FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-05

一方通行「…………」御坂妹「……(何か喋れよとミサカは(ry)」

1 :名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/03/06(土)
「――あっ!いいところに!ってミサカはミサカは手招きしてみる!」

特に目的も無く、強いて言えばとある説教くさい黒髪の少年か、
もしく自分のオリジナルの少女に会えはしないだろうか、
と思いつつ歩いていた10032号は、聞きなれた高い声音に足を止めた。

休日の賑わいを見せている街中で、点在しているカフェ。
その中でもかなりの規模を誇る店のテラス席から、ブンブンとこちらへ手を振る小さな影が一つ。
何だあれは、と頭の隅で思いつつ、10032号は仕方なしにそちらへ足を向けた。

「…こんにちは上位固体、生意気にこんな所で一人カフェですか?とミサカは挨拶をします」

「挨拶より先に喧嘩売られるってどうなの、ってミサカはミサカはちょっと憤慨してみる!」

キー!とわめく少女の真向かいには、誰もいない。
いつも一緒のロリコンはどうしたのだろうと思いつつ、
10032号はとりあえず促されるままに席に座った。


「…で、どうしたのですか?とミサカはあのロリk…
 じゃねぇや、あのいつも一緒のはずの貧弱モヤシの存在を聞いてみます」

「確かにあの人は細身だけどそれは酷いよ!せめて白アスパラにして!
 ってミサカはミサカは値段の高い方でお願いしてみる」

「まぁ心底どうでもいいです、とミサカは投げやりに答えます」

「もう!…ところでね、お願いがあるんだけど今大丈夫?
 ってミサカはミサカは足をぶらぶらさせつつ聞いてみるー」

「息をする事で忙しいので、ちょっとここら辺で失礼しますとミサカは」

「あのね、ミサカはここで待ち合わせしてるんだけど、ちょっと行きたい場所があるの!
 だからミサカが帰ってくるまで変わりにここにいて欲しいな!
 ってミサカはミサカはお願いしてみる」

「いや、だからちょっと用事があr」

「本当ちょっと!ちょっとだけだから!ね!何もしなくていいから!とミサカはミサカは、
 ホテルの入り口前で女性を説得する童貞の物まねをしつつ、椅子から早速降りてみたりー!」

「話聞けよこのアホ毛幼女、とミサカは…あっ、」

「すぐ戻ってくるからー!とミサカはミサカは既に走り出してみたりー!じゃあお願いー!」

(くそ…覚えてろ上位固体、とミサカは悪態をつきつつ、
 基本良い子なのでやはりこの場を立ち去れません…)

(……そして待ち合わせ相手、とは)

(………嫌な予感しかしねぇ、とミサカは思わず周囲を見回し、もし該当するのであればすぐに逃g)


「アン? …なンだァ、オマエ…」


(…られませんでした、とミサカは思わずエマージェンシーコードを発信します!!)



☆ようこそ ミサカネットワークへ☆


ミサカ速報(MSK)@ミサカちゃんねる

・書き込む前に読め
・ガイド
・FAQ
・上条当麻の扱い方について
・貧弱モヤシ(別名:セロリ)の扱い方について←New!


[ Rog in ]-----------

ID:Misaka10032

PW:tomalove

-------------------


[ Enter ]


【モヤシロリコン】ギャフンと言わせるにはどうすんのか教えろ【ご光臨】


1 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
お前らヘルペスミー

モヤシに捕まった
これからどうすればいいのか教えろ

2 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17264
なんかktkr

3 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14665
ギャフンwwww

ギャwwwフンwwwてwwwwww

4 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13240
>>1
つうかなんでそんな状況?
運営はどこいった?

5 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
>>4
知らん漏れが聞きたい
いきなり、席外すから戻るまでここで変わりにちょっと待ってろって言われた

そしたらこのモヤシロリコンがきた
今あの大通りのカフェのテラス席

死にたい

6:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10902
さすがロリコン…休日も幼女とお出かけか


胸が熱くなるな

7 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17792
セロリさんwwwマジwwパねぇwwっすwwwwww

8 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15031

「年下のガキに振り回されるのは、人間なら誰しもg(ry」キリッ

9 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18631
一方とかどうでもいいから上条よこせよ上条

10:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12102
お前ら本当いつも同じ会話だな

11:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10093
VIPでやれ

12:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
いやお前ら助けてくれよ
何だこれ

本当何これマジ何これ

13:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16445
今どういう状況なんだよ
とりあえず感覚共有しろ

14:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
了解した


「……なンだァ?……あのクソガキはどうした」

「……この席に代わりに座っているよう頼まれたのです、とミサカは大人なので親切に答えますが、
 むしろ貴方は幼女を放ってどこに行っていたのですが、と逆にミサカは問いただしてみます」

「……飲みモン買ってきてたンだよ、見て分かンねェのか。…あのクソガキの分までなァ!」



そういやトレイ持ってるわこいつ…
しかもなんかいっぱい乗ってるわ…


15:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18922
幼女のパシリ…か…

16:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12560
アクセロリータさん乙っすwwpgrwwww

17:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11343
>>1
とりあえず上位固体来るまでいるしかないな

きっwwまっwwずwwwいwwけどww

18:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19678
そのトレイの下から昇龍拳をかませ

19:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16754
とりあえず飲み物を奪って「大変!熱があるんじゃない!?」とか言いながらぶっかけろ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:M+wCxpfK0
相変わらずこのネットワークは黒いな、落ち着く

20:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17216
モヤシwww嫌われまくりんぐwwwww

21 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
とりあえず座らせとけ
杖ついてんだろ

22 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13448
>>21
やだなにこの人…かっこいい…///

23 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
びっくりするほどユートピア!
びっくりするほどユートピア!
って目の前で尻叩きながら白目向いて叫ぶと、一方通行がギャフンって言うよ!

オススメ!

24 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11002
>>23
なにそれ怖い

25 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
>>21
分かった
>>23
お前がしろ
今ここにきてお前がしろ


「……とりあえず席に座ったらいかがですか、とミサカは親切にも目の前の席を勧めます」

「チ、…………」

「……何を買ったのですか、
 とミサカは何かいっぱい乗っているトレイを前に、少しメニュー内容に興味を持ちます」

「ア?…見りゃ分かンだろうが」

「いいえ。ミサカはこのカフェは何度も通りがかっていたので
 興味はありますが、入ったことはありません。
 ですのでメニュー内容も分かりません、と正直に伝えるので説明しろ、とミサカは伝えます」

「……ジュースとコーヒーとォ…、パウンドケーキとチョコスコーンとブルーベリーチーズマフィンと
 マロンデニュッシュパイとニューヨークチーズケーキ…」

「…………」

「…………俺じゃねェからな」



このロリコン、幼女に甘すぎだろ…マジぱねぇ…
ちょっと舐めてたわ…

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Oc5uxDRM0
>……ジュースとコーヒーとォ…、
この部分萌えた

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:MpVZci6A0
お一つ頂いちゃえよ

26 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19543
どんだけwwww
マジどんだけwwwww

頼みすぎだろ…常識的に考えて…

27 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18922
まぁロリコンが幼女のおねだり断られる訳がないよな

28 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14320
あそこのカフェかー
食べてみたい

お姉様も美味しいって言ってた、特にマフィンとやらが

29 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11203
ロリコンの相手してやってんだから、それぐらいもらってもいいと思うの><

30 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13031
味覚感覚共有待機

31 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14103
味覚感覚共有期待age

はやくしろ

32 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
ええええええええ

なんて言うの?
こいつになんて言うの?

33 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13031
おいお前ら!無理言うなよ!

セロリさんは中学生以上はババアって公言されてんだぞ!!

34 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13982
きっめええええええええwwwwwww

35 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16213
まぁものは試しじゃん
まだ運営帰ってこないし

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:b+9lf6LQP
退屈しないなこいつら

36 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
そ、そりゃ食べてみたいけどだな…


「…………」

「…………」

「…………」

「…………何見てンだコラ」

「…………いえ別に、とミサカはマフィンを熱烈な目で見つめながら、あくまで冷静に返答します」

「………ちっ、……オラよ」

「…なんですか?とミサカは、」

「うるせェよ。…ンなうざってェ目で見るぐれェなら、さっさと食えっつってンだ」

「でも、これは上位固体の…」

「馬鹿ですかァ?ここは店だろォが。いつでも買いに行けンだろ」

「だけど…」

「アアもう、しつけェって言って…」

「…マフィンは飲み物が無いと喉に詰まってエライ事になります、
 とミサカはそのコーヒーを見つめながら、正直に懸念を告白します」

「…好きにしろよもう…」



あれ…マフィンとコーヒーくれた!
ていうかなんかトレイごとこっちにくれた!!

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:MpVZci6A0
やだ・・・優しい

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Oc5uxDRM0
優しい…

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:OQNe09Vu0
くそ・・・萌える

37 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12465
セロリさんかっけーっす
マジかっけーっす

38 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10912
やったー!
味覚共有ktkr

…美味い

けどセロリは市ね

39 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16201

…美味い

けどモヤシはロリコン

40 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14635

美味いー美味しいー

幸せー。今度お姉様に報告しよー

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:U4QFGc2J0
やだ・・・可愛い・・・このセロリ

41 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19873
しかし、まだ運営帰ってこないのか

42 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18732
運営様から頼まれたからには、この場は温めておかなければなるまい…

まぁセロリさんの事は嫌いですけどねwww
うざいですけどねwwwpgrww

43 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10095
ただ食ってるだけじゃ場がもたなくね?

44 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
とりあえずコーヒー零して、「きゃっ!ごめんなさい///」ってチンコ触ってみるのとかどう?

45 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14112
>>44
きめえ市ね

46 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
>>42-43
分かった
じゃあなんか話題くれ


本スレ>>50


44:QJI0exBpO
相変わらずの20000www

46:EJHQVErG0
20000は変わんねえなwwww


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:QJI0exBpO
メル友にならないかと提案

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:TPXlxHoB0
こwwwれwwwわwwww

47 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16523
メル友にならないかと提案

メルアドゲット

ゲイおホモだちサイトに登録しまくる←New!

