FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-09

朝倉「キョンく~ん、愛しの涼子が遊びに来たわよ」 キョン「帰れ」

1 :名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/09/06(日)
朝倉「ええっ!?」

キョン「ええっじゃない!さっさと帰れ」

朝倉「ちょっとキョンくん!可愛い女の子が遊びに来たのよ?」

キョン「へぇ~そうかい。――それじゃあな」

朝倉「わぁわぁ!ドアを閉めないで!!」

キョン「あのな…そもそもお前一体何しに来たんだよ?」

朝倉「何ってキョンくんと遊ぼうと思って…つい来ちゃった。テヘッ」

キョン「さようなら」

朝倉「だからなんでドアを閉めるのよぉぉぉ!!」


朝倉「ちょっとキョンくん!いきなりドアを閉めるなんて酷いわ!」ドンドン

朝倉「ここを開けてよ!キョンくん!」ドンドン

ポツーン

朝倉「ううっ…」

朝倉「………」

ピンポーン!ピンポーン!
ピンポーン!ピンポーン!

キョン「だぁぁぁ!うっせーつーの!!」ガチャ

朝倉「アッハ♪」


2:fa/xgya8O
そんなキョンほっといてうちにおいでよ朝倉さん

4:w5kiuKfw0
俺「>>2く~ん、愛しの俺が遊びに来たわよ」

6:fa/xgya8O
>>4
おまえなんて呼んでねえけどどうしてもって言うなら別に///

27:Ia8rjWbbP
俺の嫁がお邪魔してるようだね



2.
朝倉「痛~い、なんで頭を叩くのよ!」

キョン「近所迷惑になるようなことをするからだろ」

朝倉「痛いよ…キョンくんに叩かれたところズキズキするよ」

キョン「えっ?マジで?」

朝倉「うん…痛いのが全然治まらないの」

キョン「そ、そいつは大変だ!す、すまん!強く殴ったつもりは…」

朝倉「ここよ。ここがさっきから痛むの」

キョン「どれ、見せてみろ――腫れてはいないようだな」サスサス

朝倉「あっ今ので少し痛いのが治まったわ!」

キョン「ほんとか!?」

朝倉「うん、もっと頭をなでてみて」

キョン「こ、こうでいいのか?」サスサス

朝倉「その調子であと1時間よろしくね」

―バタン―

朝倉「ああん!ごめんなさいキョンくん!だからここを開けてぇ!!」


朝倉「キョンくーん!」ドンドン

朝倉「ねぇキョンくんったら!居るんでしょ?キョンくん!」ドンドン

朝倉「キョンくん……」ショボーン


キョン「ようやく静かになったな…」

キョン「朝倉の奴、やっと帰る気になったみたいだな」

「ちわー!三河屋でーす!」

キョン「!?」

朝倉「三河屋でーす!お留守ですかー?」ドンドン

キョン「こいつバカだろ…」


3.
朝倉「美人な御用聞きが伺いに来ましたよー!」

―ガチャッ―

朝倉「あっキョンくん」

キョン「入れ」

朝倉「へっ?」

キョン「いいからさっさと入れ!」グイッ

朝倉「ちょっと!キョンくん!?」

キョン「あのな、近所迷惑なんだよ。何が三河屋だ、アホか」

朝倉「あらっ?そうかしら?名案だと思ったんだけど…」

キョン「何も言うまい…それよりも朝倉、家に入れてやったんだから大人しくしろよ」

朝倉「そうだったわ!私、今キョンくんのお家にお邪魔してるんだったわ」

朝倉「へぇ~ここがキョンくんのお家…ねぇねぇ、キョンくんのお部屋はどこなの?」

キョン「言った途端にこれかよ…」

妹「キョンくーん、誰か来てるの?さっきからうるさいよ…」

キョン「ほらっ見ろ、お前が騒がしくするから」

朝倉「ごめんなさーい」

キョン「(って反省する気ゼロかよ!?)」

妹「あれっ?お姉ちゃん誰?」

朝倉「あなたの義理のお姉さんになる人です」

妹「ええっ!?」

朝倉「そういうことだからよろし――痛っ!―」

キョン「全部こいつのデタラメだから気にすんじゃないぞ」

