FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-07

勇者の代わりにバラモス倒しに行くことになった 2

1:名前: ◆xLm.YVzy0. 投稿日:2006/09/03(日)
第一部勇者の代わりにバラモス倒しに行くことになった

第2部プロローグ

今オレはアリアハンに向かう船の上に居る


オレは昔、覆面マントの親方と仲間と一緒に盗賊家業を行い生活していた
ロマリア王家から金の冠を盗んだときがあの時の俺たちの最盛期だったと思う

盗賊といってもそんじょそこらの盗賊とは訳が違う
ハッキリ言って俺たちほど頭の良い盗賊団は居なかったね
よし、そこら辺の理由も踏まえて語っていこうか


668:7ZcRM1lc0
盗賊視点かwwwwwwww

669:LGdtPIvO0
盗賊編www

670:SWYRC73I0
悲惨そうな視点だwwwww

675:cfJbAVzX0
棺おけで酒場に預けられていたときにもドラマはあるのかwwwww

677 :Qk2+cXLk0
ロマリアでブイブイいわせてたはずなのに
仲間になったときはLv1だった謎がついに明らかに!?



2.
あの頃の俺たちは生活には困っていなかった
蓄えもあったし、力も有りチームワークも有り
ロマリアの軟弱な兵士なんて相手じゃなかった

ただ、足りなかったのは達成感や目標といった証のようなものだ
そこで親方はこう提案した
「俺たちの力でロマリアの王家の家宝である金の冠をいただこうぜ」と

さすがにソレは無茶だと思った
部下も皆そう思ったはずだ
しかし親方はその日のうちに盗賊団団長の証ともいえる
紅いよろいを売りさばき
覆面マントと鉄の斧を購入した


親方の作戦を聞いて俺たちは驚いた
覆面マントで堂々と侵入し盗んでしまおうという作戦だ
正気の沙汰とは思えない

誰もが失敗に終わると思った


だが驚くことに親方はアッサリと金の冠を一人で盗んできてしまった!!


部下の誰もが驚き一体どうやって盗んだのか?と聞きせがむ中
親方は酒を飲みながら語った

「なぁ、お前らが兵士だったとして考えてみろ
夜警中に覆面マントに斧を被った男が侵入してきたらどう思う?
まず自分の目を疑わないか?
報告書に書けるか?
覆面マントの変態が歩いてたなんて書けないだろ?」


なんと大胆な作戦だろう
実際にそんな作戦が成功するかどうかは
見てのとおりだ
オレはこのとき一生親方について行こうと誓ったんだ


682:xpkPJ95G0
知能犯www

685:7J1DDs8F0
だからってそのままの格好でいるなよwwwww



3.
そういして俺たちの勝利感に包まれた素晴らしい日々が一ヶ月ほどたったとき
アリアハンから来た"自称勇者"一行が現れた


命知らずな奴らが俺たちのほかにもまだ居たとは
だがわざわざ相手をするまでも無い
奴らは単純な落とし穴に引っかかり階下に落ちていった

さすが親方だ!

アジトにまで張り巡らされたクールな罠で侵入者を撃退
子供の頃にあこがれた秘密基地その物が目の前にあるようだ


言われなくてもスタコラサッサだぜぃ
そう体現するかのように荷物や宝をまとめて
撤収作業に掛かり逃げ出す俺たち

このアジトも割れてるんなら別のアジトに引越しかな


逃げる途中で勇者に追いつかれ撃退することに
俺たち一味にとって力づくってのは本来好まない方法だ
必要最低限の暴力と大局を動かす知恵で立ち回るのが俺たちのやり方


だが、追い詰められちゃ仕方ない
逃げるのは別に弱いからと言うわけじゃない
そこんところを勇者どもに叩き込む必要があるようだ


694:xpkPJ95G0
だな!

695:2t8SWm2t0
ついに本格的なバトルか?!しかも盗賊一味の視点wwwwwwwwwwwww



4.
俺たちの華麗なチームワークは勇者たちを翻弄した
勇者一行の単調なフリーファイトの陣形に対し
こっちは鳳天舞の陣

中央に勇者を囲み四方から攻撃を加えるという
グループ魔法を封じた今世界で一番熱い陣形だ!

●    ●←オレ等

  ○ ←勇者達

●   ●


-フリーファイト-
○ ←戦士
○ ←勇者
○ ←僧侶
○ ←魔法使い


しかし魔法使いを集中したのが不味かった
相手は魔法使いに防御、僧侶に回復という
最後尾を徹底的に固めるという今までの概念を崩した戦い方を取ってきた

脆いところから崩していくという戦い方が通用しないとは...


699:Qk2+cXLk0
鳳天舞の陣www

700:U5217lo30
盗賊段の癖に鳳天舞の陣www



5.
俺たちは負けた
言い訳のしようも無いくらいに完璧に負けた
陣形で上を行った俺たちの更にその上を
勇者達は戦略で凌駕していたのだ


親方は勇者達に頭を下げ金の冠を返し命乞いをした
部下の前で行われるその無様な姿はなんとも滑稽で哀れだった

だが俺たち部下は皆気づいていた
親方は俺たちのプライドの為に代わりに頭を地面にこすり付けているのだと


だが無情にも勇者の首は横に振られた
なおも食い下がり命乞いをする親方
それでも首を横に振る勇者
なおも(略


そんなやりとりが夕方まで続いた


712:OHtcuicw0
夕方wwwww

713:2t8SWm2t0
親方想いの部下に泣いた

715:xpkPJ95G0
持久戦wwww



6.
日が暮れるころ見逃してもらった俺たちは人目から隠れ
疲れと傷を癒すためノアニールに向かった
ここはエルフの呪いで住民が皆寝ているため
身を隠すにはもってこいの場所だ

時折村の中に入ってきたモンスターを撃退し
村人の身を守っているときもある
だがそんな俺たちの行動は明るみに出ることなく決して評価されない
まぁ、職業柄仕方の無いことだ


4人で固まっていると目立つため
いったん解散しバハラタの洞窟のアジトで落ち合うことにした

親方は得意の山越えでアッサラーム東の山脈を越えるのだろう
他のメンバーはそれぞれのルートで向かうようだ
アイツは泳ぎが得意だから鎧を着たままカザーブ南東あたりの海峡を泳いで大陸を渡るだろう

オレは鎧を脱ぎ変装し
旧知の仲であるホビットの洞窟を通ってバハラタに向かった


バハラタのアジトには既に親方と他の部下一名が到着していた
再会を喜ぶが残りの一人がまだ到着していない
何か嫌な予感がする


あれから2週間がたった・・・

ようやく残りの一名がアジトに到着した・・・がっ
そこには一味が徒党を組んで以来最初にして最後の
とんでもないサプライズが待ち受けていた!!


遅れて到着した部下は近くの町から娘を攫って来たのだ!

これはカンダタ一味としては許せぬ悪行
親方が激怒し娘を町に返しに行けと命令する

が、従わない部下A

部下A「この娘を人質にして身代金を頂いて足を洗おう
   そうすればもう終われる生活とはおさらばだぜ」

親方の堪忍袋の緒が切れる音が聞こえた

カンダタ「これが最後だ、その娘を町に返して来い」
最後も何もまだ2回目の気もするが俺たち外野の口を出す雰囲気ではない


そこへ娘の恋人を名乗る男が乱入してきた


740:cwZatzi6O
カンダタいいやつ

741:Z31tIG360
カンダタ変態だけどいいやつ

744:2t8SWm2t0
親方道徳をわきまえてるな



7.
グプタ「タニアを返せ!!」

叫んで部下Aに掴みかかる男
その男をひじうち一発で気絶させ親方に顔を向けこう言った
「これが返事ですよ親方、いや元親方」


カンダタ「上等だ・・・」
親方の体の色が変わっていく・・・
あ、あれはまさかパンプアップ!?

