FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-16

妹「は、はじめまして……これからよろしく……」

1 :名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2008/07/29(火)

幼馴染(以下:幼)「なぁ」

男「ん?どうしたんだ?ここ2年の階だけど」

幼「いいんだよ、お前に用があるんだから」


男「そか、で、一体何?」

幼「ここじゃ話しにくいんだ、今日帰りヒマか?」

男「その予定だけど」

幼「じゃあ、久しぶりに一緒に帰ろうぜ。その時に話すよ」

男「わかった………なんだよ一体……」

・・・・・

男「で、話ってなんだよ」

幼「せっかちだな、そんなに急ぐなって」

男「そりゃお前がいきなり改まって話があるとか言うからだろ」

幼「そりゃあそうなんだけどさ」

男「話にくいことなのか?」

幼「うん、かなり」

男「ふーん……じゃあ無理に急いで話しなくていいんじゃねーの?」

幼「そういうわけにもいかないんだよ。タイムリミットがある」

男「いつ?」

幼「ひと月ってところかな」

男「よくわかんねぇけど、じゃあ話したくなったら言えよな」

幼「うん……」


2.
幼「もし、だぜ?妹ができたら……なんてこと、考えたことあるか?」

男「はぁ?ねぇよそんなの。大体お前だって知ってるだろ、もうお袋いねーの」

幼「だから!仮定の話だよ!」

男「妹、ねぇ……別に欲しいと思ったことねーからな」

幼「そうなのか?」

男「でもまぁ、今から妹ができるってなら可愛い子なんだろうな。赤ん坊の世話とか好きだぜ」

幼「そ、そうじゃなくって、もっとこう、同い年とか、いっこしたとか」

男「はぁ……?(プッ)くっくっく……そんなことあるわけねーだろ」

幼「……何にも聞いてないのか」

男「は?なんだって?」

幼「そんなこと、あるかもしれないぜ?」

男「……どういうこと?」

幼「うちの母親が、お前の親父と再婚するって話」

男「………はぁっ!!!?」

幼「やっぱ聞いてなかったみたいだな」

男「き、聞いてねーよ!?なんだそれ!!初耳だぞ!っていうかふざけんな!!」

幼「ふざけてなんかいねーよ……オレだって聞いたときは冗談じゃねーと思った」

男「ぎゃ、ギャグじゃないのか………?」

幼「ねーよ。帰ってお前の親父に確認してみろ」

男「………マジで?」

幼「うん」

男「お前が…?俺の、妹……?」

幼「……まぁ、そうなることになるな」

男「………」

幼「はじめまして、これからよろしくな、アニキ」


3.
翌日

妹「よう、おはよ」

兄「あ、あぁ……お前か」

妹「お前ってなんだお前って、妹だぞ妹」

兄「その話、マジだったんだな」

妹「あぁ、だから言っただろ?」

兄「あんなのすぐに信じられるわけねぇだろ」

妹「でも今は?」

兄「……信じるしかねぇけどさ」

妹「だろ?」

兄「でも何でタイムリミットが1ヶ月なんだ?」

妹「それまでお互いの家族で相談しようってことなんじゃねぇの?そこまでは知るかよ」

兄「なんだかなぁ……」

妹「まぁ、別にお前がオレのアニキになっても楽しそうだけどな……」

兄「お前みたいな可愛げのねぇ妹なんかいらねぇよ」

妹「な、なんだとっ!!?」


4.
妹「そういやさ、最近全然会話してなかったよな」

兄「そうだなぁ。高校はいってからは結構忙しかったしな」

妹「去年はオレも受験で忙しかったからな。ここ結構偏差値たけーし」

兄「無理して私学の進学校なんかにどうして来たんだ?」

妹「来たかったから」

兄「来たかったのか」

妹「あぁ」

兄「もしかして、俺がいるから来たかったとかか?…なんてな」

妹「(バーカ……//////)んなわけねぇだろ」

兄「まぁ、久しぶりだし、しばらく話さなきゃならないな、いろいろと」

妹「オレと話すのイヤなのかよ」

兄「そういうわけじゃねーけどさ」

妹(ホッ……)

妹「んでさ」

兄「ん?」

妹「今日あたりお前の家行っていいか?久しぶりだし」

兄「いいけど、何も変わってねぇぞ?」

妹「んや、なんかウチの家引き払って、しばらく一緒に住むんだってさ」

兄「はぁっ!!!???だから唐突なんだよ何もかも!!!」

妹「オレだって今朝いきなり聞いたんだよ。オレに文句言うなよな」

兄「なんか……」

妹「ん?」

兄「二人揃って親のやることに振り回されてるよな」

妹「あはは、そうかもな」

兄「楽しそうに言うなよな」

妹「だってこんなこと一生あるかないかだぜ?」

兄「全然楽しくねーよ……」

妹「なぁ……」

兄「ん?」

妹「一つ、お願いがあるんだけど……」

兄「なんだよ改まって。また驚愕の事実が増えるわけじゃねーだろうな」

妹「……『お兄ちゃん』って呼んでいいか……?」

兄「………//////」


5.
妹「ダメ、かな、勿論、人がいるときは言わないからさ」

兄「べ、別にいいけど」

妹「ホントか!!」

兄「あぁ、ただし」

妹「ん?」

兄「『オレ』もついでにやめろよな」

妹「えぇ!?なんだよそれ!!」

兄「どうせ妹なら可愛いほうがいいからな」

妹「………わ、…わかった……//////」

妹「おに、お兄ちゃん」

兄「//////」

妹「何で返事しねーんだよ!」

兄「やっぱ無理!なんか気恥ずかしいからやめようぜそれ!」

妹「でも、オレ…私、ずっとそう呼びたいって思ってた…」

兄「……//////」

妹「やっぱダメ?」

兄「…いいけど、とにかくその乱暴な口調も一緒に直せ」

妹「んなこといったって、すぐにうまくできるわけねー…ないじゃん…」

兄「お前見た目は可愛いのに性格と口調で損してるって言ってんだよ」

妹「……え?何?」

兄「なんでもねぇ!!もう行くぞ!!」

妹「なんだよ、さっきのはっきり言えって!!」

兄「だから口調を直せ!!」


6.
妹「お邪魔しまーす」

兄「これから住むんなら、ただいま、だろ」

妹「だからすぐには無理だって……」

兄「どっちにしたって直したほうがいいぞ、口調もな」

妹「なんでそんなに口調に拘るんだよ。オレはオレのほうが性に合ってるんだって」

兄「ハァ……ったく!もう二度と言わないからよく聞けよ!」

妹「な、なんだよ……」

兄「お前その口調さえ直せば今よりずっと可愛いんだって、だから直せ」

妹「かわっ………!!!!??//////」

兄「分かったか」

妹「……ホントに、そう、思うのか?」

兄「あぁ」

妹「じゃ、じゃあ、お前…お兄ちゃんが、そういうなら、そうする……」

兄「//////」

妹「なぁ、口調口調って言うけどさ」

兄「まずその、『なぁ』とかの時点でおかしい」

妹「ぐっ……(口のへらねぇヤツ…)」

兄「やり直し」


7.
妹「ね、ねぇ、口調口調って、言うけどさ」

兄「うん?」

妹「オ…私だけじゃ、不公平だ…よ、だからその……」

兄「言えてない言えてない」

妹「……えっと、私だけじゃ不公平だよ、…お兄ちゃんも、ちゃんと妹に接するみたいにさ」

兄「みたいに…?」

妹「もうちょっと、昔みたいに優しくしてくれてもいいじゃん……」

兄「っっ!!//////」

妹「な…ねぇ、お願いだから」

兄「わ、分かった分かったっ!!」

妹「ほ、ホント?」

兄「あぁ、じゃあこれからは俺も気をつけるよ」

妹「おっしゃ!!!!」

兄「今の、やりなおし」

妹「あっ……」

兄「い、妹……」

妹「……(あっ、オ、オレか!)うん?な、何?」

兄「なんだか、変なことになったけど……」

妹「けど?」

兄「…えーっと、これから、よろしくな」

妹「……//////」

兄「な、なんとか言えって」

妹「う、うる……さいな、これでも頑張ってるん…だよ、えっと……だからその…」

兄「うん」

妹「は、はじめまして……これからよろしく……」

兄「……」

妹「……」

兄妹「///////」


27:7uas+fXi0
/////////////////////////



8.
妹「この部屋?」

兄「あぁ、昔は子供部屋に使ってたんだけどな」

妹「カビくっせぇ……」

兄「やり直し」

妹「うっ……す、すごい匂い……」

兄「まぁな、ちょっと換気しないと(ガラッ)ダメだな」

妹「なんかオ…私だけ、すごく話しづらい…」

兄「もう弱音吐くのか?らしくねぇ」

妹「そ、そんなんじゃね……ないけど……」

兄「………(プッ)」

妹「なっ何?」

兄「いや、なんかちゃんとしてるとちゃんと可愛く見えるなって思ってさ」(ナデナデ)

妹「なっ!?なんだよ!!それ!!」

兄「優しくしろって言ったの妹だろー?」(ナデナデ)

妹「うぐっ……」

兄(なんか面白いなコイツ)


兄「そっちは俺の部屋だぞ、知ってるだろ」

妹「いいじゃん、久しぶりに部屋見せてよ」

兄「まぁいいけどさ」

妹「お邪魔しまーっす!」

兄「どんだけ勢いよく入るんだよ…」

妹「なぁんか、全然変わってねぇなー」

兄「そりゃそうだろ。っていうか今のやり直し」

妹「くっ………な、なんか、あんまり変わってないね」

兄「よろしい。で?もうそろそろ日も暮れちまうぜ?」

妹「あ、そのことなんだけどさ」

兄「うん」

妹「私今日この家に泊まる」

兄「はぁ!!!???」


9.
妹「あ、そうだ食べるものなんかあん……何かあるの?」

兄「…まぁ及第点…あるけど」

妹「じゃ、じゃあ、私夕飯作るよ」

兄「え、お前作れるのかよ」

妹「 や り な お し 」

兄「くっ……妹料理できるのか?」

妹「バカにすんなよな、ちゃんと…あっ……バカにしないでよね、ちゃんといつも作ってるんだから」

兄「へぇ~、じゃあお手並み拝見だな」

妹「まかせと…いてよ、驚かしてあげるから」

兄「…しゃべりづらいな」

妹「…うん…」

兄「まぁ、なんとか慣れるよう頑張るしかないな」

妹「や、やめたりはしないの…?」

兄「予想以上にお前が可愛いからやめない」

妹「///////」


34:7uas+fXi0
/////////////
俺がリロードしたら
なんで最後の文が「//////////」ばっかなんだ



10.
妹「じゃんっ!できたよ」

兄「おぉ……残り物だけでよくこれだけ……」

妹「少しは見直した?」

兄「見直した見直した!うまそうだな~」

妹「あ、待てよ、オレも食うんだから!」

兄「やり直し」

妹「ま、待ってよ、私も食べるんだから!」

兄「……」

妹「な、何?じっと見て……」

兄「妹って実は、意外といいお嫁さんになれるんじゃないか?」

妹「褒めてるの?」

兄「モチ」

妹「し、知らないよそんなの!//////」

兄(分かりやすい奴…)