48 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10523
こっちも何か奢ってやる

49 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
とりあえず殴る

50 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17492
運営が帰ってくる瞬間を見計らって、「どうして私を捨てたの…っ!?」と小芝居

もし安価なら>>47

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:IR8F9DspO
鬼畜すぎる

51 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19080
ktkrwwww

52 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
>>50
は、把握した…頑張る
見てろ漏れの勇姿を


「…ところで、とミサカは唐突に話題を切り出します」

「……ンだよ」

「…上位固体が最近、新しい靴を欲しがっているのはご存知ですか?と、
 まぁ知ってる訳ねぇだろうなというのを前提で、ミサカはあえて聞いてみます」

「……新しい靴、だァ?」

「はい。先日ミサカネットワーク内で知識共有という名の脳内ファッションショーが行われた際に、
 上位固体がそう言っていました、とミサカは伝えます。
 ちなみにどんな靴が欲しいのかも、ミサカは認知済みです」

「……でェ?それを俺に伝えて、一体どうしろって…」

「え、どうせ買うんでしょ?とミサカは鼻で笑いながら遠慮なくコーヒーを飲みます。何これ苦っ」

「…………」

「まぁほら、何より貴方がドンピシャで上位固体の欲しい物が分かっていれば、
 買い物の際に無駄な手間が省けますし、
 その上、上位固体からの尊敬の眼差しも思うがままですよ、
 とミサカはパウンドケーキを食べながら伝えまふモゴムゴ」

「………まァ、確かに、手間は省けるなァ。手間がな」

「そういう事にしておきましょう。つきましては、
 ぴったりのモノを見つけたら写真メールでお知らせしますので、
 携帯番号とメールアドレスを教えてください、
 はいホラ携帯出して携帯とミサカは矢継ぎ早に言ってみます」

「…………」

「はい、では…っと、終了です。…用が無くても、寂しかったらメールしてきていいですよ?
 まぁほぼシカトしますけど、とミサカはケーキのお礼に優しく伝えてみます」

「…………」



ゲッツwwwwゲーッツwwww
とりあえずお前らにも、後で回すわメルアド

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:EJHQVErG0
よくやったwww

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:foEgNUAhO
その日の夜からセロリの携帯に大量の迷惑メールが……

53 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11987
さ…さすが…さすが俺たちの>>1さんやでぇ…!

54 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15493
とりあえず出会い系に登録するわ

55 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12098
とりあえずブラックメール送るわ

56 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17634
おいやめとけよ

こういうのに限って、神経細かったりするんだよ
携帯握り締めて半角カタカナのポエムとか書いちゃうんだよ

57 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12675

俺ハ ココニイチャイケナイ…

闇ノ中ダケガ 俺ノアンソクノバショ…

コノ黒い翼ガ 俺ヲモット深い闇ヘトイザナウ…

ロリコン…ソレダケガ 俺ノ タダ一つの真実…

58 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16525
きっめええええwwwww

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:lY90DE8dO
きっめええええwwwww

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:OQNe09Vu0
ふいたwwwwwwwwwwww

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:M+wCxpfK0
だれか例のポエムもってこいよ

59 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18351
まぁでもこのロリコンがどんなメールを打ってくるかは興味あるな
ちょっと夜にしてみるわ

60 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16523
>>59
長文ポエムが返って来ても、携帯ブチ折るなよ
我慢しろよ

61 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
ていうかまた話題途切れたよ
どうすんだよこれ

つうかこいつも何か喋るべきじゃね??
何で漏ればっかり喋ってんだよケーキ美味いマフィン美味いコーヒー苦い

62 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14261
ていうかお前、セロリさんのコーヒーまで飲んでじゃねぇよwww

63 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16312
返してやれよ
ロリコンが暴れたらどうすんだよ

噂ではカフェイン中毒らしいぞ、こいつの体内80%コーヒーらしいぞ

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:2L6nzRvj0
怖いミサカネットワーク怖い

64 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
そういやくれたから飲んじゃってた

やべ…今気づいたけど、セロリ何も飲んでない食ってない…
何この状態…

65 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17634
>>64
餌付けwwwされとるwwwバロスwwww

66 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
とりあえず、お前が何か買って来てやれよ
いちいち杖ついて行くのも手間だろ

67 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16752
>>66
やだ…さっきからかっこいい…///

68 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
そんで買ってきたコーヒーを「あっ!私ったら!///」って股間に零してチンコ触るのってどう?

69 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14210
>>68
きめぇ市ね

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Oc5uxDRM0
14889かっけえ

70 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
>>66
把握した


「…そういえば貴方は何も飲んでいませんね、とジュースにも既に口をつけていたミサカは、
 今更ながら申し訳なさそうに謝罪しながら、
 チーズケーキを食べムグムグコーヒーの残りを飲み干し…ズズッ…苦っ」

「…モノ食いながら喋るンじゃねェよ…お前ら本当似てンだな、そういうとこよォ…」

「なん…だと…? と、ロリコンに呆れた目で見られている事に、ショックを禁じえません、
 とミサカは断固講義します」

「ロッ、ロリコ…ッ!?」

「あ、やっべ(笑)嘘ですし冗談ですし(笑)とつい本音が零れた事を誤魔化しながら、
 ミサカはいそいそと立ち上がり、何のコーヒーが良いですか?とあなたに聞きます」

「は、え?…ア?…コーヒー?」

「はい。貴方の分はミサカが飲んでしまったので、代わりに買ってきます、
 とミサカは気の利く子をアピールします」

「もういちいち突っ込まねェけどよォ…つか、別にいらねェし」

「何にしますか?とミサカは問います」

「いや、だからァ…」

「早くしろよ、とミサカは問います」

「……ブラックで」



よし!買ってくる!
つうかブラックでって、何なの?こいつ中2病??


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:M+wCxpfK0
カフェオレを出したらどんな顔するか見てみたい

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:2L6nzRvj0
ここでまさかの牛乳

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:7IZ+PM0kO
いや見た目ブラックの極甘での反応を

71 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14219
よし、キャラメルマキアートにしろ

72 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14983
ホットミルクにホイップクリーム乗せて出せ

73 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10601
黒糖きな粉ラテにしろ

74 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13705
ギリギリ飲めるレベルじゃないと嫌がらせの意味ねぇだろ

カフェオレ一択

75 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18745
見た目ブラックで砂糖入れまくれ

10袋ぐらい入れまくれ
極甘にしろ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:M+wCxpfK0
ここでまさかのオレンジジュース

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Oc5uxDRM0
目指せ溶解度100%

76 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032

お前ら意見統一しろ!!!
買うのも渡すのもこっちなんだぞばか!!

77 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13577
とりあえずあいつが飲めるレベルにしとけよ
運営にちくられちゃかなわねーぜ

78 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18723
ていうかあのツルペタ、マジで何してんの?
遅くね?

79 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
さっき路上でうんこしてるの見たよ!
なんか便秘だったみたい///

80 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13942
>>79
お前運営にログばれたら、マジでジャンピング土下座フラグだかんな
知らねーからな

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:M+wCxpfK0
何食わぬ顔で水道水

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Oc5uxDRM0
溶解度100%の持ってって「再結晶法って知ってるか?」

81 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
お前ら参考にならなさすぎるわ…
とりあえず漏れはケーキの恩もあるし、要望にきちんとこたえる事にする



「…お待たせ致しました、とミサカは今時の子供ごとく、
 携帯をいじって暇を潰している貴方に声をかけます」

「クソガキから連絡ねェか、見てただけだ。……つか、何、コレ」

「ベンティアドショットヘーゼルナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソースランバチップチョコレートクリームフラペチーノ
 です、とミサカは一気に答えますゼエハア」

「は?え、…何?」

「だから何でもクソも、ベンティアドショットヘーゼルナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソース
 ランバチップチョコレートクリームフラペチーノ、だって言ってんだろがモヤシ、
 二回も聞くなよ息切れで殺す気か?とミサカは憤慨しますゼエハア」

「……いや、もう名前言わなくていいわ。なンでこれ?……俺ブラックって言わなかったか?」

「売り切れてました、とミサカは涼しい顔で答えます」

「……ブラックが?」

「ブラックが。 後、何か片仮名がいっぱい並んでてかっこいいので、
 きっとその中2病も満足すんだろpgr(笑)、
 とミサカは新たに購入したハムエッグパイを食べながら返答しますムグムグ」

「つか…でけェし…普通に…」

「一気コールがいるならばいつでも用意があります、とミサカはグッと親指をたてます」

「…………」

「…………」

「…………」

「…………はい、いっつーの!!ちょっといいトコ見t」

「コールすンな!!…ク、クソ…なンだこれマジで…」



ミ サ カ 大 勝 利
「ア、甘ェ…死ぬ…クソが…」とかブツブツ言いながらスプーンで生クリーム食ってる
モヤシwwwwwpgrwwwww

ちなみにこんなの買った、出来立て時の参考共有
cup2.jpg

82 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11021
要望wwww答えてねぇwwwww

中2病しかwww叶えられてねぇwwww

83 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14896
ねーよwwwwww
つうかでけぇwwwマジでけぇwwwww

84 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10297
早くその頭にかかと落としをして、生クリームに顔を突っ込ませろ
ドリフみたいにしろ

85 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16758
「大変、そんな小さいスプーンじゃ味がよく分からないわ!」って言って、
あご押さえて無理矢理一気飲みさせろ

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:kR3yjXhGO
てか何そのデカイの飲みてえw

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:4a3ErRpkO
もしかしてそんな長い名前のが実在すんのか

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:U4QFGc2J0
ちょっとスタバ行ってくる

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:hEUsuBl/0
ムチャシヤガッテ

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:D47kdgE2O
>>161
アレ頼んでうp

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:fECWFRGgO
買ってきたwwww

くそ甘いwwww

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:MwmCepz00
>>170
超GJ

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:mhZkBb5v0
>>170
どうやって頼んだんだよwトッピング多すぎだろw

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:hEUsuBl/0
店員の反応が気になる

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:gyhRpZFiO
>>170
よくやった

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:hEdm/rPE0
>>170
いくらくらいしたんだ?

