼「・・・うん」

女「そう、なら尚更ね。結婚しなさいな」

幼「そんな簡単な理由でいいのかなぁ・・・」

女「別に理由なんて必要ないのよ、それが結婚であろうと、ね」

幼「うん・・・」

女「・・・じゃあ、あんたは男と幼馴染になった理由なんてのも求めちゃうの?」

幼「え・・・それは・・・」

女「理由なんてどうでもいいでしょ?理由がないからって決断に詰まるなんて間抜けよー?」

幼「確かに・・・そうかもね・・・」

女「・・・・・」

幼「ありがとう女ちゃん!私決めた!」

幼「男くんに告白する!」


女「告白て・・・まぁいいわ。よく決断したぞ?えらいえらい」ぷにぷに

幼「あうぅ~・・・・男くんどんな反応するかなぁ・・・」

女「きっと喜んでくれるわよー」

幼「ホント?ホントのホント?」

女「えぇきっと、だから心配しないの」

幼「えへへ~、男くんが喜んでくれるなら~」

女「幸せそうね~」

幼「そんなことないよぅ、でもこr









ぐしゃ



455 :aaDHrEXE0
うわぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああ

456 :eYBPYIQnO
いやああああああああああ

457 :NMukIFhyO
えっなに……なにが

458 :Dgg6cATS0
!?!!!?
うわぁぁぁぁ!?

459 :INNYryg3O
はわわわわわわ

460 :QAAUv7w80
えええええええええええええええええ

462 :Dgg6cATS0
なん・・だと・・・

463 :TqDbJYbi0
>>409になりそうな予感

464 :aaDHrEXE0
そろそろ来ると覚悟してたのにっ!
このっ!絶望感っ!

465 :yziNBY/OO
ここでかよおおおおおおおおおおおお

474 :h5xhinXa0
欝はやめてって言ったのに・・・(´;ω;`)