妹「違うの…??」


4.
朝倉「酷いな~さっきから彼女の頭をポカポカ殴るなんて…」

妹「キョンくんの彼女!?」

キョン「ちがぁぁぁぁぁうぅぅぅ!!」

朝倉「むー…そんなに全力で否定しなくてもいいじゃない」

キョン「現に彼女でもなんでもないんだから当然の措置だ」

妹「な~んだ、キョンくんの彼女じゃないんだ。つまんないの」

キョン「つまんないってなんだよ、つまんないって」

朝倉「でも安心して妹さん。これからそうなる予定だから、ねっ?」ギュッ

キョン「ねっ、じゃない。あとついでに抱きつくな、うっとうしい!」

朝倉「もう、照れちゃって可愛いんだから」ムギュッ

キョン「バ、バカ!胸が当たってるっつーの!」

朝倉「当ててるのよ。それっそれっ」ムニュ

キョン「!?」

キョン「わっバカ!そんなに押し付けるな!」

朝倉「だーめー離さないんだから」ムニュッ

妹「わぁ~キョンくんのエッチ~!」

キョン「!?」

朝倉「ねぇキョンくん、ずっとこのまま抱きついててもいいかな?」ポッ

―ゴツン―

キョン「いいわけあるか!」

朝倉「ううっ…また叩かれた…」

キョン「まったく、お前は妹の教育に悪影響を及ぼす!」

妹「お姉ちゃん大丈夫?」

朝倉「ちょっと痛いかも…」

妹「キョンくん!女の子を叩くなんて最低だよ!」

朝倉「そうだ!そうだ!」

キョン「なっ!?」


29:BgzRIYJMO
そうだそうだ

25:BgzRIYJMO
この朝倉は非常にかわいい

26:lEIyYX4pO
わんぱくでもいい、元気な眉毛を生やしてくれ。



5.
朝倉「痛いよ~キョンくんに叩かれた頭が痛いよ~」

妹「お姉ちゃん大丈夫!?」

妹「もう!お姉ちゃんの頭が治らなかったらキョンくんの責任なんだからね!」

キョン「いやいや、朝倉の猿芝居だし…」

妹「どうしたらお姉ちゃんの痛いのが治るかな…」

朝倉「きっとキョンくんにチューされたら痛いのが治るわ」

キョン「どんな治療だよ、それは…」

妹「キョンくん!お姉ちゃんにチューして」

キョン「はっ?」

妹「だから今すぐお姉ちゃんにチューしてったら!」

キョン「えっ…なにこの展開?」


キョン「マジで朝倉とキスしなきゃいけない流れ――んっ?」

キョン「え~と…朝倉、お前はなぜ正座して目をつぶってるんだ?」

朝倉「心の準備はできたわ。いつでもどうぞ、キョンくん」

キョン「いやいや…」

妹「ほらっキョンくん!さっさとチューして!」

妹「女の子に恥をかかせるなんて最低だよ!」

キョン「あ、朝倉とキス……」

朝倉「………」

キョン「(朝倉って小さくて可愛い唇をしてるんだな…ゴクリ)」

キョン「あ、あさくら!」

朝倉「キョンくん」

キョン「………」ム~

朝倉「………」ドキドキ

キョン「――ってキスとかおかしいだろ!」

朝倉「チッ」


40:BgzRIYJMO
いやそこは素直に騙されようぜ



6.
キョン「ったくそもそもなんで朝倉とキスをせにゃならんのだ!」

朝倉「あ~あ…キスはまだキョンくんには早すぎたか」

キョン「人をチキン扱いするな」

朝倉「あらっ?でもこういう場合は勢いでムチューとするものよ」

キョン「いいからさっさと俺の部屋に行くぞ!」

朝倉「照れなくてもいいのに」

キョン「照れてない!」

朝倉「はいはい、分かってますよーだ」

キョン「あのな――」

妹「優しくしないとダメだよ!キョンくん!」

キョン「うぐぐ…」


朝倉「へぇ~ここがキョンくんの部屋なんだ」

キョン「頼むから大人しくしろよ――っておい!」

キョン「言ってるそばからベットに寝転ぶな!」

朝倉「だってキョンくんの匂いがするんだもん~」ゴロゴロ

キョン「なっ!?ア、アホなこというな!」

朝倉「ねぇキョンくん」

キョン「な、なんだよ?」

朝倉「一緒に……寝よっか?」