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:TPXlxHoB0
>>170
食べたい・・・

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:fECWFRGgO
>>173
「カスタムってできますか?」

店員「できますよ」

「ベンティアドショットヘーゼルナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソースランバチップチョコレートクリームフラペチーノ
 一つ」

店員「えっ」

「だからベン(ry」

店員「すみませんがもう一度お願いします」

「ベンt…ってかこれで」(メモを見せる)

店員が一分くらいレジ入力

店員「こちら結構なお値段になりますがよろしいですか?
   あと、ベンティサイズでよろしいですか?正直トールをお勧めします」

「あ、じゃあはい」

710円wwww高えwwww

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:BDTfNWFG0
よくやったGJ

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:7p7bYv8q0
まずベンティの時点でねえよw

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:rF/xgx0b0
710円高えええええええええええええええええええええええええええええええええええええ
こんど試してみる

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:3UryNU940
店員にはバツゲームとでも思われたんだろうか

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:fECWFRGgO
わりとすいてる時を狙って行ったのに急にに客沢山来て焦ったわw

オーダー終わった後店員(女)が「感想聞かせて下さいね」って言ってきてだな

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:hEUsuBl/0
ほほう
ベンティアドショットヘーゼルナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソースランバチップチョコレートクリームフラペチーノ
を頼むとフラグが立つのか

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:7VrR7r1J0
マジかよ
ベンティアドショットヘーゼルナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソースランバチップチョコレートクリームフラペチーノ
買ってくる

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:hGMqYXq0O
※ただしイケ(ry

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:fECWFRGgO
完食して帰ろうとしたときその店員さんに会って
店員「あ、どうでした?」

「いやぁ、甘かったです。おいしかったですけど」

店員「そうですかー、今度私も試してみますね」

「なんか混んでる時にすみませんでした」

店員「いえいえ、そんな。またいらして下さいね」


いやぁ、ホントに甘かったわ

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:pGJ0iNyZ0
ちょっとスタバいって混んでないと思いきや混み始めた時狙って頼んでくる

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:NVEOgWfaO
スプーンですくって一口お裾分けすればよかったのに

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:hyj+23KA0
ちょっとスタバ行ってくる

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:0KH7paY1O
なるほどこれが
ベンティアドショットヘーゼルナッツバニラアーモンドキャラメルエキストラホイップキャラメルソースモカソースランバチップチョコレートクリームフラペチーノ
の能力か

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:3UryNU940
ベンティサイズだ何円だったんだろう?

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:mhZkBb5v0
ベンティだと940円だったはず

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Z9UagieO0
店員がこのスレ見てたりして

86 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19090
つうか>>1食ってばっかだなwww
知らねぇからなwwwwもうダイエット方法教えねぇからなwww

87 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14896
ハムエッグパイ…
どうしてオニオンパイにしなかった…お前とはもう口きかね

88 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
>>86
だって…食べたかったんだもん…

89 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16798
ていうかまだセロリ大人しく食ってやんのwwwpgrwww

90 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
おい早く机を揺らして、ベンなんとかを零せよ
そんで生クリームをひっくり返して「や、やだ…白いものが服に…///」
とか言いながら股間ペロペロしろ

91 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10987
>>90
お前頭大丈夫?

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:gVxS3zf80
20000はどこで調整を受けているのか心配になるな

92 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
>>87
安心しろ…オニオンも買ってる…
ちくしょう
そう言えば何かスカートのウエストやばいキツい


「…ところでスプーンが進んでいないようですが?とミサカは、
 あなたの目の前にあるベン(ry を見つめつつ、
 ただザクザクとスプーンで氷を刺して遊んでいるあなたを問いただします」

「食いモンで遊ぶかよ…このクッソ甘ェクリームと、下のコーヒーを混ぜてンだよ!」

「甘いものがそんなに苦手なのですか?とミサカは今更ながらに聞いてみます」

「本当に今更だろォが…嫌いも何も、まず食い慣れてねェンだよ。
 …つか、これそれ以前の問題だろォ…」

「マジでか。と、…そんな貴方に朗報です、とミサカはずずい、とお皿を突き出します」

「ア?」

「見れば分かんだろオニオンパイです、とミサカはあなたの前に無理矢理お皿を起き、
 さぁ食え、と促します」

「なンでだよ」

「甘いモノを食べ飽きたら、次はおかず系と決まっています。そしてまた甘いモノに戻るのです。
 これは常識です、エンドレスエイトなのです、とミサカは懇々と説得を続けます」

「……、…そォかよ」

「よし」



ふう、無事押し付けられたぜ
素直に食うという事は、こいつよっぽど生クリーム食べ飽きてたんだな…
悪い事したな…

とか思ってないけどな、全くなwwwpgrwww

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Jb9ILPTY0
一通さん行儀いいな

93 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12876
今北産業

94 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17984
>>93
ロリコン
モヤシ
くたばれ

95 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10245
>>93
10032号
セロリ
お茶中

96 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11876
>>93
運営不在
会話気まずい
どうにかしろ

97 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15214
ていうか今更ながらなんだこの図…

98 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Mikasa19654
しかし会話続かねぇな

99:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11765
つうかセロリとどんな会話しろってんだ
幼女か?
幼女の話か?

100 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
お前らが頼りないからだろうが!
気まずいのは漏れなんだぞ!
とりあえずボスケテ

話題安価
>>105

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:9wBM/9zf0
スネーク役の17600の仕事はまだか

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:gpK8rNc30
上条さんの話でもすればいいんじゃね

101 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18712
ksk

102 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11121
何でそんな変な柄の服を着ているのか聞く
他に服は持ってないのか聞く

103 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15249
なんで最近になって、横だけ長い髪型から無造作ヘアーになったのか聞く
お洒落意識か?毎日ギャッ○ビーか?

104 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
初めてオナニーした年齢とその時のオカズを聞く

105 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Mikasa14529
セロリから話題が来るまで黙秘

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:z7mC9aqs0
20000・・・もういい、休むんだ・・・

106 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
えええええええええ

107 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19002
>>105
余計www気まずいwwww

108 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17012
これは苦行
セロリを前に、罵ることも許されないとは…

109:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12789
まぁでもほら、運営も「実はあの人お話好きなの」とか言ってたじゃん
意外とウィット(笑)に富んだ会話がくるかもよ

110 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10084
安価はwww絶対wwwww

喋ったら、お前後で女子便な

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:z7mC9aqs0
そうだよな、もしかしたら君の瞳にラストオーダーとか言い出すかもしれないしな

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:VshXkOsSO
>>350
もう許してやれよwww

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Ce7Gbr5rO
>>350それはひどい

111 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
おまえら覚えてろよ
マジで覚えてろよ


「…………」

「…………(モグモグ)」

「…………」

「…………(ズズッ)」

「…………」

「…………(モグモグ)」



ちょwww反応なしwww
一切無視wwwイッサイガッサイwwwお前クレバかwwwふざけんなwww

ttマジでふざけんなよ何だこれ…
チラチラ意味ありげに見てんのに、無反応だよ
こんなカワイコちゃんと目が合ってんのにだよ
どちらかと言うとまだオニオンパイとベン(ry に夢中だよ

おい何だこいつ不能じゃねぇのか

112 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15684
>>111
どうした、涙拭けよ

113 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16306
幼女にはファミレスで、あんなに饒舌だったのにな…
やはり中学生以上はババアなのか…

114 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10874
さすがセロリさん!自分に正直っすね!

おい誰か槍もってこい

115 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14529
仕方ない、お前も独り言ぐらいは言っていいぞ
それで何とか誘導しろ

116 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
よ、よし…独り言な…


「…あー、今日は良い天気だなー、とミサカは空を見上げながら独り言を言います」

「…………(クソ甘ェ)」

「こんな日には、思わずウィットに富んだ会話も弾みそうだわ、とミサカは斜め上を見ながら、
 あくまでも独り言を零します」

「…………(オニオンうめェ)」

「なんかお店が賑わってきましたね、カップルが多くて何よりです死ねばいいのに、
 とミサカはほのぼのした光景に目を細めつつ、独り言を言います」

「…………(やっと生クリーム無くなったぜェ…)」

「…………」

「…………」

「…………(うう…何か喋れよとミサカは(ry)」

「…………」

「……そ、そう言えば、最近はバーゲンが始まってるみたいですね、いいなぁミサカも何か欲しい、
 とミサカは少女らしい事を一人でこっそり口にします」

「……勝手に買やいいだろォが」



あっ!!

反応した!! どこにだ!?
買い物ってワードから、下着屋でも想像したのか?
漏れに思わずエロスを感じたからか?

なるほどな…

117 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13987
>>116
何にもなるほどじゃねぇよ貧乳wwww

118 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14570
しかしやっと話しかけてきたな
このまま待機?

119 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11909
まぁ会話が始まったことだし、繋げていくか

120 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12675
お前らちょっと余裕が出てきたなwwww

121 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
分かった
ちょっとこいつの目つきが嫌らしいのが気になるけど、我慢するわ…

122 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15639
>>121
おい!
だからセロリさんは、中学生以上はババアって公言されてんだろうが

123 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10258
>>121
ていうかwwwお前のどこをそんな目でww見るんだよww
貧乳じゃんwww貧乳じゃんwwwwバストアッパー買ってこいよwww

124 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13940
>>123
お前お姉様に殺されるぞ

125 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10258
>>124
すいませんでした調子にのりました

貧乳じゃなくて成長途中ですよね!!!!

126 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
バストアッパー…か…


「…勝手に買やいいだろォが、とはどういう意味合いでしょうか?
 とミサカは物まねをしながら返答します、我ながら似てました」

「似てねェよ!ドス利かせただけだろォが!!」

「ベン(ry が零れるので暴れるのはよして下さい、
 20000号に安価を取られると大変な事になります、とミサカは忠告しつつ、
 それで勝手に買えとはどういう意味でしょうか、と再度問います」

「にまん…?あんか?」

「お気になさらず、とミサカは続きを促します」

「…チ、……だからァ…、欲しかったらこンな所で愚痴ってねェで、
 さっさとバーゲンなりなンなり、行けっつってンだよ。
 あのクソガキの頼みなンか、わざわざ聞く事ねェだろォが。
 ……俺と一緒に茶ァするなンざ、何の罰ゲームですかァ?」

「いきなり饒舌になりやがりましたね、とミサカは少し驚きつつ、返答します。
 …確かに現状のミサカの行動は、上位固体による依頼事項に端を発しています。
 命令ではなくあくまでも依頼なので、シカトをかます事も可能です。
 …しかし、ミサカはなるべくなら上位固体の頼みごとは、聞いてあげたいと考えています。
 下位固体が上位固体に対して、このような意識を抱くのは些か矛盾ではありますが、
 ミサカは大人しくその欲求に従います、以上です」

「…あァ?」

「要は、上位固体だけどあいつ見た目も中身も結局幼女だしな(笑)、
 とミサカは年長らしい口調で言ってみます」

「…ハッ、姉妹気取りですかァ?」

「え、ならあなたは何気取りなんですか?(笑)と喧嘩を売りつつも怖いので、
 ミサカはさっさと次の質問に移ります」

「…………」

「バーゲンとは知識としては知っていますが、実際には行った事はありません。
 あなたはあるのですか?どんな感じなのですか?
 と、ミサカはその意味不明なデザインの服をジロジロと見ながら答えます。
 何それ、ウルト○マン意識?」

「ぶっ殺すぞ」



やっべ(笑)口滑った(笑)

127 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19501
ウwルwwトwwラwwww


馬鹿じゃねぇのか…

128 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12542
おお、話題続いてるじゃねぇか

129 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
安価が始まると聞いて飛んできました

130 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13654
>>129
帰れよ頼むから

131 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14785
なんだこいつ、ババアが相手でも喋れるのか

てっきり幼女としかまともに会話できない真性かと思ってた

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:6/FN2Ryb0
自覚あんのかよwwww

132 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17894
>>131
違うよ!
まともな知り合いが幼女しかいないんだよ!
友達いないんだよ!