親方は本気で部下Aを殺すつもりのようだ


753:2t8SWm2t0
ブッチャktkr

754:F1mSwv3F0
黒ブタかよwww



8.
勝負は一瞬だった
部下はあっけなく死んでしまった

「バカヤロウが...」血のたれる音にまざって涙の垂れる音が洞窟内に響いた


二人を牢屋にいれ部下の死体を片付けに行く親方
それに付き添う俺たち部下

二人とも逃がしてやればいいのかもしれないが、洞窟内は魔物がいて危険だ
後で町の近くまで送り、死んだ仲間のかわりに謝罪をしようと思う


洞窟のタイルを剥がし土を掘り遺体を埋めてやった

日陰者の死はこうして誰の目にも触れないところでひっそりと葬られていくものだと痛感させられる

泣きたいが親方はもう泣いていない。ならば泣くべきではないと思った


そう考えながらアジトに戻ると、なんと娘と男が脱出していた!!
一体なぜ?


奥を見ると勇者一行がいる
どうやら勇者達が逃がしたらしい
この状況では何を言っても言い訳にしか聞こえないだろう


なんとか弁明しようと考えていたら
親方がこんなことを言い出した
「ふっふっふっ。 オレさまが かえってきたからには にがしや しねえぜっ!」
ちょwwwwwwいきなり何をwwwww


770:2t8SWm2t0
あえて悪役にまわるのか・・・親方・・・

774:k8y4LVL30
親方(つД`)



9.
親方は小声で言う
「この状況じゃ何を言っても通じない、ソレに俺たちは悪党だろう?
 無様に弁解するよりここで悪党らしく開き直っちまおうぜ!」

さすが親方だ!
俺たちがついて行こうと思った理想と信念がここにある!!
俺たちは最後の戦いと予感し勇者達に戦いを挑んだ


やはり勇者達には勝てなかった
仲間が一人欠けてしまいギニュー特戦隊を遥かに凌ぐファイティングポーズを失ったこともあるが
やはり実力と人数差で劣っていたのが敗因のようだ


負けた親方がまた地面に頭をこすりつけ
勇者に命乞いをしている
アンタどこまで部下思いなんだ

そんな親方に対し
勇者は首を横に振る
コイツ弱者をいたぶって楽しんでやがる・・・っ!


776:+Y7DRJNBO
勇者ヒドスwwwwwwwww

777:5BiSul/rO
オルテガの息子極悪人wwwwwww

778:7I/yfdf1O
勇者鬼畜wwwww

779:P1pQqlucO
まさに外道wwwwwwwww

780:PjW1ZsIWO
よく考えたら勇者達のがたちの悪い盗賊みたいなもんだよなw

781:B5RQlr7h0
勇者極悪wwwww
元々勇者ってのを棚に上げて堂々と不法侵入した挙句に窃盗を働いていた輩だからなぁ



10.
あれから3時間は経っただろう
いまだに『命乞いvsいいえ』の戦いが続いている


親方と一緒に命乞いをしたいところだが
俺の首には戦士のはがねの剣が突きつけられている
こいつら間違いなく鬼畜だ

何かキッカケがない限り勇者は永遠に「いいえ」を選び続けるだろう
何かキッカケはないか、
なんでもいい


「何をすれば許してくれるんだ!?」
仲間の部下がそう叫んだ

勇者「あん?」
勇者が親方から離れコチラに近づいてくる
勇者「そうだな、まぁ些細なことで良いんだ」

何か生まれて以来感じたことの無い危機の予感がする


793:x6dGNSdL0
俺たちがプレイしてた勇者ってこんな奴だったのか・・・orz

796:2t8SWm2t0
>勇者「あん?」
こいつはやべぇwwwwwwwwwwwwwwww失望した


11.
「ちょっとカメラ止めろ」
戦士がそう言いカメラを塞ぐ
嫌な予感が更に倍増する・・・って・・・ちょ・・・マジかっ!!


「「「「「   ア ッ ー !!   」」」」」

「「「「「   ア ッ ー !!   」」」」」

『『『『『   ア"ッ ー !!   』』』』』


薄暗いダンジョン内に叫び声が三つ響き渡った


804:F1mSwv3F0
カメラwwwwwwwそして開通wwwwwwwwwwwwwwww

805:LEjDUvyA0
最後の叫び声野太いな

812:OFjVKYKnO
カメラマンいたのか?ww

817:7J1DDs8F0
( ;∀;) ヒドイハナシダナー

819:OFjVKYKnO
俺が知ってる勇者はこんなんじゃない…
すんげー無口で一生懸命魔王討伐のためにがんばってるいいやつなんだ!

823:61Ncg8kf0
俺らが知ってるロトの伝説は
ヤバい部分は全てカットされてたわけかwwwwwwww



12.
あのときダンジョン内で何が起こったかは言えない


何とか命を見逃してもらった俺たちは
親方の解散宣言を驚くほど素直に受け止め
それぞれの道を歩みだした

恐らくお互いの顔を見ているのが辛かったのだろう


オレは足を洗うために鎧と装備を捨てダーマ神殿に向かった
商人として1から人生をやり直すためだ


こうしてオレはダーマ神殿で商人に転職し
あらかじめ購入していたターバンを巻き髭を整えることで
何処からどう見ても立派な商人に生まれ変わった


バハラタへ戻る途中かつての仲間とすれ違ったが
向こうはターバンを巻いた俺に気づかなかったようだ
アイツも新しい人生を求めて転職するのだろう
オレは友人の背中を見送りバハラタに向かい
キメラの翼を使いアリアハンへ向かいルイーダの酒場に登録した

これがオレの第2人生のスタートだ


再開はあっけなかった
かつての友人は盗賊に転職しオレと同じようにアリアハンにやってきた
お互いにレベル1からのスタートだ
酒を飲み交わし、嫌なことを忘れ再開の喜びを分かち合う

親方は何処に行ったのだろうか


悪夢の再開もすぐにやってきた
勇者がルイーダの酒場にやってきて商人を求めているらしい

オレは恐怖で気が狂いそうだった


どうやらとある町おこしで商人の力が必要との事らしい
また何かされるのではないかと気が気ではなかった

そんな俺の緊張している姿を勇者達は
「初めての旅で緊張しているのだろう」と受け取っていたようだ


836:xpkPJ95G0
上手いなあwwwそこに繋がるのかwwww

837:PjW1ZsIWO
この糞勇者を見てるとニートあがりの勇者御一行がイイヤツに見える
から不思議だ



13.
商人の町(予定地)に到着した

オレはここでこれから爺さんと二人っきりでココに町を作らなければいけないらしい

勇者のやることだ。どうせ慈善事業ではないのだろう
何か裏があるはずだ


勇者が定期的に尋ねてくる

「イエローオーブは手に入ったか?」
「イエローオーブは手に入ったか?」
「イエローオーブは手に入ったか?」
「イエローオーブは手に入ったか?」
「イエローオーブは手に入ったか?」
「イエローオーブは手に入ったか?」
「イエローオーブは手に入ったか?」
「イエローオーブは手に入ったか?」

