FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-03

キョン「あ、ハルヒ。お前おれのこと好きだろ?それで」

1 :名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/03(木)
ハルヒ「…は?」


キョン「5限の移動教室のとき、音楽室に筆箱わすれてってたぞ、ほら」

ポン

ハルヒ「…な、ななっ…!」

キョン「ったく、普通は気付くだろう」


ハルヒ「ば、ばば馬っ鹿じゃないのアンタ!?」

キョン「…は?」

ハルヒ「ふざけないでよ!!おかしいんじゃないの!?」

キョン「何故忘れ物を持ってきてやって罵倒されにゃならんのだ」

ハルヒ「ち、違うわよ!そのことじゃなくて!!」

キョン「落ち着け。音楽室の下りがお気に召さなかったのなら謝るが」

ハルヒ「そこじゃなくてその前よ!あ、ああたしがアンタをどうとか何とか…」

キョン「…?ああ、お前が俺のことを好きってところk

ドガバキガシャーン

ハルヒ「はぁっ、はぁ…んな訳ないでしょっ!?だだ誰がアンタなんか!!」

キョン「いやそういうのはもういい」

ハルヒ「なっなに言っ…んぐっ!?」

キョン「まあ聞けハルヒ。お前はいわゆる典型的なツンデレキャラな訳だが、いい加減に古いんだ」

ハルヒ「ん、むーっ!」

キョン「もうこのわかりきった色恋茶番劇はやめにしないか?つまりデレデレ…そうだな、
    最低でも部活中は常に俺を膝枕しているくらいのはっきりした意思表示は必要だ」

パッ

ハルヒ「はあ…っはあっ」

キョン「わかったか?」

ハルヒ「っかる訳ないでしょこの変態勘違い男ーっっ!!!」

バチーン

キョン「いやだからな、そういう」

バチーン

ハルヒ「バカキョン!!大っ嫌い!」

パタパタパタ…

キョン「仕方ない奴だな」

8 :mog9YAUv0
すでにニヤニヤしてますよ

11 :UlDalaxr0
構わん、続けたまえ。



2.
みくる「キョ、キョンくんどうなさったんですかぁ?いま涼宮さんがすごい剣幕で…」

キョン「ああ朝比奈さん、あなたは俺のこと好きですよね?またいつもの癇癪ですよ」

みくる「へっ!?あ、あのぉえっと、か、癇癪ですかぁ」

キョン「ええ、困ったもんです」

みくる「そ、そうですかぁ~あのえっと、えっとぉ、おおお茶いれますぅ!」


キョン「やっぱり朝比奈さんのいれたお茶はうまいですね」

みくる「きょ、恐縮ですぅ…」

キョン「朝比奈さんも飲んだらいかがですか?あなたは俺のこと好きですけど」

みくる「はっはい…ふえぇっ!?あのっ、私そんなっ」

キョン「どうしたんですか」

みくる「キョ、キョンくんは優しくて、素敵な方だと思いますけどっ
    でも涼宮さんを差し置いてすすす好きだなんていけないことですぅっ!」

キョン「まあそれはいいんですが、俺のこと膝枕したいですよね」

みくる「えぇえっ!?そそれは出来るならわわたしでよければぁ~っ
    じゃなくて、ご、ごめんなさいっ」

キョン「そういう見え隠れする恋心とか気持ち悪いじゃないですか」

みくる「で、でもでも私っ」

キョン「だから朝比奈さんは部室に入ってくるなり僕に抱きついたりするべきなんですよ」

みくる「だ…っ!?だだ抱きっ…なんて、そんなぁ私、わたしできません~っっ!ふぇー!!」

パタパタパタ…

キョン「馬鹿な」


3.
長門「…朝比奈みくるが赤面しつつ走り去っていった」

キョン「長門か」

長門「なぜ」

キョン「お前は俺のことが好きな訳だが、朝比奈さんが出て行った理由はさっぱりわからんな」

長門「…」

キョン「どうした?」

長門「発言内に理解できない文章が挿入されていた」

キョン「え?」

長門「“オマエハオレノコトガスキ”とは誰を指して発した言葉」

キョン「長門だが」

長門「…」

キョン「あ、長門も何か飲むか」

長門「そのような文脈で使われる好きとは一般的には恋愛感情を抱いているという意味合いを持ち、
   私はあなたのことが好きであると口にしたことはなく、
   たとえそのような感情を持ち合わせていたとしても」

