FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-13

幼馴染「そこでストップ。えっちぃことはダメ」

1 :名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/06/20(日)
男「な、なんで?」

幼馴染「えっちぃのは嫌い」

男「そ、そんなこと言わずに…」

幼馴染「しつこい」

男「焦らさないでくれよ」

幼馴染「焦らす焦らさないじゃなくてさ」

幼馴染「私たちそんなに深い仲じゃないでしょ?」

男「え…」

幼馴染「ただの幼馴染だし」


幼馴染「それじゃあね」

男「あ…うん」

幼馴染「明日は、私早く行かないと行けないんだけど、どうする?」

男「え?」

幼馴染「弁当どうするってこと」

男「ああ、俺も早く行くよ」

幼馴染「ん、了解」

男「な、幼馴染」

幼馴染「ん?」

男「好きな人とか…いるのか?」

幼馴染「うーん、まあね」

男「そ、そうなのか…」

幼馴染「じゃあね、また明日」

男「おう、また、明日」


男「うおおおおお…」

男「好きなやついんのかよおおおおお」

男「くそおおおおおおお」

男「どうすりゃいいんだよおおおおお」

男「…明日一緒に行くとか気まずいよおおおお」

男「というより、うおおおおお」

男「サッカー部のあいつとかだったらいやだあああああ」

男「そうだ、あいつの周りのやつにメールしてみるか」

男「うーん…女にでもメールするか?」

男「でもあいつと最近話してないしなぁ…」


2.
男「まあいいか…」

男「俺もあいつにずっと頼ってるのはカッコ悪いし…」

男「深く考えないことにしよう」

妹「お兄様」

男「げっ」

妹「お兄様とご一緒しようと思いまして」

男「なにを?」

妹「もちろん、就寝です」

男「ふざけんなっ」

妹「もう、いけずっ」

男「おやすみ」

妹「お休みなさいませ」

男「その話し方、変わらないの?」

妹「どのようなのがいいのでしょうか?」

男「え、選べるの?」

妹「多少は」

男「じゃあ普通で」

妹「そんなものはない!」

男「おやすみー」

妹「スルーですか!? スルーなのですか!?」

男「うるさいなあ、寝るの」

妹「かまってください!」

男「なんで…」

妹「一緒に寝るか、かまうってくれるか、ひとつにふたつです!」

男「じゃあ一緒に寝ていいから、静かにして…」

妹「おっしゃああ!」

男「怖い妹だよ…」


3.
ピンポーン

男「むむ…」

姉「おーい男…」

男「あ、ねーちゃん」

姉「…なんで妹と寝てんの?」

男「え…ああ、それはだね」

姉「…明日は私と寝なさいよ」

男「うぇ…」

姉「幼馴染ちゃん来てるから、早くしなさい」

男「え!? もう!?」


男「いてっ…」

姉「どしたの?」

男「んん、なんでもないよ。いってきまーす」

姉「男!」

男「はい?」

姉「行って来ますのチューは?」

男「…ねーちゃん。さすがにそれは中学で卒業したいよ」

姉「いいからしなさい」

男「…行って来ます」チュッ

妹「ずるいです! 私も!」

男「ああもうっ! 幼馴染待たせちゃうから行って来ます!」

妹「ちゅぅ…」

男「…行って来ます!」チュッ


4.
幼馴染「おはよ」

男「お、おはよ」

幼馴染「いこっか」

男「うん」

幼馴染「ああ、ひとつ言っとくことあったんだ」

男「?」

幼馴染「あんたが嫌いなもの、弁当に入れちゃった。ごめんね」

男「あ、ああ。気にしなくていいよ」

幼馴染「ありがと」


男「いてて…」

幼馴染「? どうしたの」

男「ああ、ちょっと寝違えちゃったみたい」

幼馴染「もうっ、どんな寝方したのよ」

男「いや、妹と寝たからかな」

幼馴染「…」

男「…?」

幼馴染「ふーん」


22:vT2ByGJW0
幼馴染に良い様に勘違いされてんな



5.
幼馴染「姉妹と仲いいよね~」

男「う、うん」

幼馴染「…そっか」

男「?」

幼馴染「男のお姉ちゃんも妹ちゃんもすっごく可愛いよね」

男「でも、そろそろ俺から離れてほしいよ…」

幼馴染「そんなこと言わないの」

男「う…ごめん」

幼馴染「逆に離れたら、あんた私以外のオンナと話す機会あるの?」

男「…ないかも」

幼馴染「でしょ?」

男「うん、幼馴染の言うとおり」

幼馴染「…じゃあ、私が男から離れちゃおうかな?」

男「えっ…」

幼馴染「…どう?」

男「そ、それは…」

幼馴染「ふふん、冗談よっ」

男「……ははは、なんだよ、驚かすなよ」

幼馴染「ごめんごめん」

男(すっげえビビッた…)

幼馴染「昨日さ」

男「うん」

幼馴染「なんで私に好きな人がいるかどうか聞いたの?」

男「え!? あ、それは…だね…」


6.
男「で、できるなら、応援しようと思って…」

幼馴染「…」

男「…」

幼馴染「ありがと」

男「ど、どういたしまして」

幼馴染「…頑張る」

男「う、うん、頑張って」

幼馴染「男は、いないの?」

男「え? 俺?」

幼馴染「うん」

男「俺は……」

男(…気づいてくれよ)

男「い、いるよ」

幼馴染「…そうなんだ」

幼馴染「どんな人?」

男「え…」

男(お前だよ)

男「…うーん…秘密」

幼馴染「そっか、そりゃそうよね」

男「そうそう、そりゃそう」


33:GFBjxgKN0
おい>>1でそこまで行ったんなら
好きだって言えよ屑



7.
幼馴染「…鈍いよね」

男「え?」

幼馴染「ん、なんでもない」

男「…?」

幼馴染「こんな時間に学校行っても、男やることあるの?」

男「ないよ」

幼馴染「…じゃあなんで一緒に来たのよ」

男「え…特に理由はないよ」

幼馴染「ちゃんと考えなさいよ、バカ」

男「むっ…俺だって考えてるよ!」

幼馴染「へえ。じゃあなにするのよ?」

男「…幼馴染の仕事を手伝う!」

幼馴染「…えー」

男「だ、ダメ!?」

幼馴染「いや、うれしいけど…」

男「じゃあいいでしょ!?」

幼馴染「うーん…後悔しない?」

男「しないしない!」

幼馴染「オッケ、わかったわよ」


8.
男「ここ、掃除するの?」

幼馴染「うん」

男「俺…」

幼馴染「ごちゃごちゃ言わないの。よろしくね」

男「嘘…だろ」

男(更衣室なんて…入ったこともないのに)