妹「どう?」

兄「うん、うまい。見直した」

妹「ホントか、やった♪」

兄「意外と順応早いのな、お前」

妹「おm……お兄ちゃんこそ、『お前』はやめてよね」

兄「だってずっと『お前』だったしなぁ」

妹「だから私だって頑張ってるじゃん……」

兄「わーったわーった、俺も頑張ればいいんだろ頑張れば」

妹「あ、そのエビフライ!オレんだぞ!!!」

兄「やり直し」

妹「あっ………」

兄(モグモグ……ゴクン)

妹「ず、ずるい!!」


11.
妹「一ヶ月かぁ……」

兄「なんだよ、タイムリミットか?」

妹「うん……短そうで、長そうで、微妙だよね」

兄「そうかぁ?一ヶ月なんてきっとあっという間だぜ?」

妹「だと、ちょっと困る」

兄「何が?」

妹「いや、なんでもない、こっちの話」

兄「?変な奴…」

妹「ねぇ、私これから、できるだけここに泊まるようにしていい?」

兄「…いや、そりゃいいけど、どうせ親は了承済みなんだろ?」

妹「うん………」

兄「なんだよ、お前が何か隠してるのはすぐ分かるぞ」

妹「……今、お母さんと、えっと…お兄ちゃんのお父さん、旅行中だから…」

兄「それが?」

妹「一人は、寂しいから、嫌い………」

兄(ニヤニヤ)

妹「な、何だよその笑い方は……」

兄「いや、俺の知ってる以外にも可愛いところあるんだなと思ってさ」

妹「ま、またそれかよ!なんなんだよ、もう!!」

兄「口調戻ってるぞー」

妹「もうめんどくせぇ!明日から始める!!」

兄「じゃあ今は元通りでいいのか?」

妹「勝手にしろよ」

兄「一応断っておくけど、俺前からお前のこと本当に可愛い奴だと思ってたんだぜ」

妹「……えっ……?」

兄「口調は乱暴だけど、ちゃんといろいろ気遣いのできる奴だってことも知ってるし
  ずっと勿体無いと思ってたんだぜ、顔も可愛いし」

妹「//////バーカ…いきなり何語ってんだ…」

兄「おっぱいも結構あるしな」

妹「っっ!!!!??し、死ね変態クソアニキ!!!!!!」

妹「もういい、これ以上からかわれたらどうにかなりそーだ」

兄「ん?どうした」

妹「うっせー、風呂借りるぞ。覗くなよ!!覗いたら殺すからな!!」

兄「物騒な妹だこと……」

妹「ふんっ……」(ピシャンッ)

兄「さてと、”アイツの部屋”の片付けでもするかな………」


妹「……今までずっと、話さなかったくせに………
  あーーーーー!!もうっ!!クソ!!ちょっとときめいてんじゃねーよオレ!!!
  くそっくそっ!!忘れろ忘れろ!!!!!
  アイツは、アニキになるんだ、これから……だから……ダメなんだこんなの……」


48:ELqipMGz0
兄は故意犯なのだろうか



12.
妹「あああああああああああああああああああ!!!!!」

兄「うぇ!?な、なんだぁ?(ドタドタドタ)
  お、おい、妹?どうした?」

妹「ちょっっまっっっ!!!(ガラッ)ひっっっ//////」

兄「あっ………//////」

妹「キャアアアアアアーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

兄「ご、ごご、ごめん!!!」

妹「い、いきなり入ってくる奴があるかよ!?//////」

兄「そ、それはお前が悲鳴なんかあげるからだろ!!」

妹「だからって、だからってお前、お前なぁ!!!!」

兄「わ、悪かったよ…」

妹「わ、待った!!い、行くな!!」

兄「えぇ?なんなんだよだから?」

妹「き、着替え……」

兄「………忘れた、のか」

妹「だ、だって、今朝急に聞かされて…その…」

兄「わ、分かった、とりあえずここにシャツ置いておくから、ちょっと待ってろ」

妹「あ、うん………」


兄(びっくりした……アイツの裸なんてはじめて見た…はじめてだけど、
  昔よりずっと……い、いかんいかん、何考えてるんだ俺は!!
  アイツはこれから妹になるんだぞ!?欲情なんかしたらまずいだろ……!!)


13.
妹「お、おい……服は……?」

兄「うわぁ!!!!シャ、シャツ一枚でうろつくなっ!!」

妹「だ、だってお前がいつまでたっても服持ってこねぇんじゃねぇか!!」

兄「そ、それはそうだけどっ!!!頼むからちょっと待ってくれ!!」

妹「その前に服だって!!っておい、どうしたんだよ!」

兄「いや、ちょっと、下がってくれ…今はその……」

妹「よく聞こえねぇぞ?おいってば!…あっ………//////」

兄「っ……//////」

妹「ご、ごめん……」

妹「ぷっ……はは、ははははは」

兄「わ、笑うなよな!!笑うトコじゃねーぞ!!」

妹「ごめ、でも、あははははは」

兄「くっそ………」

妹「悪い悪い、そりゃ、そうだよなぁ、………ふぅっ」

兄「いきなり昨日の今日で、”妹です”なんて言われたってだな……」

妹「……そうだな、オレもそう思う」

兄「だからこれは、生理現象というか、仕方ないことというか……」

妹「………ぷっ」

兄「だから笑うなってのに!!」

妹「だぁってさ!」

兄「くそ、あんまりからかうとホントに怒るぞ!?」

妹「え………あっ!!」(ドサッ)


70:ELqipMGz0
(゚∀゚)


14.
妹「…ちょ、ま、おま、ちょっと落ち着けって!」

兄「……(ゴクッ)」

妹「……ほ、本気、なの、か?」

兄「俺はな、いきなり近くでハダカ見せられて、冷静でいられるようなできた人間じゃねぇんだ」

妹「ちょい、タンマ、ストップストップ!笑ったのは、謝るから!お、おいって!!」

兄「………(ちゅっ)」

妹「んんっ!?」

兄「冗談じゃねぇよ……」

妹「……顔、マジだぜ?」

兄「マジだもん」

妹「そっか……ちょっと安心した……」

兄「安心……?」

妹「ホント言うとさ、少し心配だったんだぜ」

兄「何が?」

妹「お前、いつもオレのことガキ扱いするんだもん…
  女として、異性として見てくれてないんじゃないかって心配だった」

兄「そ、そうだっけ…」

妹「そうだよっ!ずっと前から!」

兄「そ、そんなことねぇよ……」

妹「うそつけ!オレがチョコ渡した時だって、中学ん時一緒にプール行ったときだって!」

兄「あ、あれは…その…」

妹「なんだよ」

兄「て、照れくさかったんだよ……今更、お前のこと意識してるなんて……」

妹「…え?……」


15.
兄「ほんっと、冗談じゃねぇよな……いきなり親の都合で兄妹なんてよ……」

妹「おい、ちょっ、さっきなんてった?もう一回!」

兄「いやだね」

妹「んだよ!卑怯だぞお前!!」

兄「卑怯で結構」

妹「っっ!!今の!!!!」

兄「あ?」

妹「今の……ファーストキスだったんだぞ!!!!責任とれよ!!!」

兄「せ、責任ってお前……」

妹「責任もってちゃんと言えよ!わっかんねぇだろ!!」

兄「………(スッ)……服、着ろよ。そのままじゃ風邪引くぞ」

妹「ズル!インチキ!卑怯者!!」

兄「なんと言われようと結構だ」

妹「ずるいよそんなの…………いっつもいっつも…(ぐすっ)」

兄「お、おい……?」

妹「ずるいよ、オレはずっと、お前のこと好きだったのに、
  い、今更になって、言うのおせぇよ………ぐすっ……なんで、もっと早く…言ってくれなかったんだよ
  ずっと、ずっとずっと待ってたんだぞ!!」

兄「お前………」

妹「好きなんだよ!!お前のことが!!」

兄「……お、俺だって………」

妹「…ぐすっ」

兄「も、もう泣くなって……」

妹「……つづき、しろよ」

兄「は?」

妹「さっきのキスの、つづきしろよ」


16.
兄「続きって、何言って…」

妹「まだ!!!」

兄「っっ!!」

妹「まだオレはお前の妹じゃねぇし、お前はオレのアニキじゃねぇだろ!!
  だったら!つづき、しろよ……オレ決めてたんだ、最初なら、お前だって……」

兄「そ、そんなこと…」

妹「このぐらいのワガママ、認めてよ……自分はずっと、ズルしてたくせに……
  このままお前の妹になるなんて、ヤダよ、お願いだから……」

兄「………(ドキドキ)………」

兄「バーカ」

妹「は?」

兄「なぁに必死になってんだよ。このままなんて、するわけねーだろ」

妹「そ、そんなのっ!!」

兄「焦る必要なんかないだろ、タイムリミットは1ヶ月、お前がそういったんじゃねーか
  だったら今日、今ここでじゃなくたって、チャンスは幾らでもあるだろ」

妹「ぇ………え………?」

兄「だからな、服着ろよ。今日はもう、そんな気分にはなれないんだ」

妹「………ぐすっ…」

兄「俺は、このまま勢いに任せてお前を抱きたくない。ちゃんと段階を踏んで、だな……」

妹「じゃ、じゃあっ!!」

兄「ん?」

妹「一ヶ月でいい!!オレと、恋人として付き合ってくれ!!!」

兄「あぁ、いいよ。俺も、お前のこと好きだから…」

妹「………うん//////」


96:aD6BVbwT0
俺「………(ドキドキ)………」

98:nLBK1ENe0
俺「………(ドキドキ)………」

97:lHzHTE34O
うひょおおおお

105:pnCi16AP0
何で俺には幼なじみがいないの?死ぬの?

110:4RueIw9R0
>>105
実家の近くにタメの女の子とか住んでなかったの?

108:aD6BVbwT0
俺は田舎的付き合いで幼馴染はいるけど・・・。
・・・。

109:PuEN7iIvO
五つ上のお姉ちゃんが居たけど、今じゃ一児の母だぜ・・・

111:pnCi16AP0
何で家は転勤族だったの?死ぬの?