133 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
>>132
やめろなんか普通に可哀想だろ

134 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19090

~以下、幼女しか知り合いのいない真性セロリさんを悼むスレになります~

135 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12981
しかし何であの服なんだろうな…なんかこだわりあんのか?

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:DucxGQajO
上条まだー?

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:qI9r4cqQ0
一方通行が俺の人生のベクトル変換したらどうなるの?

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:HTZtffLZ0
しにます

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:VDe9qXbu0
一方通行「俺のベクトル変換が……効かねェ……だってェ……!?」

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:r4EtI3rw0
>>518
お前の最弱(さいきょう)には一方さんもかなわねぇってさ

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:WAyYmzCS0
人生は生まれた時からバックはできない一方通行なんだよ

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:qI9r4cqQ0
ちくしょおおおおおおおおおおおおおお


おい、上条と猫が戯れてる写真とったぞ

1 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000

やあ (´・ω・`)
ようこそ、ミサカネットワークへ。
このゲコ太はサービスだから、まず観賞して落ち着いて欲しい。
うん、「また」なんだ。済まない。
打ち止めの顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。
でも、このスレタイを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このスレを作ったんだ。

じゃあ、IDの数だけ腹筋しようか。

2 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18932
くそおおおおおおおおおおおおおおお

3 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15211
スレタイみてから20000号特定余裕でしたwwwwwwww

4 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14073
ID三桁が来たらマジで腹筋する

5 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11984
>>1いいから写真だせよ

6 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15194
>>4さすがに三桁はもう居ないだろ

7 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19223
マジレス

8 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16669
>>6
>>6
>>6

9 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka999
えっ

これ面倒レベル6wwwwwwwww

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:r4EtI3rw0
IDとかデフォで一万越えじゃねぇかwwwwwwwwwwwwwww

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:gpK8rNc30
ちょっと待て誰か冥土から書き込んでるぞ

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:2Q/ikXhRO
おいおい>>1ィ!
こっちはずっと待ってンだぞォ!?

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:vzYdmrky0
>>542
うるさい

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:2Q/ikXhRO
>>543
ごめんなさい

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:qnFKU6cnO
>>544
やだこの子すごい素直じゃない


そ→げ→ぶ完成で彼が漏れの胸触ってる時の感覚うp

1 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
今のネットワークじゃ無理だろうなwwwwww

2 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17746


3 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18929


4 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19090


5 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12311


6 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13271


7 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17756


8 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
>>5-7キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

9 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19090
おらっ!出てこい>>1

10 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
しょうがねえな、ほらよ。最後の実験の後だmnw.kamijou.jpg

11 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
うがAAAAAAAAAAAAAA

12 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
これ、実験でセロリにやられた時のだろうがあああああああ

13 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13278
>>10ブラクラ注意


136 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
つうかウルトラの人意識じゃなかったら、何これ?
道路標識の物真似かなんか?
一方通行だけに(笑)


「…バーゲンなンざ、俺も行った事ねェよ。行く必要ねェしなァ」

「それは何故ですか?とミサカは問います」

「金あっから、別にいつでも買えンだよ」

「…………」



や、やだ…なんかかっこよく見えてきた…///

137 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18123
金にwww目がww眩んでやがるwwwww

138 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10451
>>136
確かになんか…一方通行さんって、素敵だよね…///

139 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12098
>>136
小さい子に優しいなんて、素敵!///
それにやっぱり、むきむきマッチョよりも、細身の人の方がいいよね…///

140 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13467
>>136
その今着てる服も、きっとどこかのブランドでオートクチュールとかなんだよね?
やだ…お洒落にこだわりがある人って、憧れちゃう…///

141 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14128
>>136-140
そんなお前らにここでお知らせ

こいつ借金八兆円以上あります

142 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10451
>>136
やっぱり市ね

143 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12098
>>136
誰かアグネス呼んでこいよ

144 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13467
>>136
道路標識が標識の物真似してんじゃねぇよwwwwpgrwwwww

145 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
目が覚めた
ちょっと眠くて寝言言ってたわ


「そ、そうですか…ですがミサカはそんなにお金が無いので、
 是非バーゲンなどに行ってみたいと考えています。
 どこかお勧めのお店はありますか、とミサカはブランドに詳しいらしいあなたに聞いてみます」

「あァ?お勧めェ?…つうかお前、そういや金はどうしてンだ。持ってンのか?」

「失礼な、とミサカは憤慨します。
 お金の方は毎月きちんとメンテナンス費用が、それぞれの固体に対して割り当てられています。
 基本的に衣食住全てが管理下にあるミサカ達には必要が無いので、普段使用することはありません。
 しかし念の為にと冥土帰しより出歩く際には「緊急用に」と、カードを持たされています。
 このベン(ry とパイは、そのカードを使用し購入しました。
 初めて使用してみました、とミサカは報告します」

「…、それで買やいいじゃねェか」

「バーゲンでの買い物は、果たして緊急に該当するでしょうか、とミサカは首を捻ります」

「このクソ甘ェ飲みモンとパイ買っておいて、まだそンな事言ってンのかァ?」

「それは緊急に該当する、とミサカは判断した為に購入しました。
 理由としては、既に規定昼食時間が過ぎており、ミサカがカロリー摂取を必要としていた為。
 そしてあなたがミサカにコーヒーをくれた事で、あなたの喉が渇きを覚えていた為です、
 とミサカは報告します」

「…俺はいらねェっつっただろォ」

「ですがミサカは必要だと判断しました。
 …そういえば断られたのに何故でしょう、あれ?とミサカは、過去の自分の行動に疑問を覚えます」

「……、お勧めって、その前にどンなのがいいンだよ」



ちょwww
金の心配されたwwwwこいつww超失礼じゃねwwww

ところでそういや、お勧めってどんなんしてほしい?
お前らどんなんが趣味?

漏れは上条好みになりたい///

146 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17290
>>145
大人っぽい格好

147 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13524
>>145
可愛いのが着たい

148 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13812
>>147
同意

149 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
俺たちは生まれた時は、みんな裸だったじゃないか…!
みんな、みんな全裸でいいんだよ…!

そんな訳で全裸かもしくはボンテージがいいな///

150 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19025
>>149
一人で全裸リンボーダンスでもしてろボケが

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:BSrzEMIc0
ワゴンですの

151 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
可愛い系な
把握


「…可愛い系統がいいです、とミサカは要望を伝えてみます」

「可愛い系だァ?…アバウト過ぎンだよ、ブランド毎にコンセプトも違うしよォ。
 どンなンだよ、花でも飛んでりゃいいのか」

「えーと、えーと…ミサカの乏しい知識からでは…と必死にミサカは頭を悩ませてみます」

「アー、…そこ等辺のタメの奴ら、見てみろよ。好みのがいンじゃねェのか」

「そこらへん…」

「例えば、…ああ、あっちの席にいやがる女共とかよォ、」


『うーいーはーる~!えいっ!』

『ちょ…っ!もう、佐天さんっ!お店でいきなりスカート捲らないで下さいっ!何なんですか!?』

『いや、何か期待されてるような気がして…。しかし私服でも捲りやすいスカートで、何よりだね~』

『もう!佐天さんに捲られる為に、スカートを着ている訳じゃないですよ!っとに、毎回毎回…』

『そんな…まるで、人が会う度にスカートを捲っている痴女みたいに…!』

『自覚があるなら何よりです』


「…どう、なンだ?
(って、なんだァあの女…なンで頭に花瓶乗っけてやがンだ…流行?流行なのか?)」

「…確かに可愛いです、とミサカは素直に率直な意見を述べてみます。
 彼女たちはお姉様の知り合いなので認知していましたが、
 私服は始めてみましたよく似合っています、とミサカは素直にグッジョブを送ります。
 あの花瓶以外は」

「やっぱり花瓶なンか、アレ…」

「正確には、彼女の「温度を一定に保つという能力」を、常に堅持・持続・使用させ、
 能力の確認と向上を行う為に生花をつけているのではないか?と、ミサカは推測します。
 でもアレは正直なくね?(笑)、とミサカは見たままの感想も報告してみます」

「お前だって今日はしてねェけど、デコになァンかでけェの、いつも着けてンだろォが。
 …もォ必要もねェってのに」

「アレはミサカのチャームポイントであり、どこでも暗視ゴーグルはとても優れているものです!
 と、ミサカは一緒にすんなと憤慨しつつ主張します!」

「ああ、そォかよ…で、結局どっちの奴の服装が好みなンだァ?」

「……花瓶さんの方かな、とミサカは悩んだ末に答えます」

「ふうン……じゃあ店はなァ…、」



なんか色々教えてもらった!メモった!!
後で地図情報と一緒に送るわ

152 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13347
なんかセロリが親切で気持ち悪い

153 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14934
なんかロリコンがお洒落って怖い

154:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19025
なんかモヤシに気使われるとか痒い

155 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16409
お前らひでぇwwww

結局何しても気に入らねぇのかよwwwww

156 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17865
まぁせっかくだから、その店には行ってやらんこともないがな

157 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12678
つうか結構会話続いてんなぁ

158 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
ていうか思ったより、一方通行って良い奴なんじゃね?
なんかさ…こう…

159 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12974
>>158
ハアアアアアアアア!?!!!

お前マジで何言ってんの?病気?

160 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18423
>>158
まああああああああ!?!!

161 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16845
>>158
づらあああああああ!!!!

びっくりしすぎて食ってた桃谷のラー油、噴出したわボケ
品薄なのにどうしてくれんだ

162 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10267
>>158
>>158
>>158


>>159-161
誰wwだwwwwよwwwww

163 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14785

>>158さんが頭の病気にかかったと聞いて飛んできました!

164 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18765
>>158のおかげで足の小指をタンスにぶつけた
責任取れ

165 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17012
>>158
何か辛いことでもあったのか?
大丈夫?
特に頭とか大丈夫??

166 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510

な、なんだよう…

599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:LkU21H9P0
>>な、なんだよう…
にグッときた自分がいる・・・

602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:d2w4ymnY0
な、なんだよう…がすごく可愛い

604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:oWub5fV80
やべえ14510号かわいすぎる

167 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
まぁお前ら冷静に考えてみろよ

・飲み物と食い物ゴチ
・とりあえず金持ってる
・お洒落話題(笑)豊富

なんだこれ…イケメンじゃねぇか…

168 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10762
ええええええええwwwwww

ええええ…?