男「まあ、とりあえず…掃除にレッツゴー」

ガチャ

?「きゃああああああああああ!!!」


男「なんて展開!?」


女「あれ、男じゃん」

男「あ、女…ご、ごめん」

女「あんたにまさか、こんな趣味があったとは…」

男「ち、違う! これはその…掃除をしにきたんだ!」

女「ああ、幼馴染ちゃんがやってる掃除か」

男「う、うん」

女「ふーん。あんたもちゃんとやってるんだ」

男「そ、そうだよ。ちゃんとやってるよ」

女「朝っぱらでも、やってる部活あるんだから気をつけなさいよ」

男「了解です…」


9.
男「さて、気を取り直して…」

サッサッサッ

男「でも、あんまり埃ないきがするけど…」

男「まあちゃんとやっとくか」

サッサッサッ

男「よし…こんなんでいいかな?」

幼馴染「できた?」

男「うん、グッドタイミング」

幼馴染「そ、じゃあちょっと手伝って」

男「オッケ」


幼馴染「あそこ綺麗にするから」

男「高いね…届くの?」

幼馴染「届かないからあんたに手伝ってもらうの」

男「え、どうするの?」

幼馴染「肩車して」

男「」

幼馴染「ほら、早く」

男「そ、そこらへんの机でいいんじゃないの!?」

幼馴染「あぶないじゃん」

男「いや、俺もあぶないと思うよ!?」

幼馴染「ふーん…私がそんなに重いって言いたいの?」

男「そ、そういう意味じゃ…」

幼馴染「わかったわよ、机でする」

男「…」


10.
男「!」

幼馴染「! ちょ、なにすんのよ…!」

男「肩車する」

幼馴染「い、いきなり股に頭を突っ込むな! バカッ!」

ポカリ

男「いてっ」

幼馴染「いいのよ、それにあんた、今日寝違えたんでしょ?」

幼馴染「無理しなくて、いいから」

男「そうだった…」

男(…はぁ)

男(なんだか、幼馴染の背中が遠くに見える…)

幼馴染「机しっかり持ってて」

男「了解」

幼馴染「よいしょ…」

男「…」

幼馴染「やっぱりダメ。イス持ってきて」

男「ん」


男「ほい」

幼馴染「ありがと」

男「…ん?」

幼馴染「うん、なんとか届きそう」

男(けっこうスカートギリギリじゃないか…!?)

幼馴染「うーん…爪先立ちこわぁ…」

男(もうすこし…もうすこし!)


52:/KNOg40fO
もうすこしもうすこし



11.
幼馴染「ふう、完了」

男(見えたぁ!!!)

幼馴染「…あんた、なにしてんの?」

男「…?」

幼馴染「…私のパンツを堪能したみたいね…」

男「これは、事故です」

幼馴染「そんな反射で答えたようないいわけ、よくできるわね…」

男「ごめんなさい…」

幼馴染「えっちぃこと、嫌いだって言ったよね?」

男「反省してます…」

幼馴染「じゃあ私の質問に答えなさい」

男「はい…」

幼馴染「私のパンツの色は?」

男「とっても白かったです…」

幼馴染「今どんな気持ち?」

男「後悔と反省と達成感に満ちてます…」

幼馴染「はぁ…」


54:/KNOg40fO
おれもみたいよおおおお

61:vT2ByGJW0
男正直w



12.
幼馴染「まあ、今回は許してあげる」

男「ほんと!?」

幼馴染「でも、本当にえっちぃのは嫌いなの。やめてよね」

男「うん」

幼馴染「とりあえず、掃除終わったから、イスと机戻そ」

男「うんっ」

幼馴染「あ、もうこんな時間」

男「ほんとだ」

幼馴染「教室に戻ろう」

男「うん」

幼馴染「あと、男」

男「なに?」

幼馴染「私のパンツの色とか…言わないでよね」

男「い、言わないよ」


男(…なんというか)

男(目を閉じると…)

男(パンツが浮かび上がってくるんだよなぁ…)

幼馴染「なに考えてんのよ?」

男「えっ!? いや、別に…」

幼馴染「ふんっ、バカ」


13.
そして…

男「くそう…授業に集中できないぞぉ…」

キーンコーンカーンコーン

男「ふぅ…やっと飯か」

男子「おい、男。食おうぜ」

男「え、あ…」

幼馴染「ごめん、男子くん。男は私と食べるから」

男子「殺してやる!」

男「いきなり変貌した!」

幼馴染「ほら、いこっ」

男「う、うん」


幼馴染「男、はい」

男「ありがとう」

幼馴染「朝言ったとおり、あんたの嫌いなもの、入ってるから」

男「うん…」パカ

幼馴染「…」

男「あ、ほんとだ」

幼馴染「ごめんね、ついうっかりしてた」

男「全然、問題ないよ」

男(俺の嫌いなものを知ってるってことがとてもうれしい…)


14.
男「いただきます」

幼馴染「嫌だったら無理しなくていいからね」

男「うん」パクッ

幼馴染「…」

男「あれ? おいしい…」

幼馴染「ほんと!?」

男「うん、すっごくおいしい! あれ? 嫌いなはずなのに…」


幼馴染「…」グスン

男「うえぇ!? なんで泣いてんの?」

幼馴染「男が嫌いなもの、食べてくれたから…」

男「…」ドキドキ

男(告白…してもいいかな?)