476 :eRmFtlVhP
助けてくれ
一瞬で心臓が潰されそうになった



71.
男「んほ~・・・これが結婚指輪かぁ・・・」

男「・・・なんか緊張すんなぁ~」

男「でもこれでアイツの喜ぶ顔が見れるならな・・・」

男「・・・後あの四人のも」

男「・・・・・」

男「・・・・・」

男「アイツ遅いなー、もう七時になっちまうってのに」

男「仕事を早く上がった意味が無かったな、まぁいいけど」

男「・・・んあ~、緊張するっ!」

~♪

男「うおぉ!・・・ビックリしたぁ、誰だ?」

男「・・・・女か、珍しいな」

ピッ

男「もしもし~?」

男「おう、どうしたー?」

男「・・・・・」










男「・・・・・」


72.
翌日

友「・・・おぉ男、よく来たな」

男「・・・あぁ」

女「男・・・」

友「・・・まぁとりあえず中入れ」

男「・・・あぁ」

友「・・・で、どうだった?」

男「・・・・・」

友「今日も、行ったんだろ?」

男「・・・まぁ、な」

女「・・・ごめんね・・・私が買い物なんかに誘ったせいで・・・・」

友「馬鹿、背負い込むな」

男「・・・女は悪くない」

友「・・・・・」

男「なんで・・・」

女「・・・・・」

男「なんでこんなことになっちまったんだろうな」


友「そんなもん、その加害者のガキ共が」

男「んなことは解ってんだよ!」

友「っ・・・・」

女「・・・・・」ビクッ

男「解ってる、そんなことはな。責任は全てあの不良達にある」

男「だから昨日はあの後、署で対談した」

女「・・・どう、だった?」

男「・・・話にならなかったよ」

女「!」

男「会うなり言い訳、余裕ぶった態度、生意気な口調・・・警察も呆れてたわ」

男「高校生が、無免許で、飲酒運転?」

男「イヴで浮かれて轢いちゃいました?」

男「何だアレ?何であんな奴らが生きてんだ?」

友「・・・・・」

男「なんで幼はあんな奴らに・・・」


73.
女「・・・男、でも幼は無事に生きてるし・・・」

男「・・・昨日は署に行った後、病院に行った」

女「・・・・・」

男「俺が着く頃には幼は集中治療室に運ばれていたよ」

男「その時に医者は何て言ったと思う?」

友「・・・・・」

女「・・・・・」

男「『一命を取り留めても、
   脳の損傷が著しく大きいため身体に障害が残るかもしれません』だってよ!」

友「!」

女「そん・・・な・・・」

男「・・・動く事も、喋る事も、できなくなるかもしれない」

男「笑えねぇ冗談だよなぁ?後遺症?医者ならどうにかしろってんだよ・・・」

男「・・・・・」

男「・・・で、さっきもまた病院に行ってきた」

友「・・・あぁ」

女「・・・・・」

男「幼はしばらくベットで安静に、だとよ。ただ今日は特別に面会が出来た」

友「・・・じゃ、じゃあ助かったんだな?」

女「・・・よかった・・・」

男「・・・何もよくねぇよ」

友「は?」

女「・・・え?」

男「・・・なんっにも!!よくねぇっつってんだよ!!!」

友「ちょ・・・!落ち着け!」

男「・・・アイツは誰だ?」

女「男!!」

友「いいから冷静になれ!」

男「幼はどこに行った?」


74.
友「お前ちょっと変だぞ!?」

男「正気でいられると思うのか?アイツはもういない。昨日までのアイツはもう戻ってこない」

男「殺されたも同然なんだよ、幼は」

友「お前・・・!幼ちゃんは」

男「今のアイツを見ればそんな口も利けなくなるぜ?」

友「・・・!」

女「・・・・・」

男「・・・また、来る」

友「・・・あぁ」

女「・・・うっ・・ひっく・・・」

男「じゃあ、な」

バタン

友「どうしちまったんだよ・・・男・・・」

女「・・・幼・・・あぁぁ・・・・」

友「・・・本当なら・・・アイツらは今日にでも結ばれる予定だったのに・・・・」

女「全部あの馬鹿な不良達のせいよ!何で!?何であんな連中なんかに幼達の幸せが!うっ・・・」

友「・・・すぐ隣で轢かれるの・・・見ちまったんだってな・・・思い出すな、女」

女「うあぁぁ・・・・私も・・・私も轢かれてたかもしれなかった・・・・ぁああぁぁ・・・」

友「止めろ!これ以上蒸し返すな・・・!」

女「・・・・うぅ・・」

友「・・・最低最悪なクリスマスだよ」

女「幼・・・お願いだから・・・・植物人間になんて」

友「わかったから!もうわかった!!だからこれ以上なにも言わないで・・・くれよぉぉ・・・・!」


505 :Dgg6cATS0
だああああああああ!
俺の幼なじみをかえせぇぇぇぇ!!!!

506 :eRmFtlVhP
どっぷり感情移入してたからダメージがパねぇ

504 :>>1
死より残酷な事ってなんでしょうね。

因みに、これは7~8割実話です。

507 :Dgg6cATS0
は・・・マジ・・で・・・

509 :aaDHrEXE0
>>504
......え?

510 :sKtz/Mfi0
>>504
お前の苦労話なのか・・・?
聞いてやるから話し終わらせようぜ・・・

513 :Dgg6cATS0
なぁ実話ってぇの嘘っていえよ・・!

514 :INNYryg3O
>>504
マジだったら復讐が許されるレベル

515 :yziNBY/OO
>>504
ちょっとわかんないです

516 :Dgg6cATS0
こういう事故ってマジであるからこわい



75.
病室

男「・・・・・」

男「幼?」

幼「・・・アー・・・・アー・・・・・」

男「今日はクリスマスだなー」

幼「・・・ウアー・・・・・・」

男「無理して喋らなくていいからなー」

幼「・・・・・」

男「・・・これ、お前が俺に買ってくれたクリスマスプレゼントだろ?」

男「昨日、女が渡してくれたよ。ありがとうな」

男「・・・と言っても壊れちゃってるな・・・・・ははは、なんでだろうなー」

幼「・・・アー・・・・・」

男「・・・喋るな」

幼「・・・・・」

男「・・・・・」









男「・・・・・」


518 :Dgg6cATS0
なんもいえねぇ・・・

520 :DSP/B+Sj0
なんだろう

吐きそうです

526 :aiIoL/duO
うわぁあぁぁぁぁあああ………!!

527 :CMDfG9gr0
目から雪か・・・何故だろうな

521 :Dgg6cATS0
スレタイとのギャップがなおつらい

522 :7hmqiczV0
絶望感がぱねぇ…

523 :aaDHrEXE0
起きてくださーい?てまさか........

525 :iy+UtS030
>>523
まさか、な…

528 :Dgg6cATS0
まさか・・な・・

529 :eRmFtlVhP
>>523
良く気付かせてくれた
この先の展開にちょっと希望が見えてきたわ

533 :Dgg6cATS0
希望を持ちたい・・・!

536 :EcKmrRjp0
お前ら居眠りと飲酒運転は絶対にダメだからな

539 :pLlgsfWe0
>>536
未成年の飲酒
暴走行為も追加してくれ…

541 :Dgg6cATS0
>>536
無差別殺人と変わらんからな



76.
男「ごめんな幼、なにもできなくて」

男「お前はいっつも、俺を支えてくれてたな」

男「一緒に暮らしてる間ですら気付けなかったよ」

男「お前の存在がどれほど大きいものだったのかって事は」

男「・・・本当に馬鹿だな、俺って」

男「今更気づいても遅せぇのに・・・・」

男「・・・・・」

男「もう、遅い・・・」


男「そういや俺ら、ずっと一緒だったもんなぁ」

男「赤ん坊の頃から・・・今まで・・・」

幼「・・・・・」

男「覚えてるかー?幼稚園の頃さ、よく喧嘩したよなぁ」

男「理由まで覚えちゃいないけどさ、あの頃と比べたら俺らも大人になったもんだ。
  ・・・まぁ当たり前だけどな」

男「そんで小学生になっても一緒に遊んで・・・なんだかんだで支え合ったりして・・・」

男「毎日毎日・・・他の連中よりお前と居た時間の方が長かった気がするぞー?」

男「まぁあんときはまだ単なる『お友達』って関係だったけどな」

男「・・・・・」

男「中学生になって・・・クラス離れしてたけどあの頃もよく遊んだなぁ・・・」

男「勉強なんか忙しかったのにお前はしょっちゅう家に来て・・・」

男「とか言いつつ俺もお前ん家に押し掛けたりして・・・」

男「なんでもない時間を過ごしたよなぁ」

幼「・・・・・」

男「・・・・・」

男「中学の3年なんてあっという間でなー、すぐに受験受験って時期になって・・・」

男「お前は頭がよかったのに『男くんと一緒の学校がいいんですっ』とか言って・・・」

男「馬鹿な俺に合わせて一緒の高校に入ってきたな・・・本当、アホだよお前は」

男「・・・・・」

男「今思えばあの頃からか、お前が当たり前の存在になってきたのは」

男「・・・いつもいつもいつもいつも・・・隣に居てくれて・・・・」

男「居ないと思ったらすぐに帰ってきて・・・」

男「家族より身近に思えたよ」

男「・・・・・」


562 :W57udeJnO
読み物でこれ程胸が痛くなったのは本当に久しぶりだ……

564 :cyg4qnMqO
今仕事中なんだが実際に暴走してるガキ共いたよ。
勝手に事故るぶんには構わないが人を巻き込む可能性があるのはわかってるのかね?