17.
妹「なぁ」

兄「なんだ?まだ何かあるのか?」

妹「オレ、あきらめねーからな」

兄「あぁ?だから今日は…」

妹「今日じゃなくてもいい!!ずっとお前のこと好きだったのに、このままなんてイヤなんだ
  一度だけでもいい。それで納得して見せるから」

兄「まぁ、このまま兄妹だなんて、俺も冗談じゃねぇけどな」

妹「だろ!」

兄「でもさー」

妹「ん?なんだよ」

兄「あのさ、口調はホント直して欲しい。そのほうが、俺もっとお前のこと可愛く思うから」

妹「う、うん!!うん!!!約束する!!すぐじゃなくても、必ず直す!!」

兄「風邪引かないようにしろよ、ただでさえさっきまでシャツ一枚だったんだから」

妹「分かってるよ。だからいつまでもガキ扱いすんなよな!」

兄「っと、そうだったな……じゃ、おやすみ」

妹「兄」

兄「ん?」

妹「ごめん、さっきオレ、わけが分からなくなって、ものすごいかっとなっちゃって…」

兄「気にしてねぇよ。お前が怒鳴ってるのはいつものことじゃん」

妹「そ、そうだっけ//////」

兄「もう、今日は寝ろ。明日も明後日も、会えるんだから」

妹「うん………」

兄「あんまりしおらしいとお前らしくなくて気持ち悪いしな」

妹「な、なんだよそれぇ!?」

兄「ハハ、じゃ、おやすみ」

妹「お、おやすみ……」


18.
兄「おはよう」

妹「お、おはよう…」

兄「よく寝れたか?」

妹「………」

兄「?」

妹「枕が違うと眠れない…」

兄「ははは、それですごいくまになってるのか」

妹「わ、笑うなっ!」

兄「あれ?口調は?」

妹「お、お前だって…」

兄「優しくしてるだろ?口調は、な」

妹「会話の中身がいじわるじゃんか//////」


妹「なんか変なの」

兄「何が?」

妹「人の家からガッコー行くの…今までそんなことなかったからさ
  まぁ、いずれはここがオレん家になるっちゃそうなんだけど……」

兄「朝メシどうする?」

妹「任せ…てよ、ちゃんと作るからさ」

兄「じゃあ期待してる」

妹「うん、任せろ!」

兄(扱いやすい奴…)

・・・・・

兄「まだかよー」

妹「ちょ、ちょっと待てよっ!すぐだからっ!!」

兄「あれ、リボンどうしたんだ?」

妹「あ、あれ?制服と一緒にしといたんだけどな」

兄「なんだ、今日はポニーテールは拝めないのか」

妹「んなこといったって、今から探してたら遅刻しちゃうぜ?」

兄「………」

妹「な、なんだよ……じろじろと……//////」

兄「いや、髪おろしてるのも、これはこれでアリだな」

妹「そ、そうやってすぐからかう!!その悪い癖なんとかしろよ!?」

兄「本当に思ってんのに…」

妹「っ……//////」


19.
妹「あぁ~、憂鬱」

兄「随分浮かない顔してんな」

妹「だって1限から英語なんだもん……」


兄「中学の時からお前英語苦手だよなぁ、テストの点数も……」

妹「うるせぇっ!苦手なものは苦手なんだからしょうがねぇだろ!!
  大体日本人なんだから日本語ができりゃいいんだよ!」

兄「…じゃあ、今日から少し勉強見てやろうか。お前他にも苦手な教科あったろ」

妹「……え?マジで?」

兄「ま、俺成績いいからな、お前と違って」

妹「感じ悪っ!!優しくねぇよそれ、やり直せ!!」

兄「妹の分からないこと、全部教えてやるよ…俺成績いいから」

妹「喋り方だけ優しくしてどうすんだよ!?」


兄「じゃ、また後でな」

妹「あ、おい」

兄「ん?なんだよ」

妹「……コレ」(ずいっ)

兄「…何?プラスチック爆弾か何か?」

妹「弁当だよ、べ・ん・と・う。どこをどう見りゃ爆弾に見えるんだ?」

兄「作ってくれたのか?」

妹「わ、悪いかよ…//////一応妹だし、彼女なんだからな…
  コレくらいはしたってバチはあたらねーだろ」

兄「……ぷっ……ありがとな、い・も・う・と」(ナデナデ)

妹「っ………//////」

兄「あれ、怒らないの?子供扱いしたのに」

妹「うるっせぇ!!あ、頭、なでるな!!恥ずかしんだよ!!//////」

兄「喜んでるように見えるけどなぁ」


20.
妹「ったく…なんでアイツはいつも…」(ぶつぶつ)

友「妹、おはよー。昔みたいに兄君と仲良くなったんだ?」

妹「み、見てたのっ!?」

友「そりゃぁだってあんた駅からずっとイチャついてたじゃん。邪魔するのも悪いと思って」

妹「あ、いや、それは、えっと、邪魔というかなんというか」

友「あんたいつも分かりやすいよねぇ」

妹「友まで私をからかうっ!!」

友「は?」

妹「へ?」

友「あんた今なんて言った?」

妹「友まで私をからかう…」

友「…あんたが自分のこと『私』って…熱でもあんの……?」

妹「どういう意味だぁっ!!!!!」


妹「なぁ、友」

友「ん?」

妹「どうしたら女らしい喋り方になんのかな」

友「あんたやっぱり熱あるんでしょ?保健室行く?」

妹「だぁーから違うってのにぃ」

友「とはいえ、マジレスするとあんたが自分を『オレ』って言わなくなった時点で
  ものすごい進歩だと思うわけよ」

妹「マジレスってなんだよ」

友「真面目に答えるとってことよ」

妹「それだけじゃなんかさぁ~……」

友「……そんなこと悩まなくても十分だと思うけどなぁ」

妹「そうかぁ?」

友「女らしくなくたって兄君はあんたのこと好きだと思うよ」

妹「そっ!!!?そんなこと誰も言ってない!!!!!」

友「あんたはわかりやすすぎるんだって」


21.
友「じゃあ妹が女らしい口調を自然にできるようになるまで協力してあげるよ」

妹「ホントか!助かるよ」

友「減点1」

妹「へ?」

友「だから、今のは減点」

妹「ちょっ」

友「『ホントか!』はやめて『ホント?』とかにしなさい」

妹(アイツより厳しい教師を選んでしまったような気がする…)

友「黙ってると習得する気がないと判断してさらに減点1」

妹「ちょっ!!減ってく一方なんだけど!!」

友「プラス100点になるまで続くからね」

妹「なんだそれぇ!?」

友「減点1」


兄「あれ、妹、なんでそんな凹んでるんだ?」

妹「な、なんでもない…」

兄「(凹んでるというよりはげっそり、か)なんかあったんか?悩み事?」

妹「なんでもねーってば、ほっとけ」

友「減点1」

妹「うわぁ!?いたぁっ!!!」

友「さらに減点1」

妹「もう助けてーーーー!!!!」(ダッ)

友「ふっふっふっふっふっふっふ逃がさないわよ~」(タッタッタッタ)

兄「……なんだあの遊び……」


妹「い、今何点…?」

友「マイナス61点」

妹「そんなに~?もう喋りづらいよ……」

友「しっかりしなさい、自分のためよ」

妹「でもさぁ、ホントに私に女らしい口調なんて、似合うかなぁ…?」

友「それはうん、あんた見た目は綺麗だしちんまり可愛いもの、大丈夫だと思うよ」

妹「だと良いんだけど……道のりは険しい……」

友「こういうのはまず、減点されないような喋り方を考えるといいのよ」

妹「そんなこと言ったって…普段喋りなれた話し方ができないのは辛いよ」

友「当たり前でしょ今日始めたんだから。そんなにすぐにできるようにはならないわよ」

妹「で、でも、1ヶ月以内にマスターしたいの!」

友「大体なんでそんなに急に必死なのよ?」

妹「そ、それは…言いたくない……」

友「ははぁん?」(ニヤニヤ)

妹「その笑い方やめてよね//////」


148:ELqipMGz0
(・∀・)ニヤニヤ



22.
友「妹、しょげてないでお昼だよ」

妹「そんなの言われなくても分かってるけど…それがどうしたの?」

友「あんたバカねぇ」

妹「バ、バカってなんだよ!?」

友「もうめんどくさいから点数だけ言うね、-85点」

妹「ぐっっ………」

友「『ぐっ…』も減点ね、-86点」

妹「もういいから、それでお昼がなんなの?」

友「お昼ご飯は好きな人と一緒に食事するチャンスなのですよ、おバカな妹君」

妹「……………あっ!!そ、それだ!!」

友「本当に気づいてないとかよっぽどの天然かバカじゃないの?」

妹「ご、ごめんね友、私ちょっと行ってくる!!」

友「乙女らしいのでプラス1点」


妹「ハァ、ハァ、まだ、教室にいるかな……」

兄「もういないんじゃねぇの?」

妹「ひぁっ!?い、いきなり背後に現れないでよ!!」

兄「…………」

妹「な、何?」

兄「なんで今日半日でやたら口調が矯正されてるんだ……?」

妹「え?そ、そう?」

兄「う、うん……妹随分頑張ってるんだな…?」

妹「そ、それはもう、スパルタ教師がつきましたから…」

兄「??」

妹「と、とにかく、まだお昼食べてないんなら、あの、一緒にどうですかっ!」

兄「何故に敬語」

妹「敬語だと減点されにくいから」

兄「?????」


23.
兄「へぇー減点方式ねぇ。そりゃあ随分精神的に堪えたろ?」

妹「堪えた、なんてレベルじゃないよ、もう拷問だね拷問」

兄「でもまぁ、その友達には感謝したほうがいいんじゃないか?だって結果でてるし」

妹「そう思う?今の口調のほうがいいかな?」

兄「うん」

妹(素直に頷かれるとそれはそれで恥ずかしいんだけどな//////)

兄「それよりメシ食べないのか?うまいぞ、妹の弁当」

妹「…………」

兄「な、なんだよじろじろ見て…自分で作った弁当だろ」

妹「なんか…(キョロキョロ)…お兄ちゃんといるほうが話すの随分楽」

兄「ここは誰も来ないぞ、俺一人で食べるからな、いつもここで」

妹「そうなの?じゃあ今度から私も来ていい?」

兄「//////」

妹「ちょっと?」

兄「あ、あぁ、モチロン全然構わないよ」

妹「♪」


妹「お昼の後っていつも何してるの?」

兄「そうだなぁ、大抵の場合は友達と体育館でバスケとか、使えない日は教室だな」

妹「ふーん……」

兄「そういう妹はどうしてるんだよ」

妹「うん、いつもは委員会の皆と一緒に食べるから、その後もそのまま委員会の部屋にいるかな」

兄「どうりで見かけないわけだ」

妹「あ、実は私のこと探したりとかしてたんだ?」

兄「してねーよ」

妹「なぁんだ…ちょっと期待したのにな」

兄「お前さ」

妹「ん?」

兄「短期間で随分可愛くなったな?」(ナデナデ)