169 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18745
ロリコンとか行ってるけど、実際アレだよな…

漏れらの妹の世話、押し付けてるだけっていうか…
幼女の話によると、あいつマジで普通に世話してるだけだし…

170 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14571
おいふざけんな!!!!

変な空気にすんな!!!!

171 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17101
どうしてこうなった…

172 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11985
やああめえええてええええ!!!

こいつはロリコンモヤシこいつはロリコンモヤシこいつは(ry

173 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
まぁ待て、落ち着けお前ら
ここでもう一度冷静になれ

・口調がおかしい
・服装がおかしい
・笑い声もおかしい
・顔が怖い
・いつまでも中2病(※黒い翼が生えます)
・借金八兆円

174 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10897
>>173のおかげで自分を取り戻せました!

175 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18965
>>173のおかげで人生が明るくなりました!

176 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17451
>>173のおかげで大学に合格しました!

177 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10945
>>173
お前何がしたいんだよwwww褒めたり貶したりwwww

178 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10967
>>173
とりあえず、やっぱり>>166が病気ってことでFA?

安心したぜ、漏れらがおかしいのかと思った

179 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18976
まぁほら、春も近いしな…

あんまり気に病むなよ>>166

180 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
お前らだって、会話中ちょっと心拍数上がってたじゃんか!
知ってんだからな!!

もういいわばーか!!覚えてろよ!!

---Misaka14510号が、何やら憤慨しつつログアウトしました---


616 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:VHp1IvhX0
ちょwwwwwNW内だからってボロクソ言ってんなwwwwwwwwww

619 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:NRIDQSTx0
14510可愛いよ14510

181 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10032
お前ら、変な会話してんな!!
実際目の前で喋ってんの、漏れなんだからな!


「…分かりました有難うございます、
 とお店の名前と場所を入力したPDAを眺めながら、ミサカはお礼を言います」

「…つうかお前ら、いっつもその制服だよなァ。なンで?こだわりでもあンのかァ?」

「さあ?とミサカは首を捻ります。
 生まれた時からこうでしたし、この服装が嫌になったり疑問に思ったりしたことはありません。
 ですがやはり違う格好もしてみたいと最近は思うのです、
 とミサカは自我の成長っぷりを自賛します」

「ああそォかよ…。
 …確かにあのクソガキも、違うのが着たいーとかつって、色々とわっがまま言いやがるけどなァ。
 一緒に行くと、ウロチョロしやがってよォ…アレ買えコレ買えうるっせンだよ。
 しかもよォ、お前ぐれェの年なら調度ぐらいの服ばっか、選びやがって。
 背伸びしたいお年頃ですかァ?ってンだよ。
 クソガキはクソガキらしく、動きやすくてやっすい服着ときゃァいいンだよ。
 すぐにでっかくなるし、汚すンだからよォ。
 それを何べん言っても聞きやがらねェでよォ、毎回毎回…」

「…………」



おおお…た、大変だぜ…
ロリコンの惚気が始まりやがった…

182 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12876
さすがセロリさんだぜ!

漏れらの期待を壊さない!裏切らない!気持ち悪い!!!

183 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15714
全力で安心した

184 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10076
おい、>>166を呼び戻して来い!
今が正気に返る絶好の機会だ!

185 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18734
そういや、運営まだか?
あの幼女マジでどこ行ってるんだ

186 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14987
ちょっとping飛ばして探してみるわ

635 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:BfN/f6YiO
ロリコンの惚気wwwwwwwwwwwww

636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:yN1YiJ/C0
ロリコンののろけと言うより子育て苦労話っぽいなww

637 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:k21M939KO
むしろお母さんに見えた件

187 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17600
あれ、お前ら何してんの?

188 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14214
>>187
おお、プロスネークさんだ

189 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18954
いや、色々と大変なんだよ
>>1が運営のせいで、ロリコンモヤシに捕まっててだな

190 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16787
>>187
運営知らね?
全然帰ってこないんだわ

191 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17600
え?

今一緒にいるけど…

192 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16549
>>191
え…?

ええええええええええええ

193 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11195
>>191

マジで!?!!!

194 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17154
>>191
早くログインするように言え!!!!

195 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12118
>>191
つうかお前ら今どこだよ
何でそんな状況?

196 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17600
ちょい待ち
あいつ今どっか行って…

あ、帰ってきた
ログインさせるわ

642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:ryr4ix2I0
Misaka20000逃げてええええええええええええ

643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:2CCU57skO
なん・・・だと・・・?

197 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20001
呼んだー?ってミサカはミサカはログインしてみる☆

後、全裸でリンボーダンスの音源用意しながら、ちょっとログ読んでくっから待ってろ

198 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17541
>>197
運営様こんにちは!

一方通行さんは今日もかっけーっすね!!!

199 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10876
>>197
運営様お元気ですか?

あの、別に漏れら、悪気があってロリ…とかモヤ…とか言ってる訳じゃないんで!

200 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14151
>>197
運営様今日も良いお日和ですね!

悪いのは全部20000号ですよろしくお願いします!

201 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
なんで!?!!
今日は大人しくしてたじゃん!?!!

646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:ryr4ix2I0
IDが変わらないって恐ろしいな。

650 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:o6LUUizlO
20000wwwwwww

654 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:LD7L52va0
14510号が逆に危ない気がする

655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:xU0VEScc0
14510号と一方さんに期待

202 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16785
>>196-197
ていうか、マジでどこにいたの?お前ら

203 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12938
帰ってくるの遅いせいで、一方通行と結構会話が弾んじゃったじゃねぇか
どうしてくれんだ

204 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17600
いや、10032号の近くだけど…
ていうか向かいの本屋にいる

なんか途中で「ちょっとミサカもスネークしたいの!ってミサカはミサカ(ry」って捕まった

それからずっと、立ち読みしながら運営とあの二人見てたんだけど…
ちなみに運営は絵本読みながらニヤニヤしてた

205 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10896
え?

206 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17412
え?

669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:U9FYGoRy0
え?

670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:IEvB+GB20
え?

671 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:yN1YiJ/C0
なん…だと…?

672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:PYjjaasd0
え?

673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:PhLkwbqN0
え?

675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:gHCLliwA0
え?

676 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:QBBnlOBN0
え?

677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:/Ozx2ajYO
え?

678 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:BfN/f6YiO
え?

679 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:hBCOsmgC0
え?

680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:0tb2cObx0
え?

681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:UwtFz3/xO
え?

683 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:uyzM1xTl0
え?

684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:WHks0Nvz0
え?

685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:9R+B3GNi0
え?

688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:fihJq9+80
え?

207 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13201
え?

208 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11691
なんだそれえええええええ

209 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17984
つまりこのシチュエーションは、わざとって事…か…?

ええええええええ?

210 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19856
ちょwwwねーよwwww
マジ意味www分かんねwwwwww

211 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16754
何?あれなの?
いじめ的な?

ちょっと漏れらが調子のってるから、そろそろシメとくか的な?

212 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12988
運営様のS度wwwwマジwwパねぇwww

692 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:PYjjaasd0
やりやがったな畜生

213 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17600
いやーでも、ニヤニヤしつつハラハラもしてたぞ
で、二人が会話し出すとこっそり別ミサカの串通してNWに入ってたし


あ、カフェに行ったわ

214 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
あー、なるほどな…

あっちもこっちも好きだからこそ、ってか
まぁ幼女の考えそうなことだな

215 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19021
意味www分かんねwwwww
とりあえずwww>>1の無事を祈るwwwww

216 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18631
運営いないって事は遠慮なくセロリとかモヤシとか言えるな
いやーマジ肩こるわ、一方通行とか言うの

アクセロリータならwww言えますけどwwwwpgrwww

217 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
えっ!?
何!?漏れ助かったの!?!!


「……あァ、そォだ。お前も次、着いて来いよ」

「あ、…え?」

「あのクソガキの服選びン時に、来いっつってンだよ。背伸びした服ばっか欲しがりやがるからよォ、
 自分よりもちゃんと似合う奴がいりゃア、冷静になンだろ。いい加減諦めさせたいンだわ。
 ついでにさっきの店も、教えてやっからよォ。
 分かンなくてクソガキ伝いに二度聞きされても、迷惑だしなァ。
 ……まァ別にそンな、どうしてもって訳じゃねェし?むしろ来なくてもいいンだけどよォ」

「…ミ、ミサカで宜しければ、お、お供します…
 と意外な誘いに、多少混乱しつつもミサカは頷きます」

「……そォかよ」

「…………」

「…………」

「…………」

「………あっ」

「…?……あ、」


699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Wor7axeR0
お?

701 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:xU0VEScc0
やだ・・・この一方さんちょっとカッコいい・・・

702 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:BfN/f6YiO
>>701
え?

703 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:sTiXSIBf0
>>701
どうしたの?
なにか辛いことでもあった?


「おーまーたーせ~!ってミサカはミサカは、いたっ!?」

「…てっめェ、このクソガキ!人に買いに行かせておいて、どこ行ってやがったンだ!?」

「酷い!いきなりチョップしなくてもいいじゃない!ってミサカはミサカは抗議してみる!」

「うるっせンだよ、携帯も切りやがって!そォンなに迷子になりたいンですかァ!?
 お望みなら、日曜のデパートの食品売り場のド真ん中に放ってやりますがァ!?」

「ううう、嫌だ!そんな事されたら、ミサカは一生試食で生きていく事になっちゃう!
 ごめんなさい~って、ミサカはミサカは正直に謝ってみる」

「次はねェからな!…しかも、代わりに人を代理に使いやがって…こいつの都合もあンだろが」

「10032号、怒ってる…?
 って、ミサカはミサカはおそるおそるさっきから無言の10032号に聞いてみる…」



705 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:cDe3CwxK0
セロリのくせにかっこいい……?

706 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:2CCU57skO
>>701
借金抱えてる厨二病のロリコンだぞ?