男「あ、あの…!」

幼馴染「?」

男「お、俺…」

ガチャ

女「あ~幼馴染こんなところにいたんだ」

男「!」


77:9ExNZBOD0
>男(告白…してもいいかな?)
ここに飛躍する思考がまったく理解できない

78:5kxWDiom0
まぁたしかにすごい飛躍だな



15.
女「あ、男といたのか。邪魔しちゃった?」

幼馴染「んん、全然」

男「うん、全然」

男(落ち着けよ…今のタイミングはねぇよ!)

男(なんで告白しようとしたんだよ! 死に急ぎすぎだろ!)

女「? 男、変な顔してんぞー」

幼馴染「?」

女「あ、まさか、私の下着姿でも思い出した~?」

男「え!?」

幼馴染「…ふーん」

男「してない、してない!」

男(むしろその後の幼馴染のパンツのほうが…)

幼馴染「えっちぃ…」

男「考えてないから、本当に!」

女「顔真っ赤だけど?」

男「黙れ!」

女「そ、そんなに怒らないでよー」

幼馴染「…」

男(うわあああああ、幼馴染の鋭い視線がコワイィイ)


16.
幼馴染「…」

男(そ、そんなジト目で俺を見ないでくれ…!)

女「ま、いいや。一緒に食べてもいい?」

幼馴染「うん、いいよ」

男「じゃ、じゃあ俺は…」

幼馴染「え?」

男「お二人でごゆっくり…」

幼馴染「ダメ」

男「なんで…?」

幼馴染「弁当あとで渡してもらうのめんどくさいから」

男「わかったよ…はぁ」

女「やっぱりお邪魔だったかな?」

幼馴染「全然」

男「うん、全然」

女「…きまずっ」


17.
帰宅

男「はぁ…それにしても、幼馴染の弁当おいしかったなぁ」

男「それに、あの涙…」

男「か、かわいかったなぁ…」

男「こんな日はスキップして帰りたくなる…」

男「まあ、しないけど」


男「ただいまぁ」

妹「おかえりなさいませ」

男「うん、おかえり」

妹「おや、とても素敵な笑顔ですね」

男「うん、今日はちょっとね」

妹「なにかあったのですか?」

男「まあね」

妹「教えてくださいな」

男「えー」

妹「お兄様の喜びは、私の喜びです」

男「えーっと…実はね、俺、嫌いな食べ物が食べれたんだ!」

妹「ほう、それはとってもよかったですね」

男「それもこれも、幼馴染の弁当が美味しいからだよ」

妹「え…幼馴染さんの…お弁当?」

男「あれ、言ってなかったっけ? 俺の昼は幼馴染が作ってくれてるんだよ」

妹「」バタン

男「ちょ、妹!?」


18.
男「なんだよ、気絶しやがって…」

姉「ただいま…あ、おかえり、男」

男「あ、ねーちゃん、おかえり」

姉「ん、なに、その変なの?」

男「へ、変なのって…妹だよ」

姉「ああ、別に気にしなくてもいいわよ。あとで起きるから」

男「だ、大丈夫かな…?」

姉「大丈夫だから、お風呂一緒にはいろ?」

男「あれ、なんでそんな展開になるの?」


94:NILW699W0
気絶かよw
てっきりドアを閉めた音かと

95:9ExNZBOD0
>>94
俺も怒ってドアしめたのかと思った



19.
姉「汗かいてるでしょ? だから」

男「いやでも、その展開には…」

妹「私も入ります!」

男「あれ、いつの間に…?」

姉「いいわよね?」

妹「いいですよね?」

男「い、いや…いいとかダメとかじゃなくて…」

男「流石に…恥ずかしいよ」

姉(男…可愛い)

妹(お兄様…胸がキュンキュンします…)

男「そうだ!」

姉・妹「?」

男「ねーちゃんと妹が一緒に入ればいいんだよ」

姉「え…」

妹「な…」

姉「わ、私は男と入りたいなー」

妹「私も、お兄様とがいいです…」

男「え、ええ…」


20.
男「もういいよ…」

男「もう気にせずにお風呂に入るよ…」

姉「つまり、入っていいってこと?」

男「うん、その代わり、俺の邪魔はしないでね」

妹「手伝うのはいいですか?」

男「うん、もうなんでもいいよ」

プルルルプルルル

男「…ん?」

男(! 幼馴染からメール…!)

姉「男とお風呂…ふふ」

妹「お姉様は明日でいいではないですか?」

姉「あんたは昨日一緒に寝てたでしょ」

男「…ふふふふふ…」

姉「あれ、もしかして、男もうれしがってる…?」

妹「ふふ、素直じゃないですね、お兄様♪」


21.
男「さーってお風呂はいろっと」

妹「私もー」

姉「もちろん私もー」


男「~♪」

ガララ

妹「お兄様」

男「おー妹~」

妹「鼻歌交じりで迎えてくださるとは…とても嬉しいですっ」

男(なんのことだろ?)

男「入る?」

妹「よ、よろしいのですか!?」

男「うん、妹なら小さいし」

妹「で、では…」ドキドキ

男「ん」

ガラッ

姉「ちょっと待ったぁ!」

男「ねーちゃん」

姉「私も入る!」

妹「もう入れませんよーだ」


22.
姉「うう…私も男と入りたいぃ」

男「わかったよ、あとでね」

姉「やった」

男(はぁ…)

妹「お兄様」

男「ん?」

妹「お背中をお流ししましょうか?」

男「あ、ありがとう」

姉「お、男」

男「なに?」

姉「前洗ってあげる」

男「結構です」


男「ふぅ…」

妹「どうですか?」ゴシゴシ

男「うーん、いい感じ」

妹「お兄様のお背中が大きくて…難しいです」

男「ははっ、妹は小さいからね」

姉「…」ムカムカ

男「そういえばさ」

男「俺、明日幼馴染とデートなんだぁー」

妹「」

姉「」


151:E+OpZRfm0
あーあ



23.
男「あれ?」

妹「」

姉「」

男「二人とも?」

妹「幼馴染さんと…」

姉「デート?」

男「うん」

姉「ダメ」

男「え?」

妹「ダメです」

男「なんで…?」

姉「私とでかけなさい」

妹「私とおでかけしてください」

男「な、なんでだよぉ…」

男「そろそろ妹もねーちゃんも俺離れ…」

男(こ、こんなこと言っちゃダメ…だった)