これしか言わない

今のオレはカウンター越しなのでやや強気に出ることが出来る
「そんなに尋ねてきたってありませんよ」


話が長くなってしまってるな
とりあえず簡潔に話そう


オレはあの後町をでかくすることに成功したが
強硬なやり方を嫌った老人が町人を扇動し革命を起こした
オレは牢屋に入れられ勇者の筋書き通りに
イエローオーブの場所を教えてやった

これでオレの第2人生は終わったと思った


853:xpkPJ95G0
肝心の部分を省略しやがったwww



14.
そんなオレに転機が訪れた
勇者の死亡がサマンオサで確認され
老人と勇者のつながりから勇者達の不正が浮き彫りになり
オレは牢獄から開放された

そしてオレはいまアリアハンで2代目勇者と行動している友人にある物を渡すために
船でアリアハンに向かっている


見えてきた
アレがアリアハンだ
そろそろ船を降りる準備でもするかな


-第2部 プロローグ了-


※商人は二代目勇者の盗賊の同僚です。


15.
-2部-
オレは今実家に帰ってきている
最近はモチベーションが上がらず
パーティには1週間ほどオフだと伝えてある

オレは特にやることも無いので
部屋でごろごろしながら旅の始まりを思い返していた


あの時、王様はバラモスを倒しに行けといったが
正直言ってオレにそんな気は最初から無かった
だってそうだろ?
ある日急に16歳とか言うエヴァも真っ青な理由で魔王を倒しに行けとか
そんなの真に受けるほうがどうかしてる

オレが旅を始めたのは
ただ家を追い出されて旅以外の生きる道が無かっただけだ


今思えばどこか武器屋あたりにでも住み込みで働くという手も有ったかもしれないが・・・


いや、王様から勅命を受けた奴が城下で堂々と無視して過ごしていたら
捕まり牢屋行きだったはずだ。旅は逃れられない選択肢だった


オルテガのとこの息子の行方を突き止めるのがオレの旅の目的だったのかもしれない

見つけてバトンタッチしてアイツにバラモス退治をさせ
オレはアリアハンに帰ってJリーグサッカーでラモス退治でも~ってな?


けど実際にはあいつは死んでいて
バラモス討伐のオレの旅は継続らしい

回りの期待とオレのやる気が全く釣り合ってないし噛みあってもいない


どーしたもんかね


暇を持て余していたので
武道家の家を訪ね桃鉄で遊んで時間をつぶそうと考える

武道家の母「あいにく、うちの息子は一昨日からどこかに出かけたっきりなんですよ」
どうやら留守らしい


仕方ないので盗賊にでも会いに行ってみるかな


29:aw2q5uWp0
友情ひび割れゲーム好きだなwwwwwwwww



16.
ルイーダの酒場にやってきた
この酒場は昼間から営業していて昼間から酒を飲んでいる輩が多い
ここで仲間を探すときの最低条件は『飲んだくれてない奴』だ
昼間から酒を飲んでいる奴は男にも女にもろくな奴がいない


今日はルイーダさんと双子の弟のルイー○さんがいる、珍しいな


31:ogunRODm0
緑がまたいやがるwwwwww

35:2t8SWm2t0
配管工野郎wwwwwwwwwwwwww



17.
ルイー○さんがこちらをチラチラ見ている
なるべく会話に参加して出番を増やそうと言う魂胆が見え見えだ
普段から出番の無い奴は考えがせこくてどうにもいけ好かない

オレはルイーダさんに盗賊が今何処にいるか尋ねてみた
どうやらアリアハン沖の船着場に昔の友人を迎えに行ったらしい


ヒマだし俺も見に行ってみるかな


船着場には盗賊と商人がいた
あの商人が友人なのだろうか
ちょっと物陰から話を盗み聞きしてみよう
これは詮索でも何でもなくRPG等では立派に確立された手法の一つである

反論は認めない


商人「元気そうで何よりだよ」

盗賊「そっちこそ、最近出てこれたんだってな」

商人「あぁ、散々だったぜ」


商人「聞いたぜ、前の勇者達死んだみたいじゃないか」

盗賊「あぁ、一昨日国を挙げて葬儀が行われたばかりだ」

商人「出来ることならこの手で止めを刺してやりたかったぜ」

盗賊「・・・・・・・そうだな」

あの二人はオルテガのとこのアイツと面識でもあるのか?

商人「まぁいいか、終わった事だし
   ソレよりもこんな話をしに来たんじゃないんだ」

盗賊「ん?とりあえずココで話すのもなんだから場所を変えないか?」

商人「いや、ここでいい」

盗賊「ん?」


商人「なぁ、お前も商人に転職して俺と一緒に商売を始めないか?」


43:dbHxLq/30
再就職ktkr

44:CV+kQlpa0
ヘッドハンティングキター



18.
商人「最近珍しいアイテムを取り扱っててな、
   経営も軌道に乗ってきたんだが人手が足りないんだ。力を貸してくれないか?
   前も言ってたけど居間のパーティ内でのお前の扱いはきついんだろ?」

盗賊「それは・・・」

ほう、盗賊のヤツめ影で俺らのことを愚痴ってたのか
良い根性してやがるぜ


盗賊「やっぱりダメだ」

商人「え?」

ん?

盗賊「そりゃ扱いは酷いけど、今のリーダーには拾ってもらった恩が有るんだ、
   それを仇で返すことは出来ないよ」

苦笑しながら友人に語る盗賊

商人「バカ言うな!そんな恩なんてもう十分に返しただろう!
   コレ以上の冒険は命に本気でかかわって来るんだぞ!!」

盗賊「そんなことは解ってる」

商人「じゃあ、どうして!」

盗賊「・・・」

商人「・・・」

オレ「・・・」


49:Aq5pO7vZ0
盗賊タン(´・ω・`)

50:rdWimpzm0
ほんと根が良い奴なだけに・・・

54:+Y7DRJNBO
これを期に盗賊の扱いを上げてやってほしいと思っている俺ガイル



19.
盗賊「このまま旅を続けていれば、いつか親方に会える気がするんだ」

商人「!!」

親方・・・?

商人「そっか、じゃあオレはこのまま船でUターンして帰るよ」

盗賊「え?もう行くのかよ」

商人「ああ、この話をしに来ただけだしな、こう見えても仕事が忙しくてな
   そうだ、餞別と言うのもなんだけどコレをやるよ」

盗賊「ん?この剣と玉は?」

商人「最近闇ルートで流れてきたガイアのつるぎとシルバーオーブだ」


!!!!!!


60:vOjtCaZW0
!!!!!!!

61:xpkPJ95G0
ここで重要アイテムw

65 :+Y7DRJNBO
そうきたかwwww

66:KOOTJxteO
イベントはしょり杉wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

68:FLU1trt/0
ガイアの剣投げ込まずシルバーオーブゲットかよwwwwww



20.
盗賊「でもオレこの剣装備できないぜ・・・」

商人「そこまでは面倒見切れねえよ、親方に会ったらよろしく伝えておいてくれ
   お前等の旅の無事を祈ってるぜ、じゃあな」

商人はアッサリとした別れの言葉を告げ船で帰っていった
盗賊は船を見送りた立ち止まったままだ

今のオレの心境は複雑ことこの上ない


が、モチベーションは少し上がったと思う
今ならハッキリ言える
盗賊は俺たちの仲間だ


71:vOjtCaZW0
盗賊は(ガイアのつるぎとシルバーオーブを持っている間)俺たちの仲間だ

こういうことかw



21.
オフの1週間が過ぎた


ルイーダの酒場の2階で待ち合わせだ
そこには盗賊が待っていた
オーブとガイアの剣を持っていることは知っているが
それは俺の口から切り出すべきじゃない

あとは武道家と賢者だ

武道家はともかく賢者が時間に遅れるのは珍しいな


遅い・・・
待ち合わせの時間から1時間が過ぎようとしている


そこへ武道家が現れた
なにやら元気が無い
いったい今まで何処へ行ってたのか!
そう問い詰めると武道家は世界がひっくり返るようなことを口にした


『賢者に黄金の爪を奪われて逃走された』

は?