妹「あ、頭なでんなっての!!!//////」

兄「素になると元に戻るのな」


24.
妹「じゃあ、私も教室戻るね」

兄「おう、弁当美味しかった、ありがとな」

妹「………//////」

兄「頭もっとなでてやろうか?」

妹「は、恥ずかしいからいい…」

兄「そうか、じゃあな」

妹「あ、うん………」

友「ダメダメー、今のはもっと押してかなきゃ」

妹「うわっ!!い、いたの!?」

友「-88点」

妹「い、一点余計に減ってない………?」

友「さっき『頭なでんなっての』で減点」

妹「盗み聞きしないでよ!!!!??」


妹「うー……もうどうしたいのか自分でもよく分からなくなってきた…」

友「なんで?結構好評だったみたいじゃん、あんたの弁当も口調も」

妹「それはそうなんだけど……」

友「点数のこと?確かに既に-91点は結構なペースだけど」

妹「それは忘れさせてください……」

友「じゃあ何が不満なのよ?」

妹「優しくなってくれたのはさ、そりゃ、嬉しいんだけどね」

友「……つまりその程度では満足できないと」

妹「わざわざ口に出して言わないでよ恥ずかしいなもう……」

友「だってそうなんでしょ?」

妹「うん……昔みたいに優しい、じゃぁ、昔に戻っただけじゃん……そうじゃなくって……」

友「だからもっと押してけって言ったのにぃ、帰り一緒に帰ろうって誘ってみれば?」

妹「………そ、それだ!!」

友「…あんたってホント面白いよね」


25.
妹「あ、兄」

兄「ん?…なんだよこんなところで待ってたのか?」

妹「あー、うん、いや!?」

兄「どっちだよ」

妹「こ、こんなところで会うなんて偶然だね!?」

兄「2年のゲタ箱じゃん」

妹「ちょうどいいし一緒に帰らない?」

兄「変な奴」

妹「………友のウソツキ…」

兄「待ってるならメールでもすりゃいいのに、そしたらこんなに余計に待たなくて済んだんだぜ」

妹「あっ…えっ?………//////」

兄「おい、何ぼーっと突っ立てるんだ?帰るのか帰らないのか、はっきりしろよ」

妹「か、かえるっ!!」

兄「早くしないと置いてくぞ~」

妹「ば、バカちょっと待てよ!!今行くってば!!」


兄「昔はよくこうやって頭撫でてたよな、そういえば」(なでなで)

妹「うん」

兄「今は撫でても怒らないのか?」

妹「恥ずかしいだけで、撫でられるのは嫌いじゃない//////」

兄「なるほどね」

妹「だから、二人のときは平気」

兄「それじゃあ逆におもしろくねぇな」

妹「面白がって撫でてるのかよ!?」

兄「だって妹撫でるとすぐ照れて赤くなるだろ、見てて面白いんだよ」

妹「お前な、人をおもちゃみたいに扱うなよな!」

兄「はは、友人の採点から開放されたら途端に口調戻ったな?」

妹「あ………」

兄「そのほうがいつもの妹らしいけどな」

妹「ヤダ、ちゃんと気をつける」

兄「そんなにムキになんなくてもいいだろ?」

妹「だって、………その方が頭撫でる回数多かったもん……」


26.
妹「そうだ、兄…一度私の家に行って着替えとか荷物とりに行かないと」

兄「あぁ、そうだな、また”あの格好”されても目のやり場に困るからな」

妹「ついでに夕飯も考えておかないとなぁ…」

兄「なんか忙しいな」

妹「親の都合でね」

兄「…まぁでも、なんだろうな…」

妹「…?なんだよ」

兄「うん」(きゅっ)

妹「っ//////」

兄「妹とこんな風に手を繋いで歩けるようになったのは、少し感謝かな」

妹「……まぁ、ね」

兄「お前の部屋随分女らしく…は、なった、かな?うん…」

妹「勝手に部屋まで入ってくるなよな!?大体なんだよその曖昧な反応は!!」

兄「いやぁ、だって、女の子の部屋って言うとなんかこう目の前の景色とは違う気がして」

妹「悪かったな女らしくなくて!!」

兄「口調口調」

妹「っっ!!」

兄「あ、このぬいぐるみ、懐かしいな」

妹「あ?あぁ、もらったのもう5年も前だっけ」

兄「昔の俺じゃこんなものくらいしか、手に入らなかったしな」

妹「あんまり触るなよな…大事なオレの宝物なんだから……」

兄「………」

妹「………なんだよ」

兄「また可愛いところ見つけたと思って」

妹「もう出てけ!!今日はもうからかいすぎ!!」


27.
兄「荷物多いな…大丈夫か?持つぜ?」

妹「そうしてくれると大分助かる…さすがに重い」

兄「一旦帰って原チャ持ってきたほうがよかったかもな…よいしょっ」

妹「原チャなんか乗ってるの?」

兄「あぁ、高1ん時に免許とって…バイトの時とか足があると楽だからな」

妹「そういえばバイトしてるんだっけ」

兄「まぁそんなにいっぱい入ってるわけじゃないけど、自分の自由にできる金が欲しくてな」

妹「なんだかさ」

兄「ん?」

妹「知ってるようで、結構知らないことのほうが多いんだね…幼馴染って…」

兄「そりゃあ、家族しか知らないことだって、本人しか知らないことだっていろいろあんだろ」

妹「うん…………ちょっと思い知ったかも……」

兄「………これから知ってけばいいじゃん、そんなの」

妹「だな」


190:l21YFqd20
さて、そろそろ姉が出来るころかな・・・

192:>>1
>>190
姉はでねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



28.
妹「ただいま」

兄「ただいまー、お、重かった……」

妹「ごめんね、きつかった?」

兄「この程度なんともない!!」

妹「いや、今間違いなく『重かった』って言ってたけど…」

兄「あぁ重かった!!何が入ってるんだ!!」

妹「へ、変なもんなんか入ってねーぞ!服と身の回りのものと勉強道具しか入れてねーもん!」

兄「勉強道具とか入れるなよクソ重たいだろうが!!」

妹「入れるだろ普通!?」

兄「とにかくくたびれた…汗が気持ちわりぃ…」

妹「もう私一人で運べるし、シャワーでも浴びれば?」

兄「そうする……」

妹「あ、そうだ、夕飯はどうする?何か食べたいものとか」

兄「あー……妹の作るものだったらなんでも美味しく食べれる自信があるぞ。何せ空腹疲労はピークだ」

妹「それ、美味しくないって遠まわしに言ってるよね…」


兄「で、今日の夕飯は?」

妹(ムスッ…)

兄「なんで機嫌損ねてるんだよ?」

妹「別に」

兄「お、今日はまた随分家庭的だな、肉じゃがまで作れるのか」

妹「肉じゃがなんて普通に作れるよ……」

兄「………」

妹「………」

兄(もぐもぐ)「うん、うまい」

妹「………」

兄「気のせいか少し表情が和らいだな?」

妹「ひ、人の顔をじっくり観察するなっ!!//////」

兄「………美味しい夕飯作ってくれてありがとうな?」(なでなで)

妹「うっ……ひ、卑怯だ……」

兄(可愛い奴)


204:8HAWqRMZO
理想の妹だ。



29.
兄「夕飯終わったら勉強見てやるよ」

妹「ほ、ホント?」

兄「朝言っただろ」

妹「うんっ!あ………で、でも、その前にお風呂はいりたい」

兄「じゃあ俺は少しくつろいでるかな」

妹「今度は着替えもあるから悲鳴なんてあげないよ」

兄「毎日あげられても困る」

妹「そりゃそうだ」

兄「………」

妹「………?」

兄「しかし俺が覗かないとも言い切れない」

妹「覗いたら殺す」

兄「物騒な妹だこと…」


妹「お待たせ」

兄「おう…先にちょっと見てたけど」

妹「勉強教えてもらうなんていつ以来だろ…?」

兄「さぁな。中学校のとき何度かあったと思うけど」

妹「よろしくね、お兄ちゃん」

兄「//////何にもでねーぞ」

妹「鼻血が出てるよ」


30.
兄「だからここは、Thatで切るんじゃなくてここから…ここまでが一つの文ってこと」

妹「うん//////」

兄「つまりここの文の意味は、こうじゃなくって」

妹「うん//////」

兄「おい」

妹「な、なに?」

兄「嬉しい気持ちは十分すぎるほど伝わったから勉強に集中しろよ、教えてる意味ねぇだろ」

妹「だって嬉しいんだもん…」

兄「隣に座られると集中できないのか!じゃあこうか!?」

妹「うぁっ!!ちょっ!?」

兄「それともこうか!?」

妹「ど、どれでも、いいよ?//////」

兄「興奮しすぎだろ!!!??」


妹「解けた」

兄「見せてみろ…」

妹「どれぐらい?」

兄「12問中5問正解」

妹「………」

兄「凹みすぎだろ…」

妹「もー英語なんて嫌いだ……」

兄「単語の意味はちゃんとできてたじゃん、あとは文法とか読み方さえ分かれば大丈夫だろ」

妹「長文読解なんて滅んでしまえばいい……」

兄「意味がわからんぞ意味が」

妹「だって文の意味とか解釈の仕方でいっぱいあるじゃん!数式なんかよりよっぽど分かりづらいよ」

兄「じゃあこの文の意味は?」

妹「わ、私は、兄のことが好きです」

兄「不正解」


31.
兄「お前典型的な瞬発力型なんだな」

妹「瞬発力型?なにそれ」

兄「集中力が持続しないってことだよ」

妹「そんなことないもん、自分の興味あることならちゃんと集中できるよ」

兄「興味あることって例えば何だよ…」

妹「お兄ちゃんのこととか…」

兄「勉強の話だ勉強の」

妹「……ほ、ほけんたいいく?」

兄「恥ずかしがるくらいならそういういらんボケはやめなさい」

妹「いてっ」


妹「………」(きゅっ)

兄「…手なんか握っても問題は解けないぞ。自分で解けるまで答え教えないからな」

妹「………」(ぎゅーー)

兄「おい……」

妹「もうむり」

兄「それ以上傾けると、(ドサッ)転ぶわけだが」

妹「………兄………」(のしっ)

兄「…昨日の続き、か?」

妹「うん……」

兄「まだ全然勉強進んでないじゃんかよ」

妹「兄のせいだもん……胸がドキドキして止まらなくて、勉強なんて、してられない」

兄「…ったく……そういう殺し文句だけはどこからか学んで来るのな」

妹「正直に言っただけ」


209:r4hBFtWF0
妹盛り杉

210:hcyKsQxB0
兄の冷めっぷりが許せん
男なら…男ならもっとケモノにならんかぁぁぁぁぁぁああぁぁ!!1!!