男「な、なんでもない」

妹「私はお兄様のことを愛しています」

姉「私は妹よりも好きだよ」

バチバチ

男「取り合われるほど俺はかっこよくないよ…」


24.
男「それに、もっと外に目を向けようよ」

妹「結果がお兄様なんです」

姉「そうよそうよ」

男「えぇ…嘘だぁ…」

姉「わかったわ」

姉「もし、あんたが幼馴染ちゃんと付き合いたいというなら、私はあきらめる」

男「ねーちゃん…」

姉「でも、もしあんたが振られたら、私と付き合いなさい」

妹「なっ!!」

妹「ずるいです! せこいです! 汚いです!」

男「なんでそういう流れになるんだろう…」

姉「それで、いいわよね?」

男「いや、よくないよ」

妹「じゃあ、もし幼馴染さんに振られたら、私の初めてをあげま…」

姉「なにバカなこと言ってんのよ」

男「…初めて?」

妹「はい」

男「何それ?」


25.
姉「え…」

妹「なんてピュアピュア…」

男「え、ちょっと教えてよ」

姉「わかったわ、今から教えてあげる」

妹「私が教えます!」

男「え? 本当になんなの?」

姉「じゃあ男、聞いとくけどさ。あんたの一番エッチなことって何だと思う?」

男「き、…キスかな?」

姉「くぁいい…」

妹「キュンキュン…」

男「…?」


男(いきなりキスしようとしたから、幼馴染に嫌がられたんだよなぁ…)

妹「幼馴染さんとするかもしれないですから、今のうちに練習を…」

姉「私と私と…」

男「しないよ」

姉「ぶーぶー」

妹「くすくす、豚みたいですね」

姉「! うっさい」

男「はぁ…」


26.
男「あの…」

男「風呂で暴れないで…」

妹「おっと、失礼」

姉「ごめんごめん」

男「俺はそろそろあがるね」

姉「えーもうちょっとゆったりつかろうよ~」

男「のぼせちゃうよ」

姉「私の胸、触らない?」

男「触らないよ…」

妹「なるほど…私にいやがらせをしたいようですね…」

姉「あーれ? なにその真っ平ら平原?」

妹「うるさい牛!」

姉「なにおう!」

妹「なんですか!?」

男「はぁ…ごゆっくり~」

ワーワー

男「元気いいなぁ…」


男「明日は幼馴染と…」

男「絶対に、告白までこぎつけて…」

男「そ、そして…き、き…」

男「キス!」

男「うわーはずかしー!」

男「がんばれーがんばれー」


170:8Ce1Tj4U0
男めちゃめちゃ純情だなw



27.
次の日…。

姉「お、と、こぉ~」

男「むぎゅ…おはよ、ねーちゃん」

姉「おはよう、ねえねえ男ぉ」

男「む、胸をどかしてよ…ねーちゃん」

妹「そうです! その無駄な脂肪をどけなさい!」

姉「必要な分も無いくせに偉そうね!」

男「あー妹もパンツ見せびらかすのやめて! 今日は大事な日なの!」


男「よし、これでよし!」

男「髪もはねてないないし、もう最高だね!」

男「それじゃあ、行ってくるよ」

姉「…」

妹「…」

男「ジトッとした目で見ないでよ。応援してよ」

姉「いってらっしゃい」

妹「いってらっしゃいませ」

男「う、うん」


177:namFUlZ40
姉妹はサブキャラだからこそ輝いていると思うんだ



28.
男「ふぅ…」ドキドキ

幼馴染「男ー」

男「あ、幼馴染!」

幼馴染「ごめん、待たせちゃった?」

男「ううん、全然」

男(幼馴染の私服、ちょっと大人っぽくって…)

幼馴染「どうかな?」

男「うん、か、か、かわ…かわうそ!」

幼馴染「え?」

男(噛んでしまった…)

男「なんでもないよ!」

幼馴染「あっそ」シュン

男「じゃ、じゃあどこ行く!?」

幼馴染「そうねぇ…」

男「…」

幼馴染「男が選んでいいよ」

男「俺が?」

幼馴染「うん」

男(うおおおお、どうしよう…!)


29.
男「そういえば、このまえ新しくできたデパートにでも行こうよ」

幼馴染「うん、いいよ」

男「じゃあいこー」

幼馴染「…」

男「…どこだっけ?」

幼馴染「はぁ…ほんとアンタは…」

男「ごめんなさい…」

幼馴染「それくらいチェックしときなさいよね」

男「うん…」

幼馴染「残念だけど、私も知らないの」

男「えっ…」

幼馴染「だ、だから、水族館、いこ?」

男「え?」

幼馴染「わ、私! 偶然にもチケットを二枚持ってて…さ」

男「水族館…いいね、それ」

幼馴染「そうでしょ?」

男「行こう行こう!」

幼馴染「うん」


30.
男「でも、よくチケットなんて持ってたね」

幼馴染「え!? そ、そうね…ラッキーね」

男「うん」

幼馴染「結構並んでるわね…」

男「オッケ。俺が並んでくるから、待ってて」

幼馴染「ううん、私も並ぶわ」

男「え」

幼馴染「一人でいるの、つまんないもん」

男「そ、そう」

幼馴染「じゃあ、並ぶよ」

男「うん」


幼馴染「それにしても」

男「?」

幼馴染「カップル多いよね」


31.
男「俺がはじめて行った時は、家族とだったなぁ」

幼馴染「その時もお姉さんと妹ちゃんにべっとりされてたの?」

男「ま、まあ」

幼馴染「仲いいわね、ほんと」

男「う、うん」

幼馴染「…さびしくなるくらいね」

男「え?」

幼馴染「んーん」


男(うわぁ…俺、変な汗かいてる)

男(な、何意識してるんだよ!?)