え?


90:xpkPJ95G0
狙ってたんだなww

91:Aq5pO7vZ0
ちょwww元遊び人wwww



22.
落ち着いて話を整理するとこうだ
オフ解散後に武道家は賢者に

「新しい呪文の開発に黄金の爪が必要なので貸してほしい」と言われたそうだ
ちょっと態度がおかしいと感じた武道家は、警戒しながらも詳しい話を聞こうとしたらしい

だがそれが裏目に出たようだ
ラリホーをかけられ昏倒し、目が覚めたときには黄金の爪が無かったそうだ

酷い話だ
モンスターだってそこまではしないだろうに
やはり人の知恵こそがもっとも邪悪な存在なのか


話を聞いた俺はすぐさま賢者を探すことを目的とし
旅に出る決意を固めた

今にして思えばピラミッドにて見せたあの遊び人の目の輝きこそが
この事態を物語っていたのかもしれない


人よりも金ですか
さすがに賢い者はやることが違うな
それなら俺は馬鹿で良い


まず、賢者の足取りから探さないといけない
賢者は一体何処に消えたのだろうか...

「賢者はネグロゴンドに向かったようなんです」
武道家が言った


この1週間各地の道具屋に聞き込み
黄金の爪を売りに来た女の情報を探していたらしい
その情報を得られたのが使用済み毒針を売りさばいたバハラタの町だと言うのだから
なんとも皮肉なものである


-ネグロゴンド上空-

今俺たちはラーミアの背に乗り空からネグロゴンド一帯を探している


100:2t8SWm2t0
魔法の使い方がヒドイwwwwwwwwwwww

104:peTm9OjT0
闘技場で稼いでくればいいだろうにw

105:FLU1trt/0
2章になってそれぞれの印象が変わってきたな

106:Drm6tEcwO
賢者なら今俺の股の上で腰振ってるよ

109:XNw2lkPfO
>>106
それモシャスかかった武闘家



23.
話は少し遡る
盗賊「勇者さん」
ん?何だ?

「ネグロゴンドに行くのならコレを使ってください」

そう言い渡されたのはシルバーオーブとガイアの剣
すっかり忘れてた
そう言えばコイツ、これ持ってたんだっけ


何処で手に入れたんだコレ?まさか盗んだんじゃないだろうな?
どうやって入手したのかは知っているがカタチのため聞いておくというポーズが必要だ

「オフの間に自力で手に入れてきたんですよ」


うそこけ

何が自力だ
俺が知らないと思って適当な事を言いやがって

ああ、そうか
そう言えば盗賊と武道家は確執が有ったんだっけか
武道家の失態とは逆に自分はポイントを稼いでおこうと言う魂胆か


残念だがそういうせこい考えはキライだ
武道家   +0
盗賊     -15
賢者     除外
ルイー○  -2


126:peTm9OjT0
盗賊wwwwwwwwwww
お調子者なところがなければただのヘタレですむのにw

127:5BiSul/rO
何が自力だwwwwwwwwww

130:2t8SWm2t0
ラーミア孵化させて乗ってるなら渇きの壷並みに邪魔wwwwwwww

133:jjx2lUtG0
ルイー○wwwwww

134:xpkPJ95G0
まだ生きてたのかポイント制www



24.
まずレイアムランドにラーミアを復活させに行く
この鳥は卵の中で寝ているせいか
世界中の葉もザメハも受け付けない厄介な鳥だ
その上オーブを使った炎でしか目が覚めないという
海原雄山を越えるグルメぶりだ


そしてパーティから魔法を使えるメンバーが消えたことにより
今まで魔法に頼ってきたパーティの生命線は危機に陥った
今の戦闘レベルでは薬草なんてフォローにすらなりやしない


苦渋の決断だったが
一行はパーティにまだ駆け出しと言う僧侶♂を迎えた

賢者の真意を問いただすまでの仮契約とでも考えてもらえれば良い


そして装備を整えてやり稽古をつけて
ベホイミを覚えたころには僧侶は立派な戦力となっていた


25.
-ネグロゴンド上空 300メートル-

そして現在に至る
今も上空から4人で賢者を探している


新参の僧侶には事情を話していない
かつてのパーティ内から裏切ったものが出たと言ううわさが流れれば
アリアハンでの自分たちの立場を失う

真相が洩れたときには
僧侶の口を封じることも選択の一つとして頭に残しておこう


145:4KJ3mo5l0
ひでえww
そういえばこの勇者、偽王様暗殺してたよなwww

146:dkPJgahZ0
僧侶逃げてーーーー!

147 :9kjSL+MD0
勇者wwwwwwwwwwww色んな意味で勇者wwwwww



26.
突然下から巨大な炎の塊が突き抜けて行った
一体なんだ!!

下を見ると賢者がいた
どうやらあの女が地上からラーミアに向かってメラゾーマを撃ったらしい
とんでもない女だ


僧侶「な、なんですかアイツは! 何で人間が僕たちを襲うんですか!!」
不味いな、早くも疑惑を持ち始めている


賢者はネグロゴンドの城の中へと逃げていった
こんなところに城があったとは...


オレ達は賢者を追うべく城の中に乗り込んでいった


そこがバラモスの城だとは知らずに.....


150:hnQQxFWA0
賢者つえーなおい

153:peTm9OjT0
メラゾーマ覚えてんのかよwwwwwwwww
爪一つにそこまで必死になるなんて…

154:xpkPJ95G0
もうバラモス倒せるレベルだなw

156:MPdXlpCN0
>遊び人が俺の服を後ろから引っ張っている
…とかあの頃は良いこだったのに。バカだけど



27.
城に入ると
そこは惨劇と化していた
所々に置かれた魔物の屍骸
城には既に火が放たれている

ここはもしやバラモスの居城なのか?
だとしたら賢者はなぜココに?


オレはそのとき初めて賢者の目的が何なのか知らないことに気づいた


うごくせきぞうなどの強敵から逃げつつ
賢者の姿を探す

いた!
中庭の池の中央から階段で地下に降りていった
薬草の数、仲間のコンディション、対バラモス用アイテムの確認をする


いける!


299:gXvR1i1a0
薬草wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

304:Tll7Y3S/O
女が苦手だから遊び人に話しかけられなかったあいつはどこに行ったんだ

306:dkPJgahZ0
薬草チェックしてる時点でバラモスは無理だろw



28.
階段を下りていく
遠目にも解る異様なオーラ
あの妙に着飾ったカバがバラモスなのだろうか?