567 :W57udeJnO
糞餓鬼「子供だから責任とれませーんwwww」
書いててキレそうになった……

落ち着け俺……

569 :47NSnSjM0
車乗る人間としては、こういうアホが一番困る
凶器を扱っているってことをまるでわかってない

574 :TzQ3/RZMO
実話でもまぁ有り得なくはない話だな...
俺が男なら恐らく飲酒運転してた奴ら刺しに行くわ



77.
男「高校入ってから、段々この考えは強くなってきたよ」

男「いつもいつでも隣に居て・・・何かあったらすぐに助けてくれて・・・」

男「・・・・・」

男「端からしたら馬鹿なカップルに見えてたかもなー」

男「・・・って何俺は昔話してんだろーな」

男「・・・・・」

男「その位、お前は俺と一緒に居てくれた、って事だよ幼・・・」

男「その有り難みに気付けなかった・・・」

男「今、こんな目に遭ったお前を見てやっと気付いたよ・・・」

男「どれだけ俺はお前を必要としていたか・・・」

幼「・・・・・」

男「常に隣に居たのに・・・こういうのってさ・・・気付く頃にはもう遅いんだよな・・・・」

男「もうさぁ・・・手遅れなんだよなぁ・・・」

男「・・・ごめんなぁ・・・何も、できなくて・・・・」ギュッ

幼「・・・・・」

男「こうやって・・・手を握る事しかできねぇ・・・」

男「お前はいつも俺を支えてくれたってのに・・・俺はお前を支えれねぇ・・・助けれねぇ・・・」

男「・・・こんな事しか、できねぇ・・・・!」

男「・・・俺は何をしてるんだろ」

男「・・・本当なら、今頃なにしてたんだろ」

男「お前と一緒に買い物してたかもなぁ」

男「手繋いで街中を歩き回ってたかもなぁ」

男「お前はきっとはしゃいでたろうなぁ」

男「・・・お前はきっと・・・・笑顔だったろうなぁ」


78.
男「・・・・・・

男「そんでさぁ、夜になるまで楽しんで・・・」

男「お前と幸せな時間過ごせたら・・・俺は・・・」

男「・・・・・」

男「お前にプロポーズするつもりだったんだよ・・・幼・・・」

幼「・・・・・」

パカッ

男「・・・ほら、これ。指輪だ」

幼「・・・・・」

男「お前を喜ばせたくて・・・・お前の嬉しそうな顔が見たくて・・・」

男「何より・・・俺が結婚したかったから・・・」ポロポロ

幼「・・・・・」

男「・・ぁあっ・・・なんだよこれ・・・・何泣いてんだよ・・・俺・・・」ポロポロ

男「・・はぁっ・・・はぁ・・・・うぅ・・・・」ポロポロ

男「・・これが俺の・・・意思だよ・・・・幼・・・・」ポロポロ

男「お前と・・・・ぐすっ・・・結婚したい・・・」ポロポロ

男「・・・・お前が・・好きだからっ・・・・大好きだから・・・・ぅぁぁあああ・・・・!」

男「・・・気付くの、遅せぇし・・・はぁ・・・・上手く言えねぇけどっ・・・」

男「・・俺はお前の事がっ・・・・大っ好きなんだよぉ・・・!・・・あぁあぁ・・・・」

幼「・・・・・」ポロ  ポロ

男「・・・ぁああ・・泣くな?泣かないでくれ?
  お前の泣くところなんて見たくない・・・・んだよ・・・・」ギュッ

幼「・・・・・」ポロポロ

男「大好きな人の悲しむ顔なんて見たくねぇんだよぉ・・・・」ポロポロ

幼「・・・わた・し・・も・・」ポロポロ

男「! よ、幼!幼!?」ポロポロ

幼「・・・わたし・・も・です・・・・よ・・」ポロポロ

男「喋っ・・・っ・・・無理すんな・・!」ポロポロ

幼「・・・・・っ・・・ウア・・・・」ポロポロ

男「・・ぅぅう・・・うああああ・・・!」


79.
男「・・・うーす」

友「おう、どうだった?」

男「・・・あー、なんとも言えん」

友「だろうよ、娘があんな目に・・・遭っちまったんだしな・・・」

男「・・・あぁ・・・・ところで今日は女居ないんだな」

友「・・・まぁな、クリスマスのあの日、結局あのままの雰囲気だったし、
  今でもアイツ・・・罪悪感が拭えないらしくて・・・・」

男「・・・すまん。巻き込んだのは事実だから謝る」

友「・・・巻き込まれたのはお互い様だ・・・皆被害者だよ・・・」

男「・・・・・」

友「・・まぁ、中入れ」


男「昨日はあんな馬鹿みたいに熱くなったりして悪かった」

友「いいよいいよ、俺だったらそんなもんじゃなかった。絶対に復讐に走っちまうよ」

男「・・・あぁ」

友「・・・お前は優しいからな、普通なら・・・我慢なんて出来るはずない」

男「・・・それでも、何回頭の中でアイツらを殺したかわからない」

友「・・・それは仕方ない事だ。気に病むな」

男「・・・・・」

友「ところで・・・まぁ聞きたくは無いが、具体的に何か進展はあったのか?」

男「・・・さっきは幼の両親も来てて・・話をした・・・」

友「・・・・・」

男「・・・近い内に加害者側と話をつける、と。刑事裁判だってよ」

友「そりゃそうだろうな。普通の事故じゃ済まないだろ・・・」

男「あぁ、まぁ俺も関わるがな」

友「そうなのか?」