キョン「お断りします」

朝倉「即答!?」


7.
キョン「朝倉、おまえ俺と遊びに来たんじゃなかったのか?」

朝倉「そうよ。だから、ねっ?」ポフポフ

キョン「お前は俺をベットに誘ってなにするつもりだ!」

朝倉「そ、そんなのレディの口からは言えないわ…」

キョン「だったらもっと健全な遊びにしろ!」

朝倉「は~い」

キョン「それでいい。――ちょっと飲み物もってくるわ」

朝倉「あらっお構いなく」

キョン「朝倉、お前コーヒーとお茶、どっちがいい?」

朝倉「キョンくんがいい!」

キョン「……お茶でいいな」

朝倉「えっ!?無視!?」

キョン「大人しく待ってろよ」

朝倉「は~い」

キョン「(不安だな…)」

―バタン―

朝倉「さ・て・と。キョンくんのお部屋をチェックしなきゃ」

朝倉「キョンくんのエッチな本はどこですか~?」ガサガサ

朝倉「あらっ、ベットの下には隠してないのね」

朝倉「じゃあ、洋服棚の隙間かしら?」

朝倉「う~~もっと奥の方かな?」ガサガサ

朝倉「……あれっ?」


キョン「それで手が抜けなくなってしまったと?」

朝倉「うわぁーん!抜けないよ!」

キョン「自業自得だ!」


8.
朝倉「キョンくん助けて!手が抜けないわ!」

キョン「しばらくそのままでもいいんじゃないか?(これで少しは反省するってものだろ)」

朝倉「そんなこと言って動けない事をいいことにエッチなことするつもりなんでしょ!」

キョン「だ、だれがするか!」

キョン「(しかしこの態勢は…正直エロいな…)」

朝倉「だめだわ。何度身体を動かしても抜けない…」グイグイ

キョン「(そんなに尻をフリフリするな!正直、堪りません)」

朝倉「なんかいやらしい視線を感じるんですけど…」

キョン「そ、そうか?気のせいじゃないか?」

朝倉「さてはキョンくん、エッチなこと考えてたでしょ!」

キョン「考えてない!それよりも抜くの手伝ってやるから、ほらっ」

朝倉「ふーん…まあいいわ」


キョン「とは言ったものの…どうしたものかね」

朝倉「とりあえず私の身体を押さえて引っ張ってみて」

キョン「そんなことで抜けるか?」

朝倉「いいから、ほらっ言われたとおりにする」

キョン「分かったよ。こうか?」

朝倉「うっうん」

キョン「(っておい、これじゃあ四つん這いになってる朝倉に
     後ろから抱きつてるみたいじゃないか)」

キョン「えっと…力をいれて引っ張るから強くおさえるぞ」ギュッ

朝倉「……」ドキドキ

キョン「聞いてるか?」

朝倉「ご、ごめんなさい…キョンくんの息が耳に当たっちゃって…その」

キョン「!!」


9.
キョン「す、すまん!朝倉」

朝倉「あ、あとね、もう一つだけお願いがあるんだけど…」

キョン「なんだ?」

朝倉「できれば腕をお腹の辺りにまわしてほしいの…その、胸に当たってるから…」

キョン「あっああ、マジですまん!」

朝倉「ううん、いいのよ。気にしないで」

キョン「こ、この辺でいいか?」

朝倉「うん」

キョン「よしっ、それじゃあ引っ張るぞ」

朝倉「お願いします」


キョン「ふんぬー」

朝倉「うぐぐ……」

キョン「どうだ?抜けそうか?」

朝倉「もっと強く引っ張ってみて」

キョン「ふんぬー」

朝倉「ううっ痛いよ…――あっ!抜けた!」

キョン「ほんとか!――のわっ!?」

朝倉「きゃっ!」

―ドスン―

朝倉「だ、大丈夫?キョンくん」

キョン「ああ、なんとかな。それよりも朝倉…」

キョン「早く離れてくれないか?これじゃあいわゆる騎乗位ってやつなんだが」

朝倉「うん、それ無理」


10.
キョン「おいっ朝倉!どういうつもりだ!」

朝倉「丁度いい機会だからさっきの続きをしようと思って」

キョン「さっきの続きってなんだよ?」

朝倉「チューよ」

キョン「!!」

朝倉「だってさっきはキョンくん思い留まっちゃうんだもん」