恐らくそうなのだろう
A-boyがB-boyにイメチェンしようとして失敗した感があるが
モンスター界ではこれがカジュアルなスタイルなのかも知れない


しかし階段を下りたはずの賢者の姿が見当たらない
一体何処に行ったんだ


318:PXuzchZD0
キビシスwwwwwwwwwwwwwwwwwww

319:PjW1ZsIWO
着飾ったカバwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

321:qjzKjcH40
バラモスカバ扱いwwwwwwwwwwwwwww



29.
ついにこのときが来た
隊列は
1.勇者
2.武道家
3.僧侶
4.盗賊のオーダーだ

別に盗賊はパーティ内で地位が低いからこの順番と言うわけではなく
コレは列記とした作戦のためだ


準備の最終確認をし俺はバラモスへと向かい進んだ


「ついにここまできたか勇者よ」
バラモスが語り始める
今まで台座の上ですることが無くヒマだったのだろうかやけに饒舌だ

こっちからすれば作戦が成功しなければ
まず勝てないであろうパーティ編成だ、緊張感が高まる


「この だいまおうバラモスさまに さからおうなど」
バラモスが語り続ける
俺は後ろ手に作戦開始の合図を出した

「みのほどを わきまえぬ ものたちじゃ。
ここにきたことを くやむがよい。」
盗賊が『きえさりそう』を使い『しのびあし』を併用し
バラモスの背後に近づく


「勝ったな」
武道家が冬月先生みたいなことを言う
そんなこと言ったらばれる恐れがある
オレは肘で武道家のわき腹を突き黙らせた


341:ArzLb8oM0
盗賊wwwwwやっぱ暗殺wwwっうぇwwww

342:PXuzchZD0
暗殺wwwwwwwwwwwwwwww

343:7J1DDs8F0
武道家空気嫁wwwwwwwwwwwww

344:xpkPJ95G0
やっぱり奇襲www



30.
「もはやふたたび いきかえらぬよう そなたらの はらワっ!?」
作戦が成功した

透明になった盗賊の忍び足からなる急所への毒針突き
こうかは ばつぐんだ


使用済みになった毒針を見て
武道家が履き捨てるように言った

「へっ、汚ねえ 毒針だぜ」

僧侶は目をぱちくりしている
コレが俺たちのやり方だ
反論は許さない


と、その時背後から拍手が聞こえてきた


352:rdWimpzm0
ついにやったwwwwwwww

358:Sk+NzlPEO
テラ外道wwwwwwwwwwwwあっけねぇwwwwww

360:PXuzchZD0
瞬殺wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

364:32REGAVT0
あの道具屋で買い戻したのかwwwwwwww

365:dkPJgahZ0
ベジータかよww

374:OrWk764v0
もう違う意味で毒針だなwwwwwwwwwwww

375:7J1DDs8F0
バラモスwwwwwwwwwそれでいいのかwwwwwwwwwwwwwwwww

381:2t8SWm2t0
盗賊のリスク高すぎだろwwwwwwwwwwwwwwwww失敗したら見捨てて逃げただろう

394:fmJAcZDp0
バラモス哀れすぎwwwwww



31.
振り返るとそこには賢者の姿が


賢者「流石にそんな手は私も考え付かなかったわ」
けっ、お前もどうせ『きえさりそう』でおおかた階段の辺りにでも隠れてたんだろうが

賢者「そうね、でもレベルの低い貴方達がどうやってバラモスを倒すのか見てみたかったのよ」
どーせ死ぬざまを見て腹を抱えて笑うつもりだったくせに
腹黒いどころか性格までひねくれた奴だ
遊び人上がりの賢者にはろくな奴がいないと言うのはどうやら本当のことらしい


僧侶は事態の展開についていけず
俺を見たり賢者を見たりで忙しい


401:X2LS2EZR0
賢者黒いwwww

402:ArzLb8oM0
にしてもずいぶんと賢者、勇者に嫌われたものだなwwww

403:7J1DDs8F0
>>399
勇者荒み過ぎwwwwwwwwwwwwwwwwww



32.
盗賊に合図を出す
盗賊はいまだに姿が消えているので奇襲で賢者を取り押さえることが出来るだろう
武道家はいくら素早くても、姿が見えているので近づく前に焼き払われる

ここは盗賊がベストチョイスだ
しかし、賢者はそれを見越しているらしい
姿の見えない盗賊に挑発をしだした


賢者「姿を消してどこへ行こうっていうの?」

盗賊「賢者ッ! 貴様ーッ!!」

賢者「なんです、やろうッていうのつもりですか? いいでしょう、相手をしてあげましょう!

僧侶「賢者さん…、どうして…? どうして、僕たちを……?」

賢者「さあ、かかってこいよ! 家畜は所詮家畜だってことを教えてやるッ!!」

(賢者の合図でエビルマージの増援が現れる)


418:ArzLb8oM0
賢者完璧に悪人wwwwしかもエビルマージかよww

419:32REGAVT0
超展開wwwwwwwwwwwwww

421:RSiE5JuE0
極悪じゃねぇかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



33.
エビルマージのベギラゴンで僧侶は早々に散ってしまった
賢者はエビルマージに任せたきりで手を出してこない
余裕のつもりだろうか


回復役がいなくなりこのままではジリ貧だ
何か打つ手は無いか


名案を思いついた
僧侶の棺おけで敵のベギラゴンを防ごうと言う作戦だ

すかさず棺おけを盾にし後ろに隠れる
盗賊の「やけに手馴れてるッスね?」という視線があったが
きっと気のせいだ


441:RSiE5JuE0
僧侶は俺の中で可哀そうな人上位ランカーになった

444:fmJAcZDp0
回復役は居なくても回復薬があるじゃねえかwwwwwww

445:LDtalQKn0
知らぬが仏

446:rEhraWAyO
棺桶ガードwwwwwwwwwwwwwww

450:PXuzchZD0
常勝戦法wwwwwwwwwwwwwwwwww

451:7J1DDs8F0
棺桶マジ使える子

452:KPIS5zQCO
棺桶最強wwwww

457:uT98MJDR0
僧侶が灰になってしまうwwwwwwwwwww



34.
その間に薬草で体力を回復する
使い方は飲み込む、煎じて傷口に塗る、敵に投げるなどと用途は様々だ


再度反撃に出る
武道家とのコンビネーション攻撃と盗賊の毒針投擲で敵を殲滅することに成功
残りは賢者ただ一人だ


469:iGih42vc0
薬草投げるのかよwwwwwwwwwwwww

473:OrWk764v0
毒針投擲wwwwwwwwwwwwwwww

481:8s1zS6bz0
シーフというよりはアサシンだな・・・盗賊



35.
賢者は己の不利を悟ったか後ずさりし始めた
悔しさのせいかプライドを傷つけられたのか下唇を噛んでいる
奴のビビッた時のサインは『下唇を噛むこと』だ


いくら必殺のメラゾーマがあっても
こっちの人数は3人
オレと武道家の防御しながらの攻撃で相手の攻撃に耐えながら仕留め切れる計算だ
その際に盗賊が狙われた場合防御の出来ない盗賊は黒焦げになるが
俺たちは盗賊の命がこの世で何よりも軽いことを知っている

もちろん賢者もそれは知っている
だから盗賊と自分の命を秤にかけた場合
優先されるのは当然自分の命だ
逃げるのは当然の選択と見えた


503:ArzLb8oM0
盗賊wwwカワイソスwwwwwww
ってかいつのまに勇者、賢者のこと観察してたんだよwwww

504:fmJAcZDp0
ここにきてジョジョのエニグマかよwwwwww

513:7J1DDs8F0
>俺たちは盗賊の命がこの世で何よりも軽いことを知っている
ひでぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



36.
賢者が階段を上り逃げ出す

逃がすわけが無い、と思ったそのときだ
階段付近の天井が爆発した!!