男「当然だ。入籍していないだけで、立場は配偶者だしな。事実婚ってやつだ・・・」

友「・・・辛い、なぁ・・・・・・」

男「辛いのは・・・俺だけじゃねぇよ」


80.
男「幼の両親・・・見てられない位酷く落ち込んでた・・・・」

男「・・・あんな辛そうな顔したとこ、初めて見たよ」

男「・・俺の両親も・・・ショックがでかかったみたいで・・・・」

友「・・・・・」

男「・・・辛いのは俺だけじゃねぇんだわ。・・・何より一番辛いのは幼のはずだ」

友「・・・それでも、幼ちゃんも同じ事考えてるはずだぞ?『男くんが一番辛いんだ』って」

男「・・・かもな」

友「・・・・・」

男「そういや、幼は言ってた」

友「・・・ん?」

男「『こんな日常、いつ壊れてもおかしくない』って・・・
  『こういう時間が大切なんだ』って・・・・・」

友「・・・・・」

男「アイツの言ってた事、今なら痛い位・・・痛い位解る。なのによぉ・・・・」

男「なのに俺は理解出来てなかった・・・・アイツが俺の隣から消えて、やっと理解した・・・・・」

男「・・・あんな目に遭うべきだったのは俺だ」

友「・・・そんなことは無い。そんなことは無いんだよ男・・・・
  普通は誰も、こんな目には遭わないはずなんだ・・・」

男「・・・・・」

友「・・・だから、責任だとか、罪の意識なんて背負うなよ・・・・な?」

男「・・・すまん」

友「・・・・あぁ」

男「・・・・・」


81.
男「後、昨日はあの後、また面会に行ったんだ」

友「うむ」

男「幼に・・・プロポーズしたよ・・・」

友「・・・そうか」

男「・・プロポーズって泣いてするもんじゃあねぇよなぁ」

友「・・・・・」

男「あんなに泣いたのは初めてだよ。あんなに叫んだのも。あんなに悲しかったのも」

男「そのくらい、幼が好きなんだな、俺って」

友「・・・・・」

男「『気付くの遅せぇよ』ってか?」

友「・・・馬鹿が」

男「・・・・・」

友「気付けてよかったじゃんかよ・・・」

男「・・・!」

友「本当に、昨日は皮肉な日になっちまったな・・・・」

友「大事な人を壊されて、大事だという事を気付かされるなんてな・・・」

男「・・・そう、だな」

友「これがクリスマスプレゼントだったらこんな世の中を呪うよ俺は」


男「・・・でも、な?」

友「?」

男「実は・・幼の奴、プロポーズの後泣き出してさ・・・・」

友「・・・・・」

男「アイツ・・・俺に『泣くな』だってよ・・・お互い様だっての・・・」

友「! 喋れたのか!?」

男「あぁ・・・確かに幼の声が聞こえた」

友「それって」

男「だが・・・医者はどうも『考えられない』だの否定的な事言っててな・・・・
  もしかしたら聞き間違いだったかもしれん」

友「そ、そうか・・・」


82.
男「うむ・・・まぁ、あんだけ感情的になってたんだ、幻聴の一つや二つ・・・・」

友「現実だといいな・・・」

男「あぁ、ただ・・・家に居るとずっと幼の声が聞こえてな」

友「・・・・・」

男「すぐ近くで呼ばれてるんだよ。でも、幼はそこに居ない」

男「・・・寂しいよ」

男「いくら・・・アイツが生きてても・・・俺は昔のアイツとして見れない・・・・」

男「元の幼は殺された・・・」

友「止めろ・・・そんな事、言うな・・・」

男「俺だって・・・言いたくない・・・でも事実を受け入れるには言い聞かせないとよぉ・・・・」

男「今の幼を見る度に・・・・・」

男「・・・息をするのも・・」

男「目を開けているのも・・・」

男「・・生きているのも・・・・辛くなる」

友「・・・・・」

男「あんな冷たくてボロボロで動けずに唸り声しかあげれない幼・・・・認めたくない・・・・」

友「・・・・・」


83.
男「・・・・・」

友「・・・俺は信じる」

男「・・・?」

友「幼ちゃんはきっと・・・」

男「・・・・・」

友「俺は信じるぞ」

男「・・・友」

友「しかし俺が祈っていても、お前がそんなんじゃ駄目だなぁ」

男「・・・・・」

友「・・・・・」

男「・・・ありがと、な」

友「・・・おう」

男「女にも伝えてくれ、俺の話」

友「当たり前だ、あいつも当事者なんだ」

男「そうか・・・そうだよな・・・女も、幼みたくなってたかもしれない・・・・」

友「・・・・・」

男「っ、すまん」

友「いや、いいさ」

男「うむ・・・・なぁ友?」

友「ん?」

男「話、聞かせてくれるか?」

友「・・・なんの」

男「女から聞いたろ?事故の瞬間の事・・・」

友「・・・聞きたいのか?」

男「知りたいんだ、事実を。俺が知らなくてどうするんだ」

友「・・・・・」

男「・・・・・」

友「・・・わかったよ」

男「すまないな」

友「いいんだ。俺が知ってても仕方ない」

友「・・・まぁ、これは間接的な説明になるがな・・・・」


84.
ドカッ

女「ん?」

幼「



ぐしゃ


キィ―――――ッ

キャー!
    エッ・・・・・
ナンダナンダ      ・・・・ジコ?