朝倉「ねっ、今度こそチューしよう?」

キョン「お、お前、本気で言ってるのか?」

朝倉「私は本気よ。チューしてもいいかな?キョンくん」

朝倉「と言っても今のあなたには拒否権はないんだけどね」

キョン「待てあさく――!?――」

―チュッ―

朝倉「えへへ、キス、しちゃったね」ポッ

キョン「お前!キスしちゃったねじゃないっつーの!」

キョン「どうしてくれるんだよ!俺のファースト・キッスを!」

朝倉「大丈夫よ、ちゃんと責任とるから」

キョン「責任ってなんだよ…」

朝倉「責任とってあなたの彼女になるわ」

キョン「はぁ?」

キョン「いやいや、意味が分からん。なんでお前と付き合わねばならんのだ?」

朝倉「だってあなたの大事なファーストキスを奪っちゃったのよ」

朝倉「女としてちゃんと責任とらなきゃ」

キョン「そんな責任の取り方聞いたこともないぞ。ってか結構だ!」

朝倉「えー美人で優しい彼女ができるチャンスなのよ?」

キョン「結構だ!」


11.
朝倉「ねぇねぇ、付き合おうよキョンくん」

キョン「うっとおしい!抱きつくな」

朝倉「ねーったら」

キョン「(遊びに来たことといい、キスといい、さっきからこいつに流されてばっかだ)」

朝倉「美人な彼女は欲しくないですかー?」

キョン「いらん」

朝倉「もう二人の仲なんだから付き合いましょうよ、キョンくん」

キョン「俺と朝倉はどんな仲だって言うんだ」

朝倉「あらっ、もちろんキスしちゃうほどの仲じゃない」

キョン「い、一度だけじゃないか!しかもお前が半ば無理やりに!」

朝倉「でも事実は事実よ。私とキョンくんはチューしちゃったのよ。あなたの部屋で」

キョン「ううっ…」

朝倉「ねぇキョンくん、私と付き合おう?ねっ?」

キョン「はぁ…ファーストキスは奪われるし、まったく大変な奴に好かれたもんだな」

朝倉「キョンくん、だ~いすき~」ギュッ

キョン「よくもまぁそんな恥かしい事を臆面もなく言えたもんだ…ってか抱きつくな!」

朝倉「だって好きなんだもん」

キョン「そ、そんなに俺のことが好きなのか?(ま、じゃなきゃキスなんぞしないか…)」

朝倉「うん」

キョン「その…聞いてみてもいいか?朝倉」

朝倉「なになに?」ペタペタ

キョン「お前はどうして俺のことが好きなんだ?一体、俺のどこに惚れたんだ?」


12.
朝倉「誰に対しても優しいところかな」

キョン「優しい…か?」

朝倉「うん。キョンくんって人によって態度を変えたりしないの」

朝倉「誰に対しても平等に接することができるってすごいことだと思うわ」

キョン「う~ん…そうだろうか?」

朝倉「そうよ。だから孤立していた涼宮さんと仲良くできたじゃない」

朝倉「キョンくんのそういうところ、とても素敵だと思うわ」

キョン「そうかな」

朝倉「少なくとも……私は好きよ」

キョン「朝倉…お前、俺のこと見てくれているんだな。ありがとうよ、朝倉」

朝倉「だ、だからね、キョンくんのこともっと知りたいから私と付き合ってほしいの!」

キョン「朝倉…」

朝倉「キョンくん…」

キョン「丁重にお断りさせていただきます」

朝倉「ええっ!?」

朝倉「どうしてよ~!完全に私と付き合う流れだったじゃない」

キョン「流れってなんだ、流れって!」

朝倉「キョンくん酷いわ。私にキスまでしておいて付き合わないなんて」

キョン「待て待て、なんで俺がキスしたことになってる。キスを迫ったのはお前だろ」

朝倉「そんなの関係ないわ。ねぇキョンくん、私じゃだめ?涼子じゃダメなの?」

キョン「べつに朝倉が嫌いなわけじゃない。むしろお前は、その…好みの方だと思う」

朝倉「じゃあどうして付き合ってくれないのよ」

キョン「待ってほしいんだよ。その…俺がお前のことを好きになるまでもう少し」

朝倉「キョンくん!?」

キョン「な、なんだよ」

朝倉「キョンくん!キョンくん!」ダキッ