どうやら賢者がイオラで入り口を破壊したようだ

しまった!
これは生き埋め状態だ!!


520:ArzLb8oM0
賢者頭ヨスwwww
にしてももともと遊び人はふざけたやつだけど根はしっかりしてて悪い奴
ではなかったのになぜここまで悪い奴にwwwww

528:OrWk764v0
>>520
いや、これが素なんだw

530:LuDmN/dLO
賢い者になったからじゃね?

531:OrWk764v0
薬草チームも餓死かwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

533:fmJAcZDp0
しっぽを買ってもらい無邪気に喜んでいたあの遊び人はもう居ないなw

546:QAWTBzgdO
大丈夫ここでも棺桶が僕らを導いてくれる



37.
やられたッ!!


リレミトの使えない俺たちはここから脱出することが出来ない
外から賢者の勝ち誇った声が聞こえてくるが
瓦礫に遮断されてよく聞こえない

うっすらと声が聞こえてくると言うことは空気の通る道はあるのだろう
窒息の心配は要らないようだ
とりあえず慌てても始まらない
ココは落ち着かなければ


551:rFO37p4o0
賢者「勝った!第2部完ッ!」

554:OrWk764v0
>>551
終わらせるなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

548:jml+V5930
随分勇者知能派だなwwwwww

549:OrWk764v0
大ピンチwwwwwwwwwwwwwwwww

553:ArzLb8oM0
勇者ずいぶんと冷静だなwwww

555:ID:Z31tIG360
武道家「まだ慌てるような時間じゃない」



38.
薬草で食いつなぐこと2日目


武道家は壁に拳を打ち付けすぎて
今は手に薬草を当てて休んでいる
体を休めると言うより精神面を落ち着かせることが目的だ
熱血も良いが何事もほどほどにして欲しい

盗賊は賢者に負けたのが悔しいのか
泣きながらも瓦礫を片付けている
けなげな奴だ

僧侶の棺おけはベギラゴンのせいか黒く煤けている
パッと見ダークナイトが死んだようにも見えてイメージが悪い
死体の腐敗からも考えて早急に教会に運ぶことが望まれる


579:c+tz1t3yO
僧侶は腐った死体にしんかした!

582:s4anJy/xO
国分「賢者に裏切られたとき、どう思った?」

585:G/P2709kO
たしか餓死だと復活しないんだよな

614:yq9WFgKT0
僧侶の腐敗具合が気になる



39.
薬草生活四日目


いまだに薬草で生活しながら瓦礫を片付ける日々
ハガキで検証生活を送り続けるなすびの気持ちが少しわかる

最近ようやく天井の瓦礫から空がわずかに覗けるくらいにまで片付いた
脱出の日は近い


部屋の隅は小便やもろもろ用に指定されたツボがあり
異臭を放っているので近づきたくない
疾く疾く脱出しなければ


626:HzQRV2Ru0
なすびの検証生活テラナツカシスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

627:ArzLb8oM0
地道に脱出かよwww



40.
薬草生活五日目

今日は満月だ
武道家に生えているしっぽと何か関連性は無いのか
試しに満月を見せてみる


お、おい、なんともないのか?

武道家「え?なにがだ?」


ぷは~脅かしやがって


*ピクン*

*ドクン ドクン*

お、おいどうした武道家?

*ドクン ドクン*

盗賊「悪い冗談は止めろよ」

*ドクン ドクン*

*ドクン ドクン*

*ドクン ドクン*


635:xpkPJ95G0
そういえばwwwwww

636:V0vR6n2n0
巨大サルktkr!

638:X2LS2EZR0
しっぽの伏線がここでwwwwwwwwww



41.
*バリ バリ*

武道家の服が破れる
800ゴールドもだして買った武道着が・・・

どんどん巨大化する武道家天井が崩れていく
ツボ付近まで後退するオレと盗賊、やばい臭い


なんと満月を見た武道家が怪物猿に大変身!!
これには作者もビビッた!!!
しーらない
しーらないっと!


城から脱出した俺たちはラーミアにのり怪物の手の届かないところへ逃げた
地上は悲惨なことになっている

今の俺たちに武道家を押さえることは出来ない
日が昇るまで暴れさせるしか手は無いようだ


あ、近くにあった祠が踏み潰された
中にいた人南無


683:dbHxLq/30
新たなる魔王降臨!!

684:yq9WFgKT0
南無wwwwww

686:+Y7DRJNBO
中の人どんまいwww

688:xpkPJ95G0
シルバーオーブのおっさんがwwwwwwww



42.
朝になり怪物が元の武道家の姿に戻っていく
幸いにもこの辺りはバラモスに支配されていたようで
元から人の数が少なかったのが不幸中の幸いだ

今後このようなことが起きないようにしっぽを切り落とす


やれやれ、バラモス倒して終わりだって思ったのに
最後にこんなどんでん返しがあるとは
後始末もまだ一つ残っているしなぁ


そう、後始末
つまりは賢者の始末だ
俺たちはアリアハンへ向かった


698:4KJ3mo5l0
賢者の始末は決定かよwww



43.
ラーミアにのってアリアハンに到着
町の人が驚いた視線でこちらを見ている
大方の予想はつく


賢者がバラモス討伐の手柄を独り占めにし
その際に俺たちは死んだとでも広めたのだろう
だが奴は詰めが甘かった
俺たちは現にこうして生きている


城へと急ぐ


715:8s1zS6bz0
賢者の考え方がすげえ

719:dbHxLq/30
見られてるの、武道家が全裸だからじゃね?

722:FLU1trt/0
ラーミアを処分してなかったのが賢者の敗因だな

718:yq9WFgKT0
僧侶そろそろやばくね?



44.
バラモス討伐のためか城下は賑わっている
だがこの城の中の静けさは一体どういうことだろう?


王様の元に向かう
王様は葬儀にでも参加している様な暗い表情だ
横にいる大臣は亀田の判定勝ちを見たときのような期待を裏切られたような表情をしている

一体何があったのか
それは王様の口から語られた


どうやらあの後賢者が予想通りに手柄を独り占めするべく
王様の下へ馳せ参じたらしい

と、その直後兵士が一人ずつ消えて行き
何処からとも鳴く不気味な声がしたと言う
その声は「俺がいる限り世界は闇に閉ざされるだろう、お前たちの苦しみこそが喜びだ」と
生粋のSのような言葉を残し去っていったと言う

賢者はそれを追いギアガの大穴に向かったと聞く
よし、準備をしてすぐに追うぞ!


750:xsFevcDa0
賢者一人で行ったのかwwwwwwwww

755 :rdWimpzm0
あの・・・ほら、さ・・・
               僧   侶   は   ?

759:risgwfsp0
>>755
大活躍です
               盾   と   し   て



45.
「ちょっと待ってくれ」
大臣に呼び止められた
なんですか?セーブは結構ですよ?

「君たちはその格好でココまで来たのか?」
うん?げっ!