211:LadtSOYt0
男言葉がだいぶ女っぽく・・・変わっていくのがたまらん



32.
兄「まさかお前に襲われるとはな…」

妹「自分からこんなことするなんて自分でも思ってなかったよ」

兄「そのワリには手際がいいけどな」

妹「またそうやってズルする」

兄「ズル?なんのこと?」

妹「分かっててずっと知らんぷりしてたくせに…」

兄「さぁ、どうだろうな」

妹「兄みたいなのを、確信犯って言うんだよね…」

兄「そうかもね」

妹「まだ逃げるの?」

兄「逃げる?」

妹「私の気持ちを受け止めきれる自信がないから?だから逃げるの?
  それとも失敗しても後で逃げ道を用意しておくため?」

兄「……さぁてね」

妹「こんだけ迫っても、顔色一つ変えないんだね…ホントにずるいよ……」

兄「いくつか勘違いしてるみたいだな?」

妹「何が」

兄「別に俺だって、いつまでも、よっ」

妹「ふわっ!?」(ドサッ)

兄「逃げてるわけじゃないんだ」

妹「うそつき。私の気持ちから逃げたくせに!」

兄「それからもう一つ、俺は感情が表に出ないだけで…」

妹「っっ!!!!」

兄「今はこれ以上ないくらいに、興奮してるんだよ」

妹「……おにぃちゃっ……」

兄「あと最後に一つ」

妹「………//////」

兄「俺はどちらかというと襲われるより襲うほうが、好きなんだ。特にお前の場合はな」

妹「……ホントにずるい……」(ちゅっ)


214:2/+BHJUU0
くるぞくるぞ

215:ljMgBRjV0
ああああ ああ ぁ あ  あ  あ  ああ  あ

216:918r6/aT0
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

218 :>>1
さて、お昼ご飯の用意しないとな…

219:hcyKsQxB0
>>218
!?
このドS野郎がぁあああああああああ!!!!!11111!

221:LadtSOYt0
うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

225:+zXKQ3CD0
これはひどいじらし^p^

232 :ljMgBRjV0
たのむ
おれ就職するから
たのむよほんと

235:ljMgBRjV0
まじたのむよ
やってくんなきゃ>>237の家舐めるよ?溶けるまで

237:1T/ueJn60
前転中

239:>>1
しかし仕事なので行かないわけにもいかないのです
続きは帰ってきてから責任持って書きますのでご容赦願いたい…

>>237
お前の家>>235が舐めるらしいよ……

240:1T/ueJn60
>>239
やめてええええええええええええええええええええええええええ

243:ljMgBRjV0
>>240
家どこ!!!!?
一応俺関東圏内!!!

245:1T/ueJn60
>>243
都内だけどこないでえええええええええええええええええええええええ

246:r4hBFtWF0
1T/ueJn60の家を舐めるオフ

247:ljMgBRjV0
>>245
君の身体でもいい。その場合溶ける液は出さない。誓ってもいい。

249:1T/ueJn60
嫌だあああああああああ

250:ljMgBRjV0
優しくするから。大丈夫。俺うまいよ?////
我慢できなくなったらいつでも好きなようにしていいからww

244:>>1
本当にすまなんだ
俺が前やってたスレの住人達も俺のことを
「生殺し鬼畜野郎」と呼んだもんさ…

じゃあ仕事いってくる。



33.
兄「さて、どうしてやろうかな」

妹「え……な、なに?何が?」

兄「自分からお兄ちゃんを襲っちゃうようないけない子には、お仕置きが必要だろ?」

妹「……お仕置きって……」

兄「少し恥ずかしい思いさせようか?」

妹「はずか……?……っっっ!!!//////」

兄「どうした?」

妹「や、だ、そんなに、見ないで……//////」

兄「見ないで?さっき自分から襲い掛かってきた奴のセリフか?」

妹「だって、それは、兄が、」

兄「じゃあやめておくか?怖くなったろ?」

妹「………ハァ………っ………」

兄「…………」

妹「怖くなんか、ない、もん……」

兄「やれやれ……」

妹「兄は、こんな妹、けいべつする…?」

兄「いいや、軽蔑だとか、キライだとか、そんなチャチなもんじゃないよ」

妹「………?………」

兄「俺はお前のこと大好きだ、大好きで、大好きすぎて、だからついいじめたくなるんだよ……
  ほら、もう隠しても見えてるぜ。お前の胸………」

妹「やぁ、い、言わないでいい、そんなの……」

兄「手、邪魔だぜ。どかせよ」

妹「っっ……………////////」

兄「(くすっ)………綺麗だな、妹のおっぱい……誰の手も触れてない」

妹「らって、はじめて、だもん……」

兄「自分で触っていじったことも?」

妹「そんなの、ない、よぉ……」

兄「じゃあ、これ触ったらどうなるのかも、知らないんだな」

妹「………さわる、の……?」

兄「触るよ。それ以上のこともする」

妹「……うん……」


34.
妹「はぅっ……ん……なに、なんかへん……」

兄「どうした?まだ少し触っただけだぞ」

妹「……わ、かんないよぉ……」

兄「分かるまでもっとやってやろうか」

妹「んっ………おにぃ、ちゃんっ………」

兄「顔を隠すな。お前の可愛い顔が見れないだろ」

妹「いやぁ、恥ずかしいから、これ以上、みな…いで…」

兄「イヤだね」(ぐいっ)

妹「っっ//////」

兄「肌、すごく白いんだな、それにすべすべしてる」

妹「うぅ……てつき、やらしぃ……」

兄「でも俺に、こういうことされたかったんだろ?」

妹「わかんない、もぅわかんない//////」

兄「まぁ、イヤって言っても、もうやめないけどな」

兄「腰浮かせよ、下も脱がすぞ」

妹「……うん……」

兄「急に素直になったな?胸触られて感じたのか?」

妹「もう、あたまのなか、ぐちゃぐちゃで、なにも、わかんない」

兄「じゃあ俺が好きなようにいじって遊んでやるよ。こことか」

妹「ひぁっ!!」

兄「こことか…」

妹「んんっ……」

兄「何も喋れなくなっちゃったか?」

妹「ハァッ……ハァッ……」

兄「…これで、お前は、もう丸裸だ」

妹「……み、みらいでぇ……」

兄「隠すな。俺に全部見せろ。でないと、ここでやめるぞ」

妹「やら、やらぁ……」

兄「じゃあどうすればいいか、分かるな?」

妹「………//////」


35.
兄「……ここも、自分で弄ったりしてないのか?」

妹「それ…はぁ……うあっっ!?」

兄「正直に言えよ。怒ったりキライになったりしないから」

妹「………」

兄「言えないのか?オナニーしたことくらいあるんだろ?」

妹「そんなの、いえるわけない…//////」

兄「やれやれ……」(ちゅぷっ)

妹「――――!!!!!」

兄「分かるか?指が、先っぽだけ入ってるの」

妹「……ひぐっ………」

兄「もっと深く入る」

妹「…っったい、いたいっ!!」

兄「そりゃそうだろ、処女だもんな…」

妹「いひゃぁ、こんなの、」

兄「でも、指なんかより、もっと痛いぜ……コレはな」

妹「これ…これ……が……」

兄「あぁ、これが男のモノだ。見たことなくても知ってはいるだろ?」

妹「う、うん………」

兄「さっきの何倍も痛いぜ?」

妹「う…ん………」

兄「ほら、股開けよ…」

妹「も、もう挿れるの……?」

兄「いいや」

妹「??」

兄「コレを、お前のここに」

妹「ふぁっ!!!!!」

兄「こすりつけていじめる」

妹「うあぁ、ああああああ、あぁああああぁ、」

兄「どうだ?気持ちよくなってきたか?」

妹「らめ、これ、らめ、おかひく、なるっっ!!」

兄「なっちゃえよ。見ててやるから」

妹「いひゃぁ、みらいれ、みらいれぇぇ、ふぁあっ、はぁ、ああああああああああああああ」

兄「クリトリスにこすり付けられてイっちゃったのか?本当にオナニーもしたことなかったのか」

妹「みちゃらめって、いったのにぃぃ……」


36.
兄「見ろよお前のえっちな汁で汚れちまった」

妹「そんなの、わらしのせいじゃ、ないもん//////」

兄「どうする?もうやめておくか?幸いお前はイけたみたいだからな、
  ここでやめてもいいぜ。お前次第だ」

妹「え?」

兄「どうしたいのか、自分で言ってみな」

妹「また、そうやって、ズルする…」

兄「そうか?でも俺は本当にやめたって構わないんだぜ?
  男の俺には処女を失うってのがどんな痛みなのか、全く分からないしな」

妹「でも、お兄ちゃんは、全然まだ、か、感じてないんでしょ…」

兄「まぁな」

妹「だったら、最後までして!私のことはいいから、お願い!」

兄「…わかった…」

兄「まずお前ので汚れたコレを、舐めて綺麗にしてくれよ」

妹「な、めて…?」

兄「あぁ、口で、舌で舐めて綺麗にするんだ。できるよな?」

妹「う、うん……やったことないけど、頑張る」

兄「いい子だ……」

妹「こ、こう?……んっ……ちゅるっ……んむっっ……」

兄「そうだ、口に咥えるだけじゃない、舌を使って裏のほうまで綺麗に舐めとるんだ」

妹「うん……」

兄「よし、上手だな……綺麗に舐めとったら、今度はコレをつけるんだ」

妹「これ……な、なに?」

兄「避妊具、ゴム、まぁコンドームだな」

妹「えっと、つ、つけ方なんか知らないよ……」

兄「教えてやる。まず袋から出して」

妹「……風船みたい……それで…?」

兄「そしたらそのちっちゃく出っ張ってるトコに、
  空気が入らないように気をつけて、コレに当てるんだ」

妹「え、えっと、うん、はい」

兄「そしたら下まで一気に」

妹「できたっ!……かな?これでいいの?」

兄「よし、いい子だ…じゃあ御褒美やるからな」


469 :>>1
兄はバスケで第4クォーター、20点差で勝ってるのにも関わらず
フルコートゾーンプレスとかかけるような堅実派ですから

470:66as+iiIO
>>469兄ヒデェwww

471:h3KWG8Td0
>>469
判り易いな

472:zvtNBytO0
>>469
それは堅実っていうよりも獅子は兎を倒すにも全力を尽くすって感じろw

473:57JpiBnn0
>>469
本当にドSだなぁ。
つまりゴムしときゃどんなプレイでもおkということか…



37.
妹(ドキドキ)