キョン「ばっ!だからなんで抱きつく!」

朝倉「だってだって!私うれしくて!」

 
13.
キョン「うれしいからって抱きつくな!」

朝倉「キョンくんって律儀なのね。私は今すぐ付き合ったって構わないのよ?」

キョン「それじゃあお前に失礼だろ」

朝倉「私はべつに気にしないけどな~」

キョン「お前の気持ちをちゃんと受け止めれるようになるまで待ってほしい」

朝倉「うふふ、分かったわ。キョンくんが私のことをちゃんと好きなるまで待ってあげるね」

キョン「ああ、頼む。――あと抱きつくのをやめるのもお願いできるか」

朝倉「丁重にお断りさせていただきます」

キョン「マジ頼むって!お前の色んな所が俺に当たってんだよ」

朝倉「だって早く私のこと好きになってもらいたいんだもん」

朝倉「あっそうだわ!もっとたくさんチューしたらどうかしら?」

キョン「はい?」

朝倉「そしたら早く私のこと好きになると思うわ」

朝倉「だからね、私とチューしよ?」

朝倉「それとももっとエッチなことしたい?」ピラッ

キョン「おっおい!」

朝倉「キョンくんならいいよ…」

キョン「落ち着け!朝倉!」

朝倉「キョンくん、私とエッチなことしよ?ねっ――」

―ゴツン―

朝倉「痛~い!また頭を叩いた!」

キョン「お前が変なことをしようとするからだ」

朝倉「女の子を叩くなんて最低」

キョン「それが人の貞操を無理やり奪おうとする奴の言うことか」

朝倉「だって~」


14.
キョン「うるさい。だっても伊達政宗もない」

朝倉「えっ?」

キョン「と、とにかくだ…いやらしいことは禁止な!」

朝倉「ねぇねぇ!キョンくん、今なんて言ったの?ねぇ」キラキラ

キョン「な、なんでもない」

朝倉「え~もう一度言ってよ。ねぇ~ったら」

キョン「知らん!(こいつ面白がってるな)」

朝倉「だっても何もないだっけ?ねぇキョンくん?」

キョン「くっ……」

朝倉「もう一度言ってほしいな~」

キョン「……だってもゴニョゴニョもない」

朝倉「え~なに~?聞こえない~」

キョン「だぁぁぁつまんなくて悪かったな!頼むから許してくれ!」

朝倉「クスッ」

朝倉「え~私は面白いと思うけどな~」

朝倉「“だっても伊達政宗もない!”これ絶対流行るわよ」ニヤニヤ

キョン「頼むからもう勘弁してくれ…」

朝倉「どうしたのキョンくん?顔真っ赤よ」

キョン「誰のせいだ、誰の!」

朝倉「だって~~」チラッ

キョン「!!」

キョン「……だっても伊達政宗もない」

朝倉「アハハ、キョンくん最高だわ。お腹痛いよ~」

キョン「ううっ…俺が何をしたってんだ」


15.
朝倉「ほらほら、男の子が泣かないの」ナデナデ

キョン「誰のせいだよ…まったく」

朝倉「良い子、良い子」ナデナデ

キョン「やかましいわ!」

朝倉「も~キョンくんはすぐつんけんするんだから」

キョン「人をツンデレ扱いするな」

朝倉「じゃあもっと私に優しくしてよ」

キョン「さっきから十分優しいと思うが?」

朝倉「人の頭をポカポカ殴る。それに言葉の暴力…これでもまだ私に優しいと?」

キョン「ううっ…ど、どうすればいい?」

朝倉「じゃあ私の頭をなでなでして。“可愛いよ、涼子”ってささやきながら」

キョン「なん…だと…」

キョン「それを本当に俺にやれと?」

朝倉「もちろんよ。ほらほら、早く早く」

キョン「うっ……か、可愛いぞ、涼子…」ナデナデ

朝倉「心がこもってないからもう一度」

キョン「おまえ!」

朝倉「キョンくんに叩かれたところが今頃になって痛み出してきたわ…」

キョン「分かったよ!もう一度誠意を込めてやりゃいいんだろ!」

キョン「涼子!おまえは最高に可愛いぞ!大好きだ!ちくしょー!」ナデナデ

朝倉「~♪」


301:1nAhtCLHO
あ~ニヤニヤしてる俺キメェ

でもこういうの大好きだー!!