男「幼馴染」

幼馴染「ん?」

男「俺とで、よかったの?」

幼馴染「え?」

男「俺と水族館に行って、よかったの?」

幼馴染「…なんで?」


32.
男「ほら、好きな人のために残しといた方がよかったんじゃないの?」

幼馴染「あんたこそ、好きな子がいるのに私と水族館に行ってもいいわけ?」

男「お、俺は…」

男(好きな人と…来れてるから)

幼馴染「そんなこと言うなら、昨日のメールで断ればいいじゃない」

男「そ、そんな言い方無いだろ!」

幼馴染「あんたが言わせたんでしょ!」

男「…」

幼馴染「…」


男「ご、ごめん…」

幼馴染「別に、気にしてない」

男「…」

幼馴染「明後日、何の日か知ってる?」

男「え?」

幼馴染「…」

男「…」

幼馴染「あ、そろそろだよ」

男「あ、ほんとだ」


33.
幼馴染「まあ、今日は来たんだからとことん楽しもうよ」

男「うん」

幼馴染「ここの水族館は、いっぱいイベントもあるし」

男「そうらしいね」

幼馴染「イルカのショーもあるみたいだよ」

男「面白そう!」


幼馴染「うわぁ…みて、男」

男「ん?」

幼馴染「クラゲさん」

男「おっきいね」

幼馴染「プカプカしてるー。可愛い」

男「のんびりしてるね」

幼馴染「こんなクラゲさんが、人の体を痺れさせると思うと…」

男「危害を加えないクラゲもいるんじゃなかったっけ?」

幼馴染「そうなんだ」

幼馴染「あんたは少しくらい危害を加えるくらいがちょうどいいかもね」

男「え、どういうこと?」

幼馴染「別に」

男「??」

幼馴染「! あー!!」

男「ど、どしたの!?」

幼馴染「マンボウ! マンボウ!」

男「え、マンボウ!?」


34.
幼馴染「可愛い!」

男「ほんとだねぇ、可愛いねぇ」

幼馴染「初めて見た、嬉しいっ」

男「俺も俺も」

幼馴染「本当に縦長なんだね」

男「それに面白い顔してるよ」

幼馴染「ほんとだー」


幼馴染「これは小さいから可愛いけど…」

男「大きいとね…」

幼馴染「いろいろと見えて怖いよね…」

男「うん…」


幼馴染「そろそろイルカショーだよ!」

男「うんっ」


211:dSCBKc8H0
ガラスに突っ込んで怪我しないように網張ってんだよな
どんだけ馬鹿なんだと

215:uiTUi+dO0
ガラスに突っ込んで死ぬかしいから頭は弱いんだろうけどボディはライフル弾を跳ね返すって聞いた



35.
パシャーン

男「凄い水しぶき!」

幼馴染「…」

男「? どうしたの」

幼馴染「あの、さ」

男「うん」

幼馴染「さっきの、話なんだけど」

男「?」

幼馴染「明後日…何の日かって話」

男「うーん」

幼馴染「…わかんない?」

男「ごめん、全然わからないや」

幼馴染「そっか」

男「?」

幼馴染「帰るね」

男「えっ」

幼馴染「…」

男「な、なんで、まだイルカショーの途中」

幼馴染「いいの」

男「っ…」

幼馴染「…じゃあね」

男「ま、待ってよ」

幼馴染「離して」

男「でもっ」

幼馴染「離して!」


36.
男「っ…」

幼馴染「…もう、無理」




男「…幼馴染…」

男「…」

パッシャーン

男「つめてっ…」

男「明後日…」

男「…明後日?」

男「!!!」

男(しまった…)



男「幼馴染の、誕生日だ」


225:gMsro//10
やっちまったな…男



37.
男「最低だ…」

男(幼馴染の、誕生日を忘れるなんて…)

男「走って謝っても、もうダメかな…」

男「はぁ…」

男(バカだなぁ…俺)

男「あいつは俺のこと気にしてくれてんのに…俺はいっつも自分のことばっか…」

男「はぁ…」


男「ただいまー」

妹「おかえりなさいませ!」

姉「どきなさいっ! おかえり、男」

男「…」

妹・姉「?」

男「…はぁ」

姉「どしたのよ?」

男「ああ、うん、なんでもないです」

姉「嘘つくな。なんかあったの?」

男「…」

姉「図星!? 図星!?」

男「く、空気を呼んでください…」

姉「つまり、私と付き合うことに決定ってこと!?」

妹「そして私の初めてを獲得!?」


38.
男「うるさい!!!!!」

姉「…」ビクッ

妹「…」ビクン

男「…妹、その効果音は変」

妹「ご、ごめんなさい…」

男「…寝るね」

姉「お、おやすみ…」

妹「おやすみなさいませ…」


男「…」

男(怒って当然だよなぁ…)

男(俺も幼馴染も、いつも誕生日には、何かしら、したりあげたりしてたのに…)

男(俺、忘れちゃってんだもん)

男(うわーちょっと前の俺に戻りたい!)

男(なんとか、しないとな…)


男「そうだ!」

男「あ、でも…」

男「…これは、大きな賭けだな…」

男(失敗したら、俺はもう幼馴染と面と向かって話とかできそうにないよ…)

男「それでも…やってみる価値はある!」


39.
決戦の日。


男「…ねーちゃん、どうかな?」

姉「うわお…にあわなーい」

男「ありがとう」

姉「あれ? なんで感謝されたの?」

男「なんか、うん。似合わないって言われたほうが気が楽」

姉「あっそ」

男「ちょっと、行って来ます」

姉「…いってらっしゃい」

ガチャ バタン

妹「ずるいです! またキスを…」

姉「はいはい」

妹「なんですか? その反応…」

姉「男が本気で頑張ってるんだから、水を差すわけにはいけないわよ」

妹「…?」

姉(頑張りなさい、男)


40.
幼馴染の家前

男「…」

男(うおおおおお、めっちゃはずかしいいいいいいい!!!)