キョン「キスとかしたいだろ?」

長門「今日のあなたの発言はどれも唐突で脈絡がなく恐らく」

キョン「たとえば俺を好きにしていいとして」

長門「そのような状況は起こり得ない」

キョン「キスとかするだろ」

長門「あなたが体調に異常をきたしていてそうしなければ命に関わるというのであれば
   そのような行動をとるが、平時に私がそのような行動にでるということはなく
   しかしあなたがもし私にそのような行動を望むのであれば特に拒否すべき事由も無い」

キョン「ああ、望む」

長門「…私は」

キョン「うん」

長門「退室する」

キョン「えっ?」

スタスタスタ

キョン「何だと」


44 :N9SiKTI+0
長門があわててるようにみえるなw



4.
古泉「キョンくん」

キョン「…」

古泉「ここへ来る途中、部室から飛び出してきたSOS団の女性陣に次々とお会いしましたが」

キョン「…」

古泉「むやみに女性の心を掻き乱すのはあまり感心できませんね」

キョン「…」


古泉「先ほど、あなたが廊下で転んでしたたかに頭を打ちつけている場面を目撃しましたが、
   それが今回の問題行動と何か関係しているのでは…聞いてますか?」

キョン「…うっ…」

ドサッ

古泉「キョンくん!?

キョンくん!




ハルヒ「キョン!キョンってば!」

キョン「う…ハルヒ…?」

ハルヒ「大丈夫?」

キョン「何だ…?俺、どうし…うおぉっ!?」

ハルヒ「きゃっ!いきなり起き上がらないでよ!」

キョン「…なぜ俺はお前の膝枕で寝てるんだ」

ハルヒ「何よ!あ、アンタがそうしてって言ったんでしょ!?…それとも私の膝じゃ嫌、なの」

キョン「…は?」

みくる「ひゃわ~っキョンくん目が覚めて良かったですぅ!」

だきっ


88 :DohKNx0N0
小泉「キョンくん♪・・・実にいい、響きですね」



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/03(木) 15:30:28.58 ID:nVZqM33n0


5.
キョン「えぇ!?」

ハルヒ「ちょ、ちょっと!」

みくる「ごめんなさいキョンくん、私いくじなしでした…
これからはキョンくんの言い付け通り、だ、抱きつかせていただきますぅ!」

むにー

キョン「朝比奈さんん!?!」

長門「…座って」

キョン「な、長門?」

長門「届かないから」

キョン「へ…」

長門「…」

チュ

ハルヒ「あぁ――っ!?」

みくる「きゃぁあっ」

キョン「なっな…、どういうつもりだ長門!?」

長門「あなたが望んだ」


ハルヒ「みんな何してんのよ!?キョンはもう私と約束してあるの!」

みくる「わ、私もキョンくんに言われましたぁ~っ」

長門「彼に従ったまで」

キョン「な…!?俺はそんなこと一言も言った覚えは…!」

ハルヒ「…キョン」

キョン「ま、待て、落ち着けハルヒ。本当に何も…」

ハルヒ「言い訳するんじゃないわよーっ!!」

ボカドスバキガシャーン

キョン「うう、なぜこんなことに…」


古泉「フフ…彼はいささか環境に恵まれすぎていますから、少々お灸を据えるためにも
転倒の件での助け船は出さずにおきましょうか」

スタスタスタ


6.
キョン(どうやら俺は複数の女性を次々に誘惑し傷つけた最低男であるらしい…)

ハルヒ「あんたはここに居なさい!」

バンッ

キョン(というわけで、俺は部室から追い出された。女子の話し合いによって処分が決まるらしい)