兄「あんまり緊張して体硬くするなよ、余計痛いぞ」

妹「そんなこと言ったって、怖いものは怖い……」

兄「とにかく力抜きな、痛がらせたいわけじゃないからな」

妹「……変なときだけ、優しくなる…」

兄「こういうときぐらいはな、行くぞ」

妹「う、うん……」

兄「っっ!!」

妹「いっっっっ!!!!あっっっっ!!!!―――!!!」

兄「……全部お前の中に、入ったぞ……大丈夫か?」

妹「だいじょうぶに、みえる?」

兄「全然見えない」

妹「こんなに痛いなんて、聞いてないよ……」

兄「だから、どんだけ痛いか俺は知らないって言ったろうが……」

妹「ぐすっ……うぇっ……」

兄「泣くなよ…」


兄「バカだな…だから止めようって言ったのに…」(なでなで)

妹「だって……だって……」

兄「しばらくは、動かないでいてやるから…」

妹「うん………でも、いいの」

兄「あぁ?」

妹「気にしなくて、いいから……このまま、続けていいよ……」

兄「痛いんだろ?」

妹「私だけ気持ちよくなっちゃ、ズルいもん…お兄ちゃんも気持ちよくなって欲しい…
  私の中で、気持ちよくなってくれるなら、それだけで、嬉しいから……」

兄「………ほんと、バカだなお前は」

妹「なんでさぁ……」

兄「これじゃ俺が悪者じゃねぇかよ…ったく…本当に、いいんだな?」

妹「いいよ…最後まで……」

兄「…動くぞ……」


38.
兄「はぁ、はぁっ…はぁっ……」

妹「ひぐっ……んっ……んんっ……」

兄「おい、大丈夫か?」

妹「きにしなくていいってば、いたいの、がまんしてるから、はや、くっ…」

兄「うん……」

妹「きもちいいの?おにいちゃん…」

兄「あぁ、いいよ。お前の中、すごく気持ちいい」

妹「うん、…うん、…嬉しい……」

兄「くっ………」

妹「なんか、もう、あたまがしびれて、だめだ……」

兄「妹……?少しずつ、感じてきてるのか?」

妹「わかんらい……もう、しゃべれない……」

兄「お、俺、もう、そろそろっっ」

妹「うんっ…このまま、さい、ご、までっ」

兄「うぁああああっ!!!!」

・・・・・

妹「………」

兄「………」

妹「………熱した棒を無理やり出し入れされたみたい」

兄「わざわざ言うなそんなこと」

妹「まだ中に入ってるみたいで、なんか気持ち悪いっていうか……」

兄「俺のせいじゃないからな。お前が襲ってきて、お前がしたいって言ったんだぞ」

妹「別に責めてなんかないよ。ただ思ったこと言っただけ」

兄「……痛かったろ、ごめんな」

妹「いいよそんなの……ちょっと嬉しかったもん……」

兄「してるのが?」

妹「そうじゃなくって、あのときだけは、兄の頭の中は、私だけだっただろ」

兄「//////何変なこと言ってんだバーカ」

妹「照れてる」

兄「照れてない」

妹「顔赤いの可愛いんだな、兄」

兄「うるせ」


39.
兄「……うわっ」

妹「なにそれ、朝から人の顔見るなり『うわっ』はないんじゃない?」

兄「い、いや、ゴメン…しかし妹」

妹「何?」

兄「昨日も思ったけど、随分女らしくなったよな……」

妹「いきなり何言ってるんだか…//////
  もう朝ごはんできてるよ、何度も呼んだのに起きないお兄ちゃんが悪いんだからね」

兄「かわしかたも上手になったもんだ」

妹「そりゃ、あれだけからかわれてたらね……」

兄「…逆につまらねーな……」

妹「だからっ!私で遊ぶの禁止!!」

兄「つまんねーの」


兄「喋るの、辛くなくなったのか?」

妹「うん、なんだかいつの間にかね…自分でも不思議だけど、なんだか慣れちゃったみたい」

兄「随分頑張ってたもんな」

妹「…、で?」

兄「で?って何だよ」

妹「前の私と比べてどう?ってこと」

兄「あぁ……うん、なんだか今になってみると前の喋り方も結構よかったかもな」

妹「今更そんなこと言われても、もう戻せって言ったってそう簡単に戻らないからね」

兄「戻さなくっていいけどさ、似合ってるし」

妹「似合ってると言われればそりゃ、悪い気はしないけど……」

兄「でもなー」

妹「ん?」

兄「ポニーテールをやめることはなかったんじゃないか?」

妹「ぇ」

兄「…俺ポニー好きなのに」

妹「ちょ、ちょっとリボン買って来る」

兄「冗談だよ」


40.
友「妹ーおはよー」

妹「うん、おはよ」

友「随分自然になったねぇ、もうマイナスつけられなくて悲しいわ」

妹「たまに思うんだけど友って兄と属性同じだよね…」

友「属性って?」

妹「S属性が…」

友「あらあら、この子ったらいつの間にそんな高等言語を学んだのかしら…」

妹「バカにしてるでしょ…」

友「でも違うよ、そうじゃなくってあんたがMなだけ」

妹「なんでそうなるのよ!?」


妹「ふぇー……」

友「なんなのよその緊張感のないだらけた表情は」

妹「い、いや、別に何でもないけど」

友「さては兄君と何かあったね」

妹「ギクッ」

友「何があったのか言ってみたまえ」

妹「こ、コレばっかりは拒否権を」

友「まぁ、大体分かるけど」

妹「う、嘘でしょ?嘘だよね!!?ねぇ!!」

友「さぞ幸せだったでしょうに……」

妹「わぁ~~~~!!い、言わないでよ!!ぜっっったい言わないでよ!!!!」

友「言わないけどいじるのはやめない」

妹「やっぱりS属性だ…」


41.
兄「妹~」

友「お、愛しの彼の登場ですな」

妹「や、やめてよ、もう」

友「幸せ者~羨ましいなぁ」

妹「もうあっち行ってて//////」

兄「妹」

妹「あっう、うん……何?」

兄「今日の帰りにちょっと寄りたいところあるんだけど、大丈夫か?」

妹「あ、うん、大丈夫だよ」

兄「じゃあ、また帰りにな」

妹「うん……ってそんなことメールで言えばいいのに」

友「顔を見て話したいという男心を理解できないとは…まだまだね」

妹「またすぐそうやって背後に現れるっ!!」

友「人を幽霊みたいに言わないでよね失敬な」

・・・・・

兄「んー…っと……」

妹「また参考書?もう凄い量になってない?」

兄「必要なら貸してやろうか?もう使わなくなったのもあるし」

妹「(ペラペラ…)い、いい…やめとく…」

兄「お前も漫画ばっかり読んでないで勉強したら?」

妹「そ、それは関係ないでしょ…」

兄「成績のことで親に怒られても責任もたないからな」

妹「そのときは、またお兄ちゃんに教えてもらうからいいもん」

兄「えぇ、だってお前まともに勉強しようともしなかったじゃん…」

妹「あ、あれはこの前だけだってば!!//////」


42.
妹「……ねぇ、そういえばずっと聞きたかったんだけど」

兄「なんだ?また英語?」

妹「そうじゃなくってさ」

兄「じゃあ何」

妹「お兄ちゃん童貞じゃなかったんだね」

兄「ぶっ!!」

妹「前に誰かとしたこと、あったんだ?」

兄「……黙秘します」

妹「なんかすっごい悔しいんだけど……」

兄「なんでだよ!?どうでもいいだろそんなこと!」

妹「よくないっ!!相手は誰!?私の知ってる人!?」

兄「わーわー!!聞こえないっ!!」

妹「また逃げる!!卑怯者!!」

兄「わーわー!!」


兄「いてて…本気で怒るなよな」

妹「じゃあなんで隠すの?やましいことがないなら言えばいいじゃん!」

兄「うるっさいな……言いたくないことの一つや二つお前だってあるだろが」

妹「ぐっ……(口の減らない奴…)」

兄「じゃあ、俺がわざわざ教えてやった英語の期末試験の点数は?」

妹「そ、それは………」

兄「ほーら、どうした、いえないのか」

妹「だって………あんな点数申し訳なくて言えないよ……」

兄「と、いうことなので俺も教えない」

妹「じゃ、じゃあ点数言うから教えて!!」

兄「もう締め切りましたー」

妹「結局教えてくれないんじゃん!!」


43.
兄「………」

妹「………(じーーーーっ)」

兄「まぁだ拗ねてやがる……」

妹「教えてくれるまで機嫌直さないもん……」

兄「教えたらもっと機嫌悪くなるかも知れないのに言うかバカ」

妹「………(じーーーーっ)」

兄「ったく、大体俺だって男だぞ、元カノの一人二人いたって別に罪にはならないだろ!!」

妹「…それは、まぁ……」

兄「納得してないって顔してるぞぉ」

妹「でもやっぱり気になる……」

兄「しつこい奴は嫌いだ」

妹「うぇぇ!?そ、そんなっ」

兄「ふんっ」

妹「ま、待ってよ!ごめん!謝るからっ!!」


妹「結局なんだかうまくまるめこまれた気分」

兄「いいからもう詮索はなしだ」

妹「ちぇーっ……私だけじゃないのか……」

兄「不可抗力だ、大体その頃俺もお前も仲そんなよくなかったし」

妹「私は昔から兄一筋だったっ!!」

兄「お、大声で言うことか恥ずかしい奴だな!!」

妹「私は兄のことがだいだいだいだいだいす―――もがっ!!」

兄「恥ずかしいから言うんじゃねぇっての!!//////」

妹「………」

兄「おい、何『この手は使えるかも』って顔してる」

妹「わかっちゃった?」


44.
兄妹「ただいまー」

兄「ふぃー、今日も暑かった」

妹「わぁっ!!ワイシャツ乱暴に脱ぎ捨てるの禁止!!洗濯するの私なんだから!!」

兄「…なんか前よりどんどん説教じみてきたなお前…」

妹「文句あるなら自分で洗濯してよ!子供じゃないんだから!」

兄「……」

妹「何」

兄「いつの間にか妹っぷりが板についてきたなと思って」

妹「う、嬉しくない!嬉しくないからね!!//////」

兄「嬉しいのか」

妹「ないってば//////」

兄「どう見ても嬉しそうだ」


45.
兄「おはよう」

妹「おはよ♪今日もいい天気だよ、朝ごはん冷める前に食べちゃってね」

兄「お、おう…」

妹「な、何よ人の顔じろじろ見て……恥ずかしいなもぅ…」

兄「いや、はなし方が…」