女「え?」

幼「」

女「なに?どうしたの幼?」

幼「」

バタンッ

不良A「あー・・・マジヤベェ・・・・」

不良B「うっわ!お前マジねぇだろこれ!何轢いてんだよ馬鹿!」

不良女「なに~?いきなりー?・・・・は?」

幼「」


ウワ・・・・
エ?ナニガアッタノ? ミルナ
アイツラカヒイタノ


不良女「え?あんたマジ馬鹿じゃん。どうすんのコレ?」

不良A「知らねぇよ!B!お前が車乗りてぇっつーから・・・」

不良B「はぁ!?何で俺のせいなんだよ?テメェが轢いたんだろうが!」

女「え・・・え・・・・?」ガタガタ

不良A「あ~・・・マジ最悪だわ。ありえねぇ、マジだりぃ」


85.
不良女「私知らないから」

不良A「あ?お前もあんだけのノリしといて今更」

不良B「うっせぇな馬鹿!つかどうすんだよこれ!大通りで轢いちまってよぉ!」

女「・・・・・・・」ガタガタ

不良A「・・・・・」

不良女「てゆーかあの人なに?めっちゃ震えてるけど」

不良B「はー?知らねぇよんなこと、俺らの方がヤベェだろ」


 ケイサツニツウホウシロ!   ソレヨリキュウキュウシャダ
    カワイソー  エ?マジ?シンダ?     ウワァ、カンベンシテクレヨ・・・
       

不良A「・・・・あーあ、終わったわマジで」

不良B「サツ来んぞ?どうするよ」

不良女「逃げれるわけないじゃない!」

女「・・・・・・・」

~~~~~

男「・・・・・」

友「・・・その後は・・警察が来て、幼は救急車で運ばれたらしい」

友「女はずっと、立ち尽くしてる事しか出来なかったってよ・・・・」

男「・・・・・」

友「・・・続けるか?」

男「・・・あぁ、頼む」

友「・・・・・で、女は事故当時は放心状態で詳しい事は覚えていないらしいが」

友「幼ちゃんは車に勢いよく轢かれ、飛ばされた後ポールに頭を打ったそうだ」

友「・・・ただ、加害者である不良達の罪の擦り合いはハッキリと覚えてる、ってさ・・・・・」

男「・・・・・」

友「あぁいうのって絶対居るんだよな・・・
  何があっても他人のせいにして・・・・自分の保身しか考えない・・・・」

友「・・・幼は・・本当に残念だ・・・・偶然そういう奴らと出くわしてしまったんだよ」

友「・・・・・それだけ、だ」

男「それだけで・・・」


679 :kV1utHZ80
撥ねられてその後にぐしゃっか・・・
ってかDQNども最悪すぎわろえない腹立ってきた
ほんとにこういうやつらっているんだよな・・・はぁ・・・



86.
友「・・・・・」

男「それだけで・・・・」

友「・・・そういう世の中なんだよ」

男「・・・・・」

友「受け入れないと、な・・・」

男「・・・俺らは何かしたか?」

友「・・・さぁな、心当たりがない」

男「こんな目に遭う必要なんてあったか?」

友「・・・・・」

男「何でこんなに!苦しまないといけないんだ!?」

友「・・・男」

男「何でこんなに・・・憎いんだよ・・・・」

友「・・・・・」

男「受け入れられるわけ・・・ねぇよ・・・・」

友「俺だって・・・ホントは同じだ」

友「認めたら負けだよな・・・」

友「受け入れたらお終いだよな・・・」

友「でも・・・なにも出来ないんだよ」

男「そんなこと・・・」

友「交通事故なんて・・・ましてや今回のような事故は常日頃から起きてるんだよ」

友「今更世間がこんな一被害者に救いの手を差し伸べてくれるなんて事は・・・・うぅ・・・」

男「・・・・・」

友「なぁ男?悪い奴が優位な世の中なんて間違ってるよなぁ・・・・」

男「・・・・・」

友「なんなんだよ・・・・おい・・・俺だってわっかんねぇよぉ・・・」ポロポロ

男「・・・本当なら、今からでもアイツらに報復したい」

友「・・・・・」

男「幼と同じ苦しみを味あわせたい」

友「・・・・・・」


87.
男「でも、そんなことはしない」

男「・・・・・」

男「出来ないの間違いだな・・・」

男「俺にはそんな事出来ないから・・・かといって認める事も出来ない・・・」

友「・・・・・」

男「何も出来ないってのはこの事だな・・・はは・・・・」

友「お前はよ・・・本当に優しいというかさ・・・・甘いというかさ・・・」

男「・・・・・」

友「よく我慢できるよ・・・」

男「・・・・・」

友「絶対幼ちゃんの傍から離れるなよ?」

男「・・・あぁ、当然だ」

友「今までは、幼ちゃんがお前の傍にいてくれた」

友「今度はお前が幼ちゃんの傍に居てやる番だ」

男「・・・おう」