男(考えてもみろ…これで、中にはサッカー部のあいつとイチャついてる幼馴染がいたら…)

男(そのときは舌を噛み切って死のう。うん)

男「…さて」

ピンポーン

男「…」

幼馴染「はい」

男「あ、幼馴染?」

幼馴染「…なに?」

男「ちょっと、家出れる?」

幼馴染「まあ」

男「じゃあ、ちょっと、お願い」

幼馴染「…うん」


男「すぅ~ふぅ~…」

男(こんな格好までして、俺はバカかもしれないな)

ガチャ

幼馴染「どうし…って、なにその格好?」

男「よう、幼馴染」

幼馴染「ぷぷっ…似合ってない…」

男「悪かったな」

幼馴染「で、どうしたの?」

男「えっと、まず一言」

男「誕生日おめでとう」


260:gMsro//10
いいぞ男!



41.
幼馴染「うん、ありがと」

男「あと、さ」

幼馴染「?」

男「これ…」

幼馴染「なに、その箱…」

男「開けてみて!」

幼馴染「? うん」

パカッ

幼馴染「え…これって…」

男「…」

幼馴染「…指輪?」

男「…飴でできたやつだよ」

幼馴染「なによ、これ…」

男「え、えっと…ほ、ほら」

幼馴染「? なによ」

男「昔、幼稚園のころ…だけど」

幼馴染「…」

男「『大きくなったら結婚する』って、俺、言ってたじゃん?」

幼馴染「…また古い話持ってきたわね…」

男「い、いいの! だから、その形だけでもと思ってさ」

幼馴染「なんで私にこんなもの…?」

男「え?」

幼馴染「男には好きな人、いるんでしょ?」

男「…うん、いるよ」


263:Kqd3nW3AO
男の正念場だwktk



42.
男「…お前、だけどね」

幼馴染「!」

男「ちょっと、照れくさいけど…はは」

幼馴染「…ふ、ふーん」

男「だから、この際言うよ。俺は、幼馴染のことが…」

男「しゅきです!」

幼馴染「…」

男「…」

幼馴染「ぷふ…なんでそこで噛むのよ…」

男「恥ずかしいからいっそバサッと斬ってください!」

幼馴染「はぁ…」

男「…」

幼馴染「なんでバサッと斬らないといけないの?」

男「…え?」

幼馴染「私は逆に…」

ギュッ

男「!!!」

幼馴染「ギュッとしたくなったよ」


266:Iuo4jnqE0
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

267:o2aSaDot0
くうううううううううううううううううううううううううううう



43.
男「は、はへ…へ? え、な、こおお!?」

幼馴染「何言ってんのよ」

男「こ、こんなことされるのははは、初めてだから…!?」

幼馴染「わ、私だってしたことないわよ」

男「そ、そうなんだ…」

幼馴染「男…」

男「にゃ、にゃんでしょう…」

幼馴染「目閉じて」

男「は、はい…」


幼馴染「あんたになら、えっちぃこと、する」

男「え?」

チュッ

幼馴染「…感謝しなさい」

男「」

幼馴染「? 男?」

男「」

幼馴染「な、なんで気絶するのよ…バカ」

幼馴染「…でも、そんな男が好きなんだけどね」


44.
男「ふわぁ…」

姉「おはよう、男」

男「おはよー」

妹「…」

男「妹もおはよう」

妹「…」

男「…?」

男「あの、妹?」

姉「あーだめだめ」

男「?」

姉「ちょっとすねてんのよ」

男「なんで?」

姉「あんたが幼馴染ちゃんと付き合ってるから」

男「えっ…」

姉「まだあいつも子供だからねぇ」

妹「だれが子供ですか! 牛の分際で!」


45.
姉「あんたは牛の妹のくせに、牛に見えないわねぇ」

男「じゃあ俺は牛の弟…」

姉「殴るわよ?」

男「も、もう殴ってるよ…」

妹「な、なぜ…あなたは…」

姉「ん?」

妹「くやしくないんですか!?」

男「?」

姉「あんたねぇ…あきらめなさいよ」

妹「無理です!」

男「あのーなんの話を…?」

妹「お兄様!」

男「ん?」

妹「昨日は、どこまでいったんですか!?」

男「ど、どこまで?」

妹「はい、A? B? C?」

男「いや、幼馴染の家までだけど…」

妹「」

姉「ほんとピュアねぇ…」


46.
妹「なるほど…なるほど…」

男「さっきから何が言いたいの、妹?」

妹「つまり家であんなことやそんなことを…!」

男「え…な、なんで知ってるの!?」

妹「」

姉(キスでもしたのかしら)

男「も、もしかして妹見てたの!?」

妹「い、いえ…それより具合が悪くなってきました…」

男「ちょ、ちょっと!」

妹「すいません…すこしおやすみします…」

男「さっき起きたばっかりじゃん!」

姉「いいのよ、男」

男「え?」

姉「気にしない気にしない。あんたも今日はデートでしょ?」

男「あ、うん。この前の埋め合わせ」

姉「じゃあ早くご飯食べて準備しなさい」

男「うんっ、ああ、ねーちゃん」

姉「ん?」

男「ありがとっ」

姉「…」キュン


47.
姉(男…本当にあんたは…)

男「モグモグ…うんっ、おいしい!」

姉「ふふっ、口の周りについてるわよ」

男「え、どこどこ」

姉「こーこ」スッ

男「う、うわっ、な、なにすんの!?」

姉「取ってあげたの」

男「そ、それなら手でとってよ…」

姉「可愛い弟を可愛がっちゃダメ?」

男「そ、そういうことじゃなくて…」

姉「顔、真っ赤♪」

男「もう、やめてよー!」

姉「ふふふ…」

男「…ごちそうさまでした! 行って来ます!」

姉「男~」

男「な、なに!?」

姉「今日は雨降るから、傘」

男「え…こんなに晴れてるのに?」

姉「うん」

男「そ、そっか。ありがと」

姉「うん、いってらっしゃーい」

男「いってきます!」


48.
幼馴染「む」

男「お、おはよ」

幼馴染「ちょっと、遅いかな」

男「ごめん」

幼馴染「ふふっ、いいよ。全然」

男「あ、ありがとう」


男「今日は、どこいこっか?」

幼馴染「今日は公園に行くって言ってたじゃん」

男「そ、そうだっけ?」

幼馴染「はぁ…」

男「と、とりあえず行こうか」

幼馴染「うん」


幼馴染「…」

男「どうしたの?」

幼馴染「ん? なんでもないよ、大丈夫」

男「ほんと?」

幼馴染「平気よ。私が信用できない?」

男「そ、そうだよね。ごめんごめん」


49.
幼馴染「…」

男「ポカポカしてるねぇ」

幼馴染「…そうね」

男「…」

男(やっぱり、なにかおかしいよ…)

男「そうだ。弁当食べたいな」

幼馴染「え? お弁当?」

男「うん」

幼馴染「ご、ごめん、持ってくるの忘れちゃった…」

男「え…」

幼馴染「ほんとにごめんねっ…」

男(可愛い…)

男「全然いいよ! 気にしてないから!」

幼馴染「う、うん…」

男(それにしても、どうしたんだろ?)