妹「ぇ?何か変?」

兄「いや、口調は完全に女らしく可愛くなったと思っただけ」

妹「ほ、褒めても何にも出ないからね//////」

兄「嬉しいくせに」

妹「って…ちょっと待って」

兄「ん?」

妹「口調”は”?」

兄「あっ……いや、そういう意味でなく…」

妹「…どうせ性格は生意気なはねっかえりですよ…えぇ、えぇ、そうでしょうそうでしょう…」

兄「す、拗ねるなよ…」

兄「なんかワガママ言うみたいだけど、こうなってみると昔の喋り方の妹がちょっと懐かしいな」

妹「今考えるとこの歳になってよく自分を『オレ』で通せてたなーって思う」

兄「ものすごい男らしい口調だったよな、はは」

妹「だよねぇ……力技だけど矯正されてよかったと思うし」

兄「自分でよかったって思うのか?」

妹「ふふん♪こないだも『可愛くなったね』ってクラスの男子に告られたよ」

兄「…はっ!?」

妹「御心配なく、きちんと丁重にお断りしました」

兄「……ホッ…」

妹「ちょっとは嫉妬とかしてくれるんだ?」

兄「うるせぇ//////」

妹「照れない照れない、嬉しいよお兄ちゃん♪」

兄「うるせー!!!!」


46.
兄「前から不思議だったけど妹って料理いつの間に上手になったんだ?」

妹「えぇ?何よ今更……中学校の頃からだよ…」

兄「そうなのか?」

妹「うわ……完全に忘れてるんだ?自分が原因のくせに…」

兄「え?お、俺が原因なのかよ」

妹「ひどー……めちゃめちゃ傷ついたんだよ」

兄「ちょ、ちょっと待て、何の話だいったい…」

妹「調理実習の授業で作った炒め物」

兄「…を、俺が食べたの?」

妹「『ひでぇなコレ一体何の料理だよ、コゲと調味料の味しかしないじゃん、
   こんなの食べるのイヤだよ』」

兄「お、俺が言ったの?それ」

妹「家に帰ってから大声で泣いた」

兄「………ご、ごめん」

妹「それからね、死に物狂いで上手になって見返してやろうと思ったから」

兄「御見それしました!!ていうかごめんホントごめん」

妹「もういいって(くすっ)」

妹「口調も料理も、お兄ちゃんが思ってる以上に私は”お兄ちゃん”で構成されてるのよね」

兄「他にもなんかあったりするのか?」

妹「あるよ、他にもいっぱい」

兄「なんか責任重大じゃん俺……」

妹「まぁまぁ、料理も口調もよくなって逆に感謝してるんだよ?」

兄「……それはそれで照れる//////」

妹「あはは、顔可愛い」

兄「ほっとけ…」


47.
妹「この腕時計も、”お兄ちゃん”でできてます」

兄「………あ、誕生日プレゼントにあげたやつだな?」

妹「せいか~い。ずっと大事にしてるんだ♪」

兄「なんかホント今日は照れくさい話ばっかだ//////」

妹「それだけ好きってこと」

兄「恥ずかしげもなく言うなよなそんなこと」

妹「なんでよ~、好きなのがいけないっていうの?」

兄「いけなくないけど恥ずかしいからおおっぴらに言わないでくれ」

妹「も~…お兄ちゃんってホントあれだよね」

兄「あれって?」

妹「なんていうんだっけ…ツンデレ?」

兄「だあああ!!うるせぇ!!やめろ!!」

妹「ほらほら、またツンツンしてきた♪」

兄「やーめーろーとー言ってるだろー」

妹「あは、でもまぁデレデレしてる時のほうが優しいから好きだよ」

兄「っっ//////」

妹「あれ?おにぃちゃ~ん?」

兄「うるせぇ!!もう一人で学校行く!!別の電車乗れよな!!」

妹「あっ、ちょっ……ヤダヤダ一緒に行く!!」

兄「ついてくんな!」

妹「…もー…すぐ怒る」


妹「ん」

兄「なんだよその手は…」

妹「手繋いでくれたらやめてあげる」

兄「知るか、バーカ」

妹「……私はーーーー!!お兄ちゃんのことがあーーーー!!」

兄「ぎゃあああああああああああ!!わかった、わかったから!!」

妹「えへへ♪」

兄「お前いつからそんな弄り好きになったんだ……」

妹「お兄ちゃんに似たんじゃないの?」

兄「ぐっ……(口の減らない奴…)」

妹「お兄ちゃん顔まっかだよ?」

兄「誰のせいだ!!」


48.
妹「パパ?お夕飯できたよ?」

母「あら、ダメじゃないの妹、ちゃんと「お父様」ってお呼びしないと」

妹「えぇ~?パパでいいじゃん」

母「親しき仲にも礼儀ありよ、ちなみに腕は前で組んで、そう、
  頭を15度に下げながら上目遣いに、そう、いいわ
  顔はもちろん微笑みながら言うのよ、いいわね」

妹「お、お父様、お夕飯の用意ができましたよ」

父「あぁ、済まないね妹ちゃん。呼び方はなんでも好きなように呼ぶといい」

妹「え、じゃあパパで!パパご飯だよ」

父「………」

妹「パパ?」

父「…そんなに可愛く言っても何も出ないよ」

兄「鼻血が出てるぞ」


妹「お兄ちゃんのお父さんってかっこいい人なんだね、知らなかった」

兄「忙しくてあんま家に帰ってこないからな」

妹「だよね、だんでぃーなおじ様って感じがする」

兄「親父にはあまり近寄らないほうがいいぞ」

妹「え?なんで?」

兄「昔から娘欲しがってたからな」

妹「それとこれとどう関係があるの?」

兄「鼻血だけで出血多量で死にかねん」

妹「……?……あ、パパ」

兄「親父?どうかしたか?」

父「勉強を教えてあげているのか…これは邪魔してしまったな」

妹「そんなことないよ、どうしたの?パパ」

父「いやね、お茶を持っていってあげてと母に頼まれてね」

妹「ありがとうパパ」

父「……何も出ないよ」

兄「だから、鼻血を拭け鼻血を」


49.
兄「あっという間だな」

妹「実際そうだったね」

兄「あと一週間か」

妹「……うん……夢みたいだった」

兄「夢?」

妹「一ヶ月なんて、すぐ終わっちゃう…夢なら覚めないでいたほうが幸せなのかも…」(ぎゅっ)

兄「夢なんかじゃねぇよ」

妹「それは、分かってるんだけどさ…」

兄「忘れない。絶対に…」

妹「…私も、忘れない……大好きだよ…お兄ちゃん……」

兄「もし、これが夢なら…」

妹「夢なら…?」

兄「夢を終わらせない魔法を知ってる」

妹「……すごいね、お兄ちゃん魔法使いか…」

兄「……妹」

妹「うん?」

兄「好きだ」

妹「私も…」


兄「親父、大切な話がある」

父「……改まってどうしたんだ一体…今でないと駄目な話なのか」

兄「あぁ」

父「………お前の『大切な話』という言葉を聞くのも2度目か。一度目は進路の話だったかな」

兄「今はそんなことはどうでもいいんだ。話してもいいか?」

父「わかった、聞かせてもらおう」

母「じゃあ、私達は席を外しましょうか、妹」

妹「え?う、うん……お兄ちゃん?」

兄「いや、母さんも妹も一緒に聞いてくれて構わない」

母「……それは……」

兄「まず結論から言うけど…俺は二人の再婚に反対だ」

父「………どういうことだ?」


50.
兄「俺は親父のこともよく知ってるし、母さんも素晴らしい人だってのは分かってるつもりだ、
  それに二人がどんな思いで新しい家族として歩もうとしてるのか、理解はしてるつもりだ
  それを拒んでるんじゃないんだ……」

父「では一体どうしたというんだ…お前は私達の旅行のときも、認めてくれていたじゃないか…」

兄「俺は………」

兄「俺、今まで親父に本気で反抗したことなんかなかったよな……
  ワガママだって言わなかった…
  でもな、これだけは譲れないってものが俺にだってあるんだ」

父「……それが、私達の再婚だというのか…」

兄「俺は、俺は!妹のことが好きなんだ!!兄妹としてじゃなく、一人の女性として好きなんだ!
  ずっと一緒でいたいと思ってる、それは家族としてじゃなく、恋人としてなんだ!
  俺、将来は大学行って、一生懸命勉強して、いつか親父みたいな立派な人間になりたい、
  でもな、そのとき隣で一緒に歩いてるのは、妹じゃなきゃだめなんだ!!」

妹「おにぃ…ちゃ……」

父「お前……」

母「兄君……」

兄「今二人に結婚されたら、俺は一生妹と結婚できない。
  こうして一緒に暮らすことにはなんの抵抗もない、むしろ嬉しいことだと思ってる
  だけど、俺は妹と結婚したい。
  妹と幸せな家庭を築きたい………
  若造の俺がどんなに生意気で恥知らずで、親不孝なこと言ってるかは…わかってるつもりだ…
  でも、これが生涯一度きりのワガママでもいいんだ!!頼む!!親父!!」

父「……お前の気持ちは、よく分かった…だがな……
  すぐに今結論を出すのは無理だ。少し考えさせてくれないか?」

兄「親父………」

父「ふふ、初めてだな、お前にここまで反抗されたのは……」

兄「………」

父「もう部屋に戻りなさい」

兄「わかった………」

妹「お兄ちゃん……」

849:RinTyQ9G0
(*‘ω‘ *)



51.
父「騒がせてしまって済まないね」

母「いいんですよ、男の子はあれくらいでないと」

父「あいつは今までが、大人し過ぎたのかもしれんな…」

母「真剣な顔、すこしあなたに似ていましたよ」

父「まさか、あいつにあそこまで反対されるとは思ってもみなかった」

母「そうですか?私は旅行から帰ってきたとき、あの子達を見たときから、薄々は感じていましたが」

父「……君には適わないな……」

母「だって……妹の兄君を見る目、昔の私みたいでしたもの……ふふっ」

父「それが女性の勘、というやつかい?」

母「いいえ、母親の勘、です」

父「………すまない、私からも君にお願いしてもいいだろうか…再婚の話を、なかったことにしたい」

母「あなたはそれでいいのですか?」

父「こう見えても、親としての心は失っていないつもりだ。
  あいつが生まれて初めて私に反抗し、ワガママを言った
  だったら私は親として、そのワガママを聞いてやるべきなのかもしれないと
  …それが再婚のことだったのは、ショックだがね……」