キョン「はぁ~っ、ったく何でこんなことに…」

古泉「おやキョンくん、どうなさいました」

キョン「古泉か…」

古泉「ずいぶん浮かない顔をしていらっしゃいますね」


キョン「実は…」




古泉「ほう、そんなことが」

キョン「もうお手上げだな。何が何だかわからん」

古泉「お気の毒に」

キョン「…」

古泉「何でしょう?」

キョン「お前、何か知ってるんじゃないか」

古泉「ははは、言いがかりは良くないですよキョンくん」

キョン「お前がそういう態度をとるときは大抵なにか…」

バンッ

ハルヒ「キョン!あんたの処分が決定したわよ」


7.
キョン「一体どんな極刑だ?」

ハルヒ「い…今の気持ちを正直に白状なさい!」

キョン「…は?」

ハルヒ「目が覚める前のことは自分の意思じゃないって言うじゃない…
    だ、だから今は、目が覚めたあとのキョンは、誰とそういうことがしたいか聞いてるのよ!
    あ、ああたしは別にどうだっていいんだけど、二人がそう言うから」

みくる「ぜひ聞かせていただきたいですぅ…」

長門「知りたい」

ハルヒ「どうなのよ!?」

キョン「ま、待ってくれ。そういうことじゃないだろ?あれは自分でも把握していない行動で…」

ハルヒ「じゃあ、本っ当に微塵もそんな気持ちは無かったわけ!?」

みくる「そうなんですか…?」

長門「…」

キョン「み…微塵もと言われるとあれだが、とにかく俺は誰も傷つける気は」

ゴンッ

ハルヒ「こ…古泉くん!?」

みくる「きゃあ~っキョンく~ん」

古泉「はは、彼の頬に蚊がとまっていましたのでね」


8.
キョン(…ここは…保健室?)

ハルヒ「目が覚めたわね」

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「まったく一日に二度も気絶するなんて、いい加減にしなさいよ」

キョン「…」

ハルヒ「ま、また私の膝枕がどうとか騒がないでよ!?
    あたしだって別にこうしたくてしてる訳じゃ…」

キョン「まあ当然だな」

ハルヒ「…は?」

キョン「お前は俺のことが好きな訳だから、本望だろう」

ハルヒ「な…っなに言っ」

キョン「いやそういうのはいらんから、もう少しこのまま寝かせろ」

ハルヒ「…っ!!」わなわな


キョン「そういえば、今日の数学は宿題が出たな」

ハルヒ「す、数学!?」

キョン「あれ、一緒にやらないか?俺はあれがどうもわからん」

ハルヒ「ま、まあ別にいいわ!あんたに私の教授が理解できるかはわからないけど、
    教えてあげないこともないわよ」

キョン「“嬉しい”な」

ハルヒ「な、なな何よ、やけに素直じゃない!まあ、と、当然よ!
    あたしと一緒にできるなんて誰でも嬉しいに決まって…」

キョン「いやお前が“嬉しい”、だろ?」


9.
キョン「好きな人と一緒に宿題なんて憧れのシチュエーションだからな」

ハルヒ「…っ、それがアンタの本性ね。
    いいわ、そうやってあたしを戸惑わせて楽しんでるんでしょうけど、
    もうその手には乗らないわよ!アンタごときに何を言われたって少しも動じないんだから!
    わかった?」

むに

ハルヒ「きゃああああっ!ど、どこ触ってんのよ!?」

キョン「最終的にはこういうことがしたいんだろ?」

ハルヒ「だ…っ誰が!そんな訳ないでしょ!?」

キョン「そういうのはもういいって言ってるだろ、小学生かお前は」

ハルヒ「だ、誰が小学生よ!あたしはアンタなんか少しも…」

キョン「お前な、そういう態度でいつまでも気が引ける訳じゃないんだぞ」

ハルヒ「あ、ああたしは馬鹿にしないでって言ってるのよ!」

キョン「じゃあそこに仰向けに寝ろ」

ハルヒ「…いい加減に…」

キョン「それにいくらツンデレの範疇とは言え、度が過ぎる暴力は昨今きらわれる傾向に」

ハルヒ「しなさいっっ!!!」

ドカバキガシャーン


ハルヒ「…もういい」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「バカキョン!二度とあたしに話しかけないで!」