よく見ると黒焦げの棺おけにふんどし一丁の武道家だ
違和感が無くて気づかなかったが、機から見るとコレは確かに変態ルックだ

「これは彼のライフスタイルです」
盗賊がフォローにもなってないフォローをし始めた


767:9kjSL+MD0
いやセーブしとけよwwwwwwwwww

768:dbHxLq/30
盗賊wwwwwwwwwww

770:yq9WFgKT0
ライフスタイルwwww

777:v/eVWnvN0
盗賊ほんとすることなすこと裏目だなwww

779:risgwfsp0
各ライフスタイルのまとめ
勇者 ツッコミ
武道家 フンドシ
盗賊 盾
僧侶 盾
賢者 マモノツカイ



46.
城から追い出されるようにして出てきたオレ達
僧侶を生き返らせ、武道家に服を着させ宿屋で休息を取る
こっちにはラーミアがあるので悠々と賢者の先回りができるだろう


そしてその晩親父づてに町の噂話を聞いてみた
どうやら消された兵士が親族が組合を結成して
王様を訴えるらしい
事実を話せない王様が民の不満を買っているようだ


それとは別方向で中身が大人の子供が
この件に絡んでいるらしいが
それはまた別の話だ


782:dbHxLq/30
バーローwwwwwwwww

783:7J1DDs8F0
バーローwwwwwwwwwww

784:8s1zS6bz0
バーローwwwwwwwwwwwww

786:jcS58dLA0
バーローwwwwwwwwwwwww

787:1bvlp+9h0
バーローwwwwwwwwww



47.
ギアガの大穴に向かう
途中で賢者を上空から探す事も忘れない

と、その時またもや地上から炎が襲ってきた
二度ネタとは賢者め、バカにしてるのか!?


下を見る
またもやメラゾーマが飛んできた
あぶねぇ女だ、当たったらどうするつもりだ!

下を探す賢者の姿が・・・ないッ!?
何処に隠れたッ!


と、下を注目している俺たちの上から声がした

「だっは────っ!!!!」

賢者がドロップキックで奇襲をかけてきた
武道家が狙われたようだが武道家は間一髪のところで回避
後ろにいた盗賊の首の頚椎に直撃
そのままラーミアの上から落ちていった


821:xsFevcDa0
盗賊wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

823:tzD1AIsh0
だっはーじゃねえよwww

833:8s1zS6bz0
しょっぱなから棺桶かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

835:dkPJgahZ0
何でドロップキックwww
呪文使えよwww



48.
ラーミアの背中で賢者と向かい合う
切り札になりそうな棺おけは地上だ
それにさっきのあの賢者の攻撃力とスピード
前もってバイキルト、ピオリム、スカラを掛けているに違いない


思ったより楽勝とは言いがたくなってきた


853:4KJ3mo5l0
棺おけって き り ふ だ だったのか!!!

861:fmJAcZDp0
ちょwwww賢者なのに何その戦士補助wwwww

870:tzD1AIsh0
ひとくいばこに腰抜かすようなあのかわいい遊び人は一体



49.
賢者が呪文の詠唱に入る
メラゾーマか!やらせるかッ!
武道家とオレで斬りかかるが向こうが一足早かったようだ
メラゾーマがオレに襲い掛かる
防御していなければ即死だっただろう


賢者がラーミアから飛び降り地上に逃げる
僧侶、薬草とホイミをよこせ!
奴を追いかけて地上へ!!


871:xsFevcDa0
ベホイミじゃないのかwwwwww

872:4KJ3mo5l0
あくまでもチーム薬草なんだなww



50.
地上で相対する一行と賢者
賢者の足元には盗賊の棺おけが!

しまった、奴の狙いは棺おけだったのか
棺おけを盾にしてメラゾーマで戦う戦法か

881:xsFevcDa0
敵にまで利用されとるwwwwwwwwww

885:8s1zS6bz0
殺された敵の盾にされる
(´・ω・`)ときめきを感じると思わないか?

889:4KJ3mo5l0
賢者つええええ
流石賢者の知恵と遊び人のノーモラルを持ち合わせるだけあるな!
勇者の非道戦法を取り入れるとは



51.
しかし、賢者は大きなミスを犯した
向こうはMPが切れればただの素早い戦士程度になる
奴のメラゾーマに耐えてMP切れを狙おう
僧侶は耐えられないかもしれないが
その瞬間を狙って賢者を襲撃すれば勝てる


奴の計算違いは俺たちの袋に入った『やくそう』99個の存在だ


896:TjHUV9gP0
もう僧侶いらねぇwwwww

899:RSiE5JuE0
薬草もここまで使ってもらえるなら本望だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

918:dXMUcQHp0
薬草99個*30回復=2970回復
賢者のMP300(想定)/メラゾーマのMP消費10=30回
30*180=

  。 。
(  Д)

927:RSiE5JuE0
数字じゃないんだよ!!大事なのはハートなんだよ!



52.
魔法の盾で防御しつつメラゾーマを耐える
オレは幾分楽だが武道家は違う
すでに服が焼け焦げこのままでは全裸になるのも時間の問題だろう
盗賊の「ライフスタイル」という言葉が思い出される


その盗賊は今、相手の切り札として活躍している
盗賊が戦いの鍵を握る日が来るとは夢にも思ってなかったぜ

おい!僧侶!!薬草うすいよっなーにやってんのっ!!


賢者が祈りの指輪を使いはじめた
思ってたよりもMPが無かったようだ
ココに来るまでの魔物との戦いや、前もってかけた補助呪文などで
結構使っていたのだろう
嬉しい誤算だ


933:jml+V5930
しかし、奴の運の良さwwww指輪壊れるのか?wwwwww



53.
賢者のMPが尽きるときが来た

武道家とオレで賢者を追い詰める
MPの無くなった賢者なんて金網の無いバルログのようなものだ


賢者の最後はあっけなかった
敵といっても女性に攻撃を加える描写を描くには抵抗があるのでここは割愛させてもらおう


賢者は倒れる間際に
「あきらめたらそこで試合終了ですよ」と言っていたようだが
自己暗示のつもりだろうか
そう言えば今まで味方だったと言えど
敵になった途端HPの桁が上がることがある
これもそういった孤独から成る自己暗示による効果なのだろうか


966:OrWk764v0
金網の無いバルログwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

971:7g9BIWbL0
賢者は黄金の爪盗んだぐらいで何故ここまで暴走したんだ。

31 :c+tz1t3yO
盗賊「故郷に帰るんだな。お前にも待っている家族がいるんだろう」



54.
賢者の遺体は棺おけに入れた
この戦いのことは僧侶に硬く口止めをし
やることを終えた開放感で棟がいっぱいだった


ラーミアに乗りアリアハンへ帰る途中
背中の上で3人でたわいの無い話で盛り上がった
オレは賢者の棺おけに腰かけ
武道家は盗賊の棺おけに腰かけ
僧侶はラーミアに直に座っている

今盛り上がっている話題は小学校のときの給食で使ったナプキンの話だ
世界地図とモンスターが一緒にプリントされた奴で
世界樹のあたりにピンク色のスライムがプリントされていて
この世界にスライムベスがいるとクラスで話題になった話をしている


あぁ「せかいじゅのは」も拾いに行かないといけないな


63 :OrWk764v0
>オレは賢者の棺おけに腰かけ
>武道家は盗賊の棺おけに腰かけ

ヒドスwwwwwwwwwwwwwwww

64:QDzvvQQl0
盗賊世界を救った一番の功労者なのにwwwwwwwwwwwwwwwww

67:2t8SWm2t0
棺おけでくつろいでやがるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



55.
オレはルイーダの酒場に賢者の棺おけを預けに行った
生き返らせ、説得し仲間に引き戻すことも考えたが
5人でパーティを組み旅をすると
この世の理が崩壊するのでそれは止めておいた