~~~~~

男「ただいまー」

幼『おかえり男くーん』

男「おー、しばらく仕事は休みだからなー」

幼『およ、本当ですか?じゃあじゃあ!しばらくの間は一日中男くんと居られるんですね!』

男「はははー、嬉しいのかー?」

幼『当然ですよぅ!』

男「まぁ俺はいつも通りゴロゴロしてるぞー」

幼『それだけでも十分幸せですからっ』

男「そうなのかー?」

幼『そうなんです!』


88.
男「・・・幸せねぇ」

幼『? どうしました?』

男「・・・・・・!」ビクッ

男「幼!?幼!?」

・・・・・・・

男「・・・・・」

男「・・・また幻聴か」

男「・・・・・」

男「幼・・・・・幼・・・・・」

・・・・・・・

男「そろそろ・・・寝ようかな・・・」ふらふら

男「・・・・・」バサッ

男「・・・・・」

男「この家ってこんなに広かったっけ」

男「布団ってこんなに寒かったっけ」

男「・・・なんだろ、これ」

幼『男くーん?』ボソッ

男「・・・んー?」

幼『あぁっ、今日も寝れないんですか~?』

男「・・・まぁ、な。なんでだろ」

幼『・・・男くん震えてる』

男「え?あー・・・なんでもないよ、はは・・・」

幼『今日は一緒に寝ましょうか?』

男「・・・・頼む」

幼『男くん・・・』ギュッ

男「・・・・お前は温かい、よ」ギュッ


89.
チュン  チュンチュン

男「・・・・んあぁ、もう朝かぁ・・・・」

幼『おはよう男くんっ』

男「んあ・・・」

幼『はいはい朝ごはんですねっ』

男「うー・・・」

幼『~♪』

男「・・・・・」

幼『はいコーヒー。砂糖三杯です』

男「ん、あんがと」

幼『はい朝ごはん』

男「ん」

幼『はい新聞』

男「んー」

男「はぁ~、今日もいつもと変わらぬ一日が・・・」

幼『いいじゃないですかー、のんびりしましょうよっ』

男「んー・・・そうだな」

幼『そーですよー』

~♪

男「ん?電話だ」

ピッ

男「もしもしー?」

友『あぁ男・・・』

男「どした?」

友『いやさ・・・お前昨日、俺ん家から帰った後幼ちゃんの所に行ったか?』

男「んあ?幼のところ?」

友『・・・だから、お見舞いに行ったのか?って聞いてんだ』


90.
男「はは、何言ってんだお前?」

友『・・・・?』

男「幼ならずっと俺の所に居るぞ?」

友『っ!』

男「んだぁ?お見舞いって・・・どうしたんだ?」

友『お前・・・』

男「?」

友『男・・・・周りを見てみろよ・・・・!』

男「・・・・・」






男「」ゾクッ

友『・・・・・』

男「・・・な、んで?幼?・・・幼!?」

友『・・・落ちつけ男』

男「おいぃ・・・幼は・・・?幼?どこいったんだ?おい・・・」

友『落ち着け!!』

男「っ!」

友『幼ちゃんは・・・』

友『幼ちゃんは居ないだろ!?』

男「・・・・・」

友『・・・お前が幻覚を見るのも・・仕方ない事かもしれんが』

男「幻覚?」

友『・・・・・』

男「何言ってんだよ・・昨晩はアイツと一緒に寝て・・・ちゃんと温もりもあったし・・・」

友『認めろ!』

男「・・・・・」

友『・・・認めろよ男・・』

男「・・・・・」

友『昼になったら、病院に行け』

ブチッ ツー ツー ツー

男「・・・・・」

男「・・・そう、だよな・・・・・」


91.
友「・・・・・」

女「・・・男、どうだった?」

友「幼の、幻覚を見てたらしい」

女「!」

友「無理もねぇよ・・・あんだけ一緒にいたのに急にいなくなったら・・・・
  それにショックも大きいからな」

女「男・・・」

友「とりあえず、病院に行くようには言った」

女「・・・うん」

友「・・・その後どうなるのかはアイツ次第だ」

病室

幼「・・・・・」

幼「・・・・・」

男『おーい、幼ー?』

幼「・・・ンア・・・・・」

男『どうしたんだ?そんな悲しそうな顔してー』

幼「・・アー・・・・アー・・・」

男『・・・俺はな、昔からお前のその顔が嫌いなんだ』

幼「・・・・・」

男『その、泣きそうな目を見るのが辛いんだよ』

幼「・・・・・」

男『俺はお前の笑顔を見たいんだよ』

男『だからそんな顔すんな』

男『ずっとここに居てやるから』

幼「・・・ウゥ・・・」ポロ  ポロ

男『ほら、泣くなバカ』ギュ

幼「ウア・・・アァ・・」ポロポロ

幼「アァァァァ・・・・・」

~~~~~


92.
幼「・・・・・」

また・・・男くんの幻覚が・・・

昨日なんか・・・プロポーズの幻覚まで見ちゃったし・・・

幼「・・・・・」

動けない・・・声が出ない・・・

男くん・・・男くん・・・!

どこに居るんですか男くん・・・!

今なにをしてますか・・・?

お仕事頑張ってますか・・・?

毎日ちゃんとに起きれてますか・・・?

ご飯は平気ですか・・・?お腹すいてませんか・・・?

寒くないですか・・・?疲れてませんか・・・?

私が居なくても・・・平気ですか・・・・?

男くんなら・・・大丈夫ですよね・・・

・・・・・

男くんは私と違って・・・大人ですし・・・

私と違って・・・ホントは独りでも平気ですし・・・

・・・・・

私は・・・

私は・・・

もう耐えられませんよ・・・

男くんに会えないなんて・・・

私は男くんが居ないと・・・

・・・・・

死んじゃいますよ・・・

・・・・・


93.
・・・・・・・・・・

男「なぁ幼」

え?

男「昨日はここに来れなくてすまなかったなー、俺、どうかしてたわ」

誰?

男「自分でも笑っちゃうよ、本当のお前を見失ってたなんてな」

男・・・くん・・・?

男「お前はお前だよな。どんな風になろうが幼は幼だ」

・・・・・

男「友には感謝しねーとなー」

・・・本物ですか・・?

男「なんだよー、そんな不思議そうな顔してー」ぺちぺち

・・・絶対に男くん、ですね・・

男「そうそう、これ、こないだ描いたお前の似顔絵だぞー、どうだ?少しは上達したかな?」ペラ