パタパタパタ…

キョン「ハルヒが泣いている」


10.
みくる「あのぉ…私も、心配なので保健室にいってきますぅ」

古泉「ええ、どうぞ」

長門「…」ペラ


みくる「し、失礼しますぅ…」

ガラ

キョン「あ、朝比奈さん!」

みくる「は、はいぃっ」ドキッ

みくる(キョンくん、またあんな状態になってるんじゃ…!?
    またあんなこと言われたら私、わたし~っっ)

キョン「ハルヒ見ませんでした!?」

みくる「へっ!?あ、あの、来る途中ではお見かけしませんでしたぁ」

キョン「じゃあ向こうに行ったのか…ありがとうございます!」

パタパタパタ…

みくる「…」

ペタン

みくる「…うふふ、そうですよね。ちょっとの間だけ、嬉しかったですぅ」


キョン「ハルヒ!」

ガラッ

古泉「おや、もう大丈夫なんですか?」

キョン「ハルヒは…」

古泉「ここには来ていませんが」

長門「ここから、涼宮ハルヒが校門から出ていくところを確認した」

キョン「そうか!サンキュー長門!」

パタパタパタ…

古泉「いいんですか?教えてしまって」

長門「私は彼の異常の原因を突き止めるべく探っていただけ」

古泉「原因は判明しましたか?」

長門「断罪されるべきは、あなた」

古泉「おや、これは手厳しい。事の起こりは彼の不注意による偶発的な事故ですよ」


11.
キョン「おいハルヒ!」

ハルヒ「…」

スタスタスタ

キョン「おい!」

グイッ

キョン「カバンも持たないで帰宅する気か?」

ハルヒ「うるさいわね、はなしてよ変態!」

バッ

キョン「…怒るのも無理は無いが、俺はほんとうに」

ハルヒ「どうせ単純なアンタのことだから、頭でも打っておかしくなってたんでしょ!?
    わっかてるわよそんなこと!別にあたしは怒ってないわ!」

キョン「怒ってるだろ」

ハルヒ「怒ってない!」


キョン「わかった、謝る。すまん」

ハルヒ「…あたしは自分に腹が立ってるのよ」

キョン「え?」

ハルヒ「アンタが普通の状態じゃないってわかってても、その言動に舞い上がって
    いろいろバカなことをした自分に腹が立ってるの!わかった!?」

キョン「あ、ああ…」

ハルヒ「つまりアンタはあたしの逆鱗に触れるほど影響力がある訳でもないし、
    最も好きだなんて言語道断、もってのほかな訳で、
    あたしにとってアンタは空気くらい気にも留めない存在なの!わかった!?」

キョン「…」

ハルヒ「返事は!?」

キョン「…はい」

ハルヒ「んっいいわ!じゃ、学校に戻るわよ」

スタスタスタ

キョン(今ものすごい大告白をされた気がするんだが…)


12.
キョン「…なあ、ハルヒ」

ハルヒ「何よ」

キョン「さっきの…」

キョン(…ま、ツンデレはツンデレのままで、いいか)

ハルヒ「ま、まだ勘違いしてるわけ!?言っとくけど、あたしはアンタのことなんか、
    これっぽっちも好きなんかじゃないんだからね!」

キョン「おう」

ハルヒ「…何よその返事。本当の本っ当に少しもよ!」

キョン「わかってる」

ハルヒ「びっくりするほど何とも思ってないんだから!」

キョン「うん」

ハルヒ「もしかしたらよ!?ほらあそこ、あそこを歩いてるあの犬の方が好きで…」

キョン「もうわかったっつーの!」


ハルヒ「たっだいまー!キョンがみくるちゃんと有希に話があるそうよ!」

みくる「は、はい!」

キョン「あ、朝比奈さん、すいませんでした!なんか相当失礼なことをしたみたいで…」

みくる「いっいえいえ、気にしてないですよぅ!
    それより、キョンくんが元に戻って安心しましたぁ~」

キョン「あと、長門も、すまん!」

長門「…無問題。」

ハルヒ「ったく、キョンのせいで今日の部活は何にもできなかったわよ」

古泉「まあまあ涼宮さん、彼も反省しているようですし」

キョン「古泉…」

古泉「おや、あまり怒ると体に良くないですよ。カルシウムが不足していますね」

キョン「…」

古泉「聞いてますか?顔はできれば避けていただけると…」


おわり

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。