304:HsVDEsmA0
>>301
安心しろ。このスレの住人のほとんどがニヤニヤしてるから



16.
キョン「これでいいだろ!まったく恥かしい思いをさせやがって」

朝倉「ご苦労様。じゃあ、次はね…」

キョン「ちょっと待て!」

キョン「頭をなでたら終わりじゃなかったのか?」

朝倉「あらっ?そんなこといつ言ったかしら?」

キョン「謀ったな!朝倉!」

朝倉「私に振るった暴力を恨むのね」

キョン「うぐぐ…でっ?それで今度は何をすればいいんだ」

朝倉「う~ん、そうね。じゃあ今度は私を喜ばせてみて」

キョン「どうやってだよ?」

朝倉「いやよ。頑張って自分で考えてちょうだい」

キョン「マジかよ…」


キョン「朝倉を喜ばすか…(一体どうすりゃこいつは喜ぶんだ?)」

朝倉「(キョンくんったら一体どうやって私を喜ばしてくれるのかしら?)」

朝倉「(いきなり抱きしめるのかな?そ、それともチューなんかしちゃったりして)」

朝倉「ああ~ん、だめよ!そんなの~」

キョン「(こいつ変な妄想してやがるな…)」

朝倉「どう?私を喜ばせる良いアイディアは思いついた?」

キョン「頼むからそう急かさんで――んっ?」

朝倉「どうしたの?」

キョン「お前を喜ばせる方法を思いついたかもしれん」

朝倉「ほんと!?じゃあさっそく実践してみて」

キョン「ああ、ただしその前に一つだけお願いがある」

朝倉「なにかしら?」

キョン「朝倉、お前の髪に触れてもいいか?」

朝倉「べつにいいけど…?」

キョン「そうか、サンキューな」

キョン「それじゃあ、ちょっと失礼するぞ…」

朝倉「なぁ~に?私の髪を持ち上げてどうするつもりなの?」

キョン「うん、やっぱりだ」

朝倉「??」

キョン「朝倉、お前はポニーテールの方が似合ってると思うぞ」

朝倉「!!」

キョン「えっと……ダメ?」

朝倉「………」

キョン「お~い、朝倉」

朝倉「キョンくん大好き!!」ガバッ

キョン「のわっ!?」


336:JWhZvCuTO
キョンは誰にでもポニテのほうが~とか言いそうだなww



17.
朝倉「キョンくん好き!大好き!」

キョン「分かった!分かったから離れろ!」

朝倉「ごめんなさい。つい興奮しちゃって…」

キョン「まったくお前の愛情表現は犬と同じレベルか」

キョン「しかしまぁ、その様子だと喜んでもらえたようだな?」

朝倉「ええ、大満足よ」

朝倉「そうだわ、お礼に――ちょっと後ろ向いててもらえるかしら?」

キョン「おおっ!(キターーー!)」

朝倉「後ろ向いてて!」

キョン「はいはい、後ろを向いてればいいんだろ」ワクワク

朝倉「もう、振り向いてもいいわよ」

キョン「よっしゃぁぁぁぁぁ!!」

キョン「――ってあれ?」

朝倉「ウソでした~」

キョン「ちくしょぉぉぉぉぉぉ!よくもだましたなぁぁぁぁぁ!」

キョン「おまえ、そこは完全にポニテを見せる流れだろ!」

朝倉「そんな流れ知りませんよ~だ。ペロッ」

キョン「おまっ!可愛く舌なんか出しやがって!こいつ、さっさとポニテを見せろ!」グイッ

朝倉「きゃ~キョンくんに襲われる~」

キョン「この!この!」

朝倉「あ~れ~!」

―バンッ―