707 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:xU0VEScc0
>>706のレスで目が覚めた

709 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:BfN/f6YiO
裏ではあんななのに幼女ぶりやがってwwww怒れないのわかってるくせにwwwwwwww

710 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:Eeno3FXN0
>>706のおかげで大学合格した


「……いえ、怒っていません。
 おかげで色々と有意義な情報と、…有意義な約束が得られ、ました。とミサカは複雑な気分ながら、
 ちょっとウキウキとしている事を伝えます」

「…えへへ、そっかー!なら良かった!とミサカはミサカは安心してみる!」

「クソ、もういい時間じゃねェか…。オラ行くぞクソガキ、夕飯前のラッシュに合いたくねェンだよ」

「はーい!とミサカは今日の黄泉川からのリクエストメモを、もう一度読み直してみる~」

「…お前はどうすンだ?」

「あ、ミサカもそろそろ帰還ですので、と体内時計を確認しつつミサカは答えます」

「あっそォ。…じゃあなァ」

「ばいばーい、今日はありがと~!ってミサカはミサカは手を振ってみるー!」

「はい、さようなら。とミサカも手を振りつつ見送ります」

「…………」

(あ、スーパーに入っていきました…とミサカは二人の睦まじい背中を見送ります…)

(二人揃うと途端に騒がしかったですね、とミサカはふう~やれやれ、と溜息をつきます)

(まぁ上位固体が、笑顔で何よりです。と、ミサカは年長者らしく頷きます)」

(買い物かぁ…いつ行くんだろう、とミサカは次の予定がある事に少し嬉しくなってみます)

(……せっかくメルアド知ってるし、出会い系登録前に、
 ちょっと念の為に確認メールでも送ってみようかな、
 とミサカは用心深さを盾に後で一方通行へメールを出してみよう、と考えます…)

「…………」

(今日は楽しかった、かも…とミサカは…。
 いやいや……うーん、ミサカはそんな気が、した気が、
 あくまでもしたような気が、します!…よし!)


「…さて、かーえろ。っと、ミサカは上機嫌な口調で呟きます」


(またあの二人に会えると、いいなぁ)


数時間後


「あ、ミサカも行くー!ってミサカはミサカは慌てて靴をはくあなたに声をかけてみたり!」

「駄目だ。クソガキはさっさとクソして歯ァ磨いて寝ろ」

「えーなんでなんで!ってミサカはミサカはつれないあなたに地団駄を踏んでみる!」

「うるせェ。深夜にコンビニ行きたきゃ、さっさと大人になるンだなァ」

「あなただって大人じゃないじゃん!
 ってミサカはミサカは、その貧弱な成長途中の体と精神面を指摘…あいたた!
 痛い痛い!こめかみグリグリはやめてー!ってミサカはミサカは悲鳴を上げてみる!」

「寝ろ!」

「ううう…分かったぁ…。じゃあじゃあ、せめて明日のおやつ用に、
 プリンを買ってきてほしいのー。ってミサカはミサカはおねだり~」

「気が向いたらなァ」

「上に生クリームが乗ってるやつがいいなぁ!
 ってミサカはミサカはあの味を思い出して、思わずくるくる回ってみる~きゃー♪」

「夜中に暴れンな、買ってきてやンねェぞ」

「それは困る!ので、ミサカはミサカは大人しく玄関でお見送り~。行ってらっしゃーい!」

「ああ、ハイハイ。寝てろクソガキ」

「起きて待ってちゃ駄目?ってミサカはミサカは」

「駄目だ」

「もー!じゃあおやすみなさい、って今のうちにミサカはミサカは言っておくー!」

「さっさと寝ろ」

(ああクソ、うるせェうるせェ…つか、段々と夜更かしになってやがンな…)

やめさせねェと、と最近の打ち止めの就寝時間を思い返しながら、一方通行は夜道を歩いていた。

かつ、とアスファルトの上に杖の音が響く。
街灯のおかげで明るい歩道には、ちらほらと人影が見える。
打ち止めにはああ言ったものの、まだ深夜という時間にはほど遠いせいだろう。
友人と歩いている者、携帯を見ながら歩いている者、急ぎ足で過ぎていく者。様々だ。
それらを横目に、暇なこって、と己を棚に上げながら、だらだらと歩く。
すると。

(……、なンだァ?)

後少しでコンビニ、といった所まで来た時点で、一方通行は目の前の人影に気づいた。
どう見てもこちらを凝視し、立ち止まっている。顔はよく見えない。
けれど顔を見る必要が無いぐらいに、その格好にはかなりの見覚えがあった。眉をひそめる。
そしてそのまま、訝しげに思いつつも口を開いた。

「……何してンだァ?オマエ…」

「に゙ゃっ!?」

「……にゃ?」

「い、いえ、あの、こ、こんばんは!…とミサカは、ど、どもりつつも挨拶をします…」

「…あァ?」

そこにいたのは、昼間に別れた筈のクローンだった。
違うのは、その時にはつけていなかったあのでかい暗視ゴーグルが額にあり、
首にネックレスがない事と。そして思いきり、挙動不審なところだった。
声をかけただけで、ビックー!と音がする程に飛び上がるのは、
幾ら自分の事が怖いと言えど、いかがなものか。
昼間はあれだけ平気そうに、目の前で暴言を吐きつつ茶をしばいていたくせに。
一方通行はその怪しさに、いよいよもって、ガラ悪く眉をひそめた。

「オマエ…昼間の奴かァ?何の用…」

「ち、違います!とミサカは、」

「…ア?」

「ミ、ミサk、やべっ噛んだ、…ミサカは、け、検体番号14510号と言います。
 昼間のは10032号です、とミサカはきちんと、…じ、自己紹介をしてみます…宜しくお願いします…」

「……、なンだって?」

しかし返ってきた言葉の意外さに、思わずしかめっ面が解けた。
そのまま言葉を反芻し、まじまじと目の前のクローンを見つめてみる。

「いえ、あの、そんな見つめられると…ミ、ミサカはどうしていいか分かりません、
 とミサカは思わず手持ち無沙汰で、ゴーグルを伸ばしたり引っ張ったり伸ばしたり、いてっ!」

「…落ち着けよ」

「は、はい…」

「…………」

「…………」

「……いや、だからなンなンですかァ?」

「いえ、あの、ミサカにも……その、携た…携、番…その、…うう…」

「…………」

そんなに自分の事が、このクローンは怖いのだろうか。
目線もあっちを見たりこっちを見たりと定まらず、しかしこちらの顔は見ない。
なのに目の前からは動かない。
一体何がしてェンだ、とまた眉をひそめかかった所で、一方通行は思い当たり、口を開いた。
よくよく考えれば、クローンがわざわざ自分に会いに来る理由など、一つしかない。

「…あのクソガキに、会いに来たのか?」

「えっ?」

「あいつなら、家にいるけどよォ。…もう遅いから、今から興奮させたくねェンだわ。
 うっせェしうぜェし寝なくなンし」

「え、あ、はい。…はい?」

「つう事で、また日ィ改めて来るンだなァ。…オラ、どけ」

「あ、…」

言っても呆けたようにそこから動かないクローンに息を吐き、大人しく自分が歩行をずらす。
擦れ違いざまに、一度だけヒラリと手を振ると、一方通行はそのまま歩きだした。
かつ、と杖の音が再びアスファルトに響く。そのまま、何も遮られることなく、二度、三度。
しかしそれが十度目にさしかかった所で、一方通行は盛大に舌打ちをすると、振り返った。

「…だァから、今日は無理だっつってンだろ!早く帰れ」

「う、いや…はい…、とミサカはうな垂れつつ、とりあえずどうしようもなく頷きます…」

クローンは未だ同じ場所から動こうとせず、それどころか目が合うと、がくりと俯いた。
あからさまに意気消沈しているのが伺える。
一方通行はきちんと振り返り体を向けると、もう一度舌打ちした。

「…ああもうだからァ、ちゃんと事前に言やァ、会わしてやるっつってンだよ」

「……じ、事前に言う?それは貴方にですか?
 と、ミサカは光明が見えた気がして、思わず顔を上げます」

「ア?…別に俺じゃなくて、あのクソガキにでもいいだろォが」

「…そんなつまんねぇ事しても仕方ねぇだろうが、とミサカは再び意気消沈します…」

「ハ、ハアァ?」

「…だ、だってほら、幼女ですし!
 一旦した約束を、忘れてしまうかもしれませんよ?とミサカはとりあえず続けます」

「オマエらにゃ、ネットワークがあンだろォが。共有しときゃいいだろ、予定」

「うう…、あ、でも!その日にミサカが行くとなると、きっと他のミサカも行きたがり、
 色んなミサカが集結しエライコッチャな事になる可能性があります、
 とミサカはあなたの家の周辺で騒ぎが起きそうな予感を吐露します!」

「ハアァ?なンっだ、そりゃ」

「だ、だからですね!…ミサカだけで上位固体に会いに行きたい時は、じ、事前に予定を取る場合、
 上位固体以外への連絡が必要になります!とミサカは全力で訴えます!」

「顔近ェンだよ! 寄ンな!!」

「あ、すいません」

いつのまにか眼前にまで迫っていたクローンの肩を、ぐい、と慌てて左手で押し戻す。
一体何がこの少女を必死にさせているのか、と少々呆れつつも、
一方通行は再度まじまじとその表情を見やった。
目がきらきらとしていて、頬が紅潮している。
夜目にもそれがはっきりと伺えて、改めて一方通行は少し驚く。
表情筋は相変わらず動いてなさそうだが、これは最早無表情キャラでは無いだろう。
随分と、変わったものだ。

「…でェ?…結局あのクソガキじゃなくて、俺と予定組めば丸く収まるって事で、いいンだな?」

はあ、と息をつき、尻のポケットから薄い携帯を取り出す。
ばちん、と反動で折りたたみを開いて画面を表示させれば、
目の前のクローンもとい少女が、イエス!と叫んだ。

「…あ?」

「いえ、はい、やった!…あ、違う!…そ、その通りです、
 とミサカはあなたの速やかな判断にグッジョブを送ります」

「…わっけ分かンねェなァ、もう…。オラ、携帯出してこっち向けろ」

「はい」

どこから取り出したのか、少女の手には既に携帯が握られていた。
女の子らしくない、味も素っ気も無い携帯にちらり、
と一度視線をやってから、一方通行は決定ボタンを押した。
数秒で、「complete」という文字が画面に表示される。

「…クソガキに会いたくなったら、連絡してこい。適当に周りの保護者共に伝えといてやらァ」

「…………」

「…おい、聞いてンのか?」

「はい。…会いたくなったら連絡してこい、ですね?とミサカはその言葉を噛み締めます」

「いや…なンかでっけェ単語が抜けてっけど…まァもう、どォでもいいわ…」

何が面白いのか、じっと携帯の画面を見つめたまま返答をする少女に、再度大きな息を吐くと、
一方通行は今度こそコンビニへ行く為に背を向けた。
かつ、と聞き慣れた音が再び響く。

するとそれに気づいたように、背中に声がかかった。

「あ、あの!…とミサカはあなたを引き止めます!」

「アアアもう…ハイハイ、なーンなンですかァ!?いい加減にしろや!」

「お腹が空きました」

「………ア?」

「リピートします。お腹が空きました」

「…………」

「…と、ミサカは夕食の規定時間をとうに過ぎているのに、
 未だ何も摂取していない事をここに告白します」

「…………」

「ほら、やるべき事やって目標もとりあえず達成できたので、
 安心するとすぐに三大欲求がきたというか、とミサカは自分に正直になってみます」

「…………」

「……あ、グーって鳴った、とミサカは独り言を言ってみます。
 …おや、そういえば、あんな所にコンビニが?と続けてミサカはもう一度独り言を言ってみます」

「…………」

「…………」

「………好きにしろよもう…」

「よし、言質を取りました!とミサカはドヤ顔であなたの隣に並びます」

「…………」


(…なンなンだァ、こいつら…マジで意味分かンねェ…)

(昼間の奴といい、こいつといい…どういうつもりだァ…?)