・・・上手になりましたね・・・・・

男「後さ、この時計。前の奴なんかより遥かにいいよコレ」

・・・壊れてるのに・・

男「あー、今日はいい天気だなぁ」

そうですね・・・

男「そういや今年ももうすぐ終わるんだなー、早いもんだ」

そうですか・・・?私は充実してましたよ男くん・・・

男「お前と居ると時間が過ぎるのもあっという間だ」

・・・・・

男「覚えてるかー?毎年毎年、お前と年越ししてたの」

・・・忘れるはずないじゃないですか


94.
男「今年はそれが叶いそうにないから辛いよ俺は」

・・・そう、なんですか?

男「お前がいないと悲しくて寂しくて寒くて辛い」

・・・・・

男「初めてだ、こんなの」

・・・私だって

男「早く退院出来るといいなー」

・・・私だって

男「お前が居ないとさ、苦しいんだよ」

・・・・・そうですよっ・・・

幼「・・・・・」ポロポロ

男「・・・幼」

幼「・・・ウッ・・・ウゥ・・・」ポロポロ

男「またそうやって泣くー・・・」ナデナデ

幼「・・・・・・」ポロポロ

男「・・・俺はな、昔からお前のその顔が嫌いなんだ」

幼「・・・・・」ポロポロ

男「俺はお前の笑顔を見たいんだよ」

男「だからそんな顔すんな」

男「ずっとここに居てやるから」


95.
幼「・・・ウゥ・・・」ポロポロ

男「ほら、泣くなバカ」ギュ

やっぱり・・・男くんは・・・男くんですね・・・

男「・・・・・」

幻覚だろうが・・・現実だろうが・・・私はこんな男くんが・・・

男「・・・昨日のこと、覚えてるか?」

・・・え?

男「はは、出来れば忘れてて欲しいけどなー・・・」

・・・昨日、ですか?

男「あんだけ泣き散らしてる所見られてたと思うと恥ずかしくてな」

・・・じゃあ・・・・

男「泣きながらプロポーズって・・・なぁ?」

・・・じゃあ・・・・

男くん・・・私のこと、好きでいてくれてたんですね・・・

男「指輪見せたの覚えてるかー?」

・・・はい

男「答えが聞けなくて持って帰っちゃったけどさ、俺はな?」

・・・・・

男「・・・まぁ、改めて言うが」

・・・・・

男「俺は、幼のことが」

・・・・・

男「大好きなんです」

・・・・・・私もです

男「離れたくないんです」

・・・・・・私もです

男「一緒に居たいんです」

・・・・・・私も・・です

男「一生幼と笑って過ごしたいです」

・・・・・・私・・も・・

男「愛してます」

・・・・・・・・・・・・

男「・・・・・」

幼「・・・男くん」

男「!」

幼「男くん・・・男くん・・・」


男「話せるか!?平気か!?」

幼「・・・あれ・・声がでる・・」

男「ぁぁあ幼・・・幼・・・!」

幼「・・うぅ・・男くん・・・」

男「・・・・幼・・」

幼「・・・私も」

男「!」

幼「・・・私も」



幼「愛してます」


759 :Eq2OgqNZ0
静かな雨だな今日は

761 :qY66+bNmO
男、良かったなぁ…本当に良かった…

765 :GW7xOJ2r0
BADEND予告で去ってったそこのおまえー!
ちょっと手違いがあったみたいだから帰ってこーい!

789 :qY66+bNmO
>>765
>>409のことならここに居るぜ
結局降りることなんて自分には出来なかった…

救いを残してくれてありがとう!
あと酷いこと言ってごめん…
こんなこと言える立場じゃ無いがエピローグが見てみたいんだ

790 :>>1
恐れるべきはエピローグでgdgdになる事なんですよ・・・

799 :GW7xOJ2r0
エピローグってのはほのぼのした様子を見られるからこそ安心できるんだぜ



96.エピローグ
幼「起きてくださーい?」

男「・・・んぁぁ、もう10時かぁ・・・・・」

幼「おはよう男くんっ」

男「んあ・・・」

幼「はいはい朝ごはんですねっ」

男「うー・・・」

幼「~♪」

男「・・・・・」

幼「はいコーヒー。砂糖三杯です」

男「ん、あんがと」

幼「はい朝ごはん」

男「ん」

幼「はい新聞」

男「んー」

幼「男くん男くん」

男「んー?」

幼「今日は何の日かわかりますかっ?」

男「クリスマス?」

幼「そう、ですけど・・・」

男「んー・・・」

幼「まさか・・・」

男「ははは、忘れるわけ無いだろ。結婚記念日だろー?」

幼「そーですよ!ちょっと焦っちゃったじゃないですか・・・」

男「まぁ厳密に言えば今日じゃないからなぁ」

幼「いいじゃないですかー、男くんにプロポーズされた日なんですからっ」

男「まぁ厳密に言えばプロポーズになった日はクリスマスじゃなかったがな」

幼「・・・男くんはまたそう言って・・・・」


97.
男「それより、大丈夫か?」

幼「? なにがです?」

男「ほら・・・去年の今頃と言ったらさ・・・」

幼「・・・なに言ってるんですか」

男「・・・・・」

幼「そんなことはどうでもいいですよぅ!」

男「はぁー、お前は凄いよなぁ・・・」

幼「へ?なんでです?」

男「よく加害者を赦せたよ」

幼「それはぁ・・・」

男「俺はたまに思い出してはさぁ、結構悩むんだよなぁ」

幼「・・・・・」

男「幼は無理してないかなって」

幼「男くんはホントにおバカさんですねー」

男「え?」

幼「私が無理してるように見えたんですか~?」

男「え・・・そんな事はなかったが・・・」

幼「なら!気にする必要なんてないでしょう?」

男「そうだけどさ~」

幼「もー・・・前も言いましたけど、今が幸せならいいじゃないですかっ」

男「・・・これからもずっとこの幸せが続くとは限らないんだぞ?」

幼「そうですよー?」

男「・・・・・」

幼「だから、結婚したんじゃないですか!」

男「幼・・・」

幼「男くんと一緒に居たいから・・・男くんが必要だから・・・男くんが好きだから・・・」

幼「・・・・・違いますか・・・?」

男「・・・全くもってその通りだ」

幼「あはは~、やっぱり~」ツンツン

男「おぅふ、わき腹を突くなって・・・」