盗賊は友人に会いに商人の町へ向かった
バラモス戦での活躍を事細かに話し自慢するのだろう


武道家は実家のレーベに帰った
最近カルドセプトと言うゲームに手を出し
ゲーム仲間とはまっているようだ
ボードゲームと言う事で俺も興味がある


僧侶は故郷のエジンベアに顔を出しに行った
アイツも腹の底で俺たちのことを「田舎者」と笑っていたのだろうか
それが事実なら・・・


82:yq9WFgKT0
この世の理が崩壊wwwww



56.
オレは実家の部屋でくつろいでいる
最近アリアハンでの話題は王様を訴える被害者の会の話で持ちきりだ
部屋の中のマンガも読みつくしてやることが無い


暇だ

ルイーダの酒場にでも行くかな


129:O1VlZQ7u0
ゾーマ倒しに行かないのなwwwwww

131:iZI6YsNo0
確かにバラモス討伐は果たした

132:T3XvAfJ+0
ゾーマ無視wwwww



57.
酒場に入るとそこには賢者の姿があった
ルイーダさんが生き返らせたのだろうか?
流石に賢者ともなると盗賊との扱いが違う


オレは身構えたが賢者は特に闘うつもりは無いようだ
なぜ、黄金の爪を持って逃げたのか理由が知りたい

聞くと賢者は答えた
「ムシャクシャしてやった」
「金になれば何でも良かった」
「まさか、こんなことになるとは思わなかった」
「今は反省している」


どうやらマジメに答えるつもりは無いらしい


135:O1VlZQ7u0
賢者の野郎wwwwwwww

137:PIBD2ffq0
コ、コイツ、腐ってやがるwwwwww

138:jypPzeJ20
アレだけ引っ張っといてwwwwwwwwww

142:koajFckvO
流石賢者wwwwwwそこに呆れるヘドがでるぅー



58.
賢者はまた一緒に冒険に出ようと申し出てきた
理由は話せないが旅には行きたいらしい
魂胆がさっぱり読めない
俺は丁重に断った


賢者はがっかりしたようで席を離れていった
彼女の戦力は惜しいが仕方が無い
いや、ちょっとどころじゃなく惜しい


ひとしきりやることを終えたと言う開放感と
賢者との別れから来る脱力感で
酷く虚ろな気分だ
酒でも飲みたい


150:rlkcNt9+O
オレンジジュース卒業!?



59.
トン、と目の前にビールが置かれた
顔を上げるとそこにはルイー○さんがいた


そこまでして出番が欲しいのだろうか
「話したいことがあったら溜め込まないで何でも話してごらん」とでもいいたげな顔をしている


158:NlLFyxki0
配管工ktkrwwwwwwwwww

159:T3XvAfJ+0
緑来たwwwwwww



60.
ビールを一気に飲み干してみる
色んな創作モノでビールは一気に煽るように飲み干すと学んだ

不味い

だが一気が効いたのか気分が上がってくる
ルイー○を見ると
「話してくれるまで意地でも動かないぞ!!」という表情をしている
うごくせきぞう辺りにも見習わせたいところだ


しかたない話すか・・・


コレまでの旅の経緯
先代勇者を見つけたときの虚無感
バラモスを倒したときの作戦
賢者と死闘を繰り広げた事等と

色々と話しては成らないことも話したが酒の席での戯言だ
全うに信じる奴もいないだろう


オレが一通り話し終え2杯目のビールを飲んでいると
ルイー○は頷いて立ち上がった


「面白い話をしてくれてありがとう、君の言った事は全て信じるよ
 コレはお礼だ、受け取って欲しい」

そう言うと緑の帽子をテーブルに置き彼は酒場の外へと出て行った


182:J0IbexLp0
いらねぇwwwwww

183:lp2zqlOj0
帽子いらねぇwwww

184:iNer8a5y0
L帽とかクソスwwwwwwwwwwww

187:kuo708u80
>>180
>酒場の外へと出て行った
って仕事サボりやがったwwwww



61.
こんな帽子渡されたって困る
試しに装備してみるが防御力+1だ
イラネェ


俺はルイーダさんのところに行き
帽子を彼に返却するよう頼んだ
が、ルイーダさんの口から驚くべき言葉が飛び出てきた

「は?私に双子の弟なんていないよ
ソレよりあんた未成年なのに酒を飲んでいるね?」


オレはほうほうの体で酒場から逃げ出した


192:kuo708u80
ホラーwwwwww



62.
一体どういうことだろうか?
アリアハンの外に緑色の服を着た男が歩いていったと言う話を聞き
後を追いかける


いた、海辺に佇んでいる
なぜルイーダさんの双子の弟だと嘘をついたのか問いただす必要がある


198:tXSYqESR0
いつ双子だと言ったんだwwwwwww

199:pOMbPRYf0
賢者を生き返らせたのも緑のやつではwwwwwwwwwww

200:T3XvAfJ+0
まさかの展開wwww

204:J0IbexLp0
ゲーム変わってるwwwww



63.
彼が説明しようと口を開く
だが声が聞こえない
喋ることが出来ないのか?バカな!

ルイー○は言葉を伝えることを断念したようで海を見ている
ナジミの塔の老人を思い出した

帽子を海に投げ捨てる


212:bdld65GA0
捨てたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

213:6WOjPvNf0
まさかwwwwwwww



64.
彼は微笑み消えていった
この世界で少しでも目立ちたかったのだろうか
最後には満足して消えていった


どんな不恰好に見えてもそこに一流としての生き様がある
彼もそういう意味では間違いなく一流だった
帽子は波間で揺れて沈まずに浮かんでいる
月の光を受け輝くように・・・


-第2部 双子の弟編 了-


229:O1VlZQ7u0
何だそのオチwwwwwwwwwwwwww

231:UXC5VEzEO
バラモスが不憫でならないwww



243:◆xLm.YVzy0.
1部と最後が同じなのは狙ってやった
読者の期待を裏切ったとは思っていない
むしろ応えたと思っている


偉大なるK康明先生もこう言ってる


反論は認めない




290:◆xLm.YVzy0.
何か質問とかある?
矛盾してる箇所とか避けたいから
答えれる範囲で答える


Q.齢
23歳

Q.賢者の武器って、まだ鉄の斧なのか?
賢者になってから「いかづちのつえ」装備

Q.賢者の3サイズ
公式設定に準拠

Q.
勇者はニートだから魔法とか全く使えないんだよな?
Yes

先代勇者との確執を乗り越えライデインくらい覚えても良いだろうと思ったけど
めんどかったからはしょった

Q.主人公の職業は、勇者なのか宿屋の息子なのかニートなのか
宿屋の息子
ニートというより引きこもり
どっちも似たようなものかもしれないけど

Q.黄金の爪はどうなった?
賢者が売りさばいた

Q.遊び人と賢者セクロスするならどっち?
両方

Q.童帝?
ふっ

Q.賢者タンとのセクロス書いてくださいませんか?
他所へ行け

Q.舞踏家と盗賊セクロスするならどっち?
他所へ行け

Q.掘られるのには抵抗ある?
他所へ行け

Q.全員のLV
勇者  (Lv34)
武道家 (Lv33)
盗賊  (Lv33)
賢者  (Lv35)
僧侶  (Lv16)

Q.武器
ガイアの剣、鉄の爪、毒針or聖なるナイフ、素手


勇者の代わりにバラモス倒しに行くことになった3へ続く

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。