(意味不明過ぎンだろ…)

(…………)


(…ちょっと怖ェ…)



【現在】抱いてくれ///って言わせるにはどうすんのか教えろ【デート中】


1 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
お前らがうるっさいから、学園都市まで来てみました
ばーかばーか!!
漏れの行動力舐めてんじゃねぇぞ!

後助けてください

2 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17264
なんかktkr

3 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14665
>>1
あっ、頭が春の人だ!

4 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13240
>>1
その後お加減はいかがですか?
あwwたwwまwwのwwww

5 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19090
>>1
お、こっちに来てんのか
どうした?何しに…

…え…まさ…か…?

6:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10902
>>1

えっ!?!!

7 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17792
>>1
ちょwwwお前wwwwその隣の奴wwwww
ええええええwwww


ドンwww引きwwwwwwww

8 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15031
>>1
ええええええええええええ

マジかよおおおおおおおおおおお

9 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18631
>>1
頭おかしい
頭おかしい
頭おかしい

10:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12102

>>1
変態趣味の人がいると聞いて来ましたwwwwww

ねーよwwwwマジねーよwwwwww
うっわあああああwwwwww

11:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
えっ、何!?
アオカン!?

12:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10876
>>11
この非常時に出てくんなボケ

13:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16445
おいおいおいおい
ていうか何で?マジで何で?何で何で?


886 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:ag/mv9bt0
フルボッコワロタwww

14:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
何でもクソもねーよ!!!

お前らがあんまりうるせーから、良い所見せ付けてやるって言ってんの!!!

15:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18922
>>14
えっ何?
見えない、二行目が見えない

16:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12560
あるあ…ねーよwwwww

そんなもんどこ探したってねーよwwwwwpgrwwww

17:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11343
セロリの特徴

・ロリコン
・モヤシ
・ロリコン
・ロリコン

後なんだっけ

18:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19678
おい誰かさっきのログ持って来い

19:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16754
>>18

>173 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
>まぁ待て、落ち着けお前ら
>ここでもう一度冷静になれ

>・口調がおかしい
>・服装がおかしい
>・笑い声もおかしい
>・顔が怖い
>・いつまでも中2病(※黒い翼が生えます)
>・借金八兆円

20:以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17216
きっめえええええwwwwww

どこwww探してもwwww良いとこなしwwwww

21 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
とりあえず、>>1は今そいつと一緒に何してんだ?

どういう状態なんだよ、分かんなきゃアドバイスしようがねぇだろ

22 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13448
>>21
やだなにこの人…やっぱりかっこいい…///


890 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:W7f+rtnS0
14889号まじいい人www

892 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:N0Z05pZI0
やだ14889号…かっこいい…///

893 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:9HQPAGoSO
14889のおかげで人生明るくなりました!

894 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:nD4PrXZz0
まぁお前ら冷静に考えてみろよ

・飲み物と食い物ゴチ
・とりあえず金持ってる
・お洒落話題(笑)豊富

なんだこれ…イケメンじゃねぇか…

23 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
>>21
あ…ありがてぇ…!!

今は携帯番号教えてもらって、一緒にコンビニ向かってるところ!

24 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka11002
こんなwww夜中にwwww

ていうかお前マジで行動力ありすぎだろwwww

25 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18976
漏れらからしたら、とんでもない変態趣味にしか見えんが、

だからこそ…こう…狂気を感じるな…

26 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19543
>>1
おい!!だから何度も言わせんな!

セロリさんは、中学生以上はババアだって公言されてるっつってんだろ!!

27 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18922
>>1
え、>>1は何しにロリコンのとこに行ってんの?
ジャーマンスープレックスでもかますの?

28 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14320
>>27
多分、これからセロリの変顔写メを撮って、漏れらに送ってくれるんだと思う

29 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
>>27-28
ねぇよ!!!!!

ていうか今なら分かる…あいつの苦労が…

わ、話題が無えええええええ!!!!
喋ること無ええええええええええ!!!!!

何これどうすればいいの?ねえ?ねえねえ?
手に汗かいてきた!!!


なんかさ…隣にいると、さっきから良い匂いするし…

30 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13031

>>29
ぎゃ、ぎゃああああああああ!!!


898 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:IL9MS85s0
14889号はけなしといても協力はすんのなww

31 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14103
>>29
何言ってんのこいつ
何言ってんのこいつ
何言ってんのこいつ

32 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10082
>なんかさ…隣にいると、さっきから良い匂いするし…

うわああああああ!!
こ、怖いよおおおおお!!!
頭が変な人がいるよおおおおおおお!!!

33 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13031
何?どんな匂いなの?

やっぱりロリコンはあれか?
乳臭いのか?

34 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13982
>>33
きっめええええええええwwwwwww

35 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16213
お前ら落ち着け!!!

全然話が進んでねぇぞさっきから!!!

36 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
分かったから、とりあえず感覚共有しろ

37 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12465
ええええええええ
セロリの隣の感覚www共有wwwwwww

38 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10912
>>1
凄い拷問です
責任を取ってください

39 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16201
>>1のせいで冷蔵庫の角に小指をぶつけそうです
責任取ってください

40 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14635
>>1のせいで残り少ない桃谷のラー油を零しそうです
責任取ってください

41 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19873
お前らwww
何だかんだ言って、共有切らねぇのなwwwww

42 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18732
>>41
お前はお化け屋敷の入り口まで来て、今更引き返せるのか?

43 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10095
>>41
稲川淳二並みのホラーをお前は無視できるのか?

44 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
>>41
だってこれから、乳首ピンポーンとかチンコタッチ///とかあるんだぞ?

45 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14112
>>44
ねぇよ市ね

903 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:oeuPV0NP0
20000w

161 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16845
>>158
づらあああああああ!!!!

びっくりしすぎて食ってた桃谷のラー油、噴出したわボケ
品薄なのにどうしてくれんだ

40 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14635

>>1のせいで残り少ない桃谷のラー油を零しそうです
責任取ってください

ラー油流行ってンのかァ?
確かにカリッとした食感は美味ェと思うがなァ

908 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:9HQPAGoSO
桃谷のラー油はもう少し辛味があれば最高なんだがな

909 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:2OsfVF4m0
>>907
あ、なんか流行ってるらしいんですよおおおお!!
俺も食べたことないんですけど、一方さんがご興味あるなら買ってきますうううう!!!!

911 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:nD4PrXZz0
あァ…?
なンだこのID:2OsfVF4m0…
俺が言えばどンな事もしそうだなァ…

912 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:9HQPAGoSO
おい……もしかしたらの話なンだがよォ……
このID:2OsfVF4m0って14510号じゃねェか……?

913 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:JKp3y6Lk0
辛そォな癖に辛く無くて少し辛ェラー油なんだろォ?
辛くねェのは仕方ねェんじゃねェか?

後、桃谷じゃねェ桃屋だ、間違えンな

46 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
ちくしょうお前ら
目にもの見せてやるからな


「…こんな夜中に、何をコンビニに買いに来たのですか?とミサカは今更ながらに聞いてみます」

「あァ?コーヒーとォ…、まァ、なんか適当に」

「コーヒーですか…、とミサカは文献で読んだ情報を脳内で検索します…豆…焙煎…」

「あ?…オマエ、飲ンだ事ねェのか?」

「はい、とミサカは返答します。
 他のミサカの中には賞味した事がある者もいますが、ミサカ14510号はありません、
 とミサカは伝えます」

「あっそォ…人生損してンなァ」

「えっ、マ、マジでか…とミサカは自分の損失っぷりを今更ながらに、か、考えてみます…」

「…まァ、今日飲んでみりゃいンじゃねェの」

「え、…でも、」

「あ?」

「ミサカは残念ながら、今は持ち合わせというものが…
 つまりお金がありません、と胸を張って言ってみます」

「…そりゃ難儀なこって」

「意外とそうでもないです、節約術が身につきますし、とミサカは親指をグッと立ててみます」

「アー…どうせお前らの、なンだ…妹?みてェな奴だって、好き勝手に俺の金使ってンだからよォ。
 今更コーヒーを幾つ買ったって、変わりゃしねェっつの」

「え?」

「うるせェよ、…来ねェのか来るのかどっちなンだよ」

「や、え、い、行きます!とミサカは慌てて後を追い、コンビニへ入ります!」



…お前ら聞いた??ねえ聞いた??
このさりげない気遣い!!!

後ね後ね、コンビニの扉開けてくれてた!!!

920 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:ZCxnCNCF0
なにこの14510号かわいすぎワロタ

921 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:dQNSo5nK0
こいつマジだわ…

47 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16523
なんかセロリがかっこいいとか地球の自転が狂う

48 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10523
なんかロリコンがさりげない気遣いできるとか太陽系が壊れる

49 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10897
なんかモヤシがイケメンに見えるとかありえ…ありえ…

う、うわああああああ!1!!
いやだあああああ!!!

50 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17492
>>49
おい落ち着け!!深呼吸をしろ!!
さっきのログを誰かー!誰かー!

51 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19080
>・口調がおかしい
>・服装がおかしい
>・笑い声もおかしい
>・顔が怖い
>・いつまでも中2病(※黒い翼が生えます)
>・借金八兆円

52 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10897
>>51
ふう…

925 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:oeuPV0NP0
またかw

53 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
>>52
ばーかばーか!!!
ざwまwwあwwwww

お前らももっと素直になっていいよ?いいんだからね?

54 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka15493
>>53
お前こそ無理すんなよ、な?
もう本当は辛いんだろ?

55 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12098
>>53
そんなに自分を苛めるなよ!!
もう…もう許してやれよ…

56 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17634
>>54-55

>・飲み物と食い物ゴチ
>・とりあえず金持ってる
>・お洒落話題(笑)豊富
・さりげない気遣い←New!
・コンビニの扉開けて待っててくれる←New!


57 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12675
>>56
や、やめろ…!!