98.
幼「まぁそういう事なんですからー、これからもちゃんと私を助けて下さいね?」

男「わかってるよ」

幼「私も・・・守りますから」

男「・・・頼もしい、わけねぇ」

幼「もー!」

男「んあーごめんごめん!」


男「そういや、今度友と女は結婚式挙げるなぁ」

幼「あ~、そうですね~」

男「俺らですらまだ挙げてないのにな・・・」

幼「でも、挙げようと思えば?」

男「まぁ、な」

幼「男くんは優しいですからねぇ~」

男「お前程じゃないがな、単に他人の金で挙げる結婚式が嫌なだけだ」

幼「いつも思いますけど・・・ちょっと賠償金貰い過ぎでしたよね?」

男「なー、それに『幼に後遺症は残りませんでしたから』って何度も言ってるのに、
  まだ治療費払ってくるもんな」

幼「親御さんは誠実でよかったですよねー」

男「少し驚いたよ、子供はあんなんなのに」

幼「うーん・・・あの子達は改心出来ればいいですねー・・・」

男「それを切に望んでるよ」


99.
幼「きゃあ!」バターン

男「おっとと、大丈夫かー?」

幼「えへへー、慣れてますからー」

男「慣れてもらっても困るんだがな、ほら立てるか?」

幼「んっしょ・・・大丈夫です」

男「でも、前に比べたら転ぶ頻度も少なくなってきたなぁ」

幼「そー・・・ですか?」

男「あぁ、段々治ってきてるんじゃないか?」

幼「ホントですか!?」

男「ホントですよ」

幼「男くんが言うならホントですよね~」

男「まぁいっつも一緒に居るんだからこの位わかるさ」

幼「じゃあじゃあ!今度病院行って検査してもらいましょ!」

男「・・・っ・・あの病院さ・・・色々と複雑な思い入れがあって近づきたくないんだよ・・・」

幼「何言ってるんですか!男くんがー、私にプロポーズしてくれた」

男「言うな恥ずかしい!まぁ病院に行く分には付き合ってやるけど話を蒸し返すなよっ!?」

幼「わかってますって~」

男「大体・・・本当ならお前はまだ安静にしてないといけないんだぞー?」

幼「ですからぁ無理はしてませんよ~?」

男「ここまで回復出来たのだってある意味奇跡らしいしな。医学はよく解らんが」

幼「う~ん・・・なんで復帰できたんでしょう・・・」

男「一日遅れの『クリスマスの奇跡』って奴か?」

幼「・・・ふふ、そうだったら素敵ですねっ!」

男「はぁ・・・素敵、かぁ?」


100.
幼「あぁぁっ!!」

男「んおぉ!ど、どうした?」

幼「まだ年賀状書いてない・・・・」

男「・・・じゃあ今年は出すの止めようか」

幼「ダメです!去年は来るだけ来て出せず終いだったじゃないですかぁ!」

男「でもよぉ・・・今日から書いて間に合うか・・・?」

幼「大丈夫です!やれます!」

男「はぁ・・・」

男「・・・と言うかさ」

幼「はーい?何ですかー?」

男「俺の描いた絵を葉書にプリントするのは止めないか?」

幼「何をいまさら~」

男「いや・・・だって恥ずかし」

幼「男くん!」

男「・・・はい?」

幼「男くんは絵が上手いと思いますよー?」

男「・・・そう、なのか?」

幼「そうなんです!ですからー、恥ずかしがっちゃダメですって!」

男「うぅん・・・お前がそう言うなら・・・」

男「あぁ・・・でも親に出す奴はダメだ・・・恥ずかしすぎる・・・」

幼「わかりましたよー、干支にしときまーす」

男「そうしてくれ・・・」

幼「あっ、そういえば男くんのお母さん、スッカリ元気になりましたねー」

男「あぁ・・・こないだなんかあんなに沢山米送ってきてさぁ・・・」

幼「えぇ!?じゃあ一時期お米が沢山あったのは・・・」

男「・・・俺の実家からだ」

幼「あらら、道理で全然減らなかった訳だ・・・」

男「まぁ昔みたく仕送りされるよりかは全然マシだ」

幼「あれはちょっと・・・ね?」

男「無いよな・・・、と言っても今は変なところから仕送りがあるがな・・・」

幼「私たちって・・・金運だけはいいんですかね・・・?」

男「金なんていらねぇよなぁ・・・お前が居てくれればさぁ・・・」

幼「あっ!今さり気なく嬉しいこと言ってくれましたねぇ!」ぎゅうぅ

男「おぅふ!」


101.
男「仕送りといえばさぁ・・・」

幼「? なんでしょう?」

男「お前が回復して、退院する日あったろ?」

幼「はい」

男「あの日、病院から帰るその足で実家に寄ったじゃんか」

幼「えぇ」

男「お前ん家に入った瞬間、お前の両親は泣いて喜んでたけどさ・・・
 『結婚します』って言った瞬間」

幼「いやぁぁ!思い出させないでくださいよぅ恥ずかしい!」

男「ははは、もう寿命を削る勢いで喜んでたからなぁ」

幼「まぁ・・・よかったですけどねっ」

男「ついでに仕送りも無くなったし。まぁ今度は俺らの番だがな」

幼「そうですね!・・・はぁ、今貯金いくらありましたっけ?」

男「犬に喰わせるくらいあるな」

幼「・・・・・」

男「はぁ・・・こたつ暖か・・・今年も色々あったなぁ」

幼「そうですねー」

男「今年こそはお前と酒飲みたかったけど・・・一応まだ患者さんだしな・・・またお預けか」

幼「お酒が無くても男くんが居ればいいです」

男「真顔で言うな。まぁ、無事に新年を迎えられそうでよかったよ」

幼「でも男くん、なんだか毎日毎日必死に生きてる感じがして見てると疲れちゃいます・・・」

男「そうかー?まぁ去年は学ぶこと多かったしなぁ」

幼「ふふ、男くん?」

男「んー?」

幼「こういうのんびりした時間が・・・」

男「・・・幸せだな」

幼「・・・そうですね!」

男「はは、幼ー?」

幼「? はい?」

男「愛してんぞー」

幼「・・・一年ぶりに聞きましたよそのセリフ」

男「だって今日は?」

幼「結婚記念日だからですか?」

男「まぁな」

幼「・・・男くん」

男「・・・・・」

ちゅ

男「・・・これは?」

幼「結婚記念日だからですっ」

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。