妹「キョンくん!さっきからうるさいよ!」

キョン「あっいや、その…」

妹「今度うるさくしたらぷんぷんだからね!」

キョン「すいません…」

朝倉「ごめんなさい…」


キョン「なんか調子に乗ってすまん」

朝倉「あっううん、こっちこそごめんなさい」


18.
キョン「でも朝倉、いつかお前のポニテ姿を見せてくれよ?」

朝倉「勿論いいわ。“私のことをちゃんと好きになってくれたら”ね」

キョン「そ、そいつは楽しみだ…」

朝倉「ところでキョンくん、さっきから気になってたことがあるんだけど?」

キョン「なんだ?」

朝倉「ゴミ箱に詰まってるあなたの欲望の欠片、なんとかならないかしら?」

キョン「!?」

朝倉「さっきからすごい目についてたんだけど…資源の無駄遣いもいいところね」

キョン「お、おまえ、それはスルーするべきだろ。いや、してくれよ」

朝倉「え~だってさっきからすごい自己主張してるんだもん」

キョン「それでもふれないのが礼儀ってもんだ。少しは察しろ」

朝倉「でももう遅いわ。ねっ?なにでこんなに資源の無駄遣いをしたの?」

キョン「ううっ…」

朝倉「ねぇねぇ、ねぇ~ったら」

キョン「これ以上、俺に恥辱を重ねろってか?この鬼、悪魔!」

朝倉「残念、宇宙人でした」

キョン「知らん!誰が話すもんか!勝手にしろ!」

朝倉「えっ?キョンくん?」

キョン「……」プイッ

朝倉「お~い、キョンくん」ペタペタ

キョン「………」

朝倉「!?」


352:OZwdB4Pl0
朝倉「し、死んでる……」



19.
朝倉「キョンくん?もしかして怒ってるの?」

キョン「……」

朝倉「やだなぁ~怒って拗ねるなんて可愛くないぞ」

キョン「……」プイッ

朝倉「えっ…?」

朝倉「ほ、ほら、キョンくん、あなたの好きなポニテよ!」

朝倉「ねっ?これで許して、ねっ?」

キョン「……」

朝倉「うっうう……グスン…キョンくん」

朝倉「ごめんなさい…ごめんなさい…グスン」

朝倉「私が悪かったわ…だから許して…キョンくん」

キョン「……」

朝倉「グスン…あはは…キョンくんに嫌われちゃったよ…」

キョン「なーんてな!ウソでした~!」

朝倉「!?」


362:KkBwSLcOI
朝倉「・・・・・」

キョン「・・朝倉?」

・・・・・
キョン「死んでる・・・」



20.
朝倉「えっ?」

キョン「まだキョトンとした顔をしてるみたいだな?朝倉、お前は俺に騙されたんだよ」

朝倉「ええっーー!?」

キョン「さっき俺を騙したお返しだ!」

朝倉「バ、バカバカ!キョンくんのバカー!」ガバッ

キョン「のわっ!?またかよ!」

朝倉「キョンくんのバカ!ほんとに嫌われたと思ったのよ!」

キョン「朝倉、お前の方こそバカじゃないか」

朝倉「どうしてよ!」

キョン「俺がお前のこと嫌いになるわけないだろ?」ナデナデ

キョン「――好きだぞ、朝倉」

朝倉「キョンくん!!」



朝倉「――こんな展開を期待して遊びに来ました」

キョン「帰れ」
                 ~fin~



comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。