幼馴染「…」

男「どこかいく?」

幼馴染「え…ごめん、ちょっと座ってたいな」

男「そ、そう?」

幼馴染「うん…」


50.
男「…」

幼馴染「…」

男「ねえ、幼馴染」

幼馴染「なに?」

男「いきなり肩にもたれて、どうしたの?」

幼馴染「…ダメ?」

男「! ううん、全然!!!」


男「…」ドキドキ

幼馴染「…ハァハァ」

男「お、幼馴染?」

幼馴染「な、なに?」

男「本当に大丈夫?」

幼馴染「だ、大丈夫だよ…」

男「体、熱いよ?」

幼馴染「なに勝手に触ってんのよ…」

男「ああ、ごめん」

幼馴染「そりゃあ、好きな人の近くにいるから…」

男(ふおおおおおお!!)

男(すげえうれしいよおおおおおおお)

幼馴染「…ハァハァ」


51.
幼馴染「あ、あの…さ」

男「ん?」

幼馴染「なにか、飲み物とか買ってきてくれない?」

男「え、うん」

幼馴染「ごめんね」

男「気にしないで、大丈夫っ」

男「ちょっと疲れてるのかな?」

男「あったかいのとつめたいのかっとこ」


男「幼馴染~」

幼馴染「…」

男「買ってきたよ」

幼馴染「ありがと」

男「…ん?」

ポツリ

男「あ、雨?」

幼馴染「私、傘持ってきてないよ…」

男「大丈夫! 俺、持ってきたから!」

幼馴染「…男にしては準備いいわね」

男「そ、そうかな? ははは!」

幼馴染「…とりあえず、どこか雨宿りしよっか」

男「うん」

幼馴染「うわっと…」

男「おっと、大丈夫?」

幼馴染「うん」


52.
男(それにしても…)

男(あ い あ い が さ !)

男「~♪」

幼馴染「…」

男「~♪」

幼馴染「…」ガクッ

男「?」

幼馴染「…」ドサッ

男「幼馴染!?」


男「よいしょっと…」

男「こういうときって、病院に電話したほうがいいのかな?」

男「うーん…とりあえず、家まで…」

男「って、幼馴染の家相当遠いぞ…」

男「とりあえず、俺の家に…」


397:V0Z63fvQO
男冷静だな



53.
ガチャ

男「ただいま」

姉「おかえり、やっぱり降ったわね」

男「う、うん。それより…」

姉「あら、幼馴染ちゃんじゃない。って…なんであんたがおぶってるの?」

男「それが…いきなり倒れちゃって…」

姉「…」

姉「なんで救急車呼ばないの!?」

男「えっご、ごめんなさい」

姉「本当にあんたは世間知らずね…はぁ…」


姉「とりあえず、寝かせるしかないわね」


姉「妹、邪魔」

妹「ふぎゃっ」

男「ごめん、妹」

妹「全然かまいま…その女は?」

男「幼馴染だよ」

妹「ほう…これが泥棒猫…」

男「泥棒猫って…」


54.
男「幼馴染は何も盗んでないよ?」

妹「いいえ、盗みました」

男「え、じゃあ、何を?」

妹「私の生きる糧、恋する権利をです」

男「お、重いね…」

妹「それ以上に私は、お兄様を取られたことに腹を立てているのです!」

男「俺?」

妹「はい」

男「ははは、そうだったのか」

妹「…!」

男「ごめんね、妹。でも、大丈夫だよ」

男「俺は幼馴染と付き合ってるけど、ちゃんと妹とも遊んであげるから」

妹「わ、私とは遊びだったんですかーーーーー!?」

男「え、どういうこと?」

妹「私は遊びではないです! いつも真剣なのです!」

男「あ、ねーちゃん、幼馴染は?」

姉「相当汗かいてるみたい。大丈夫かしら…」

男「そっかー」

妹「…スルーですか…?」


55.
姉「理由はわかったんだけどね…」

男「え? 何なの?」

姉「それは…」

姉「…しょうがない」

男「?」

姉「男、あんたはちょっとピュアピュアすぎる」

男「そ、そうかな?」

姉「というわけで」

男「うん」

姉「今から女の子についてお話したいと思います」

妹「! ダメです!」

姉「ええい、邪魔をするなー!」

男「お、女の子について…!?」

姉「聞きたい?」

男「は、恥ずかしいよ…うう…」

妹「こんな恥ずかしがっているお兄様が見れなくなるのは嫌です!」

姉「私だって苦渋の選択よ!」

妹「だったら別に教えなくてもいいでしょう!」

男「ね、ねーちゃん! なんで幼馴染が上半身裸になってるの!?」

姉「汗拭いてる途中だったの! 入るな!」

男「ご、ごめんなさい!」


56.
男「はわわわ…」ドキドキ

妹「なぜ…なぜです!?」

男「な、なにが!?」

妹「なぜ、あの女の体を見てドキドキするのですか!?」

男「な、なんでバレたの!?」

妹「私の体を見ても、なにもならないのに…」

男「うわわ、いきなり脱がないでよ!」

妹「…」

男「…?」

妹「すこしはドキドキしてくださーい!」

男「ええっ、無茶だよ…」

妹「…」

男「それに、大好きな妹だから」

男「そんな気持ちにならないよ」

妹「…お兄様」ウルウル

男「あ、悪いこと、言っちゃった?」

妹「やはりあなたは素敵です…一生ついていきます!」

男「え? え? さっき、泣いてたよね…?」


57.
妹「それでは…」

男「?」

妹「初めてを、あげます」

男「初めて?」

妹「はい」

男「うーん」

妹「どうしました?」

男「初めては、俺じゃないほうがいいんじゃないの? よくわからないけど」

妹「!! な、なぜ…」

男「妹の初めてって、なんか…兄の俺がもらうようなものかな~と思って」

男(結局、初めての意味はわからないけど)