母「もっと渋るかと思っていました…
  でも、私も、娘が幸せになってくれることを望みます…」


妹「バカ!!!!!!」

兄「いって!!」

妹「なんでいきなりあんなこと話し出したの!?信じらんない、サイテーだよ!!」

兄「妹……」

妹「お母さんがやっと幸せになれると思ったのに!!ずっとずっと辛い思いしてきたお母さんが!!」

兄「……それでも、俺は……」

妹「お母さんが幸せになれるなら、私は少しくらいガマンしなくちゃって!!覚悟できてたのに!!
  ひどいよ!!知らん顔していつもいつも人の心を引っ掻き回して!!こんなのないよ!!」

兄「ごめん…謝る」

妹「ハァ……ハァ……」

兄「でも、再婚に反対なのは譲れない
  あんな形の告白になったのは悪かった。だけど全部事実だ
  俺、お前のことが好きだ。結婚したい」

妹「バカ…いつだって………言うの遅いんだから………ぐすっ……」

兄「今日は、もう、寝よう」

妹「うん………」


52.
母「あら、おはよう……すごいくまね?」

妹「あんな話してぐっすり眠れるわけないよ……パパは?」

母「朝から書斎で」

妹「………どう、なるんだろう……」

母「さぁ、どうなるかしらね……でも、私はどんな結果になったとしても、誰も恨まないわ」

妹「ママ………」

母「兄君は生まれて初めて親に反抗したんでしょ、それってきっとすごい覚悟が必要だったと思うの
  それはあの人にも伝わってる。だから、後は二人を信じなさい」

妹「信じることで、何かが変わるの?」

母「いいえ、でも信じるとね、自然と、どんな結果になっても覚悟ができて、後悔しないものなのよ」

妹「じゃあ私、お兄ちゃんを信じる……」

母「そうしなさい、あなたの好きな人なんだから」

妹「うん!お兄ちゃん起こしてくる!!」


兄「おはよう」

父「おはよう」

兄「………」

父「………」

兄「………親父」

父「結論を急くのは変わっていないな」

兄「ぐっ…………」

父「そんなことだからお前はすぐに大切なことを見落とす、
  それで人一人幸せにできると本気で思っているのか?」

兄「今はそうでも、変わってみせる!」

父「………気持ちは変わらんか」

兄「変わるもんか」

父「一つだけ、言っておく、お前のしたことは、人の人生を変える行為だ。
  お前のせいで、ここにいる全員の人生が狂うことだってあり得た。自覚はしているか」

兄「……うん……」

父「私と母は真剣にお互いを認め合い、再婚の誓いをした」

兄「うん……」

父「息子のせいで破談になることが、どれだけ私を惨めにさせるか、
  どれだけ母を傷つけるか、よく考えることだ」

兄「うん………」

父「だが……」

兄「っ!!」

父「お前の生まれてはじめてのワガママだ。聞いてやるのが、親というものだ」

兄「親父……!!」


53.
父「夕べ母とも話し合った。二人とも納得の上で、再婚の話はなしになった」

兄「……じゃあっ!!!」

母「兄君、娘をよろしくね?」

妹「お母さん……」

父「お前は一人の人間として、私のように妻を不幸にさせることは断じて許さん。わかったな」

兄「…ありがとうございます!!」

父「その代わり」

兄「え?」

父「このまま皆で家族として暮らすのは、許してもらう」

兄「……あぁ、…あぁ!!ありがとう!!親父!!」

母「ふふふ……」

妹「……ドキドキしすぎて腰が抜けた………」


妹「ごめんねママ…ごめんねパパ……じゃなかった兄のお父さん」

父「……今までどおり、家族として暮らすことは何の問題もないわけだから、パパのままで構わんよ」

妹「うんっパパありがとうっ!!」

父「何も出ないけれどね…」

兄「……(鼻血出したいだけなんじゃねぇのか)」


863:I2sgqBI60
親父かっけええええええ!



54.
兄「今更ながらめちゃめちゃ眠くなってきた」

妹「結局全然寝てないもんね」

兄「今日の学校はきついな…」

妹「昨夜よりはマシだと思うけどね」

兄「だから悪かったって。うまくいったんだしよかったじゃん」

妹「結果論禁止!」

兄「ちぇっ」

友「おはよー妹!今朝もらぶらぶしてるねぇ!!」

妹「ぃっっいきなり何よ!!??」

友「今日も未来のダンナと何を話していたのだー?」

妹「へ、変なこと言わないでよね!そんなんじゃないから!!」

兄「まぁ付き合ってるのは事実だけどな」

妹「お、お兄ちゃん!?//////」

友「…うわぉ……カマかけたら直撃ですか……」

妹「もぅ、余計なこと言って!!」

兄「だって事実だし」

友「何コレ、私すっごい邪魔者な上にすっごい空気痛いんですけど」

妹「い、今のなし!お兄ちゃんの嘘だから!!気にしないで!!」

友「『お兄ちゃん』て…そういうプレイまで」

妹「あっ………」

兄「やぶヘビ」


兄「そういえばさ」

妹「うん?」

兄「もう兄妹じゃないんだな」

妹「あぁ、そういえばそうだね」

兄「まぁ、なんでもいいか」

妹「なんでもいいの?」

兄「もういろいろ振り回されるのには疲れた」

妹「それってまだ『お兄ちゃん』って呼んでいいってこと?」

兄「さっきみたいに人前では言うなよな恥ずかしいから」

妹「あ、あれは不可抗力というか……//////」

兄「この後お前からかわれるんだな、あの友達に」

妹「う、うぁ……そうだぁ…絶対そうだぁ……」

兄「そう考えたら」

妹「?」

兄「俺も参加したくなった」

妹「バカ!!」


885:+mSAEXze0
カワユス

887:VG7ng0GQ0
妹かわえぇのぅ



55.
兄「そういえば、これ」

妹「あっなくしてたリボン」

兄「風呂場で見つけた」

妹「えぇ?いつ?」

兄「ついこの前」

妹「いつ落としたんだろ……見つかってよかった」

兄「大事なもんなの?」

妹「うっわ…」

兄「…なんだよその顔……まさか……」

妹「これも、”お兄ちゃん”でできてるんだけど」

兄「もう覚えてないよそんなの…」

妹「まぁ、いいけどさ」

兄「……」

妹「ん?」

兄「やっぱお前には、ポニーテールが似合うな」

妹「……//////」

兄「本当だぜ?」

妹「これくれたときと、同じこと言ってるよ//////」


56.
友「おぉ、今日もまた愛しの彼とお昼を食べに行くのね!?行くのね!?」

妹「とーもぉ~……もうそれは勘弁してよ……//////」

友「じゃあ行かないの?」

妹「い、行くけどさ」

友「あってるんじゃん」

妹「……友なんか怒ってない……?」

友「別に全然全くこれっぽっちも怒ってないよ♪」

妹「……」

友「私より先に彼氏つくったのなんか根に持ってないよ♪

妹「やっぱり怒ってるんじゃない!」

友「怒ってるから腹いせに心いくまでいじらせてね♪」

妹「もう勘弁してぇ…」


兄「相変わらずうまいな、弁当。今日のはいつもよりうまくできてるじゃん」

妹「………あのさ」

兄「ん?何?」

妹「今日のお弁当作ったの、ママなんだ」

兄「………」

妹「………」

兄「いや、これはだな」

妹「ふふ、ふふふ、心なしかいつもより食べるの早いねお兄ちゃん…ふふふふ」

兄「な、何で怒るんだよ!!美味しいんだからいいじゃん」

妹「いつか絶対ママより料理上手になってやるっ!!」


57.
兄「なぁ、もう機嫌直せよ」

妹「ふんだ…」

兄「お前ポニーテールになってから少し性格昔にもどったんじゃねぇの?」

妹「そんなことないもん」

兄「………」(しゅるっ)

妹「あっ何するの?リボン返してよ!」

兄「ちょっと期待したけどやっぱり駄目か」

妹「当たり前でしょ!!何を期待してるかな!!」

兄「まぁ妹はいつもこんなもんか…」

妹「失望した目をこっちに向けないでよね!!」

兄「いや、これはこれでいいんだがなぁ」

妹「//////だが、何?」

兄「いつもおしとやかでいてくれたらどれだけ楽か…」

妹「そんなのヤダ」

兄「なんでだよ」

妹「お兄ちゃんツンデレだから、私くらい押しが強いほうがちょうどいいの」

兄「んなっっ!!?//////知るかそんなの!!」

妹「必殺赤面返し…」


898:EecCxePP0
あーあーもう幸せになっちゃいなよ。
こっちまで幸せになってきちゃったよ。



58.
妹「お兄ちゃん」

兄「ん、待った?」

妹「うぅん、今来たとこ」

兄「…帰るか」

妹「うん♪」

兄「くっそー…身体中がゴキゴキ言ってる」

妹「寝不足はつらいよねぇ……」

兄「…今日は勉強やすみな、帰ったらベッドに倒れそうだ」

妹「あ、ワイシャツのままやらないでよ?シワになるんだから」

兄「いいよそんくらい…」

妹「じゃあ寝てる間に勝手に脱がすからいい」

兄「襲うなよ」

妹「……てへっ」

兄「返事は!!返事は!?」

妹「……なかなか楽しそうだなぁ……」

兄「駄目だコイツ…はやくなんとかしないと……」


兄妹「ただいまー」

兄「しんどー…今日ほど疲れた一日もなかった……」

妹「自業自得でしょ」

兄「朝から一日分の体力使い切ったようなもんだったからな…」

妹「…だね…」

兄「……でも、うまく言ってよかった……」

妹「あんなの魔法じゃないからね、認めないよ」

兄「そりゃそうだ。ただの破れかぶれの行き当たりばったりの分の悪い賭けみたいなもんだ」

妹「心臓が破裂しそうだった」

兄「あぁ、俺もな」

妹「うまくいって本当によかった…」

兄「夢、終わんなかっただろ?」

妹「………お兄ちゃん、大好き……」

兄「……あぁ、俺もな」


おしまい

152:EmgVV+nD0
次回作は幼馴染のお姉ちゃんになります

153:>>1
>>152
勝手に決めるんじゃねぇwwwwwwwwwwwwwww


ФゝФ〕<エロシーン無くすか迷った。

comment

管理者にだけメッセージを送る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。