普段愛想の悪い奴が、そんな事をするなんざ…まるっきり少女漫画だろおがあああ!!!!

58 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16525
>>56
しょ、正直ドストライクじゃボケええええええ!!!!!1

59 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18351
ふざっけんなよ!!!
しかも…しかもさりげに、運営の事を「お前らの妹」とか言いやがってええええ!!

ち、ちくしょおおおおおお!!!!

60 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16523
やべえwwwww
なんだこれwwwwwwお前ら序盤で陥落すんなwwwww

934 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:KcAIBfkE0
10032号あたり、上条さんのいいところを羅列したコピペ作ってやれよw

61 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
お前らwwwざまあねぇなwwwwpgrwwwww
そこで黙って指咥えて見つつ、漏れに的確なアドバイスしてろボケが


「…こんなモンかァ?」

「ず、随分多量のコーヒーを買うのですね、とミサカはその籠いっぱいの缶に少々驚きます…」

「何回も来ンの面倒だしな。…でェ?お前はどれにすンだよ」

「え、あ、…どれがいいんでしょうか、とミサカは数種類のコーヒーを前に悩みます…」

「ああ、飲ンだ事ないンだったなァ…どンな味が好みなンだよ。

甘ェのか?普通か?ブラックかァ?」




うわ、ちょ、何?どれ?どれが正解??
どれならフラグたつの??ねえ?ボスケテお前ら


本スレ>>940

①女の子らしく、甘いので
②ここは無難に普通で
③あなた好みになります

939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:ntggwE1K0
④のセロリの母乳入りカフェオレで

940 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:/wed31Tk0


941 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:oEB8VjpW0
そこは勿論ブラックで
んで「苦い……。貴方の白いミルクを要求します」だろJK!

942 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:JKp3y6Lk0
④オリジナルブレンドに挑戦

62 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14261
>>61
セロリの好みでいいんじゃねぇの

63 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16312
>>62
いや、ロリコンだぞ?
やっぱりせめて少しでも、幼女ぶった方がいいだろ常考

64 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17654
普通のにしろ

漏れは普通のコーヒーが飲みたい

65 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
ブラックでよくね?

そんで苦かったら「あ、あなたの、おちんぽみるく…下さい///」って言えばオールOK

66 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16754
>>65
おい、お前と>>941同じ変態がいるぞ、良かったな

946 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:nD4PrXZz0
・何よりも命の恩人
・他人の為に自分の身を犠牲にできる
・魔術・化学両方のエリートと知り合い
・対能力者に無敵

他に何かあるかな?

67 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
>>61
まぁ共通の話題が欲しいなら、ブラックにしときゃいいんじゃねぇの

美味しいならそれで、苦くてもそれはそれで話題になんだろ

68 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16758
>>67
も、漏れもそう思ってました!!

69 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
>>67
了解した
がんばる


「…ミサカは、その、あなたと同じものがいいです、と希望を伝えます」

「ブラック?…苦ェぞ」

「はい。だけど初めてのコーヒーですし、せっかくならあなたのお勧めのものを飲みたいです、
とミサカは正直に伝えます」

「ふうン……俺は、オマエにはカフェオレとか甘ったるいモンの方が、いいと思うがなァ…」

「そ、それは何故ですか?とミサカは問います」

「……アー、見た目的、に?」


(そ、それは!ミサカが女の子らしいとか甘い感じとかなんか、なんかそういう…!?)

(見た目、あのクソガキとそっくりだしなァ…あいつカフェオレしか飲まねェし)



な、なんか一瞬遠い目されたけど、これフラグたったんじゃね????
どう?どうどう??

70 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10765
>>69
残念ながらとても勘違いです

71 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14219
>>69
残念ながらやっぱりそいつはロリコンです

72 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14983

セロリさんがセロリさんで安心しました!!

73 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10601
つうか埒が明かねぇな
結局>>1はどうしたいんだよ

74 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13705
もういいから、とりあえずそのコーヒーをぶっかけて逃げて来い

75 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18745
そんで「わぁ、これで少しは健康的に見えますよ///」って追い討ちかけてこい

76 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13487
お前ら最期まで容赦ねぇなwwwww

77 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka13577
とりあえず、こいつがまさか14510号に好かれてると思ってないのは、よく分かった

78 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka18723
>>77
まずそっからだよな
それ分からさなきゃ何も始まんねぇだろ

まぁ始まんなくていいんだけど…セロリきもいし…

79 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka19543
そうだよなーもうこれははっきり言うしかないレベル

まぁwwwこいつwww幼女しか眼中にwwwないwwけどwww

80 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
えっ、ど、どうすりゃいいの?

あ、今コンビニ出た!
えーえええ、ええええ、ど、どうしよう!!どうしよう!どうsh

81 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10675
>>80
落wちwww着wwwけwwww

82 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14889
>>80
近くに公園とかなんか無いのか?
まぁ無ければ静かな場所でいいから、呼び止めろ
そんで今思ってることを素直に言え

多分それが今のお前には精一杯、充分頑張ったしな

83 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17896
>>82
も、漏れもそう言おうと思ってました!!!

84 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka20000
今度こそ暗い夜道でアオカンプレイがあると聞いて飛んできました

85 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16758
>>84
もうスレ閉じてねろ

86 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
>>82
わ、わ、わ、分かった!!!!!

ちょっと、頑張って、くる

87 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka17896
>>86
まぁ風邪引くなよ

88 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka12398
>>86
暇だから見といてやんよ

89 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka16798
>>86
お前が幼女じゃないのはお前のせいじゃないからな、気にすんなよ

90 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka10984
>>86
頑張れ

958 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:IEvB+GB20
何こいつら
優しい

959 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:W7f+rtnS0
それにしても14889がイケメンすぎる
まじ濡れる

91 :以下、名無しにかわりましてミサカがお送りします ID:Misaka14510
ありがとう、おまえら
行くわ


「あ、あの!」

「…あァ?」

「せ、せっかく初めてのコーヒーを飲むので、味わってゆっくり飲みたいなーと、
 ミサカはあの…あそこの、奥にある静かなベンチを見ながら、呟いてみます…」

「…………」

「…感想、聞いてくれる人がいると、とても嬉しいですし、とミサカは更に呟いてみます…」

「……別にいいけどよォ、…奇特すぎンだろ、てめェ」

「え?」

「行くンだろ」

「あ、はい、とミサカは急いで隣に並びます」

「…っと、……ふう」

「…お隣失礼します、とミサカは少し緊張しつつ確認を取ります」

「ハイハイ、どうぞォ」

「…………」

「………、でェ?」

「えっ!?」

「…飲まねェのかよ、コーヒー」

「あ、はい!飲み、飲みます!とミサカは急いでプルトップを開け、口にします」

「別にそンな急かしてねェけどよォ…、」

「(ゴクゴク)」

「…………」

「……な、なるほど…?とミサカはコーヒーの味を、初めて認識してみました…」

「どォだよ?」

「もんのすげぇ苦いです…とミサカは正直に言います…」

「ハッ、だろォなァ! 初めてでブラックってのも、どォかと思うぜェ」

「(お、う、わ、笑った…)」

「まァこれに懲りたら、次から大人しく甘ったるいのにするこった」

「…そうします、と何となくミサカは顔を上げられずに、頷きます…」

「なんだァ?…そンなに苦かったのかよ」

「いや、あの…ブラックはブラックで、苦味の中にも香ばしさと風味があり、
 確かに美味しいものでした、とミサカは伝えます」

「そりゃ何より」

「…………」

「…………」

「…………」

「……つうかよォ、」

「は、はい!」

「…なンでオマエ、俺に絡ンでくんだよ」

「え…、」

「正直、意味分かンねェ」

「…それ、は…」

「…昼間の奴といい、そンなに絡まれても困ンだよ。
 …そンなに気軽に話しかけられても、そンなに普通に笑いかけられても、
 そンなに普通に隣にいられても。どうしていいか、俺には未だに、分かンねェンだよ」

「…………」

「オマエらが何を言おうと、どうしようと、あれからどンだけ立とうと、
 俺は無かった事にする気はねェ。…オマエらだって、それでいい」

「…………」

「……アー、だからよォ、なンつうか、」

「……、まりやがれ、」

「ア?」

「黙りやがれ、とミサカは言っています」

「…は?」

「…もう聞き飽きました、あなたのその言葉は贖罪は罪悪感は!
 何度ミサカ達に頭を垂れれば気が済むんですか?
 いつになったら自分を許すんですか?ていうかマジ女々しいんだよいい加減にしろ、
 とミサカは言い捨てます」

「え?」

「何度も上位固体が言ったでしょう、何度も伝えたでしょう、何度も見てきたはずでしょう!
 過去のあなたをミサカ達が許す事はありません!忘れることもありません!
 でも、だからって、どうして今のあなたを、

 好きになっちゃいけないんですか!!」


「…………は?」

「…と、ミサカはっ、言い捨てっ、」

「えっ!?……えっ!?」

「…うっ、ひっ、ううう~…っ」

「なっ、オマエ、ちょっ…、ええ!?」

「ひっ、く、うっ、ううー!」

「…な、泣くなァ!!…とりあえず、泣くな、マジで!頼むからァ!」

「うっ、じゃ、じゃあ、抱きっ、抱きしめて、くださいっ」

「は?…え?なンだって?」

「早く!!!」

「えっ、…ああクソ、な、なンなンですかァ!?……クソォ…」

「…………ぐすっ、」

「…………」

「…………」

「………、…泣き止みましたかァ」

「…まだ、です、とミサカは伝えます…」

「…………」

「…………」

「…………あのよォ…、」

「……、はい…」

「……やっぱり、ちょっとオマエの言ってることも、考えてることも、分かンねェわ」

「…………」

「…だけどォ、まァ…なンだ、オマエが俺に必死っつうのは、分かった…」

「…………」

「だから、…ああクソ、なンつうの? …あー、理解はしてくようにするから、なるべく。
 オマエの言ってる事とか、そういう、…俺に向けてくれてる感情とか」

「…………ぐすっ、」

「……それでいいですかァ」

「…今日の、ところは、…それで引き下がり、ます…とミサカは言います…」

「あっそォ……」

「…………」

「……もォいいかよ」

「…まだです」

「………あのよォ、」

「まだです」

「…すンませン」


(…、とミサカは言いつつ、このまま眠りたい気分です…)


(正直、震えるぐらい、嬉しい)


「オイ…」


(幸せ…)


「…全く聞いてやがらねェなァ…はァ…」

「…………」

「…………」

「…………」

「…………」



「…………何か喋れよ、とミサカは言います」

「えっ!?」


お、終わり!!!!!!

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。