姉「残念だけど、逆に男の初めては、幼馴染にあげるもんよ」

男「えっ、そうなの」

妹「…」グスン

男「うわわ、泣かないでよ」


58.
妹「そうですわね…」

男「?」

妹「もう、お兄様は、幼馴染さんとキスをする仲…」

男「は、恥ずかしいよぅ」

妹「私には、ほっぺたキス止まり…」

男「そ、そりゃあ家族だしね」

妹「ならば、お兄様のセカンドキスは私のーーー!!」

姉「させるか!」

チュウゥ

男「あ」

姉「!」

妹「!!」

男「あはは、二人とも仲いいんだね」


59.
妹「わ、わたしのファーストキス…!」

姉「わ、わたしのファーストキス…!」

男「ああ、そういうことだったのか!」

男「つまり、妹の言っていた初めてって、ファーストキスのことだね!」

姉「…」

妹「…」

男「あれ? 違った…?」

妹「はぁ…やはり、お兄様はお兄様ですね」

男「ち、違ったのか…」

姉「でも、そんなところが可愛い」

男「か、可愛いって言うなよー」

幼馴染「う…ん?」

姉「あ、起きたみたいね」

幼馴染「こ、ここは…?」


60.
男「だ、大丈夫!?」

幼馴染「あ。男…」

男「急に倒れて、心配したんだよ!」

幼馴染「ここは…男の家…?」

男「うん」

幼馴染「!! そういえばっ」

姉「ああ、大丈夫よ幼馴染ちゃん、私がしといたから」

幼馴染「! 姉さん、お久しぶりです…」

姉「まったく、男は本当に幼馴染ちゃんのことわかってないわねぇ…」

男「うう…ごめんね、幼馴染」

幼馴染「いいのよ、男はそれで」

男「?」

幼馴染「私がちゃんと、教育してあげるから」

男「!?」

姉「あらあら…これは完璧に尻に敷かれるわねぇ」


61.
男「それよりも、無事でよかったよ」

幼馴染「もう、大丈夫だから」フラッ

男「ちょ、幼馴染!?」

幼馴染「あれ?」

姉「ダメよ、まだ安静にしときなさい」

男「お、俺、リンゴむいてくる!」

妹「私も手伝います!」

姉「まったく、あの子ったら…」

幼馴染「す、すいません…」


姉「…」

幼馴染「あ、あの…ありがとうございました」

姉「ああ、うん」

姉「くれぐれも、男にはバレないようにね」

幼馴染「はい」

姉「…ねえ、幼馴染ちゃん」

幼馴染「なんですか?」


62.
姉「あなた、本当に男のこと、好き?」

幼馴染「え?」

姉「本当に男のこと、好きなのかしら?」

幼馴染「な、なんでですか?」

姉「ほら、もしかしたらね」

姉「昔からの付き合いで、私じゃないと男をコントロールできないとか、
  思ってたりしないかなと思って」

幼馴染「…」

姉「もし、そうならそれは勘違いよ」

幼馴染「そんなこと…」

姉「好きなら、そういう気持ちは無しにして」

幼馴染「…」

姉「男も、そうじゃないと不憫だから…」

幼馴染「…」

姉「? 幼馴染ちゃん?」

幼馴染「私は、大丈夫ですよ」

姉「…」

幼馴染「私、昔っから、ずーっと男のことが好きでしたから」


63.
姉「…そっか」

幼馴染「だから、心配はご無用です」

姉「…」

姉(なんで、悔しいんだろ)

男「おまたせ!」

妹「うう…指が血まみれ…」

男「あとで手当てしてあげるね」

姉「いいわ、男。私がするから」

男「そう? ありがとう」

妹「それなら、死んだほうがマシ…」

姉「いいから!」

バタン


64.
男「えーっと…」

幼馴染「…頂戴、リンゴ」

男「あ、うん」

幼馴染「綺麗に剥けてるね」

男「ありがとう」

幼馴染「いただきます」シャク

男「…」

幼馴染「うん、美味しい」

男「よかった」

幼馴染「ねえ、男」

男「なに?」

幼馴染「男は、私のこと好き?」

男「えっ…」

幼馴染「…」

男「す、好きだよ」

幼馴染「…」

男「は、恥ずかしいなぁ…」


65.
男「で、でもどうしたの?」

幼馴染「ううん、なんでもない」

男「そっか」

幼馴染「ねえ、男」

男「な、なに?」

幼馴染「ちょっとこっち来て」

男「う、うん」

男「…」

幼馴染「…」

男「あの、幼馴染?」

幼馴染「なに?」

男「急に抱きつかれると…困るというか…」

幼馴染「ダメ?」

男「う、うれしいけど…」


66.
幼馴染「私も、大好き」

幼馴染「でも、心配なんだ…」

男「?」

幼馴染「本当に、ただ純粋に男のことが好きなのか…って」

男「えっ…」

幼馴染「…」

男「…」

幼馴染「ごめんね、こんなこと言って」

男「…俺は」

幼馴染「…?」

男「俺は、幼馴染のこと、本当に、純粋に好きだから」

幼馴染「…」

男「どんなことがあっても、か、かわりゃないから!」

幼馴染「…」

男「ま、また噛んじゃった…」


幼馴染「ふふ…」

男「は、ははは…」

幼馴染「本当にあんたは…」

幼馴染「…ダメなやつっ」

チュッ

男「ほにゃ!?」

幼馴染「…明日、ちゃんとデートしよ」

男「え…」

幼馴染「今日は雨と私のせいで、何もしなかったから、ね?」

男「う、うん」

幼馴染「遊園地でも、いこっか?」

男「うん!」



comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。